mvnoでもおサイフケータイが使える!サービス内容や搭載端末を紹介

おサイフケータイと言えば、「キャリア」をイメージする人も多いと思いますが、実はmvnoでもおサイフケータイを使うことは可能です。ということでこの記事では、おサイフケータイが利用できるmvnoについて紹介。mvnoでおサイフケータイを使うメリットやデメリット、利用できるサービスについてまとめました。mvnoでおサイフケータイを使いたいという人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

mvnoでおサイフケータイを使うには?

mvnoでおサイフケータイを使うためには「felica」搭載の端末でなければなりません。mvnoが登場した当初は、このおサイフケータイを利用することができない端末が多かったのですが、最近では、おサイフケータイが利用できるmvnoの端末もあります。キャリアでおサイフケータイを使っていたのであれば、mvnoに乗り換えた後も利用したいという人も多いはず。では、mvnoでおサイフケータイを使うメリットにはどんな事が考えられるのか、次で紹介します。

mvnoおサイフケータイのメリット

ではここで、mvnoでおサイフケータイを使うメリットについて紹介します。

会計の手間が省ける

一つ目のメリットは、会計の手間が省けるということです。おサイフケータイは、レジに置かれているカードリーダーにかざすだけで会計が完了。細かい小銭を出す必要がないため、会計時の手間を省くことができるのです。

荷物が減らせる

二つ目のメリットは、荷物が減らせるということです。お店によっては会員カードの提示もおサイフケータイで済ますことができるところもあります。また、古銭がたくさん入った財布を持ち歩く必要もないため、身軽に外出することができるのです。

クレジットカードでチャージできる

三つ目のメリットは、クレジットカードでチャージできるということです。おサイフケータイをクレジットカードでチャージすることにより、クレジットカードのポイントも貯めることができます。クレジットカードのポイントが貯まれば、別の買い物でも利用できるため、まさに一石二鳥。どんどん利用してほしい活用方法です。

電源がオフの状態でも利用できる

四つ目のメリットは、電源がオフの場合でも利用できるということです。電池の充電が十分残っている場合は、電源がオフであってもおサイフケータイは利用可能です。

mvnoおサイフケータイのデメリット

ここで、mvnoのおサイフケータイを使うデメリットについて紹介します。

バッテリー残量

一つ目のデメリットは、バッテリー残量です。上記でも述べたように、おサイフケータイは電源がオフの場合でも利用することは可能なのですが、それは充電が十分に残っている場合の話。バッテリー残量によっては利用できない場合もありますので、気を付けてください。

ソフトウェアアップデータ中は利用できない

二つ目のデメリットは、ソフトウェアアップデート中は利用できないということです。おサイフケータイはソフトウェアアップデート中は利用することはできません。そのため、一度ソフトウェアアップデート中となった場合は、終了するまで待つ必要があります。

機種変更時のデータ移行が面倒

三つ目のデメリットは、機種変更時のデータ移行が面倒であるということです。機種変更を行う場合、電話帳やデータの移行は意外と面倒な作業です。それと同じように、おサイフケータイのデータ移行も面倒な作業であるということはお忘れなく。

対応機種でしか利用できない

四つ目のデメリットは、対応機種でしか利用できないということです。上記でも述べたように、おサイフケータイを使うためには「felica」搭載でなければなりません。端末を選ぶ際には、十分注意しましょう。

mvnoで利用できるおサイフケータイサービス

ではここで、mvnoで利用できるおサイフケータイサービスについて紹介します。

楽天Edy

まずは、楽天Edyです。楽天Edyは、その名の通り楽天ブランドの電子マネーです。全国の様々な店舗で利用することができ、利用できる店舗数は電子マネーの中でもトップクラス。ポイント機能付きのクレジットカードを使って楽天Edyにチャージをするとクレジットカードは利用したことによるポイントをもらうことができるのはもちろん、ポイント増量キャンペーンなどが行われていた場合には、さらにポイントが増量され、ポイントの3重取りも可能。実質還元率が0.5%から2.0%にまで引き上げることができ、お得度も上がります。

