wimax契約が不安ならまずはお試しを!おすすめするのは「Try wimax」 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

wimax契約が不安ならまずはお試しを!おすすめするのは「Try wimax」

wimaxを契約しようとしているが悩んでいるという人はいませんか?やはり一番悩んでいるのは「エリア」ではないでしょうか。wimaxは全国展開していますが、電波が届かないといった人が多いのも事実です。そこでこの記事では、wimax契約前にお試しができる「Try wimax」について紹介します。Try wimaxがどのようなものなのか詳しくまとめていますので、契約前にぜひ試してみてください。

wimaxはお試しで無料レンタルできる

インターネットを開設するためには、回線が必要となります。インターネット回線には色色々な種類がありますが、自宅以外でも利用したい人は多いはず。そこでおすすめなのが、wimax。wimaxは自宅以外で利用ができ、尚且つ契約前にもお試しで無料レンタルすることもできます。契約前に試すことができるのであれば、安心して契約できます。

【お試し】Try wimaxとは

wimaxを検討している人の中には、自分のエリアで使うことができるのかどうか不安を抱いている人も少なくありません。そんな人に試してほしいのが今回紹介する「Try wimax」。Try wimaxは、UQwimaxが提供しているサービスです。そのため申し込みは、UQwimaxのホームページからということになります。

【お試し】Try wimaxレンタル前にエリア判定を

ではTry wimaxについて詳しく紹介する前に、まずは、エリア判定について紹介します。このエリア判定は、UQwimaxのホームページで行うことができます。

エリア判定が「〇の場合」

まずは、エリア判定で「〇」と表示された場合です。この場合、基本的に問題なく使用できるます。ただし、クーリングオフの対象外のため、一度契約してしまうと判定が◯であっても通信ができなかったという理由で解約しても、自己都合扱いとなり2万円近い解約金が発生してしまう可能性があります。

エリア判定が「△の場合」

続いては、エリア判定で「△」と表示された場合です。この場合、問題なく使えるかどうかを判断するのは難しいです。

エリア判定が「✕の場合」

続いては、エリア判定が「✕」と表示された場合です。この場合は、wimaxを利用することはできません。

【お試し】Try wimaxをレンタルする際の注意点

ではここで、Try wimaxをレンタルする際の注意点について紹介します。

貸出期間

一つ目の注意点は、貸出期間です。Try wimaxの貸出期間は15日間となっています。ですが、この15日間というのは「Try wimaxが発送されてから返却してUQに到着するまでの期間」のため、実際に利用できるのは約10日間ほど。「自宅に到着してから15日間」としてカウントしてしまうと、UQ到着時には返却期限を過ぎてしまうこととなるため、違約金が発生してしまうリスクを負います。

利用予定場所の通信状況

二つ目の注意点は、利用予定場所の通信状況です。wimaxサービスのエリア内であっても、電波が伝わりにくい場所であれば、通信できなかったり、通信速度が落ちてしまうこともありますので、Try wimaxでしっかりとチェックしておきましょう。

利用予定場所の通信速度

三つ目の注意点は、利用予定場所の通信速度です。これも上記の通信状況に関わってきますが、場所や天候によっては、通信速度が落ちてしまう場合があります。普段の生活の中でどの状況であれば利用でき、どの状況であれば利用できないのかを確認しておく必要があります。

機器の取り扱い

四つ目の注意点は、機器の取り扱いです。Try wimaxはレンタル機器で試すことができるサービスです。もしレンタル機器を破損させてしまったら、違約金を支払わなければなりません。その額は、2,000〜2,2750円と高額です。そのため取り扱いにはくれぐれも注意しましょう。

同封される広告から契約しない

五つ目の注意点は、同封される広告から契約しないということです。Try wimaxが送られてくると広告が同封されています。電波も良くすぐに契約を使用と思ってそのまま広告から契約してしまいがちですが、それは結果的に損をすることになるため辞めておき魔手。何故なら、wimaxはどのプロバイダと契約をしても通信速度は同じです。そうであれば、安いプロバイダと契約をする方が断然お得。因みに、広告から契約する場合と、プロバイダで契約する場合とでは、2年で最大27,000円も損をすることになります。

