simロック解除は自分でできる!手順や条件を詳しく紹介

キャリアで利用して端末を格安スマホで利用する場合、simロック解除が必要となる場合があります。ということで、この記事では、simロックの解除方法や解除条件について詳しく紹介。simロック解除は自分で簡単に行うことができますので、ぜひ、参考にして格安スマホへ乗り換えてみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

【自分で行う】ドコモのsimロック解除手順

まずは、ドコモのsimロック解除手順を紹介します。

①IMEI番号を確認

最初に、IMEI番号を確認します。IMEI番号の確認方法は、「電話発信画面で「*#06#」と入力する」。または、androidの場合は、「設定 →端末情報 → 端末の状態」、iPhoneの場合は、「設定 → 一般 >→情報」で確認できます。

➁My docomoへアクセス

IMEI番号が確認できたら、My docomoへアクセスします。アクセスしたら、「ドコモオンライン手続き」をクリックしてください。

③IDとパスワードを入力

次に、「simロック解除 → お手続きへ」の順で進み、IDとパスワードを入力してMy docomoにログインします。

④IMEI番号を入力

ログインしたら、最初に確認したIMEI番号を入力します。

➄「手続きを完了する」をクリック

最後に、注意事項などをチェックして、「手続きを完了する」をクリックすれば申し込み完了となります。

【自分で行う】auのsimロック解除手順

ここで、auのsimロック解除手順を紹介します。

①IMEI番号を確認

まずは、ドコモと同じ手順でIMEI番号を確認します。

➁My auのSIMロック解除可否判定ページへアクセス

IMEI番号を確認したら、My auのsimロック解除可否判定ページへアクセスし、IMEI番号を入力。その後、判定をクリックし、判定結果が「〇」であれば、「こちらからお手続き」のリンクをクリックして進みます。

③電話番号や機種名が合っていることを確認

次に、表示されている電話番号や機種名が合っていることを確認し、選択をクリックします。

④暗証番号を入力

次に、契約時に設定している4桁の暗証番号を入力し、次へをクリックします。

➄「この内容で申し込む」をクリックで完了

最後に、注意事項や解除理由などをチェックボックスで確認していき、「この内容で申し込む」をクリックすれば完了となります。

【自分で行う】ソフトバンクのsimロック解除手順

ここで、ソフトバンクのsimロック解除手順を紹介します。

①IMEI番号を確認

まずは、ドコモやauと同じ手順でIMEI番号を確認します。

➁My SoftBankへアクセス

次に、PCの場合は、「タブから料金プラン→オプションの確認・変更→simロック解除対象機種の手続き」へと進み、スマホの場合は、「契約確認・変更→simロック解除対象機種の手続き」へと進みます。

③IMEI番号を入力

次に、IMEI番号を入力し、次へをクリックします。

④「simロック解除方法を見る」をクリック

最後に、注意事項を確認し「解除手続きをする」をクリック。そして、「simロック解除方法を見る」をクリックし、指示に従って操作を行っていけば完了となります。

【自分で行う】ドコモのsimロック解除条件

ここで、ドコモのsimロック解除条件について紹介します。

契約者本人であること

まずは、契約者本人であることです。ドコモでsimロックを解除を行う場合は、契約した本人が手続きを行わなくてはなりません。それ以外の人は手続きを行うことができませんので、注意が必要です。

simロック解除対象の端末であること

続いては、simロック解除対象の端末であることです。simロック解除は全ての端末に適用されるものではありません。ドコモの場合のsimロック対象となっている端末は、2015年5月以降に発売された端末であることが絶対条件。「発売された」ということで発売日が重要となります。

購入から100日経っていること

続いては、購入から100日経っていることです。ドコモでは、端末購入から100日経っていないとsimロックを解除することはできません。ただし、端末を一括購入の場合は、即日でsimロック解除が可能。また、分割払いの場合は、代金の精算が済んでいれば即日でsimロックを解除することができます。

