自宅で使うwifiはどれがおすすめ?メリット・デメリットで選んでみよう | 格安sim・運転免許合宿比較なび

自宅で使うwifiはどれがおすすめ?メリット・デメリットで選んでみよう

自宅でインターネットを利用している人も多くいます。インターネット言えばwifi。ですが、意外と数が多くどのタイプのwifiを選べばよいか分からないという人も中にはいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、自宅用のwifiについて詳しく紹介します。選ぶポイントは、それぞれのメリット・デメリット。ぜひ、参考にして選んでみてください。

自宅で使うwifiはどれがいい?

自宅用のwifiはどれがいい?インターネット初心者であれば当然疑に思うことでしょう。現在販売されているwifiルーターはたくさんあります。そのため、メリットやデメリットもそれぞれ異なるため、選び方が分からないというのも当然のこと。そんな疑問を解決するために、ぜひ、ここから先をご覧になってみてください。

自宅でwifiを使う方法

まずは、自宅でwifiを使う方法について紹介します。

光回線

一つ目の方法は、光回線を元にwifiを使う方法です。光回線とは、光ファイバーケーブルを自宅に引き込んで利用するもの。光回線自体、通信速度が速いものでがありますが、wifiと一緒に利用すことで、どの部屋でも利用でき、利用する家族が多くても通信速度は安定しています。

モバイル回線

二つ目の方法は、モバイル回線を元にwifiを使う方法です。モバイル回線は、自宅のみならず屋外でも利用できるもの。屋外に出てスマホを使うと電波が弱く感じるといったことはありませんか?そんな人こそ、モバイル回線のwifi。モバイル回線でwifiを利用するとスマホの電波を補くことができ、通信改善に役立ちます。

自宅でwifiを利用するメリット

ではここで、自宅でwifiを利用するメリットについて紹介します。

工事不要で利用できる

一つ目のメリットは、工事不要で利用することができるということです。光回線を利用する場合、上記で述べたようにケーブルを自宅の中に引き込まなくてはいけません。ケーブルと引き込むということは、すなわち工事が必要となるということ。この工事費は意外と高く家計の負担にもなります。一方wifiは回線と繋ぐだけのため、工事は必要ありません。

電波の届く所ならどこでも置ける

二つ目のメリットは、電波が届く所ならどこでも置くことができるということです。wifiルーター自体、それほど大きなものでないため設置も楽です。また、電波が届くところであれば、部屋のどの場所に置いても支障なく利用可能。棚の上でも、テレビの上でも、2階の部屋でもどこでも構わないのです。

中継器を設置するとエリアが拡大できる

三つ目のメリットは、中継器を設置するとエリアが拡大できるということです。例えが自宅の1階ではインターネットが利用できるのに、2階では利用できないといった場合があります。このような場合には、wifiルーターと対象となる機器の間に、中継器を設置することで改善することができるというわけです。

工事不要の自宅用wifi

ここで、工事不要の自宅用wifiについて紹介します。

モバイルルーター

工事不要の自宅用wifi一つ目は、モバイルルーターです。モバイルルーターは、電波さえ届けばどこでも利用できるwifiルーター。コンパクトなサイズでとても軽いです。

ホームルーター

工事不要の自宅用wifi二つ目は、ホームルーターです。ホームルーターはその名の通り、自宅で利用できるwifiルーター。コンセントに差し込むだけで利用できます。

自宅用モバイルwifiルーターのメリット

ではここから、自宅用モバイルwifiルーターのメリットを紹介します。

持ち運ぶことができる

一つ目のメリットは、持ち運ぶことができるということです。モバイルwifiルーターは、ケーブルで回線を繋ぐ必要もないため、屋外への持ち出しが可能。屋外であっても電波が届けば利用することができます。

複数の端末に接続できる

二つ目のメリットは、複数の端末に接続できるということです。複数の端末というのは、スマホ、タブレット、パソコンだけなく、無線LAN対応のカメラや音楽プレーヤー、DSやプレイステーションなどのゲーム機なども含めた端末のこと。1台で家族みんなが利用できます。

工事不要

三つ目のメリットは、工事が不要であるということです。自宅用モバイルwifiルーターは申し込みを行うと、ルーターとなる本体が送られてきます。ルーターが届いたら対象となる機器の設定を行うだけ。たったこれだけでインターネットを利用することができるため、面倒な工事も必要ありません。

