simロック解除はどう確認する?キャリア別に条件や方法を詳しく紹介

キャリアから格安スマホへ乗り換える際に、必要となるsimロック解除。simロック解除とは、自分のスマホをどこの格安simでも使えるようにするために、利用制限を解除することを言うのですが、simロック解除を行うことで、利用していた回線から別の回線へ変えることができます。ですが、このsimロック解除には様々な条件があります。ということで、この記事では、simロック解除の確認方法や条件について紹介。simロック解除についてよく分からないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

simロック解除を確認する方法

まずは、自分が今使っている端末が、simロック解除を必要とするのか、それとも必要としないのかの確認方法について紹介します。

Android

まずは、Androidです。Androidのsimロック解除確認は、「設定」→「端末情報」→「simカード」と進め、ステータスが「許可」になっていればsimロックが解除されている状態です。

iphone

続いては、iphoneです。iphoneのsimロック解除確認は、設定画面で確認することはできません。そのため、他社事業者のsimカードをiphoneに入れてみて、使えるようであればsimロックが解除されている状態であると確認できます。もし手元に他のsimカードがない場合は、一度iphoneのバックアップをとってから、全てのデータや設定を消去して初期化します。

simロック解除前に確認したいこと

ではここで、simロック解除前に確認しておいて欲しいことを紹介します。

解除しなくても利用できる場合がある

一つ目は、解除しなくても利用できる場合があるということです。そもそもsimロック解除は、冒頭でも述べたように、自分のスマホをどこの格安simでも使えるようにするために、利用制限を解除することを言います。これは、回線自体を乗り換えることができるようにするため、キャリアと同じ回線を使うのであれば、simロックの解除は必要ありません。

動作確認端末を見る

二つ目は、動作確認です。キャリア利用していたスマホをそのまま使うことは可能ですが、中には、simに対応していない端末もあります。そのため、自分の持っているスマホが利用できるかどうかは、操作確認を行う必要があります。この動作確認がされている端末は、各格安スマホの公式ホームページで確認することができますので、契約前にきちんとチェックをしておきましょう。

確認後に行うsimロック解除方法

ではここで、動作確認が取れた端末を使って、simロック解除を行う方法について紹介します。

ドコモ

まずは、ドコモです。ドコモのsimロック解除方法は、最初にIMEI番号を確認します。IMEI番号の確認方法は「電話発信画面で「*#06#」と入力する」、または、androidの場合は、「設定 →端末情報 → 端末の状態」、iPhoneの場合は、「設定 → 一般 >→情報」で確認できます。IMEI番号を確認したら、My docomoへアクセスします。アクセスしたら、ドコモオンライン手続きをクリックし、「simロック解除 → お手続きへ」の順で進み、IDとパスワードを入力してMy docomoにログインします。ここで、IMEI番号を入力して、「次へ」をクリック。最後に、注意事項などをチェックして、「手続きを完了する」をクリックすれば申し込み完了となります。

au

続いて、auです。auのsimロック解除方法は、まずドコモと同じ手順でIMEI番号を確認します。次に、My auのsimロック解除可否判定ページへアクセスし、IMEI番号を入力。その後、判定をクリックし、判定結果が「〇」であれば、「こちらからお手続き」のリンクをクリックして進みます。表示されている電話番号や機種名が合っていることを確認し、選択をクリックした後、契約時に設定している4桁の暗証番号を入力し、次へをクリック。最後に、注意事項や解除理由などをチェックボックスで確認していき、「この内容で申し込む」をクリックすれば完了となります。

ソフトバンク

続いて、ソフトバンクです。ソフトバンクのsimロック解除方法は、ドコモやauと同じ手順で、まずIMEI番号を確認します。次に、My SoftBankへアクセスし、携帯電話番号とパスワードを入力してログインします。次に、PCの場合は、「タブから料金プラン→オプションの確認・変更→simロック解除対象機種の手続き」へと進み、スマホの場合は、「契約確認・変更→simロック解除対象機種の手続き」へと進みます。対象機種の手続きまで進んだら、IMEI番号を入力し、次へをクリック。注意事項を確認し「解除手続きをする」をクリックします。そして、「simロック解除方法を見る」をクリックし、指示に従って操作を行っていけば完了となります。