WAON

続いては、WAONです。WAONは、イオングループの関連会社「イオンリテール株式会社」が運営している電子マネーです。利用できるお店は、約19万ヵ所。コンビニやスーパーなど普段利用することが多い店舗で使うことができるため、利用しているという人も多いのではないでしょうか。WAONを利用すればもちろんポイントも付きます。貯まったポイントは会計時に利用することができるため、使って損はありません。

nanaco

続いては、nanacoです。nanacoは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの電子マネーです。現金やクレジットカードからのチャージだけでなく、nanacoギフトからもチャージすることができます。特定の日付でポイントが2倍や5倍になる日や、給与や賞与をセブン銀行で受け取ることでnanacoポイントが加算されるといったサービスもあるため、上手に利用すればポイントもどんどん貯まります。

モバイルsuica

続いては、モバイルsuicaです。モバイルsuicaは、スマホのモバイルsuicaアプリを通じて、入金やチケット購入ができるサービス。みどりの窓口や自動券売機に並ぶ必要がなく、スムーズに鉄道やバス、ショッピングを楽しむことができます。

QUICpay

続いては、QUICpayです。QUICpayは、決済と同時にセットしたクレジットカードで決済される仕組みのため、事前のチャージは必要ありません。利用可能店舗数やポイント還元率は、他社の電子マネーには劣りますが、クレジットカードと電子マネーの利点を兼ね揃えているということは間違いありません。

ローソンモバイル Ponta

続いては、ローソンモバイル Pontaです。ローソンモバイル Pontaは、ローソンの公式アプリ。Android端末でもiphone端末でも利用することができます。アプリを起動させずに利用することができるため、会計もスムーズ。また、ローソンを訪れて商品を購入すると「来店ポイント」が貯まります。月に10日以上来店してスタンプを貯めると、映画鑑賞割引券がもらえるなどお得な特典がいっぱい。ローソンに行くことが多い人は、ぜひ、ローソンモバイル Pontaを利用してみましょう。

おサイフケータイ搭載のmvno端末

それでは最後に、おサイフケータイ搭載のmvno端末について紹介します。

OPPO Reno A

一つ目は、OPPO Reno Aです。OPPO Reno Aは、mvnoの中でも人気の高い端末の一つ。3万円台という非常に安価な値段であるにも関わらず、指紋認証や顔認証機能、大容量のバッテリーなどスペックも魅力的です。また、ハイエンドモデルにも使われているSnapdragon 710というチップを搭載しているため、処理速度も早くストレスなく利用できます。

AQUOS sense3 lite SH-RM12

二つ目は、でAQUOS sense3 lite SH-R12です。AQUOS sense3 lite SH-RM12は、大容量バッテリーで動作も速い端末です。バッテリーの持ち時間は最大一週間。高精細の明るい画面で、写真や動画など細かい表示もきれいに再現してくれます。また、日差しがあっても見やすいよう、アウトドアビュー機能を搭載。利用する人のことを考えて作られた万能端末です。

arrows M04

三つ目は、arrows M04です。arrows M04は、初めてスマホを利用する人でも使いやすい端末。汚れてもハンドソープで洗うことができるため、いつでも清潔に利用することができます。もちろん、水漏れに対応しているため心配はありません。

AQUOS zero SH-M10

四つ目は、AQUOS zero SH-M10です。AQUOS zero SH-M10は、軽量でコンパクトなサイズが特徴。高性能CPUと大容量メモリを搭載しているため処理能力高くハイスペックです。複数のアプリを同時に利用していても速度が落ちてしまうことがないため、快適に利用できます。

iPhone 11

五つ目は、iPhone 11です。iPhone 11は、最新のデュアルカメラシステムを搭載し、高画質な動画撮影や編集に最適な端末です。まさに、広範囲での風景や旅行での写真に打ってつけ。色々なシーンで活躍してくれること間違いなしです。

HTC U11

六つ目は、HTC U11です。ディスプレイ性能が非常に高い端末。カメラ性能も優れており、持ち上げて端末を握るだけで簡単に撮影を行うことができます。また、オーディオもハイレゾ対応でノイズキャンセリング機能を搭載。いつでも高品質の音楽を楽しめます。

【まとめ】mvnoでおサイフケータイを使ってみよう

mvnoのおサイフケータイについて紹介しました。mvnoであっても、おサイフケータイを快適に利用することは可能です。おサイフケータイを使うことで、会計もスムーズとなり煩わしい小銭をたくさん持ち歩く必要もありません。ぜひ、mvnoでもおサイフケータイを使ってみましょう。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。