おサイフケータイを選ぶなら安い機種を!使い方や注意点を紹介

おサイフケータイ機能は、あると便利な代表格の機能です。普段の生活の中で利用している人も多いのではないでしょうか。そんなおサイフケータイ機能は全ての機種に搭載されているわけではありません。では、一体どんな機種に搭載されているのでしょう。できれば安い機種であれば嬉しいはず。ということで、この記事では、おサイフケータイ機能が搭載された安い機種を厳選して紹介します。また、おサイフケータイの使い方などについてもまとめていますので、、興味のある人は、ぜひご覧ください。

おすすめのsim・光回線サービス

安い機種でも利用できるおサイフケータイとは

そもそもおサイフケータイとは、どんな機能のものを言うのでしょうか。おサイフケータイとは、あらかじめ現金を電子マネーに変えてチャージしておくことで、コンビニなど、おサイフケータイに対応しているお店で支払いができたり、電車や飛行機などのチケットの代わりに利用できたりと、大変便利な機能です。使いお店によってはポイントを貯めることができるため、現金で支払うことと変わりありません。

おサイフケータイは安い機種の格安スマホがおすすめ

おサイフケータイ機能が搭載されている機種は色々とありますが、安い機種と言えばやはり格安スマホがおすすめ。格安スマホであれば、安い機種を手に入れることはもちろん、おサイフケータイ機能もキャリアで利用している時と同じように使うことができます。また、何より、格安スマホは月額料金も安いです。おサイフケータイも利用できて、月額料金も安いとあれば、利用しない手はありません。

【安い機種】おサイフケータイ機能付きの機種価格

ここで、おサイフケータイ機能付きの機種価格について紹介します。

エントリーモデル

まずは、エントリーモデルです。エントリーモデルは、電話やメールさえできればいいと思っている人向けのモデルで、価格は3万円以下と非常に安いです。

ミドルレンジモデル

続いては、ミドルレンジモデルです。ミドルレンジモデルは、サクサクと作動する端末が欲しいけど安さも重視ししたい人向けのモデルで、価格は、3万~6万円ほどです

ハイエンドモデル

続いては、ハイエンドモデルです。ハイエンドモデルは、カメラやゲームなどの性能にこだわりたい人向けのモデルで、価格は、7万円以上です。

【安い機種】格安スマホのおサイフケータイおすすめアプリ

ここで格安スマホのおサイフケータイおすすめアプリを紹介します。

楽天Edy

まずは、楽天Edyです。楽天Edyは、「パソリ」という専用機器を使うことで、Edyカードのチャージや残高照会が可能です。オートチャージ機能搭載されているため、面倒なチャージ作業を省くことができるというのも最大の魅力。残高がなくなる心配がないため便利と言えますが、使い過ぎには注意しましょう。

Google Pay

続いては、Google Payです。Google Payは、複数のカードが取り込めるうえ、ポイントも貯められる万能アプリ。利用できるのはAndroid端末に限られますが、アプリ内から簡単に残高へのチャージができ、残りがいくらかもすぐにチェックできます。また、クレジットカードや電子マネーだけではなく、ポイントカードが登録できる機能も搭載されています。

おサイフケータイ

続いては、おサイフケータイです。「おサイフケータイ」というサービスと同名のこのアプリもAndroid専用。初期登録はアプリから簡単に行えたり、複数カードの登録も可能。また、ロック機能が付いているため、セキュリティ性能も高いです。

【安い機種】格安スマホのおサイフケータイを使う際の注意点

ここで、格安スマホのおサイフケータイを使う際の注意点について紹介します。

機種の充電はこまめに行う

一つ目の注意点は、機種の充電はこまめに行うということです。充電がなくなると、おサイフケータイを使うことができません。そのため、おサイフケータイを使うのであれば充電を切らさないことが大切です。

