楽天マガジンはどう解約する?解約前に改めて考えてほしい評判も紹介

楽天マガジンを契約し、雑誌を読んでいるという人も多いと思いますが、解約を考えているという人も中に入るはず。ということで、この記事では楽天マガジンの解約方法について紹介します。解約する詳しい手順に加え、解約に関する注意点についてまとめました。また、解約前に改めて考え欲しい、楽天マガジンの評判についても載せていますの、楽天マガジンの解約を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

楽天マガジンの解約手順

まずは、楽天マガジンの解約手順について紹介します。

公式サイトにログイン

解約は、スマホ・パソコンどちらからでも行えます。ここで、スマホでの解約手順を紹介します。まずは「楽天マガジン公式サイト」にアクセスします。次に、画面右上にある「メニュー」ボタンをタップし、「ご契約内容の確認・変更」をタップして「楽天」へログインし、ページを下部にある「解約ページ」を選択し、再び楽天へログインします。

アンケートに回答

再び楽天へログインしたら、解約を呼び止めるページが表示されますが、気にせずに下部の「解約処理に進む」をタップしてください。すると、アンケート画面が表示されますので質問に答え「回答して解約確認に進む」ボタンをタップします。

解約手続きを確定

再び、解約を呼び止めるページが表示されますが、これも気にせず「解約を完了する」ボタンをタップします。すると画面に「ご解約完了」と表示されますので、これで解約手続きは終了となります。

楽天マガジンの解約に関する注意点

ここで、楽天マガジンの解約に関する注意点を紹介します。

無料お試し期間中に解約するとすぐに読むことができなくなる

まずは、無料お試し期間中に解約するとすぐに読むことができなくなるということです。楽天マガジンには、初回のみ31日間の無料期間があります。この期間中に、解約や退会の手続きを行うと、手続き完了と同時に楽天マガジンの契約が終了するため、無料お試し期間中であってもすぐに読むことができなくなります。

有料プランは契約期間が終わるまで読むことができる

続いては、有料プランは契約期間が終わるまで読むことができるということです。無料期間中であれば、解約・退会することですぐに読むことができなくなると上記で述べましたが、有料プランであれば、契約の更新日まで利用することができるようになっているため、契約期間が終わるまで読むことができます。

アプリから解約できない

続いては、アプリから解約できないということです。楽天マガジンの解約はアプリからはできません。そのため、上記で紹介した手順のように、まずは、楽天マガジン公式サイトにアクセスし、再び「楽天」で解約手続きを進める必要があり、結構面倒です。

解約が完了した後はダウンロードした雑誌が読めなくなる

続いては、解約が完了した後はダウンロードした雑誌が読めなくなるということです。楽天マガジンでは、気になる雑誌をダウンロードして読むことができるのです、ダウンロードした雑誌は、解約が完了してしまうと読むことはできません。

料金は日割り計算ではない

続いては、料金が日割り計算されないということです。楽天マガジンの解約月は、日割り計算ではありません。そのため、月の最初に解約しようが、月の終わりに解約しようが支払う金額は丸ごと一か月分。できれば、月の終わりごろに解約をした方が損はありません。

解約して再登録した場合は無料で利用できない

続いては、解約して再登録した場合は無料で利用できないということです。31日間の無料お試しは、あくまで初めて楽天マガジンを利用する人のために行われているサービスです。そのため、一度楽天マガジンを契約して解約や退会をし、再び、契約をしたとしても無料お試しは利用ができず、有料プランのみとなります。

解約前に考えてほしい楽天マガジンの特徴

ここで、解約前に考えてほしい楽天マガジンの特徴について紹介します。

新規申し込みの場合31日間は無料で読み放題

まずは、新規申し込みの場合31日間は無料で読み放題であるということです。これは、上記で述べたように、楽天マガジンの新規申し込みの場合であれば31日間無料で読み放題となります。ただし、過去に一度申し込みをした人は対象外となりますので、注意してください。

月額380円で利用可能

続いては、月額380円で利用可能であるということです。楽天マガジンの月額料金はなんと380円。どれだけ多くの雑誌を読んだとしても金額はずっと一定です。

読める雑誌は450誌以上

続いては、読める雑誌は450誌以上であるということです。月額380円の楽天マガジンで読むことができる雑誌の数は、450誌以上。ファッション・グルメ・スポーツ・アウトドア・ビジネス・経済・週刊誌・インテリアなど、ジャンルも豊富です。

