自宅で使う無制限wifiは光回線orモバイル回線?それぞれの特徴を紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

自宅で使う無制限wifiは光回線orモバイル回線?それぞれの特徴を紹介

自宅でインターネットを利用する場合、無制限wifiは光回線がよいのか、それともモバイル回線がよいのか、この2つで悩んでいる人はいませんか?そんな人にこの記事では、無制限wifiの光回線、無制限wifiのモバイル回線それぞれの特徴について紹介します。特徴を知ることで、自分が選ぶべき無制限wifiも見つけることができるはずです。興味のある方は、ぜひご覧ください。

自宅でwifiを無制限で使う方法

まずは、自宅でwifiを無制限で使う方法について紹介します。

光回線

一つ目は、光回線です。光回線は、光ファイバーケーブルを自宅に引き込んで利用するインターネット回線。以前は、ADSLが主流では、最近では、この光回線を利用している人が増えてきました。

モバイル回線

二つ目は、モバイル回線です。モバイル回線は、自宅までケーブルを引き込む必要がなく、wifiルーターで対象となる機器へ電波を飛ばして利用することができるインターネット回線です。手軽さが売りで、引っ越しが多い人にもおすすめです。

【光回線】自宅でwifi無制限を使うメリット

ではここで、wifi無制限で光回線を使うメリットについて紹介します。

通信速度が速い

一つ目のメリットは、通信速度が速いということです。元々光回線は通信速度に優れているものです。たとえ、wifi無制限であってもその速度は変わりません。通信が無制限ということは、上限がないため通信速度に制限がかからず、速いまま利用することができるということです。その結果、ストレスなくインターネットを楽しむことができるのです。

スマホ接続で通信料の節約ができる

二つ目のメリットは、スマホ接続で通信量が節約できるということです。スマホをwifiに繋いで接続し利用することにより、スマホの通信量を利用しなくて済みます。スマホの通信量を利用しないで済むということは、スマホのプランを安いものに変えることができるということに繋がり、実質通信量を節約することができるというわけです。スマホの料金は、データ通信量で決まります。データ通信量が多ければそれだけ金額も上がるということですので、データ通信量を下げれば、月額料金も下げることができるのです。

複数の機器が接続可能

三つ目のメリットは、複数の機器が接続可能であるということです。wifiルーターには接続できる台数がそれぞれ決まっています。一般的には10台まで接続が可能ですので、スマホ、タブレット、ゲーム機、パソコンなど複数の機器が一度の接続できます。

配線がすっきりとする

四つ目のメリットは、配線がすっきりするということです。wifiルーターを置くことで必要となる配線も少なくて済みます。そのため、煩わしい配線の本数を減らすことができ、見た目もすっきりとした印象となるのです。

【光回線】自宅でwifi無制限を使うデメリット

ではここで、wifi無制限で光回線を使うデメリットについて紹介します。

月額費用がかかる

一つ目のデメリットは、月額費用がかかるということです。光回線の場合、契約する際に初期費用がかかります。また、回線料とプロバイダ料を毎月支払うことになりますので、意外と月額料金がかかってしまうのです。

工事をする必要がある

二つ目のデメリットは、工事をする必要があるということです。光回線はケーブルを自宅に引き込まなくてはいけないため工事は必須。そのため、無駄な工事費も支払う必要があります。

通信が不安定な時がある

三つ目のデメリットは、通信が不安定な時があるということです。wifiは、強い電波を発する家電などを側に置いていたり、部屋の壁が障害となって通信がうまくできないときがあります。そのような場合には、wifiルーターを別の場所に移すことで改善される可能性があります。

【wifi無制限】自宅での光回線が向いているのはこんな人

ここで、自宅でwifi無制限の光回線が向いている人について紹介します。

自宅でしかネットを利用しない

まずは、自宅でしかネットを利用しないという人です。光回線は、自宅でしか利用することができません。そのため、自宅でインターネットを楽しむ人に向いているのです。

高額なキャッシュバックが欲しい

続いては、高額なキャッシュバックが欲しいという人です。光回線を利用するためにはプロバイダとの契約も必要となります。各プロバイダは、ユーザーを獲得するために高額なキャッシュバックを設けているところがたくさんあります。このような高額なキャッシュバックが欲しいという方には、光回線おすすめです。