ネットワークの利用制限を受けていないこと

続いては、ネットワークの利用制限を受けていないということです。ドコモによってネットワークの利用制限がかけられているスマホは、simロックを解除することはできません。

【自分で行う】ドコモのsimロック解除条件(解約済みの場合)

ここで、ドコモを既に解約している場合の、simロック解除条件について紹介します。

契約者本人であること

まずは、契約者本人であるということです。これは、解約していない場合と同じ条件。解約していても、simロック解除は、契約者本人が行わなければなりません。

利用料金を滞納していないこと

続いては、利用料金を滞納していないということです。利用料金を滞納している場合、simロックの解除はできません。

【自分で行う】auのsimロック解除条件

ここで、auのsimロック解除条件について紹介します。

契約者本人であること

まずは、契約者本人であるということです。これはドコモのsimロック解除と同じ条件。auのsim解除も契約者本人が行いましょう。

simロック解除対象の端末であること

続いては、simロック解除対象の端末であるということです。auでsimロック解除の対象となる端末は、2015年5月以降に発売されたもの。これ以前に発売された端末は対象外となりますので、simロック解除を行う前に確認しておきましょう。

購入して101日経っていること

続いては、購入して101日経っていることです。ただし、例外として、端末を一括購入している場合は、即日でsimロックを解除することができます。

ネットワークの利用制限を受けていないこと

続いては、ネットワークの利用制限を受けていないということです。これもドコモと同じ条件。auによって利用制限を受けている場合は、simロックを解除することはできません。

【自分で行う】auのsimロック解除条件(解約済みの場合)

ここで、既に解約しているauのsimロック解除条件について紹介します。

契約者本人であり、購入履歴があること

まずは、契約者本であり、購入履歴があるということです。ドコモの場合は、契約者本人であればsimロック解除手続きを行うことはできますが、auではこれに加え、購入履歴があるということが加算されます。

利用料金を滞納していないこと

続いては、利用料金を滞納していないことです。利用料金を滞納している場合は、simロックの解除を行うことはできません。

店舗で手続きを行うこと

続いては、店舗で手続きを行うことです。既にauを解約している場合は、オンラインでの手続きはできず、店舗での手続きとなります。

【自分で行う】ソフトバンクのsimロック解除条件

ここで、ソフトバンクのsimロック解除条件について紹介します。

契約者本人であること

まずは、契約者本であるということです。これは、ドコモやauと同じ条件。ソフトバンクであっても、手続きができるのは契約者本人のみです。

simロック解除対象の端末であること

続いては、simロック解除対象の端末であるということです。ソフトバンクのsimロック対象端末は、2015年5月以降に発売されたものであること。端末を一括購入している場合は、即日でsimロックを解除することができます。また、分割購入の場合でも、購入日から101日経っていればsimロックを解除することができます。

ネットワークの利用制限などを受けていないこと

続いては、ネットワークの利用制限を受けていないということです。これも、ドコモやauと同じ条件。ネットワークの利用制限を受けていれば、simロックを解除することはできません。

【自分で行う】ソフトバンクのsimロック解除条件(解約済みの場合)

ここで、ソフトバンクを既に解約している場合に、simロック解除条件について紹介します。

契約者本人であること

まずは、契約者本であるということです。ソフトバンクを既に解約している場合であっても、simロック解除を行う場合は、契約者本であるということが絶対条件となっています。

店舗で手続きを行うこと

続いては、店舗で手続きを行うということです。ソフトバンクもauと同じように、既に解約をしている場合は、店舗でしか手続きを行うことはできません。

【まとめ】simロック解除は自分で行おう

自分でできるsimロック解除方法について紹介しました。simロック解除を店舗で行うと、3,000円の手数料を支払わなければなりませんが、自分で行えば無料です。simロック解除自体難しくないため、ぜひ、自分で行ってみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。