楽天モバイルのデータSIMが2台目以降やタブレットにおすすめの理由

楽天モバイルの通話機能がない「データSIM」が2台持ちやタブレットにおすすめです。楽天ポイントの連携もありお得な楽天モバイルのデータSIMを、更に活用するための使い道や申込から開通までの手順をご紹介します。

おすすめのsim・光回線サービス

楽天モバイルのデータSIMとは

楽天モバイルのデータSIMとは、音声通話機能が無く、データ通信機能のみに特化したSIMのことです。最もシンプルなプランで、SMSなしのベーシックプランなら月額525円から使うことができます。

楽天モバイルのデータSIMの活用方法

データSIMはどのような場合に使うのが良いのでしょうか。電話番号を使った音声通話はできませんが、おすすめの活用法がたくさんあります。データSIMの活用法について詳しく見ていきましょう。

2台目以降に使う

2台目のスマホ用としてデータSIMを使うというのがまず考えられる方法です。1台目に音声通話がついていれば、2台目には電話番号は必要ないという人も少なくないのではないでしょうか。
メインスマホのバッテリーを節約するため、動画視聴や読書、ゲーム専用機としてデータSIMを入れたスマホを利用する人もいます。音声通話以外で使っている機能に特化したスマホとして使うのもひとつの方法ではないでしょうか。

タブレットに使う

データSIMの使い道として一番ポピュラーなのは、iPadなどのタブレット端末用として使うパターンです。タブレットで出来る事はスマホでもできるのでは?と思いがちですが、読書をしたり動画を見たりするときは大きな画面の方が使いやすいため、使い分けている人も多いようです。
家で使うだけだからタブレットはWiFi専用機にしているという人も、月額525円からの楽天モバイルのデータSIMなら、手軽にタブレットを外に持ち出すきっかけにできそうです。

ポケットWiFiに使う

ポケットWiFiなどのモバイルルーター用のSIMとしてもデータSIMはおすすめです。ポケットWiFiをメインのWiFiとしてしっかり使う人には、無制限の契約になっているWiFiがおすすめですが、外出時にちょっと使いたいというような使い方ならデータSIMでも十分ではないでしょうか。
楽天モバイルならSIMフリーのモバイルルーターも取り扱っているので、SIMカードと一緒に契約することも可能です。

小さい子ども専用に使う

使わなくなったスマホをSIMフリー化していて、楽天モバイルの対応機種であれば、小さい子ども用にデータSIMを使うのもおすすめです。子どもは通話をメインで使うこともほとんどありませんし、家族との通話が必要な場合はLINEなどの音声通話ができるアプリを入れておけば安心です。
通話SIMたど月額料金も高くなりがちですが、特に中学生以下の小さな子どもに持たせるならデータSIMで十分ではないでしょうか。通信量の使い過ぎには気を付けて、大人がきちんと管理しましょう。

楽天モバイルのデータSIMを使うなら2台目以降がお得

楽天モバイルには2台目以降がお得になる「プラス割」というサービスがあります。この「プラス割」は2018年10月から始まった楽天モバイルのサービスです。楽天モバイルの通話SIMを契約中のユーザーが、2回線目のSIMを契約したときに複数の特典を受けることができます。
1回線目が通話SIMで2回線目がデータSIMの場合は、月額基本料が3ヶ月無料になります。格安で2台持ちができるので、手軽に2台目用にデータSIMを検討することができます。

楽天モバイルデータSIMの申し込み手順

それでは、実際に楽天モバイルのデータSIMを申し込むための手順を解説します。とても簡単なので、ぜひオンラインでやってみてください。

必要書類

まず、申し込み前に必要書類の確認をしておきましょう。SMS無しのデータSIMであれば本人確認書類は必要ありませんが、SMSありのデータSIMは本人確認書類(免許証、パスポート、健康保険証+住民票もしくは現住所記載の公共料金領収書)が必要です。
楽天モバイルに初めて加入する場合、楽天会員に登録しておくと楽天スーパーポイントが貯まってとても便利です。ぜひ加入前に楽天会員にも登録しておきましょう。
支払用にクレジットカードの準備も必要です。楽天モバイルを使うなら、楽天モバイルと相性の良い楽天カードがおすすめです。貯まったポイントで楽天モバイルの料金を実質0円で利用することもできます。

プラン選択

必要書類を揃えたらプランの選択をします。データSIMの申し込みの場合はスーパーホーダイが選択肢から外れるので、キャリア回線のみ選択してください。

申し込みタイプ選択

次に、端末とSIMをセットで購入するのか、SIMのみで購入するのかを選択します。
すでに手元に端末がある人は「SIMのみ」、楽天モバイルで端末を同時購入する場合は「端末+SIMセット」を選択してください。

