インターネット回線はwifiが便利!おすすめのルーターはコレ | 格安sim・運転免許合宿比較なび

インターネット回線はwifiが便利!おすすめのルーターはコレ

インターネット回線は、有線と無線の2つのタイプが存在しますが、無線を利用する場合は、wifiがあると何かと便利と感じる人も少なくありません。これは、自宅だけでなく外出先でも同じことが言えるのではないでしょうか。ということで、この記事では、インターネットwifiについて紹介します。wifiが繋がりにくくなった場合のチェックポイントやおすすめのwifiルーターについてまとめました。興味のある方は、ぜひご覧ください。

インターネット回線を選ぶならwifiがおすすめ

インターネット回線はインターネットを楽しむために利用する回線です。冒頭でも述べたように、有線と無線があるわけなのですが、有線はルーターと機器をケーブルで繋ぐ必要があるため、意外とケーブルが邪魔になってしまうことも。ですが、無線であればwifiで電波を飛ばして利用するため、ケーブルが邪魔にはなりません。また、wifiを利用することで、メリットもたくさんあります。ではどのようなインターネット回線のwifiが人気を集めているのか。これからwifiルーターを購入しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

インターネット回線に便利なwifiの種類

まずは、インターネット回線に便利なwifiの種類について紹介します。

wimax

一つ目は、wimaxです。wimaxは、広域なエリアで利用することができる無線通信技術の規格の一つです。自宅での利用はもちろん、屋外での利用も可能となっているため、利用者がどんどん増えています。

モバイルwifi

二つ目は、モバイルwifiです。モバイルwifiは、インターネット用にモバイルブロードバンド回線への接機能を備えた、無線LAN機器用の可搬型ルーターのこと。コンパクトなサイズで、外への持ち出しも楽に行うことができます。

ソフトバンクエアー

三つ目は、ソフトバンクエアーです。ソフトバンクエアーは、ソフトバンクが提供しているインターネット回線のこと。コンセントに繋ぐだけで簡単に利用することができるため、インターネット初心者におすすめです。

【wifi回線】wimaxのメリット・デメリット

ではここで、wimaxのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

wimaxのメリットは、「工事不要ですぐに利用できる」「自宅でも外出先でもルーター一つでネットに接続できる」といったことが挙げられます。工事不要ということは工事費もかかりません。自宅と外出先の両方で利用することができるため、どこに居てもネットへの接続が可能というのも、普段からよくネットを利用するという人にとっては、大助かりです。

デメリット

wimaxのデメリットは、「電波が遮蔽物に弱く建物内は届きにくい」「契約縛りが3年と長い」といったことが挙げられます。大きな建物が周りにあると電波が弱く、通信速度も遅くなります。また、契約期間が長いことから、簡単には解約できません。

【wifi回線】モバイルwifiのメリット・デメリット

ではここで、モバイルwifiのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

モバイルwifiのメリットは、「工事不要ですぐに利用できる」「自宅でも外出先でもルーター一つでネットに接続できる」「電波が遮蔽物に強く届きやすい」といったことが挙げられます。前の2つはwimaxと同じメリットではありますが、3つ目のメリットは、wimaxのデメリットで挙げた事項です。つまり、wimaxに比べるとモバイルwifiの方が電波が良いということになります。

デメリット
モバイルwifiのデメリットは、「wimaxに比べて料金が高い」ということです。が、通信はモバイルwifiの方が優れているため、致し方ないのかもしれません。通信を選ぶか、料金を選ぶかは、自分次第です。

【wifi回線】ソフトバンクエアーのメリット・デメリット

ではここで、ソフトバンクエアーのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

ソフトバンクエアーのメリットは、「工事不要ですぐに利用できる」「ソフトバンクのスマホやケータイ料金が割引される」といったことが挙げられます。ソフトバンクエアーも上記の2つ同様工事の必要がありません。また、ソフトバンクユーザーであれば、スマホ料金の節約にもなるためおすすめです。

デメリット

ソフトバンクエアーのデメリットは、「自宅でしか利用できない」ということです。ソフトバンクエアーは、ホームルーターとして、ルーターをコンセントに繋いで利用するもの。そのため、残念ながら外への持ち出しはできないのです。

