mvnoでもガラケーが利用可能!セット購入できるおすすめ端末を紹介

スマホが主流となっている現在、ガラケーを愛用しているという人も少なからずいます。ガラケーと言えばキャリアでしか利用できないイメージがありますが、実はmvnoでも利用することは可能。ということでこの記事では、mvnoでガラケーを使う方法について紹介。mvnoでガラケーを使うメリットやデメリット、セット購入できるおすすめの端末についてまとめました。ガラケー愛用者の人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

ガラケーをmvnoで使うメリット

まずは、ガラケーをmvnoで利用するメリットについて紹介します。

使い続けることができる

一つ目のメリットは、使い続けることができるということです。冒頭でも述べたように、ガラケーは、キャリアでしか利用できないと思っている人が多数います。ですが、mvnoであってもガラケーを使うことができるため、ガラケー愛用者としては大きなメリット。使い慣れたガラケーを手放さずに済みます。

余計な操作が必要ない

二つ目のメリットは、余計な操作が必要ないということです。ガラケーはスマホとは異なり、利用できる機能や操作方法がとても簡単。そのため、余計な操作を一切行わずに利用し続けることができます。

無料通話分がある

三つ目のメリットは、無料通話分があるということです。mvnoと言えば通話よりもデータ量に特化したプランが多いです。が、中には、ガラケーの無料通話分があるため、データ量をあまり利用しないガラケー愛用者にとっても大助かりなのです。

電話番号が引き継げる

四つ目のメリットは、電話番号が引き継げるということです。キャリアからmvnoへ乗り換える際、MNPを利用すると、キャリアで利用していた電話番号をそのまま使うことができます。そのため、電話番号を変えたくないガラケー愛用者であっても心配する必要はありません。

ガラケーをmvnoで使うデメリット

ではここで、ガラケーをmvnoで使うデメリットについて紹介します。

通話とSMSしか利用できない

一つ目のデメリットは、通話とSMSしか利用できないということです。ガラケーをmvnoで利用する際、使うことができる機能は、通話とSMSのみ。データ量は利用することができないため、ネットを使うことは難しいですが、通話ができればそれでいい、という人にとっては、問題はありません。

通話料金が高い

二つ目のデメリットは、通話料金が高いということです。上記で述べたように、mvnoでのガラケーには、無料通話分があります。ですが、それ以外では30秒で20円の通話料がかかってしまうためかなり割高。皮肉にも、キャリアより高くなってしまう可能性が高いのです。

ガラケー用の料金プランがない

三つ目のデメリットは、ガラケー用のプランがないということです。実は、mvnoでガラケーを利用する際に用いられるプランは、スマホのプラン。ガラケー用のプランが存在しないため、契約する際は、スマホプランから選ばなくてはなりません。

ガラケー専用のSIMがない

四つ目のデメリットは、ガラケー専用のSIMがないということです。mvnoでスマホを使うためには、SIMカードの挿入を行わなければなりません。これを回避するためには、ガラケーとSIMのセット購入が必要となるため、現在利用しているガラケーをそのまま使うことができないといった場合も多いです。

mvnoでガラケーを使う方法

ではここで、mvnoでガラケーを使う方法について紹介します。

持っているガラケーにSIMカードを挿入する

まずは、持っているガラケーにSIMカードを挿入するという方法です。持っているガラケーにピッタリなSIMカードサイズがあれば、そのSIMカードをガラケーに挿入して使うことができます。端末は限られていますが、持っているガラケーをそのまま利用することができるのであれば、端末代を浮かすことができ、節約にもなります。

mvnoでSIMカードとガラケーをセット購入する

続いては、mvnoでSIMカードとガラケーのセット購入をするということです。mvnoでは、スマホだけでなく、ガラケーとSIMカードのセット購入ができるところもあります。セットで購入をすれば、間違いなくSIMカードもピッタリですので安心して利用できます。

ガラケーをセット購入できるmvno

ではここで、ガラケーをセット購入できるmvnoについて紹介します。

Y!mobile

まずは、Y!mobileです。Y!mobileは、国内外のガラケーが豊富に揃っており、順次新機種も登場しています。価格帯は、30,000円台と少し高めではありますが、高速通信可能な4G対応機種や、高音声なVoLTE対応機種などハイスペックなガラケー端末を主に取り扱っているため、ガラケー愛用者としてはY!mobileを選んで損はありません。