中古のキャリア機種は初期化が必要

二つ目の注意点は、中古のキャリア機種は初期化が必要であるということです。中古のキャリア機種でおサイフケータイを使う場合は、初期化されていることが必要です。以前の利用者が初期化していない機種を購入した場合は、キャリアショップで行うか、サービスを一度アンインストールして行うかです。一度登録情報を抹消する必要があるため、方法が分からない場合はキャリアショップでやってもらいましょう。

iDアプリが利用できない場合がある

三つ目の注意点は、iDアプリが利用できない場合があるということです。2016年4月より、iDアプリは、simロックフリー端末版が公開されています。そのため、格安スマホでも利用可能にはなっていますが、一部機種ではiDアプリが使えない場合がありますので、注意しましょう。

simロック解除は必要ない

四つ目の注意点は、simロック解除は必要ないということです。おサイフケータイ機能のみの利用であれば、simロックの解除は必要ありません。

Androidとiphoneで利用できる電子マネーが異なる

六つ目の注意点は、Androidとiphoneで利用できる電子マネーが異なるということです。Androidとiphoneでは、元々利用できる機能性も異なるため、おサイフケータイで利用できるサービスも異なります。

【安い機種】おサイフケータイ対応の格安スマホ機種

ここで、おサイフケータイ対応の格安スマホ機種を紹介します。

AQUOS zero 2

まずは、AQUOS zero 2です。AQUOS zero 2は、軽さと軽快さにとことんこだわって作られたモデルです。ゲーミングスマホにもなる高い処理能力や防水・防塵機能、超広角カメラや画面指紋認証など多彩な機能が満載。前作よりかなりパフォーマンスが向上しています。

AQUOS sense 3 plus

続いては、AQUOS sense 3 plusです。AQUOS sense 3 plusは、IGZO大画面ディスプレイ&大容量バッテリーで驚異の電池持ちを実現させたモデルです。見た感動をそのまま残せる超広角カメラは思い出作りにピッタリ。価格はミドルレンジクラスに抑えられているため、機能性が高い割にはかなり安く感じます。

OPPO Reno A

続いては、OPPO Reno Aです。OPPO Reno Aは、セルフィー特化の高性能インカメラに、ゲーミングスマホにもなるブースト機能、SIM2枚同時待ち受け可能なDSDV対応など、これだけの機能を備えて、3万円代で購入できる端末です。コスパ最強のため、初めて格安スマホを使う人にもおすすめです。

Xperia Ace

続いては、Xperia Aceです。Xperia Aceは、コンパクトサイズながらも5.0インチの画面を実現させたミドルレンジモデル。ハイレゾ対応でSONYならではの高音質で音楽を楽しむことができます。

Galaxy A30

続いては、Galaxy A30です。Galaxy A30は、SAMSUNGが日本国内向けに発売した初めてのsimフリースマホです。ミドルレンジモデルでは珍しい有機ELディスプレイで映像も美しです。また、大容量バッテリーを搭載しているため、長旅にもおすすめです。

AQUOS zero

続いては、AQUOS zeroです。AQUOS zeroは、液晶のSHARPが本気を出した国産有機ELディスプレイが魅力の端末。6.2インチの大画面であるにも関わらず、重さはたった146gと超軽量。長時間手に持っていても疲れにくいです。

安い機種のおサイフケータイを使うメリット

ここで、安い機種のおサイフケータイを使うメリットについて紹介します。

支払いが簡単になる

一つ目のメリットは、支払いが簡単になるということです。おサイフケータイと言えば、個の支払いが簡単になるメリットは外せません。おサイフケータイは、財布と同じ機能を発揮し、支払いは機械にサッとかざすだけで終了。僅か数秒で支払いが完了します。

荷物を減らせる

二つ目のメリットは、荷物を減らすことができるということです。お出かけする際に、財布とスマホを持ち歩くのは面倒、だと感じている人はいませんか?そんな人こそ、おサイフケータイの出番。おサイフケータイであれば、財布もスマホも一つにまとめることができるため、荷物の少ない状態で外出することができます。

クレジットカードでチャージできる

三つ目のメリットは、クレジットカードでチャージできるということです。おサイフケータイは、現金でしかチャージできないと尾もあっている人も多いでしょう。ですが、実はおサイフケータイは、クレジットカードでチャージすることも可能。クレジットカードでチャージすることにより、おサイフケータイで使った電子マネーのポイントとクレジットカードのポイントを一緒に貯めることができます。

【まとめ】安い機種でおサイフケータイを使いこなそう

おサイフケータイ機能の付いた安い機種を格安スマホから紹介しました。おサイフケータイ機能は付いている方が何かと役に立ちます。また安い機種であっても、おサイフケータイ機能的には何も変わりません。ぜひ、安い機種でおサイフケータイを使いこなしてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。