ドコモのsimロック解除条件確認

ここで、ドコモのsimロック解除条件について紹介します。

日数制限

まずは、日数制限です。ドコモのsimロック解除条件の日数は、「購入から100日以上経過していること」「前回のSIMロック解除受付から100日以上経過していること」です。一括払いにしている場合や、途中で分割残金を一括払いした場合は、その支払いがドコモで確認でき次第、手続きが可能になります。因みに、2020年の2月から、携帯電話料金の支払いをクレジットカードに設定している人は、「購入から100日以上経過していること」の制限がなくなっています。

開始時期・対応機種

続いては、開始時期・対応端末についてです。ドコモのsimロック解除条件の開始時期・対応端末は、「2011年4月~2015年4月に発売された機種」「2015年5月以降に発売された機種」です。2011年4月~2015年4月に発売された機種は、店頭でのみ手続き可能ですので、注意してください。

受付台数制限

続いては、受付台数制限です。ドコモでは店頭でsimロック解除をする場合に限り、受付台数に制限があります。1回の受付で1人2台までと決まっているため、複数台持ち込む場合は注意をしましょう。因みに、1日の受付回数に関しては制限がありません。

auのsimロック解除条件確認

ここで、auのsimロック解除条件について紹介します。

simロック解除対象スマホであること

まずは、simロック解除の対象スマホであるということです。auでsimロック解除の対象となっているスマホは、2015年4月23日以降に発売されたスマホのみ。2015年4月23日以降に購入したスマホであっても、発売日がそれ以前であれば対象外となりますので、発売日に注目して確認をしましょう。

契約者本人が解除手続きをすること

続いては、契約者本人が解除手続きをするということです。auでのsimロック解除手続きは、解除したいスマホを契約している本人が手続きをしなければなりません。ただし、既に解約している場合は、購入履歴がある人が行います。

購入日から101日以上経過していること

続いては、購入日から101日以上経過しているということです。スマホ購入時に、分割支払いを選択した場合、または、au購入サポートに加入した場合は、購入日から101日以上経過していないとsimロックの解除を行うことはできません。ただし、一括購入したスマホでau購入サポートに加入していない場合は、即日手続きができます。また、分割購入していても残高を一括で支払えばすぐにsimロック解除を行うことができます。

ネットワーク利用制限がかかっていないこと

続いては、ネットワーク利用制限がかかっていないことです。auによってネットワーク利用制限がかけられているスマホは、simロックを解除することはできません。

解約日から100日以内であること

続いては、解約日から100日以内であることです。auをすでに解約している場合は、解約日から100日以内でないとsimロックを解除することはできません。解約してから101日以上経過してしまうと解除する手段がなくなりますので、注意が必要です。

ソフトバンクのsimロック解除条件確認

ここで、ソフトバンクのsimロック解除条件について紹介します。

ネットワークの利用制限がかかっていないこと

まずは、ネットワークの利用制限がかかっていないことです。これは、契約者の回線が正常に使えるという意味なので、支払が滞っているなどの理由で回線が止められている人は対象外となります。逆に、ネットワークの利用制限がかかっていることは、サービスを受けられないことになるため、simロック解除を行うことができないということです。

購入日から101日経っていること

続いては、購入日から101日経っていることです。一括支払いで端末を購入している人は対象外となりますが、割賦販売で端末を購入している人は、購入日から101日目以降でなければsimロック解除をすることはできません。

【まとめ】simロック解除は条件を基に確認しよう

simロック解除の確認方法や条件などについて紹介しました。端末によっては、simロック解除が必要となるもの、ならないものがあります。また、キャリアによって条件も異なるため、契約前にはきちんと確認をして乗り換えるようにしましょう。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。