wifiは使い方によって月額料金が異なる!賢く選ぶ方法は3つ | 格安sim・運転免許合宿比較なび

wifiは使い方によって月額料金が異なる!賢く選ぶ方法は3つ

インターネットを利用するために、wifiを使っている人は少なくありません。ですが、実はwifiは使い方によって月額料金が異なるということをご存知でしょうか。できるだけ安く抑えたいと思うのは当たり前。ということでこの記事では、wifiの月額料金が安くなる賢い選び方について紹介します。興味のある方は、ぜひご覧ください。

wifi月額料の相場はいくら?

そもそもwifi月額料の相場どのくらいなのでしょうか。ここで、その相場について紹介します。

ポケットwifi

まずは、ポケットwifiです。ポケットwifiの月額相場は、3,000円~4,000円ほど。現在自分が利用しているポケットwifiがこれより高いと損をしているということになり、安いとお得というわけです。

自宅用wifiルーター

続いては、自宅用wifiルーターです。自宅用wifiルーターの月額相場は、3,000円~5,000円ほどです。

wifi月額料金は使い方によって異なる

wifiの月額料金は、使い方によって異なるということを冒頭で述べました。それは一体どのように異なるのか。ここで、モバイル回線・光回線・wifiスポット、それぞれの月額料金を見ていきましょう。

いつでもどこでも使いたいなら「モバイル回線」

まずは、モバイル回線です。モバイル回線は、いつでもどこでも利用できる優れものwifi。ルーターさえあれば、自宅。屋外問わず利用することができます。モバイル回線の月額料金相場は、3,000円~4,000円ほどです。

高速で大容量な通信がしたいなら「光回線」

続いては、光回線です。光回線は、光ファイバーケーブルを自宅に引き込んで利用するインターネット回線。高速で大容量というのが最大の特徴です。光回線の月額料金相場は、3,000円~5,000円ほど。自宅以外での利用はできません。

特定のお店でだけ利用したいなら「wifiスポット」

続いては、wifiスポットです。wifiスポットは、特定のお店だけで利用することができる,
各スマホ会社などが提供するサービス。月額料金相場は300円~となっています。

安い月額料金を基に自宅でwifiを使う方法

安い月額料金を基に自宅でwifiを使う方法について紹介します。

光回線を契約してwifiルーターを設置する

一つ目は、光回線を契約してwifiルーターを設置する方法です。これは、光回線を自宅に引き込んだ後に、wifiルーターを設置して、より通信を安定させる方法です。

据え置きタイプのwifiルーターを設置する

二つ目は、据え置きタイプのwifiルーターを設置する方法です。これは、据え置きタイプのwifiルーターを設置させることで、通信速度落とさずに安定的にインターネットを行うことができる方法です。

月額料金が安いwifiの選び方

ではここで、月額料金が安いwifiの選び方について紹介します。

無制限で利用できるwifiを選ぶ

まずは、無制限で利用できるwifiを選ぶということです。例えばモバイルwifiの場合、大手各社では、通常1か月のデータ通信量に5~7GBの上限を設けています。これを超過すると制限速度がかかってしまいます。ですが、無制限で利用できるのであれば、データ通信量を超えるということがなく、毎月使い放題で利用が可能。データ通信量を毎月多く利用する方や、データ通信量自体を気にせず利用したい方には、おすすめです。

通信エリアの広いwifiを選ぶ

続いては、通信エリアの広いwifiを選ぶということです。wifiの通信エリアは、狭いエリアでデータ通信料を重視するメイン回線と、広いエリアをカバーできるかわりにデータ通信速度で劣るサブ回線の2つがあります。通信エリアは広いに越したことがありません。できるだけ広いエリアで利用できるものを選んでおいた方が、後々困ることも少ないため、契約前に確認しておきましょう。

プロバイダと契約をする

続いては、プロバイダと契約をするということです。プロバイダを挟むと、一見月額料金が高くなりそうと思いがちではありますが、実は安くなります。なぜなら、プロバイダは、テレビCMなど高額な宣伝費を使わずに、WEBでの集客に特化しているため。それらの費用を抑えることで安く提供できているのです。