端末セットの場合は端末を選択

「端末+SIMセット」を選んだ場合、次の画面で楽天モバイルで購入する端末を選択します。
本体とカラーを選択して次に進みます。

SIMタイプの選択

次にSIMのタイプを選択します。用途に応じてデータSIM(SMSあり)とデータSIM(SMSなし)から選択します。
SMS認証が必要なLINEなどのアプリを利用する可能性がある場合はSMSありを、必要無い場合はSMSなしを選択しましょう。

料金プランの選択

次に料金プランを選択します。最も安いのはベーシックプランですが、通信速度をかなり抑えたプランなので、ネットサーフィンをしたり動画視聴をたくさんしたりする場合にはストレスを感じる可能性が高いです。
ある程度ネットを利用することが予想される場合、3.1GB以上のプランがおすすめです。自分の利用状況に合ったプランを選びましょう。楽天モバイルのプラン変更は後からでも無料で簡単にできるので、利用状況に合わせて後々変えるのも良さそうです。

SIMカードのサイズ選択

SIMカードの種類は、スマホやタブレットの端末によってサイズが異なります。利用する端末に合わせたサイズを間違わないように選択しましょう。
楽天モバイル公式サイトの、動作確認端末一覧で、SIMカードの対応サイズも確認することができます。

オプションの選択

端末の保証や、安心リモートサポートなどのオプションの選択をすることができます。自分にとって必要だと思うもののみを選択しましょう。

支払い方法と本人確認方法

支払方法は、クレジットカードもしくはデビットカード、口座振替の2種類から洗濯できます。
本人確認方法は、自分で撮影した免許証などの画像をアップロードするか、楽天モバイルのSIMカードなどを受け取る時に配達員の方に確認書類を提示する「ご自宅かんたん本人確認」から選ぶことができます。
「ご自宅かんたん本人確認」はアップロードの煩わしさがなく楽なのですが、異字体がある苗字などの場合、名前の入力ミスが無いように注意してください。「渡邊」さんが「渡辺」と入力したために本人確認不一致でお渡しできない、というパターンもあるようです。
アップロードを選んだ人には、楽天モバイルの申込が完了すると、入力したメールアドレス宛に申込完了のお知らせのメールが届きます。このメールの最後に本人確認書類をアップロードするための流れの説明があるのでよく読みましょう。本人確認書類を写真に撮ってアップロードするだけなので簡単に終わります。
アップロードが完了すると、本人確認書類画像データ受領のご連絡というメールが届きます。ここで本人確認が終わり、審査が完了した後に本人確認書類お手続き完了のご連絡というメールが届いたらようやくSIMカードの発行手続きに移ります。
「ご自宅かんたん本人確認」を選んだ人は申込後に、「アップロード」の人はアップロード完了後に、「楽天モバイル申し込み状況ご確認ページのご案内」というメールが届きます。現在の申し込み状況や、配送状況の確認が可能なので、こまめにチェックしておきましょう。

楽天モバイルのデータSIMが届いたら

出荷が完了すると早くて2~3日後、遅くとも1週間程度で手元にデータSIMが届きます。届いた後の設定方法をご説明します。

端末にSIMを入れる

楽天モバイルのSIMカードが届いたら、まず端末にSIMカードをセットしましょう。iPhoneやiPadの場合は取り出しツールを使ってSIMトレイを開ける必要があります。必ず電源を切ってからSIMカードをセットし、正しくセットされた事を確認してから電源を入れましょう。
正しくSIMカードがセットできていない場合は、エラーメッセージが表示されます。また電源を切ってセットし直してみてください。正常に起動できたら成功です。

ネットワーク設定を行う

Androidの場合は基本的にネットワーク設定をしなくてもインターネットに接続できますが、iOSの場合はネットワーク設定(APN設定)が必要です。
WiFiに接続し、SafariからAPN構成プロファイルをインストールします。警告文が出た場合も次に進んで大丈夫です。インストールが完了したらネットワーク設定も完了です。

楽天モバイルのデータSIMはメイン使いにも2台目にもおすすめ

楽天モバイルのデータSIMなら、簡単で手軽に、そして2台目ならお得にタブレットやスマホを利用できます。SMSなしのデータSIMなら本人確認手続きも無く、かなり簡単に開通手続きまで終わらせることができます。毎月の料金もかなりお得になるので、是非検討してみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。