バックナンバーから最新号まで読める

続いては、バックナンバーから最新号まで読めるということです。楽天マガジンには、上記で紹介したように様々なジャンルの雑誌を読むことができますが、それらはバックナンバーから最新号まで読むことができます。

スマホ・タブレットは5台まで可能

続いては、スマホ・タブレットは5台まで可能であるということです。楽天マガジンは、一つの契約で端末一台のみ、というわけではありません。スマホ・タブレットで利用するのであれば、一つの契約で5台まで利用ができます。そのため、家族一人が契約していれば、家族皆のそれぞれの端末で読むことができるといわけ。しかも、月額料金がたったの380円。もちろん、パソコンでも利用できます。

ダウンロードしてオフラインでも読める

続いては、ダウンロードしてオフラインでも読めるということです。お気に入りの雑誌を見つけてダウンロードして置けば、オフラインでも読むことができます。ダウンロードをしておけば、例えば、旅行に行く際に新幹線や飛行機の中でwifi環境がなくても読むことができるなど、何かと便利に利用できます。

解約前に考えてほしい楽天マガジンの良い評判

ここで、解約前に考えてほしい楽天マガジンの良い評判について紹介します。

アプリ評価でも高評価

まずは、アプリ評価でも高評価であるということです。楽天マガジンのように、漫画や雑誌が読み放題のアプリはたくさんありますが、その中でも楽天マガジンは高評価。満足している人も多くいるようです。

コスパが安くてお得

続いては、コスパが安くてお得であるということです。ここまで何度も述べてきたように、楽天マガジンは月額380円という破格の安さ。雑誌一つを購入すると考えても、それよりも安い価格で、読み放題で楽しめます。また、普段読まない雑誌も読むことができるため、新しい情報収集にも一役買いますし、普段読まない雑誌だからこそ趣味に繋がる可能性も。これまで知らなかったことが、たった380円でたくさん知れます。

雑誌の充実度が高い

続いては、雑誌の充実度が高いということです。これも上記で述べたように、楽天マガジンには、実の様々なジャンルの雑誌が用意されています。ジャンルが多いと選べる選択肢も増えるため、利用者にとってはお得でしかありません。

便利で使いやすい

続いては、便利で使いやすいということです。一度気になる雑誌をダウンロードしてしまえば、どこに居ても読むことが可能です。また、実物ではなくデータとして持ち運ぶことができるため、荷物も重くなりません。

雑誌読み放題サービスの中でも最安値

続いては、雑誌読み放題サービスの中でも最安値であるということです。楽天マガジンは月額380円。これは、雑誌読み放題サービスを展開しているどの会社よりも安い価格設定です。

年間プランだと楽天ポイントが1,000ポイント貰える

続いては、年間プランだと楽天ポイントが1,000ポイント貰えるということです。楽天マガジンには、月額380円のプランと、年間3,600円のプランがあります。この内、年間プランを契約すれば、楽天ポイントが1,000ポイント貰えるため、大変お得です。

ページ一覧がサムネイル表示されてスライドできる

続いては、ページ一覧がサムネイル表示されてスライドできるということです。ビューアにある「一覧表示」ボタンを押すと全ページの縮小画面が表示され、スライドすることができます。縮小画面にすることで、パラパラとめくって目的のページも見つけやすくなります。

ふせんを貼れる

続いては、ふせんを貼れるということです。気になる雑誌を読んでいて、後で読み返したくなることもあると思います。そんな時は、画面上部に表示させる「ふせん」と書かれたオレンジ色のマークをタップしましょう。この「ふせん」を付けておけば、次に読みたくなったときに、マイページに一覧で表示されるため、簡単に読み返すことができます。

楽天スーパーポイントで支払える

続いては、楽天スーパーポイントで支払えるということで。楽天市場で買い物をして貯めたポイントは、楽天マガジンの支払いにも利用することができます。ポイント無駄にせずに済む嬉しいサービスです。

【まとめ】楽天マガジンの解約は評判を参考に考えてみよう

楽天マガジンの解約方法について紹介しました。解約はアプリで行うことができず、一旦楽天マガジンこ公式サイトにアクセスして、再び楽天で手続きを進める必要があります。楽天マガジンは、非常に安く扱っている雑誌の数も豊富。一度解約をすると再び申し込みが必要となりますし、かなりの手間でもありますので、後悔しないためにも解約は評判を参考に検討してみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。