海外版のXperiaには要注意?国内で利用するには「技適マーク」をチェック

Xperiaには海外版も発売されており、利用している人も多くいるのではないでしょうか。ですが、海外版のXperiaを使うためには、技適マークが必要となります。技適マークとは、国内で使用するために、法律に基づき技術基準適合証明と技術基準適合認定のいずれか、または、両方の認証を受けたものを示すマークのこと。ということで、この記事では海外版のXperiaに関する技適マークの確認方法を紹介します。また、技適マークつきのXperiaをsimフリーとして利用するメリットなどについてもまとめていますので、興味のある人は、ぜひご覧ください。

海外版のXperiaは技適マークがない?

海外版のXperiaを国内で使うためには、冒頭で述べたように技適マークが必要となります。が、海外版のXperiaにはこの技適マークがついているのでしょうか。疑問に感じる人も少なくないと思いますが、実は海外版のXperiaには、技適マークがついているものと、ついていないものがあります。

【海外版のXperia】技適マークには例外も

技適マークがついていないと、国内で海外版のXperiaを使うことは不可能だと述べましたが、これは国内で長期的に利用する場合の話。観光やビジネスで日本に訪れる外国人がスマホなどを持ち込む場合は、条件付きで技適マークがなくても、例外が適用されます。

【海外版のXperia】技適マークの確認方法

ここで、技適マークの確認方法について紹介します。

iPhoneの場合

まずは、iPhoneの場合です。iPhoneの技適マーク確認手順は、「設定」→「一般」 → 「情報」→「法律に基づく認証」 → 「認証」の順に進んでいけば確認できます。

Androidの場合

続いては、Androidの場合です。Androidの技適マーク確認手順は、「設定」→ 「端末情報」→ 「法的情報」の順に進んでいけば確認できます。

総務省のホームページでも確認可能

技適マークがついている端末であるかどうかは、総務省のホームページでも確認できます。入力する情報は、「番号(技術基準適合証明番号or工事設計認証番号(新表記/旧表示)または、技術基準適合自己確認の届け出番号など)」・「氏名または名称」・「型式または名称」・「機関名」・「年月日(FROM、TO)」といったものです。

【海外版以外の技適マーク付き】国内販売のおすすめXperia端末

海外版のxperiaを使うのに抵抗がある人は、国内で販売されているXperiaがおすすめです。ということで、ここで国内販売のXperia端末を紹介します。

Xperia1Ⅱ

まずは、Xperia1Ⅱです。Xperia1Ⅱは、Xperia初の5Gモデル。何をやるにも高速通信で、サクサク快適に利用できます。シネマ撮影専用機能「Cinematography Pro」は、映画さながらの画作り・質感・色表現を実現し、これまでになかった映像美が体験できます。また2つのアプリを同時に表示できるため、ショッピングサイトを見比べたり、ニュースを見ながら気になる情報を検索するなど、使い勝手も抜群となっています。

Xperia 8

続いては、Xperia 8です。Xperia 8は、シンプルながらも上質なデザインが特徴のモデル。2年使っても劣化しにくい長持ちバッテリーや高速CPUにより、快適な操作を実現させてくれます。また、防水性能も備えているため水回りでも安心して使えます。

Xperia 10Ⅱ

続いては、Xperia 10Ⅱです。Xperia 10Ⅱは、約151gの軽くて持ちやすいスリムボディが魅力の新機種。ミッドレンジXperia初となる有機ELディスプレイは美しい以外に言葉が見つかりません。カメラは、風景も入れたダイナミックな表現ができる「超広角レンズ」・繊細なディテールまで美しく写す「標準レンズ」・被写体の表情に寄って撮れる「望遠レンズ」のトリプルレンズを搭載。写真を撮るのが楽しくなること間違いなしです。

【海外版以外】技適マーク付きのXperiaをsimフリーとして利用するメリット

技適マークのついた海外版のxperia端末であれば、simフリーとして利用することは可能です。ということで、ここで、技適マークのついた海外版Xperiaをsimフリーとして使うメリットについて紹介します。