インターネット回線におすすめのwifiルーターの選び方

ではここで、インターネット回線におすすめのwifiルーターの選び方を紹介します。

通信規格は「IEEE 802.11ac/n/g/b/a」を

一つ目は、通信規格は「IEEE 802.11ac/n/g/b/a」を選ぶという方法です。市販されているほとんどのwifiルーターは、この通信規格に対応しています。ただし、古いものや安いものは対応していないものもありますので、購入する際にはチェックをしましょう。

家族皆で使うなら「ストリーム数4」を

二つ目は、家族皆で使うなら「ストリーム数4」をという方法です。wifiルーターでは、アンテナ数が多いほど通信が安定します。ストリーム数4ということは、4台までの機器しか接続できないというわけではなく、アンテナ数4本の通信スピードの恩恵を受けるには、端末もアンテナ数が4でなければいけない、という意味です。

動画をサクサク観たいなら「有線LAN」のスピードをチェック

三つ目は、動画をサクサク観たいなら「有線LAN」のスピードをチェックするという方法です。これはwifi通信を快適にするため。例えば、せっかく高速大容量の光回線を引いていたとしても、wifiルーターがそのスピードに対応していなければ、光回線の通信速度を活かすことができません。そのため、有線LANのスピードもチェックしておきましょう。

SSIDは「WPA2」を

四つ目は、SSIDは「WPA2」を選ぶという方法です。SSIDには、WPA2以外にも「WEP」が存在します。が、WEPはゲーム機用やゲスト向けなどの予備ネットワークのようなもの。そのため、WPA2を選んだ方が良いということです。

インターネット回線のwifiが繋がらないときのチェックポイント

ではここで、インターネット回線のwifiが繋がらないときのチェックポイントを簡単に紹介します。

モデム・wifiルーター、接続機器を再起動

まずは、モデム・wifiルーター、接続機器を再起動してみるという方法です。これは、電源プラグを抜いて数分間放置するだけの処置方法。数分経ったら、電源を入れて再起動させましょう。

LANケーブルの確認

続いては、LANケーブルの確認するという方法です。これは、モデムとwifiルーターを結ぶLANケーブルが外れていないかを確認する作業です。

電波を発する周辺機器の確認

続いては、電波を発する周辺機器の確認するという方法です。これは電波干渉によってwifiが繋がらない可能性を示唆した作業です。

回線トラブル

続いては、回線トラブルを確認するという方法です。この場合は、プロバイダに問い合わせて確認を行いましょう。

インターネット回線におすすめのwifiルーター

それでは最後に、インターネット回線におすすめのwifiルーターを紹介します。

TP-LINK 無線LANルーター Archer C6

TP-LINK 無線LANルーター Archer C6は、アンテナを立てると横方向に、また、横に倒すと縦方向に電波が強くなるという特徴を持ったwifiルーターです。複数端末の同時通信を実現させ、接続している端末の遅延を低減させる工夫も。設定や操作も簡単なため、初心者の方にもおすすめです。

バッファロー 無線LAN WCR-1166DS

バッファロー 無線LAN WCR-1166DSは、手のひらサイズのワンルーム向けwifiルーターです。部屋の中で移動しながら機器を使っていても、ビームフォーミング機能によって通信が途切れにくく、1日1回自動アップデートが入るので、面倒な本体更新もなくてすみます。

NEC 無線LAN WG2600HS

NEC 無線LAN WG2600HSは、ハイパーシステムを搭載し、快適で高速な通信環境が実現させてくれる優れもの。利用最大人数は6名で、接続中の端末が見られる「見えて安心ネット」や、子供が使用する端末を時間帯で制限する「子ども安心ネットタイマー」など、接続の管理を行うこともできます。

【まとめ】インターネット回線はwifiルーターで快適に

インターネット回線におすすめのwifiについて紹介しました。wifiルーターを設置することで、部屋のどこに居ても快適にインターネットを楽しむことができます。また、外出先で利用できるものであれば、場所を問うことなく通信が行えますし、スマホで利用すれば、スマホ自体の通信量を抑えることもできます。もしトラブルが生じたら、今回紹介した対処法を実践してみてください。簡単な対処方法で意外と解決することも多いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。