UQ mobile

続いては、UQ mobileです。UQ mobileは、以前までガラケーの販売を行っていませんでした。が、ここ最近、ガラケー端末とSIMカードのセット販売を始めています。販売されている端末は、KYOCERAが製造するDIGNOphoneのみ。DIGNOphoneは、VoLTE対応で4G LTE対応と高性能。 さらに、おサイフケータイ機能やテザリング機能も対応しているため、スマホで利用できる機能と引けを取りません。

イオンモバイル

続いては、イオンモバイルです。イオンモバイルで取り扱っているガラケー端末は、AQUOSケータイSH-N01のみ。この端末は、LINEには対応していないため、LINEを使いたい人は要注意です。おすすめのプランは、「音声500MBプラン」月額1,130円に「イオンでんわ10分かけ放題」オプション月額850円をプラスするプランが良いでしょう。

楽天モバイル

続いては、楽天モバイルです。楽天モバイルは、AQUOSケータイSH-N01が購入できます。ただしこの端末も、LINEを使うことはできません。おすすめの料金プランは、データ通信量2GBで10分以内の国内通話がかけ放題の「プランS」月額2,980円。楽天会員向けの会員割や長期割なども充実しているため、楽天ユーザーにおすすめです。

BIGLOBEモバイル

続いては、BIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルでは、ドコモとauのガラケーをそのまま使うことができます。データ量1GBの場合は月額1,400円、3GBなら月額1,600円で契約可能。また、音声通話SIM3GBプラン以上で契約すると、3ヶ月間月額800円の割引を受けることができるため、さらにお得に利用できます。

mvnoでセット購入できるガラケー端末

それでは最後に、mvnoでセット購入できるガラケー端末について紹介します。

AQUOSケータイ

最初に紹介するのは、AQUOSケータイです。AQUOSケータイは、イオンモバイルで取り扱っている端末。必要最低限の機能した搭載されていないため、mvnoで初めてガラケーを使う人にとっても利用しやすいです。さらにイオンモバイル独自の通話料半額が可能となる「プレフィックス機能」を搭載。通話料金を大幅に削減することができるため、家計にも優しいです。

AQUOSケータイ2

続いては、AQUOSケータイ2です。AQUOSケータイ2は、Y!mobileで取り扱っている端末。上記で紹介したAQUOSケータイ同様、最低限の機能しか搭載されていませんが、サイドのボタンを押すだけでガラケーを開くことができたり、本体を開くだけですぐに消音になるなど、便利な機能も満載です。

AQUOSケータイ3

続いては、AQUOSケータイ3です。AQUOSケータイ3もY!mobileで取り扱っている端末です。この端末は2019年4月に発売された割と新しい端末。前モデルと比較して15%大きくなった大型のレシーバーを搭載しているため、通話中の相手の声が聞き取りやすくなっています。また、レシーバーから自分の声も聞こえる「スムーズトーク」も搭載。通話性能を大幅に向上しました。さらに、ボタンに改良が加えられ操作がよりしやすくなった点もおすすめうするポイントです。

DINGOケータイ2

続いては、DINGOケータです。DINGOケータイ2もY!mobileで取り扱っている端末。防水・防塵機能が非常に高く、水洗いをすることもできます。そのため、入浴中や海水浴など濡れやすい場所での利用も可能。さらに、1,700mAhという大容量バッテリーを搭載しているため、一度充電を満タンにすると、一週間は充電なしで利用することができます。

DINGO Phone

続いては、DINGO Phoneです。DINGO PhoneはUQ mobileが取り扱っている端末。上記のDINGOケータイ同様、防水・防塵性に優れています。さらに、Wi-Fiやテザリングの使用も可能で、おサイフケータイやワンセグまで利用できるという幅の広さも特徴となっています。

【まとめ】mvnoでもガラケーを愛用してみよう

mvnoで利用できるガラケーについて紹介しました。mvnoではあまり知られてはいませんが、実に様々なガラケーが販売されています。端末価格は少々高めではありますが、キャリアのガラケーと同じように利用することができるため、ガラケー愛用者にとっては使いやすいこと間違いなし。ぜひ、mvnoでもガラケーを使ってみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。