月額料金が安くなる

一つ目のメリットは、月額料金が安くなるということです。simフリーとして海外版のXperiaを使うと、キャリアでXperiaを使うよりも最大5,000円ほど安くなります。元々simフリーは「格安」として提供されている携帯会社ですので、技適マークがついている海外版のXperiaであっても月額料金を安くすることができます。

好きな通信事業者を選べる

二つ目のメリットは、好きな通信事業者を選ぶことができるということです。キャリアでは、ドコモ・au・ソフトバンクの中から携帯会社を選ばなければいけませんが、simフリーの場合は、通信事業者が豊富にあるため、自分の好きなところを選ぶことができます。各通信事業者によって特徴も様々ですので、色々と比較をして選びましょう。

料金プランがシンプル

三つ目のメリットは、料金プランがシンプルであるということです。simフリーはキャリアのように料金プランが複雑ではありません。simフリーでは「音声通話プラン」または「データ専用プラン」の2択。金額もデータ容量によって決まっているため、選びやすいのです。

電話番号が引き継げる

四つ目のメリットは、電話番号を引き継げるということです。MNPでキャリアからsimフリーへ乗り換えると、電話番号を変えることなく乗り換えることができます。

契約期間が短い

五つ目のメリットは、契約期間が短いということです。キャリアであれば2年契約が当たり前。ですが、simフリーでの最低利用期間は0ヶ月~1年ほどがほとんどです。中には、最低利用期間が設定されていない通信事業者も多いため、契約も解約もしやすいです。

【海外版以外】技適マーク付きのXperiaをsimフリーとして利用するデメリット

ここで、技適マークつきの海外版Xperiaをsimフリーとして利用するデメリットについて紹介します。

通信速度が遅くなる

一つ目のデメリットは、通信速度が遅くなるということです。simフリーはキャリアの回線を間借りして通信を行います。そのため、回線が混雑しだすと優先されるのはキャリアのスマホ。そのため、遅くなってしまうのです。

キャリアメールが利用できない

二つ目のデメリットは、キャリアメールが利用できないということです。キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」とキャリアで提供されるメールアドレス。このキャリアメールが利用できないということで、simフリーでは、gmailやYahoo!メールといったフリーメールを使うことになります。

LINEのID検索が利用できない

三つ目のデメリットは、LINEのID検索が利用できないということです。LINEのID検索を使うためには、年齢確認が必要になります。キャリアであれば、この年齢確認が導入されているのですが、simフリーには導入されていません。そのため、LINEのID検索を行うことができないのです。

通話料金が高くなる

四つ目のデメリットは、通話料金が高くなるということです。simフリーは、通話よりも基本データ容量に力を入れているため、通話料金は高めに設定されています。その金額は、30秒で20円。ですが、この通話料は、通信事業者が設定している専用アプリを使うと、30秒で10円になります。

自分で設定する必要がある

五つ目のデメリットは、自分で設定する必要があるということです。simフリーの通信事業者はほとんど実店舗がありません。そのため、キャリアのように店舗を訪れて設定を行ってくれないため、自分で行う必要があります。

クレジットカード払いが多い

六つ目のデメリットは、クレジットカード払いが多いということです。simフリーの通信事業者はクレジットカード払いが主流です。中には、口座振替やデビットカード支払いができる通信事業者もありますが、まだまだ数が少ないのが実情。そのため、simフリーを契約するのであれば、クレジットカードを作っておいた方がいいです。

テザリングが利用できない場合

七つ目のデメリットは、テザリングが利用できない場合があるということです。テザリングとは、自分のスマホをwifiスポットの様に使って、様々な機器を接続する機能のことですが、simフリーでは、テザリングが利用できない場合もあるため、テザリングが利用したい人は、契約前に確認をしておきましょう。

【まとめ】Xperiaは海外版ではなく技適マークのある国内版が安全

海外版のXperiaについて紹介しました。海外版のXperia端末には、技適マークがついているものと、ついていないものがあります。安全にXperiaを使いたいのであれば、海外版よりも国内版を選んだ方が良いです。どちらを選ぶかは人それぞれですが、「技適マーク」だけは忘れないようにチェックしてください。

格安simの最新記事8件

  • 評判のNifMoとは何か?そのレビューを徹底分析!