月額料金が安い

四つ目のメリットは、月額料金が安いということです。これは、固定回線と比べると自宅用モバイルwifiルーターの方が安いということ。タブレットの通信費やスマホのパケット代を1本化することで、さらに通信費を抑えることもできます。

自宅用モバイルwifiルーターのデメリット

ではここで、自宅用モバイルwifiルーターのデメリットを紹介します。

バッテリーが切れたら使えない

一つ目のデメリットは、バッテリーが切れたら使えないということです。自宅用モバイルwifiルーターは、スマホやタブレットのように電子機器です。そのため、充電が切れてしまうと利用することはできません。

電波が届かないエリアもある

二つ目のデメリットは、電波が届かないエリアがあるということです。モバイルwifiルーターは、主に、au・ドコモ・ソフトバンクの回線を利用します。そのため、対象エリアでないと電波が届かない場所もあるのです。

通信制限がある

三つ目のデメリットは、通信制限があるということです。モバイルwifiルーターに中には、通信制限がないものとあるものが存在します。通信制限があるものを選択すると、上限を超えてしまった場合、通信制限がかかって、速度が落ちてしまう恐れがあるのです。

自宅用ホームルーターwifiのメリット

それではここで、自宅用ホームルーターwifiのメリットを紹介します。

工事不要

一つ目のメリットは、工事不要であるということです。自宅用ホームルーターwifiは、コンセントに差し込むだけで利用することができます。そのため、工事の必要はありません。

すぐ開通できる

二つ目のメリットは、すぐに開通できるということです。これは上記の工事不要からつながる話ですが、コンセントに差し込む作業は一瞬です。そのため、すぐにインターネットが開通し利用することができるというわけです。

モバイルルーターより通信が安定

三つ目のメリットは、モバイルルーターより通信が安定しているということです。ホームルーターwifiが利用できるのは自宅のみです。モバイルwifiルーターの電波は大体50メートル離れていても届くほど強いため、部屋の中であれば通信が安定しているのです。

データ量の上限がない

四つ目のメリットは、データ量の上限がないということです。モバイルwifiにはデータ量の制限ありますが、ホームルーターwifiには、制限がありません。そのためインターネットし放題。サービスによっては条件が異なるものもあるため、契約する際には確認しておきましょう。

引っ越しの手続きが楽

五つ目のメリットは、引っ越しが楽であるということです。ホームルーターwifiはコンセントに繋ぐだけ。ということは、使わないときはコンセントから外すだけです。そのため引っ越しをする場合であっても、必要書類を提出するだけでそのまま転居先でも利用することができるのです。

維持費が安くて済む

六つ目のメリットは、維持費が安くて済むということです。ホームルーターwifiは固定回線と比べると工事の必要がないため、維持費もそれほどかかりません。比べると1,000円ほどの差が出るくらい安いです。

自宅用ホームルーターwifiのデメリット

ではここで、自宅用ホームルーターwifiのデメリットを紹介します。

地方だとエリア外がある

一つ目のデメリットは、地方だとエリア外になるということです。ホームルーターwifiは、一定エリアをカバーする電波が経由されているものです。そのため、地方だとエリアを全部カバーしていない場合もあるため、注意が必要。契約する前に対象エリアであるかどうかの確認が必要です。

速度制限が全くないというわけではない

二つ目のデメリットは、速度制限が全くないというわけではないということです。上記で、ホームルーターwifiには制限がないと述べましたが、これには例外があります。例えば、wimaxのように「3日で10GBを超えると速度制限がかかる」といった条件が付けられている場合、速度制限がかかってしまいます。これらの条件を見落としてしまうと、契約後に公開してしまう恐れも。そのようなことがないように、契約内容はしっかりと確認しましょう。

持ちだすことができない

三つ目のデメリットは、持ちだすことができないということです。ホームルーターwifiは自宅でのみ利用ができるものです。そのため、モバイルwifiのように屋外に持ちだすことはできません。

【まとめ】wifiを使って自宅でのインターネットを楽しもう

自宅用のwifiについて紹介しました。自宅でwifiを利用すると、スマホの通信量を抑えることができるうえ、尚且つ通信も安定します。ぜひ、wifiを使って自宅でのインターネットを楽しんでみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。