携帯代を安くしたい人におすすめ!使い方別見直しポイントとは

携帯代を安くしたい!というのは、家計の見直しをしていると、月末月初に欲出てくる悩みではないでしょうか。スマホで楽しめるコンテンツが増えている今、課金を続けるうちに、コンテンツ使用料と通信料を含めるとかなり高額になってしまったという悩みもよく耳にします。今回はその人の使い方に合った見直しポイントと、携帯代を安くする方法について解説します。

おすすめのsim・光回線サービス

携帯代を安くしたいときどうしたらいいか

携帯代があと1,000円でも安くなれば、と考えた時、あなたはどこから見直しますか?
とにかく費用を削減しようとして、プラン変更をしたり、利用中のオプションやコンテンツを見直したりしていると、自分にとって必要なものを削る結果になってしまい、結局使いづらくなって元に戻してしまうというようなことをした事がある人もいるかもしれません。
また、費用を削減するあまり、回線状況があまりに悪くなったり、端末の故障が増えてしまったりするなど、品質を犠牲にした費用の抑え方をしてしまうと、結局別途経費が掛かることになってしまいます。
携帯代を安くしたい時は、まず自分が利用している現在の状況を確認し、削ってはいけないポイントを考える必要があります。その上で、削れる部分を削っていけば、携帯代を安くしたいという希望には充分沿うことができるはずです。

携帯代を安くしたいときの見直しポイント:通信料金

携帯代を安くしたい時、まず見直したいポイントは通信料金です。通信料金を削減すると、まず目に見えて毎月の携帯代を安くすることができます。では、通信料金を見直すためにはどんなポイントがあるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

格安SIMに変える

現在大手キャリアで契約している携帯を持っているなら、最も期待できる削減額が大きいのが、格安SIM契約に変更することです。この見直しをするだけで、これまでの月毛く利用料金から最低でも3,000円ほど、大きい人なら10,000円ほど携帯代を安くすることができます。
これまで使っていたキャリアのスマホのSIMロックを解除し、その端末のままSIMを格安SIMに入れ替えるのが、最もコストを抑えられる方法です。そうすると、新しい機種代もかからずに格安SIMを持つことができます。
キャリアのスマホと同じ使い方をしたい場合には、音声通話機能付きの格安SIMを契約しましょう。ほとんど通話機能を使っていないという人には、データ通信専用の格安SIMに乗り換えるのもおすすめです。どの格安SIMも、音声機能付きのSIMよりも、データSIMの方が月額料金が安くなっています。音声通話はLINEなどのアプリ経由で事足りるという人は、データSIMに乗り換えると、キャリアのスマホを使っている時よりも、基本使用料の段階でかなり携帯代が安くなるはずです。

WiFiを活用する

現在、街に出るとたくさんの公共WiFiスポットがあります。自宅や会社などにもWiFi環境があるという人は多いのではないでしょうか。携帯のデータ通信量を節約するために、このWiFiを使わない手はありません。
各キャリアは、キャリア契約者が自由に使えるWiFiスポットを多く用意しています。ショッピングセンターなどで無料のWiFiを自動的に拾っているという経験をしたことがありませんか?事前に各キャリアに申し込むことで使えるようになるのですが、月額料金がかからないので、携帯を契約したときに一緒にショップで申し込んでいることがほとんどだと思います。もし申し込んでいない場合は積極的に利用しましょう。
ただし、公共のWiFiはセキュリティ面で問題がある場合もあります。ネットショッピングなど、個人情報や各種パスワード等を入力する必要がある場面での公共WiFiの利用は避け、データ量を賢く節約してみてください。

料金プランやオプションを見直す

各キャリアから提供されている音声通話やデータ通信のプランは、使える量が多ければ多い程基本使用料が高額になっています。毎月の使用可能量を少ないものにすれば、基本使用料の面で携帯代を安くすることが可能です。
とくにデータ通信のプランは、月々に使えるデータ容量でプランが区切られています。自分の使い方にぴったり合ったプランを選び、毎月無駄なデータ容量を余らせたり買い増したりしないようにすることで、月々1,000円以上の節約ができることもあります。
月々のデータ使用量は、各キャリアのデータ使用量確認アプリや、端末に標準装備されている使用データ量確認の項目から見ることができます。多めのデータ量のプランを契約していたけど実際はかなり余らせていたという人や、月末近くなると毎月データ量を買い増しているという人は、プランを見直してみましょう。
また、スマホ契約時に「オプションをつけると割引があります」というキャンペーンに乗ってつけたオプションをずっとそのままにしていませんか?外すのを忘れてずるずる契約し続けている結果、毎月数百円から数千円の無駄になっている可能性もあります。不必要なオプションを外すと思いがけない節約ができることもあります。
そして気付かないうちに使ってしまっているのが、スマホゲームの課金です。毎月のように課金している人は感覚が麻痺してしまっていることもあります。課金額を一旦見直してみると、意外に高額の削減ができるかもしれません。