    この記事ではスマホ業界で話題のNifMoの評判について取り上げます。そもそもNifMoとは何なのか、そしてその特徴について見ていきましょう。 目次 1 【評判を分析】NifMoとは一体何なのか? 2 【評判はどう?】NifMoの主な特徴を紹介! 3 【評判はどう?】NifMoの料金プランを詳しく解説! 4 【評判はどう?】NifMo対応のスマホを紹介! 5 NifMoの評判を徹底研究~そのメリット…

  • 【格安SIM】無制限MVNOの選び方!その注意点とは?

    この記事ではMVNOの無制限プランの選び方について取り上げます。近頃スマホ業界で話題のMVNO。そもそもMVNOとは何なのか分からない人もいるでしょう。まずは、MVNOの説明をした後で、MVNOの無制限プランの選び方、注意点、おすすめのMVNO無制限プランなどを取り上げます。 目次 1 【格安SIM無制限プラン】そもそもMVNOって何? 2 MVNOの選び方~無制限・大容量のどちらにする? 3 【…

  • 格安SIMは通信速度が重要~MVNOを徹底比較!

    MVNOを利用する上での通信速度は問題ないのでしょうか。近年、スマホ業界ではMVNOが人気となっています。そもそもMVNOという略語を知らない人もいるでしょう。この記事ではMVNOとは何か説明し、MVNOの通信速度について詳しく調べます。 目次 1 【通信速度の比較】まずは基礎知識~MVNOとは何か? 2 【格安SIM】MVNOの通信速度はどうなのか? 3 【格安SIM】MVNOの通信速度のトップ…

  • 【格安SIM】使い放題のMVNOを比較!その選び方とは?

    この記事は使い放題のMVNOの選び方を説明します。MVNOは近年、スマホ業界で話題になっています。そもそもMVNOとは何なのか、そしてMVNOは何を基準に選べば良いのか、この記事で分析します。 目次 1 【使い放題!】MVNOとは格安SIMを提供する会社の事 2 【徹底分析!】使い放題のMVNOを実際に比較! 3 使い放題のMVNOの選び方~動画視聴が目的の場合 4 用途に応じてMVNOの使い放題…

  • モトローラの格安スマホMoto G4 Plus!そのスペックとは?

    この記事ではモトローラから発売されたスマホであるMoto G4 Plusのスペックについて取り上げます。発売以来数年が経過した今でも、Moto G4 Plusは人気のスマホとして評判を呼んでいます。今も人気を誇るMoto G4 Plusのスペックの秘密を探っていきましょう。 目次 1 【スペックも紹介】モトローラの Moto G4 Plusとは? 2 Motorola Moto G4 Plusのス…

  • 【徹底解説】大手3社から格安SIMへのMNP転出の注意点とは?

    この記事では格安SIM会社へのMNP転出の手続きや注意点などについて取り上げます。近年、スマホの経済的な使用方法として人気のMNP転出。そもそもMNPとは何なのか、そしてその手続きの際のポイントについて見ていきましょう。 目次 1 【格安SIMへ】まずは基礎知識!MNPとは何か? 2 大手3社から格安SIMへ!MNP転出の前に確認する事は? 3 格安SIMへ乗り換え!MNP転出の手続きを解説! 4…

  • トリプルカメラのHUAWEI Mate 20 Pro!そのレビューを紹介!

    この記事では、人気スマホであるHUAWEI Mate 20 Proのレビューについて取り上げます。中国のスマホメーカーHUAWEI社が2018年11月30日に発売したHUAWEI Mate 20 Proが評判を呼び続けています。何と言ってもトリプルレンズのカメラがそのトレードマークであるHUAWEI Mate 20 Pro。その魅力をレビューとして余すところなくお伝えしましょう。 目次 1 【レビ…

  • 噂のスマホHUAWEI Mate 20 lite、そのレビューを紹介!

    この記事ではHUAWEI Mate 20 liteのレビューについて取り上げます。2020年8月でHUAWEI Mate 20 liteの発売から2年になりますが、HUAWEI Mate 20 liteはどのような評価をされているのでしょうか。そのレビューを探ってみましょう。 目次 1 【レビューの前に】HUAWEI Mate 20 liteとは? 2 【レビューの前に】HUAWEI Mate 2…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。