スマホとのセット割を利用したい

続いては、スマホとセット割を利用したいという人です。上記のキャッシュバック同様、スマホとセットで割引をしてくれるプロバイダ事業者は数多くあります。スマホとセット割にすることで、月々のスマホ料金が安くできるため、お得度も高まります。

【モバイル回線】自宅でwifi無制限を使うメリット

ここからは、wifi無制限でモバイル回線を使うメリットについて紹介します。

持ち運ぶことができる

一つ目のメリットは、持つ運ぶことができるということです。モバイル回線は、ケーブルを自宅に引き込む作業が必要でないため、持ち運ぶ事が可能。重量も軽いため持ち運びも楽に行えます。

複数の機器が接続できる

二つ目のメリットは、複数の機器が接続できるということです。wifi対応の機種であれば、複数の機器を接続することは可能です。パソコンにスマホ、タブレットなど利用する人が多くいても安心です。

外出先でwifi利用が可能

三つ目のメリットは、外出先でwifi利用が可能であるということです。例えばスマホを外で利用する場合、電波が届かなくて困るという場面もあるでしょう。ですが、モバイル回線であれば、コンパクトなルーターを持ち運ぶことができるため、スマホをwifiに繋いで利用することが可能なのです。

工事が不要

四つ目のメリットは、工事が不要であるということです。モバイル回線は工事を必要とせず、届いた端末を設定すればすぐに利用することができます。工事が不要であれば高額な工事費を支払う必要もありません。

【モバイル回線】自宅でwifi無制限を使うデメリット

ではここで、wifi無制限でモバイル回線を使うデメリットについて紹介します。

対応エリアが限られる

一つ目のデメリットは、対応エリアが限られているということです。モバイル回線は、対象エリアと非対象エリアがあります。そのため、自分が普段利用している場所は、対象のエリアであるかどうかをきちんと確認しておきましょう。

通信制限がある

二つ目のデメリットは、通信制限があるということです。例えば、モバイルルーターを持ち歩けば、対象エリアであればどこでも使えますが、モバイルルーターの場合、通信制限があり、3日で3GBまでといった縛りがあります。通信制限を超えると速度も遅くなってしまい、持っている意味がありません。特に高い建物が建っているエリアや地下鉄などには注意が必要です。

バッテリーがなくなると利用できない

三つ目のデメリットは、バッテリーがなくなると利用できないということです。モバイル回線で利用するポケットwifiなどは、スマホやタブレット同様、電子機器です。スマホやタブレットの充電がなくなって利用できなくなると同じように、モバイル回線のwifiルーターも充電がなくなると利用できません。そのため、充電できるときには充電をしておきましょう。

【wifi無制限】自宅以外でモバイル回線が向いているのはこんな人

ではここで、自宅以外でモバイル回線が向いている人について紹介します。

外出先でもwifiを利用したい

まずは、外出先でもwifiを利用したい人です。モバイル回線のwifiは、自宅はもちろん、外出先でも利用可能です。そのため外出先でもwifiを利用したい方にはおすすめというわけです。

開通工事が待てない

続いては、開通工事が待てないという人です。モバイル回線は光回線のように工事が必要ありません。光回線の工事は申し込みをして早くても2週間、遅くて2ヶ月ほど待たされます。一方モバイル回線は、申し込みをすれば最短3日ほど端末が自宅に届くまで、長い期間待たなくて済むのです。

月額料金を減らしたい

続いては、月額料金を減らしたいという人です。モバイル回線の月額料金相場は、2,400円~3,480円と言われています。これは、固定回線と比べるかなり安め。この金額で無制限であれば、かなりお得と言えます。

【まとめ】自宅で使うなら無制限wifiが断然お得

自宅で利用するのにおすすめな無制限wifiについて紹介しました。今回紹介した、光回線・モバイル回線は、データ通信を気にすることなくインターネットが楽しめる方法の一つです。現在利用しているwifiは制限がある、通信速度が遅いと感じている方は、光回線またはモバイル回線でwifiを利用してみてはいかがでしょうか。きっと通信速度も安定し、快適なインターネット生活を送れるようになるはずです。試してみる価値はありますので、ぜひ、お試しください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。