携帯代を安くしたいときの見直しポイント:通話料金

頻繁に通話をしている人にとって、スマホの通話料金はかなりのウェイトを占めていることがほとんどです。毎月の通話料金を抑えるためにはどのような方法があるのでしょうか。

かけ放題サービスを使う

各キャリアでは名前はそれぞれ異なりますが「かけ放題サービス」を提供しています。一定額を支払うことで、24時間いつでも、携帯電話固定電話問わず通話料金が無料になるため、たくさん通話をする人にとっては大きな携帯代削減となります。
かけ放題サービスは、各社とも大まかに毎月68分以上通話する人であれば節約につながるような料金設定になっています。毎月自分がどれくらい通話しているのかを確認し、当てはまるようであればかけ放題サービスへの加入を検討してみるのが良いでしょう。
ただし、かけ放題サービスはたとえ通話時間が0分だったとしてもオプション料金は毎月固定でかかります。毎月68分以上になったり少なくなったりを繰り返す人には、逆にオプション料金がかさんでしまう結果になるので、自分の使い方を見極めて加入することが大切です。

無料通話アプリを活用する

LINEなど、スマホを使った無料通話が可能なアプリが色々存在します。このアプリを使って通話をすると、電話としての通話料をかけることなく電話ができるので、節約につながります。
電話よりもLINEなどのコミュニケーションアプリを頻繁に使っているという人や、友達や家族など、キャリアの音声通話を利用しなくても連絡できるという人以外とはあまり電話をしない人にはおすすめの活用法です。
しかし、仕事などで頻繁に音声通話が必要だという人には、あまり現実的な手段とは言えません。この節約法は、使える人と使えない人の差が激しい方法かもしれません。

格安SIMの音声通話や通話料割引を活用する

格安SIMで安くなるのは基本使用料やデータ料だけではありません。音声通話付き格安SIMを契約した上で、かけ放題プランを契約すると、通話料金をかなり節約することができます。
オプション料金を払うと1回5分以内の通話をかけ放題になるサービスや、月に決まった回数なら10分以内の通話が無料になるサービスがあります。自分に合ったプランを見つけて契約すると、携帯代が安くなります。
格安SIMのかけ放題プランは、1回あたりの通話時間が5分や10分と短くなっています。そのため、1回の通話時間が長い人には合わないこともあります。まずは自分の1回あたりの平均通話時間を考えた上で、サービスの利用を検討しましょう。
格安SIMに切り替えることで通信料の節約につながる可能性もあるので、通信料と通話料両面から見て格安SIMが合っている場合には乗り換えをおすすめします。

携帯代を安くしたいときの見直しポイント:端末代

機種変更を今からしようと考えている人は、端末自体も格安のものに変えることで携帯代を安くすることができます。
人気のiPhoneなどの最新機種は、グレードにはよりますが70,000円から80,000円程度、少し上のものだと100,000円を超えるものも存在します。それに対して、HuaweiやASUSなどのメーカーが提供している端末代を抑えたスマホなら、20,000円程度から購入できるものもあります。
格安スマホなら一括払いも視野に入れることができますし、24回の分割払いにした場合でも、月々の支払料金は3,000円程度変わってくることもあります。機種に対するこだわりがあまりなかったり、機種代金に高額を支払う必要がないと思っている人は、格安スマホへの乗り換えを検討するのも良いのではないでしょうか。

携帯代を安くしたいならポイントを押さえて自分の使い方を見直そう

毎月の携帯代を安くしたいと思った時、見直しができるポイントは意外にたくさん存在します。惰性的に携帯を使うことで、無駄に支払ってきているお金があるかもしれません。方法によっては月々の携帯代を10,000円近く安くすることも夢ではありません。例えば月に携帯代を2,000円節約できたとすると、年額で24,000円の節約になります。月々は小さい額でも、まとめて見ると結構な節約になるので、ぜひ一度現在の携帯代を見直して、携帯代を安くしてみませんか。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。