スマホの性能を比較する時に見るべきポイントとは?スペックの読み解き方

スマホの性能を比較しようと思ったとき、専門用語が多過ぎて困ってしまった事はありませんか?CPUやRAMやROMなど、見慣れない単語にはどのような意味があるのでしょうか。スペックを読み解いて、良い性能のスマホを見つけられるようになりましょう。誰でもスマホのスペックを見分けられるように、詳しく解説します。

おすすめのsim・光回線サービス

スマホの性能の比較のしかたを知っていますか

自分のスマホを買う時、他のスマホと性能を比較して買いましたか?流行のものをそのまま即決で買ったり、家族や店員さんに勧められたものを勧められるままに買ったりする人がほとんどではないでしょうか。
実際買ったはいいものの、性能についてはあまり把握していないという人も多いかと思います。スマホの性能をきちんと理解して、他の機種と比較できるようになると、次の買い替えの時にも役に立ちます。スマホの性能を表す専門用語や、機能や性能の比較の仕方をひとつひとつ紐解いて解説していきます。

スマホの性能の比較:OS

OSとは、Operating System(オペレーティングシステム)の略で、コンピュータを動かすための基本的なシステムのことを指します。パソコンでいうと、WindowsやMacintoshがOSにあたります。
スマホのOSも2種類に分かれます。iPhoneの端末なら「iOS」で、その他は「Android」になります。自分が使っている端末がどちらかわからない時は、設定アプリの「端末情報」のところを確認しましょう。そこに「iOS」もしくは「Android」と記載があるはずです。OS名の後ろにはバージョンが記載されています。
OSによって操作方法が全く異なる部分もあるので、使い慣れたOSのものが自分に合っていることが多いです。

スマホの性能の比較:CPU

CPUは、コンピュータにおける頭脳です。スマホにはスマホ用のCPUが搭載されています。
iPhoneシリーズにはAシリーズチップというCPUが搭載されています。Androidには様々なCPUが搭載されていますが、主なものにSnapDragon、Exynos、Tegra、Atomなどがあります。
同じシリーズのCPUの中でも、後ろについている数字が大きい程最新で高性能なCPUです。iPhoneなら現在はA13チップ、SnapDragonなら865が最新です。
CPUの後ろには、CPUのタイプ名が記載されます。クアッドコアやデュアルタイプ、シングルタイプなどがあります。クアッドコアだとCPUを処理する場所が4か所、デュアルだと2か所なので、クアッドコアの方が性能が高いということになります。
最後に周波数の単位が記載されます。ここは数字が大きい方が性能が高いです。

スマホの性能の比較:RAM

RAMとはRandom Access Memory(ランダムアクセスメモリ)の略で、コンピュータの記憶の為の領域のことを指します。RAMについては基本的にスペック表で記載がある事はありません。
これは、RAMが一時的な記憶場所として使われているため、どの製品の性能も同じだからです。記載がある場合は、数字が大きい方が能力が高いということになります。

スマホの性能の比較:ROM

ROMとは、Read Only Memory(リードオンリーメモリ)のことで、コンピュータの中の情報を保存しておく場所のことです。パソコンでいうとHDDがこの役割をしています。スマホの場合、ROMに電話帳、写真、動画、音楽、メッセージなど、保存している全ての情報が入ることになります。
スマホのスペックでよく見るROMのサイズは、16GB、32GB、64GB、128GBです。数字が大きければ大きい程情報の容量は大きくなります。16GBなら16GB全てがデータ保存に使われるわけではなく、OSの情報なども入っているので、実際使える容量は12GB前後になります。
アプリや動画を保存しているとすぐに容量がいっぱいになってしまうので、一般的には32GBか64GBをおすすめします。

スマホの性能の比較:機能や性能

数字で表される性能は、目に見えない内部性能だけではありません。普段から使う身近な機能や性能に関わる数字の見かたについても説明します。

カメラ

今やスマホに欠かせない機能になったカメラ機能ですが、どこを基準に選べばいいのでしょうか。数字として売り文句になりやすい画素数以外にも、チェックすべきポイントがあります。
写真を印刷する場合は、画素数の大きいカメラで撮影したものの方が綺麗に見えます。スマホのカメラの画素数は800万画素程度が主流ですが、A3用紙に印刷しても十分な画素数になっています。
撮影にこだわるなら、レンズにもこだわりましょう。メーカーはF値などで数値を公開しています。スマホの撮影では、F値が小さいレンズを使っている方が、暗い場所での撮影で被写体を明るく撮影することができます。
また、手振れ補正機能がついているものや、フルハイビジョン撮影対応の物を選ぶと、動画撮影機能が高い端末といえるでしょう。

