口座振替に対応しているWiMAXプロバイダは3社のみ | 格安sim・運転免許合宿比較なび

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダは3社のみ

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダーを知りたいと思っているあなたへ、本記事ではお勧めの、口座振替に対応しているWiMAXプロバイダーを3社ほど紹介します。

WiMAXの口座振替は3社のみ対応

以下では口座振替に対応しているWiMAXプロバイダ3社を紹介します。

口座振替するなら:UQ WiMAX

UQ WiMAXの特徴は「WiMAXサービスを提供している本家の会社」であることです。WiMAXサービスを提供している通信事業者なので、信頼感がありますね。
【UQ WiMAXの特徴】
WiMAXサービスを提供している事業者
WiMAXに関するサポートはしっかり受けられる
プロバイダ経由のほうが実質的な月額は安い
UQ WiMAXを契約するときの決め手は「安心してWiMAXのサポートを受けたい人」もしくは「すぐにWiMAXが必要な人」です。
UQ WiMAXはプロバイダと異なり、WiMAXサービスを提供している通信事業者です。よってプロバイダでは対応しきれない問題も、UQ WiMAXならワンストップで相談できるという安心感があります。また全国に公式ショップがあるため、「WiMAXが郵送されるまで待てない」といった人にもおすすめです。
とはいえWiMAXの郵送は最短即日を歌っているプロバイダも多く、公式サポートが必要になるケースもあまり無いです。価格より安心感や実店舗の有無を重視する人は、UQ WiMAXへの契約がおすすめです。

口座振替するなら:Broad WiMAX

Broad WiMAXの特徴は「他社WiMAXサービスからの乗り換えがしやすい」ことです。乗り換えで発生する違約金をBroad WiMAXは負担してくれます。よってWiMAXの乗り換え先としてはおすすめのプロバイダです。
【Broad WiMAXの特徴】
違約金を負担してくれるため、WiMAXの乗り換え先として有力
口座振替にも対応
初期費用の18,857円(ルーター代)を0円にするにはクレジットカード支払いと有料オプション加入が必須
Broad WiMAXを契約するときの決め手は「WiMAXをお得に乗り換えたい」人です。口座振替にも対応していますが、お得に利用するためにはクレジットカードが必須といえます。
WiMAXの乗り換え先として有力に思えるBroad WiMAXですが、実は乗り換えではなく「新規契約」すれば、キャンペーンによってはBroad WiMAXよりもお得に乗り換えることができるケースもあります。Broad WiMAX契約時は、他プロバイダの新規契約と比較してどっちがおすすめか吟味しましょう。

口座振替するなら:BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXの特徴はなんといっても「最低利用期間が1年のプランに対応」している点です。他のプロバイダだと2年、3年契約が当たり前。契約期間未満で解約する場合は解約料が発生してしまいます。
一方のBIGLOBE WiMAXであれば、以下のような特徴があります。
【BIGLOBE WiMAXの特徴】
1年以内の解約料は1,000円。2年目以降は解約料が不要。
キャッシュバックの受け取り期間が短い
口座振替にも対応
長期契約する場合は、あまりお得じゃない
以上のことから、BIGLOBE WiMAXを契約するときの決め手は「お試しで1年ぐらいWiMAXを利用したい」と思っているかどうかによります。1年ぐらいWiMAXが必要という人にBIGLOBE WiMAXはおすすめです。その反面「WiMAXを長期的に長く利用したい」と考えている人にはあまりおすすめできません。

口座振替でWiMAX契約するならBIGLOBE WiMAXがおすすめ

結論ですが、口座振り替えでお勧めのWiMAXプロバイダーBIGLOBE WiMAX一択です。

WiMAXを選ぶ基準は「トータルでいくら安くなるか」

WiMAXプロバイダーを選ぶ基準は、2年もしくは3年間でトータルで支払う費用はいくらになるかを比較ことです。
大手のプロバイダーでは月額料金の安さをアピールしていますが、手数料が滞ったり、ルーターの購入代金が高額になりがちなど、落とし穴もあります。
ルーターをしたくするときは、1年もしくは3年トータルで発生する費用と、もらえるキャッシュバック等を計算して、トータルで支払う費用を比較しましょう。