通信量を使い過ぎると制限がかかる

六つ目の注意点は、通信量を使い過ぎると制限がかかるということです。例えレンタル機器であっても、制限の上限は本契約と同じです。ハイスピードモードで上限を超えると、翌日の混雑時間帯(翌日18時から翌々日2時まで)は1Mbpsに制限されてしまいます。また、月間7GBのハイスピードモードプラスエリアモードであっても、上限を超えると128Kbpsの通信速度が来月の1日までリセットされず、制限がかかります。

クレジットカード必須

七つ目の注意点は、クレジットカードが必須であるということです。レンタル期間中に端末を壊し違約金が発生した場合は、クレジットカード払いが適用されます。そのためTry wimaxは、クレジットカードを持っていない人は試すことができません。

SMS電話番号・キャリアメールを持っていない場合は書面での申し込み

八つ目の注意点は、SMS電話番号・キャリアメールを持っていない場合は書面での申し込みとなります。申し込み用紙を印刷し、必要事項を記入したら、本人確認書類を同封の上「UQお客様サポートセンター」に郵送して申し込みします。

【お試し】Try wimax申し込み前の確認事項

ではここで、Try wimax申し込み前の確認事項について説明します。

申し込みに必要なもの

まずは、申し込みに必要なものです。申し込みに必要なものは、クレジットカード・SMS電話番号またはキャリアメール・開通コード通知用のメールアドレスです。

利用するための条件

続いて、利用するための条件です。利用するための条件は、「日本国内在住で20歳以上の人」「申し込み者本人名義のクレジットカードを登録できる人」の2つの条件を満たしている人です。

【お試し】Try wimaxの申し込み手順

ではここで、Try wimaxの申し込み手順を簡単に紹介します。

①サービスエリアを確認する

まずは、サービスエリアを確認することです。サービスエリアはUQ wimaxの公式ホームページで確認することができます。

➁仮登録を行う

エリアを確認したら、仮登録を行います。仮登録は「Try WiMAXレンタルお申し込みページにアクセス」「重要事項説明等の規約を確認してチェックをつける」「連絡先メールアドレスと電話番号またはキャリアメールアドレスを入力する」手順で行います。

③本登録を行う

仮登録が済んだら、本登録を行います。まずは開通コードを確認し、連絡先メールアドレスに届いた本登録用URLにアクセスします。開通コードを入力し、希望利用機器・届け先住所・クレジットカード情報を登録して完了です。

【お試し】Try wimaxの返却方法

ここで、Try wimaxの返却方法について簡単に紹介します。

①端末梱包の確認

まずは、wimax端末・本カード・ACアダプタ・USBケーブル・クレードルを箱に詰めます。

➁返送準備

次に、同封されてきた伝票に必要事項を記入します。

③ヤマト運輸で発送

あとは、ヤマト運輸で発送すれば終了です。

【お試し】Try wimaxを2回目以降も利用する場合の条件

Try wimaxは、1回だけでなく2回目以降も利用することができるサービスです。が、2回目以降のサービスを受けるためにはいくつかの条件があります。その条件についてここで紹介します。

過去180日間以内の利用履歴がない

一つ目の条件は、過去180日間以内の利用履歴がないことです。Try wimaxは一度レンタルすると180日間レンタルすることはできません。そのため、この期間を過ぎていれば2回目のレンタルが可能となります。1回目と同じ方法で申し込み、同じ方法で返却します。

貸し出し機器の未返却履歴がない

二つ目の条件は、貸出機器の未返却履歴がないことです。Try wimaxはあくまでもレンタル品。そのため、貸出機器の未返却があれば当然2回目以降借りることはできないのです。一回目のレンタルの際は、借りた機器は全て返却するようにしましょう。

【まとめ】Try wimaxでお試しをした後契約を考えよう

wimaxのお試しができる「Try wimax」について紹介しました。Try wimaxはwimax契約をしようとしている人にとっては、とても助かるサービスです。Try wimaxを試すことで、自分のエリアでも利用できるのか、使い心地はどうなのかを前もって知ることができるため、安心して契約に踏み切ることができるのも事実。ぜひ、wimaxの契約を検討中の人は、Try wimaxを試してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。