ディスプレイ

スマホで一番目にする部分といえば、もちろんディスプレイです。画面の綺麗さが購入時には気になるポイントですが、スペック表では画面サイズと解像度くらいしか明記されていないことがほとんどです。画面の明るさなどについては、実際に実機を目視で確認するのがおすすめです。
解像度としてスペック表にはピクセル数(2560×1440など)が表記されています。解像度の数字が大きい方が高解像度ですが、ディスプレイのサイズによって密度が変化するので、比較の際はディスプレイのサイズも併せて比較しましょう。

電池

電池容量を確認するには、スペック表のバッテリー容量の項目を確認します。mAh(ミリアンペア)で表記されていて、数字が大きい方が充電できる容量が大きいということになります。
しかし、電池容量だけではスマホをどれだけ使えるかわかりません。そこで比較すべきなのが連続使用時間です。連続待受時間などと記載される場合もありますが、連続、と書かれている部分を比較すれば間違いありません。電源を入れて何もせずに放置した場合の時間なので、使い方によって実際の電池の持ちは左右されますが、ここの時間が長い程電池持ちが良いということになります。

スマホの性能の比較の仕方

数字で見る性能の比較の仕方はここまでで説明してきましたが、実際にスマホの性能を比較する時には、様々な要素を合わせて考える必要があります。主な例をここではご紹介します。

OSとハードウェア

iOSとAndroidは、どちらにも特徴があります。直感的に使いやすいといわれるのはiOS、カスタマイズをしやすいのはAndroidなどとも言われますが、最終的には自分の使いやすい方を選ぶのが良いと思います。
OSと端末そのものの機械面、つまりハードウェアがミスマッチだと、使い勝手が悪いということになりかねません。しかし、こればかりはスペック表を見てもわからないのが現実です。レビューや口コミを見て総合的に判断すべきポイントになります。今まで使ってきた機種のシリーズが好きなら、その使用感を信じて細心のものを買ってみるのも良いかもしれません。

CPUと電池

CPUの性能が良いとスマホの動きが良くなりますが、その分電池を使います。消費電力に電池容量が見合っていないと、すぐに電池が切れてしまい、外出時に心許ない端末になってしまいます。
連続使用時間は出来るだけ長く、CPUについては人によって好みがあるかと思いますが、一般的にはあまり性能が良すぎないものを選ぶと、電池持ちも悪くなく、一日中安心して使えるものになります。

サポート

スマホの性能を色々と比較して、迷って購入しても、何らかの故障は機械には避けられないものです。その場合、メーカーからサポートを受けられるようになっていると、よもやの事態の時も安心して対応することができます。
大手キャリアはオプションという形で以前からサポートを手厚く行ってくれていましたが、最近は格安SIMで購入した機種にもサポートがつくことが増えました。購入時にサポートを受けられる機種かどうか確認しておきましょう。
また、電気店などで購入したいわゆる白ロムといわれる端末を購入した場合も、メーカーによるサポートを受けられることがほとんどです。メーカーによっては1年のサポートを有償で2年に伸ばすことも可能です。いざという時にそのえて、サポートを使える態勢をきちんと整えておきましょう。機種購入時に、サポートについてもしっかりと確認しておくのがポイントです。

スマホの性能を比較して自分にぴったりのスマホを見つけよう

スマホの性能を比較して選んでみると、今までに見えていなかったスマホを選ぶためのポイントが色々と見えてくるのではないでしょうか。次回スマホを購入する際には、スペックの数字にも注目して性能の比較をしてみてください。自分にとって最も使いやすいものに近付けるはずです。
また、今回比較対象にしたスペックや機能以外にも、それぞれの機種ごとについていたりいなかったりする、ワンセグやおサイフケータイなどの機能もあります。自分に必要な機能をきちんと把握し、取捨選択することで、無駄なく機能を使いこなせる自分のためのスマホをぜひ選んでみてください。日々のスマホを使った生活も快適なものになると思いますよ。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。