格安SIMでLINE(ライン)のID検索はできないのか? | 格安sim・運転免許合宿比較なび

格安SIMでLINE(ライン)のID検索はできないのか?

今やスマートフォンユーザーのほぼ全員が使っていると言っても過言ではないコミニケーションアプリ「LINE」。実は格安SIMでは友達検索方法の一つである「ID検索」ができないことを知っていましたか?

本日は格安SIMでLINEのID検索は全くできないのか? ID検索以外に友達を追加する方法は無いのか?といったテーマで解説していきます。

格安SIMでLINE(ライン)のID検索は原則できない

結論ですが、LINEのID検索は格安SIMでは基本的に不可能です。

大手キャリアとLINEは独自の認証システムを使い、18歳以上か未満かを認証できるようになっています。これは未成年者を保護する観点から、LINEでは年齢認証をクリアした18歳以上のユーザーのみID検索が利用可能といった仕組みになっています。

一方で格安SIMの場合はこの年齢認証システムがないため、たとえ18歳以上でも年齢認証ができず、ID検索を行うことができません。上記の引用文を読み直しても、協力しているのはあくまで「ドコモ・KDDI(au)・ソフトバンク」であり「通信事業者すべて」とは記載されていないですね。

LINEモバイルならLINE(ライン)でID検索が可能

ただし例外的に、LINEの運営する格安SIM「LINEモバイル」であればID検索が可能です。

もちろん18歳以上であることが条件ですが、唯一格安SIMでもLINEで年齢認証に対応しており、ID検索ができます。

どうしてもID検索を利用したいけど、格安SIMに移動したいと言う人はLINEモバイルを利用するようにしましょう。

格安SIM「LINEモバイル」でLINE(ライン)のID検索をするための手順

LINEモバイルで年齢認証をパスする手順は、下記のとおりです。

  1. LINEアプリを起動
  2. ホーム→設定(右上の歯車アイコン)→年齢確認
  3. 「年齢確認結果」をタップ→「LINEモバイルをご契約の方」を選択
  4. 利用コードを入力

上記の手順を踏むことで、LINEでID検索をすることができます。

※利用コードはLINEモバイルのマイページ「契約情報」から確認できます。

格安SIMでできる、LINE(ライン)のID検索以外の友達追加方法

ほとんどの格安SIMではLINEのID検索を利用できません。

ただしLINEではID検索以外でも友達を追加する方法が豊富です。以下ではID検索以外の友達追加方法について解説します。

ふるふる

「ふるふる」は現在位置の近くにいるLINEユーザーを検索する方法です。利用手順は下記の通り。

  1. LINEアプリを起動
  2. ホーム画面から画面右上の友達追加アイコンをタップ
  3. 「友達追加」の「ふるふる」をタップ
  4. 画面の指示に従う(現在地情報の利用を許可する)
  5. 友達追加したい相手も「ふるふる」を同時に利用する
  6. 「友だち」を追加する。
  7. 相手も自分を友だちとしてチェックすると「友だち」に追加される

友だちが近くにいるときに、手っ取り早く追加できる方法です。

QRコード

QRコードと呼ばれる画像を読み取ることで、相手を友達に追加できます。具体的な手順は下記の通りです。

  1. LINEアプリを起動
  2. ホームから右上の人型アイコンをタップ
  3. 「友だち追加」の「QRコード」をタップ
  4. スマホのカメラで相手のQRコードを読み取れば追加完了

ちなみに自分のQRコードを表示する場合は、カメラを起動させた状態で画面に表示されている「マイQRコード」をタップすると、自分のQRコードが表示されます。

QRコードをメール/SMSなどで送信

自分のQRコードをメールやSMS、他のSNSアプリで送信することが可能です。具体的な手順は下記の通り。

  1. LINEアプリを起動
  2. ホームから右上の人型アイコンをタップ
  3. 「友だち追加」の「QRコード」をタップ
  4. 「マイQRコード」をタップ
  5. 画面下の中央にある共有アイコンをタップ
  6. 「送信先を選択」から「他のアプリ」をタップ
  7. メールやTwitterなど、利用したいアプリをタップ

これで自分のQRコードを送信できます。

友だち自動追加機能

LINEのホーム画面から「友だち追加」画面を開くと「友だち自動追加」という項目があります。

これを許可すると、スマホの電話帳に登録されているユーザーを自動で検索し、友だちに自動登録してくれる便利な機能です。

ただし友だちに追加したくない相手も、電話帳にデータがあると自動で友だちに追加されてしまいます。利用するときは注意しましょう。

パソコン版のLINE(ライン)を利用する

裏技的な方法ですが、実はLINEはパソコンでも利用できます。そしてパソコン版LINEでは年齢認証せずともID検索が利用できます。

もしパソコンをお持ちであれば、パソコン版LINEを利用してID検索を引き続き利用することも可能です。

なぜ格安SIMでLINE(ライン)のID検索は原則できないのか?