公式(UQ WiMAX)はキャッシュバックが手薄

安心感のあるUQ WiMAX公式サイトですが、残念ながらプロバイダと比較するとキャッシュバック等のキャンペーンは手薄です。
UQ WiMAXもキャッシュバック等を積極的にキャンペーンを行っています。とは言え他にもっとお得なキャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダーがある以上、わざわざ公式のUQ WiMAXサイトから申し込むメリットはあまりありません。
とは言え公式サイトである以上安心感もありますし、直営店であればその場ですぐにWiMAXを購入することも可能です。月額料金の最安、と言うわけではありませんが、安心感などを重視する場合は公式サイトからの契約をお勧めします。

月額料金は安いが手数料が高いBroad WiMAX

月額料金は安いBroad WiMAXですが、残念ながら手数料が安くありません。
上述した通り、WiMAXプロバイダーを取得する際は、契約期間トータルで発生する費用から差し引かれるキャッシュバック金額を比較する必要があります。
Broad WiMAXは月額料金こそ最安値クラスですが、手数料などを考慮するとあまりオススメできません。

消去法でBIGLOBE WiMAXの勝利

最後になったBIGLOBE WiMAXですが、こちらはBIGLOBEモバイル等と組み合わせるとお得に利用できますし、様々なキャッシュバックキャンペーンも実施中です。
またBIGLOBE WiMAXはプロバイダの中でも珍しく、最短で1年間契約も可能です。
WiMAX契約の多くは2年もしくは3年での長期契約が一般的なので、1年単位で契約と言うのはメリットありますよね。

口座振替でWiMAX契約時に必要なモノ

次に口座振替でWiMAXを契約する場合に必要になるものを紹介します。

必要なモノ

WiMAX契約で口座振替する場合、必要なモノはプロバイダによって異なります。
【UQ WiMAXの場合】
口座振替依頼書などの手続き不要!Webから簡単に申し込みできます
【Broad WiMAXの場合】
メールもしくはFAXにて身分証明書の提出が必要
手数料などが発生します。詳しくは公式サイトをチェック。
キャンペーンやパソコン/タブレットセットはクレジットカード支払いのみ対応
【BIGLOBE WiMAXの場合】
BIGLOBEから郵送される支払方法登録申込書を返送(返送から登録完了までは7日程度)

契約にかかる日数

UQ WiMAXやBroad WiMAXの場合はネット上で手続きが完了するため、契約締結からルーター受け取りまでは最短翌日も可能です。しかしBIGLOBE WiMAXで口座振替を選択する場合、支払方法登録申込書が届くのを待つ必要があるため、クレジットカード契約と比較して1~2週間程度、利用開始できるタイミングが遅くなります。
口座振替でWiMAXを利用する場合、UQ WiMAX公式サイトから契約したほうが便利かと思われます。

口座振替とクレジットカード、どちらがWiMAX契約でおすすめ?

最後には口座振替とクレジットカード、どちらでWiMAXを契約するべきかといった疑問に答えたいと思います。

口座振替よりクレジット契約がおすすめ

いきなり結論ですが、クレジットカード契約をした方がWiMAXをお得に利用できます。

クレジットカード決済のメリット

クレジットカード決済のメリットは下記の3点です。

ルーター到着が早い

上述の通り、口座振替するための申し込み用紙等を郵送する場合、書類の郵送に余計に日数がかかります。
クレジットカード決済であれば基本的にインターネット経由で申し込むだけで、すぐにルーターが発送されます。
今すぐWiMAXルーターが必要であれば、UQ WiMAXの直営店で購入する、お得に早くWiMAXルーターを購入したいなら、クレジットカード決済を選択しプロバイダ経由で契約することをお勧めします。

振込手数料がかからない

プロバイダによっては口座振替で支払いを行う場合、振替手数料が数百円かかることもあります。
一方でクレジットカード決済であれば、当然ですが振り込み手数料などは一切発生しません。
振り込み手数料が余計なコストになってしまいますので、お得にWiMAXを利用するのであればできるだけ避けたいですね。

クレジットカードのポイントが溜まる

WiMAXルーターに限らず、様々な支払いを1つのクレジットカードに集約することで、お得にポイントを貯めることが可能です。
クレジットカードにもよりますが、ポイントは貯めれば貯めるだけお得に活用できます。ぜひWiMAXで利用したお金も、クレジットカードのポイントを貯める一助にしましょう。

まとめ:口座振替でWiMAX契約はおすすめしない

いかがでしたか。
口座振替でWiMAX契約はそもそも対応しているプロバイダが少なく、お得にWiMAXを利用したいのであればお勧めできません。口座振替だとルーターの到着が遅れたり、余計な手数料取られるリスクもあります。
WiMAX契約以外にも言えることですが、できるだけクレジットカードを利用し、効率的にポイントを貯めたほうが、トータルではお得になるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。