月額料金が安いおすすめのポケットwifi

それではここで、月額料金が安いおすすめのポケットwifi を紹介します。

Mugen wifi

Mugen wifiは、月額料金がずっと3,280円で利用できるポケットwifiです。データ通信量も無制限で、対応エリアも広く、2年以上利用すれば解約金も発生しません。また、初めて利用する人のために、30日間のお試し期間も用意。自分が利用しやすいと思えば契約をすればいいですし、利用しにくいと思えばそのままキャンセルすることもできます。

カシモwimax

カシモwimaxは、株式会社MEモバイルが運営するwimaxプロバイダです。一番人気のギガ放題プランは、月額料金1,380円。キャッシュバックがない分、月額料金を極限まで安くしています。月々の料金をとにかく安くしたいという人にはおすすめです。

格安sim通信wifi

格安sim通信wifiは、ソフトバンクの回線を利用しているインターネットサービス。月額料金初月0円・端末代金ずっと0円、月額料金ずっと2,980円~とシンプルでお得な料金プランが人気を集めており、コンパクトで使いやすい最新端末が利用可能です。ソフトバンクの回線ということもあり、通信速度も安定しています。

NEXT mobile

NEXT mobileも上記の格安sim通信wifi同様、ソフトバンクの回線を利用しているインターネットサービス。月額料金は2,760円で20GBを使うことができます。もっと大容量を希望する人には、月額3,490円で30GB、月額4,880円で50GBを使うことができるプランも用意しています。

Broad wimax

Broad wimaxでは、ギガ放題と7GBのライトプランの2種類を用意しています。どちらも3年契約で、少なくとも1~2か月目の料金は2,726円~という料金設定。Webで契約を行うと0円になるキャンペーンや、乗り換え時の違約金負担キャンペーンもあるため、初めての人にもおすすめです。

月額料金が安い据え置きタイプのwifi

ではここで、月額料金が安い据え置きタイプのwifiについて紹介します。

カシモwimax HOME L02

カシモwimax HOME LO2は、下り最大1Gbpsで高速通信が行える据え置きタイプのwifiです。コンパクトなサイズで、部屋の中であればどこでも移動が可能。安定した通信環境を提供してくれます。

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーも、上記のカシモwimax HOME LO2同様、コンセントに繋ぐだけで利用することができます。月額料金は基本4,880円ですが、ソフトバンクスマホを契約中なら「おうち割光セット」で月々1,080円割引されます。また、wimaxの様に3日で10GB以内という制限もないため、動画も見放題。据え置きタイプのwifi契約を考えている人におすすめです。

wifiルーターが設置できる月額料金が安い光回線

それでは最後に、wifiルーターが設置できる月額料金が安い光回線を紹介します。

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモユーザーにおすすめの光回線です。スマホとのセット割で月々のスマホ料金が抑えられるのはもちろん、家族全員がドコモスマホユーザーであれば、通信容量を共有できるデータプラン「シェアパック」でさらにお得になります。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線です。ソフトバンク光では「おうち割」で月々のスマホ料金が割引されます。さらに、この「おうち割」を契約することで、最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることもできます。

auひかり

auひかりは、auユーザーにおすすめの光回線です。auひかりも対象ユーザーであれば、月々のスマホ料金を安くできます。また、auということもあり通信速度が速く安定しています。その他にも、So-netのキャッシュバック・キャンペーンを選ぶと実質工事費が無料となったり、高額なキャッシュバックが受け取れるなど、特典も満載。プロバイダの数も多いため、選ぶ選択肢を増やすこともできます。

nuro光

nuro光は、世界最速の通信速度を誇る光回線です。通信速度は最大で2Gbps。工事費も無料で、wifiルーターも無料でレンタルできます。また、キャッシュバック額も大きく、設定や手続きも簡単。通信速度で選ぶなら、nuro光は外せません。ですが、今のところnuro光のエリアは、関東・東北・関西・九州の一部地域のみとなっています。

【まとめ】インターネットの月額料金はwifiで抑えよう

wifiの月額料金について紹介しました。wifiはインターネットの月額料金を抑えるために、利用してほしいルーターです。スマホやタブレットとの併用で、それぞれの料金を抑えることができるのはもちろん、通信も安定するため動画もサクサク視聴できます。ぜひ、インターネットの月額料金は、wifiで抑えるようにしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。