そもそもなぜ格安SIMではLINEのID検索はできないのでしょうか。年齢確認の取り組みについて、LINE公式ブログでは下記の公式コメントが掲載されています。

LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施します。

引用:LINEブログ

つまり「未成年者が悪い大人と繋がるリスクがあるから、見知らぬ人とも連絡先を好感しやすいID検索を制限したよ」ということです。

このようにLINEは大手キャリアと協力して、未成年者を保護するためにLINEのID検索を制限しているようです。

格安SIMでLINE(ライン)のID検索ができないと不便なのか?

少し視点を変えて、格安SIMでLINEのID検索ができないと不便なのか、ということについて考察してみました。

結論から述べると、一般的な利用方法であれば特に不便はないです。

近くにいる相手を友達に追加するのであれば、QRコードやふるふるで充分です。

また相手が自宅にいない時でも、メールアドレス等が分かっていれば、自分のQRコードを相手に送信することができます。

ではないんでID検索ができなると困るのはどんな人か。答えはSNSで知らない相手とつながりたい人です。

ID検索ができてしまうと、見ず知らずの相手でもIDが分かっていれば簡単に「友だち」として登録できてしまいます。

LINE(ライン)は健全性を保つため、未成年のID検索を不可能にした

最近は特にTwitterなどで、知らない人と出会って犯罪に巻き込まれてしまうといった事件も発生しています。

LINEとしても、本来意図していない使われ方をして犯罪の片棒を担いでしまうのは、非常に不本意でしょう。

確かに格安SIMでID検索ができないのは、やや不便に思うかもしれません。しかしLINEが健全に使われるためには仕方ないのではないかと思います。

何度も述べますが、実際のお友達であればID検索ができないから不便といったケースはまずないでしょう。ID検索なくてもLINEは十分便利に使えるはずです。

格安SIMのLINE(ライン)ID検索以外に気を付けるべき点

最後に格安SIMでLINEを利用する場合、ID検索ができないこと以外に気をつけるべき点を解説します。

SMS付きの通信プランを選ぶ

LINEに限らず、SMS付きのデータ通信プランもしくは音声通話プランの利用をおすすめします。なぜならSMSを利用した本人確認システムを導入しているサービスが多いから。

SMSは本人確認用として様々なサービスで利用されることが多く、無いと困る場面がでてくる可能性が高いです。

テザリング用やモバイルルーター用として利用するならともかく、一般的な用途で格安SIMを利用するなら、SMSはつけておいた方が無難です。

アカウントの引き継ぎ許可設定をする

スマートフォンを変更する場合、LINEのアカウント引き継ぎ設定をしていないと、今までのデータが消えてしまうリスクがあります。

定期的な自動バックアップとアカウントの引継ぎ許可設定をあらかじめしておくことが肝要です。

【LINEアカウント引き継ぎ設定の手順】

  1. LINEアプリを起動
  2. ホームから設定(歯車)アイコンをタップ
  3. 「アカウント」を開いて「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を設定
  4. 「設定」画面に戻り「アカウント引き継ぎ」をタップ
  5. 「アカウントを引き継ぐ」をチェックする

これで引継ぎ設定は完了です。ただし以下のポイントに注意しましょう。

【引き継ぎの注意点】

  • トーク履歴は引き継ぎできません。
  • 36時間以内に新しいスマホで引き継ぎ設定を行いましょう。(※36時間を超えた場合は、旧スマホから再びアカウント引き継ぎ設定をしましょう。)
  • 格安SIMのみ変更してスマホ本体はそのまま継続利用する場合、特別な設定は必要ありません。

まとめ:ID検索不可でも格安SIMでLINE(ライン)は使える

いかがでしたか。

格安SIMに変更すると、LINEのID認証は基本的に利用できなくなります。しかしLINEモバイルを利用すればID検索は引き続きできますし、QRコードやフルフルなどといった、友達追加手段も豊富に用意されています。

ID検索は便利な機能ですが、代替するのが不可能と言うわけではありません。LINEの基本的な機能は全て使えるので、格安SIMに移動してもLINEは今まで通り便利に使えると言っても良いでしょう。

どうしても不安であればLINEモバイルへ、特に気にならない人は他の格安SIMへ、これをきっかけにMNP転出してみませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。