携帯料金を安くするならここから見直して!すぐにできる節約術

毎月の携帯料金を安くしたいと思ったことがある人は多いと思います。今や生活必需品になった携帯ですが、家族全員1人1台の時代になった今、固定費として携帯料金が家計に重くのしかかってくるのは現実です。でも、携帯料金はちょっとした見直しで簡単に安くすることができるんです。すぐに見直せる携帯料金を安くする工夫について、順を追ってご紹介します。

おすすめのsim・光回線サービス

携帯料金を安くするために工夫するだけで大きな差が生まれる

携帯料金は、1人1台、家庭によっては何台もあるものなので、固定費として家計における比重がかなり大きいものになっています。どうしてこんなにかかるのかと嫌になってしまう人もいるかもしれません。
しかし、携帯代は簡単な工夫で安くすることができます。元々の契約状況や実行した工夫にもよりますが、毎月数千円安くすることも可能です。毎月数千円の節約とすると、年間に直すと数万円の節約になります。年に数万円と考えると、家計においては大きな差になるのではないでしょうか。
少しの工夫で携帯料金を安くするだけで大きな差が生まれるなら、簡単にできる事から手を付けてみると良いかもしれません。

携帯料金を安くするならまずプランの見直しから

携帯料金を安くするために、まずは今契約しているプランを見直しましょう。どのような手順で見直すべきか、順にご説明します。

誰でも手軽にすぐできる

携帯のプランの見直しは、公式サイトなどから簡単にできるため、誰でも手軽にすぐすることができます。節約できる金額としては大きくないかもしれませんが、難易度が低いので手始めに見直すべきポイントです。

要らないオプションを外す

まず、要らないオプションがあれば外してしまいましょう。契約時に端末代などが安くなると言われて、300円から1000円程度のこまごましたオプションをつけられませんでしたか?そしてそのオプションをそのまま付けっぱなしにしていませんか?もしあれば、それらを外すことで月々の携帯料金がすぐに安くなります。
プランやオプションの確認は、スマホから簡単に確認することができます。キャリアの公式サイトからマイページに入って見てみましょう。どうしても自分で見られないという人は、カスタマーセンターに電話をしてみたり、携帯ショップで確認してもらったりすると確実です。
スマホ本体の保証も、買った時は心配でつけていたかもしれませんが、もう長く使ってきて買い替えを検討していたらもう必要無いかもしれません。自分の端末の利用期間や状況を考えて、本体保証を外すだけで500円から1,000円程度の節約にもなります。

かけ放題は必要かどうか

大手キャリアの場合、24時間いつでもかけ放題のプラン、5分や10分以内の通話ならかけ放題のプラン、通話しただけ通話料が発生するプランの3パターンに通話オプションが別れていると思います。自分の通話状況に合っていない通話オプションをつけていないか確認しましょう。
最近はLINEなどのコミュニケーションアプリを使って通話をする人も増えています。電話番号を使った音声通話の機会を削る事で、通話料金を節約することも可能です。
自分がどれだけ電話をかけているかは、端末で確認できるものもあります。厳密な通話時間や通話量がわからなくても、自分の感覚でかけ放題が必要かどうかなどはわかると思います。もしも無駄があると思った場合は、通話の使用状況に応じたプランに切り替えておきましょう。

データ量は使い方に合っているか

各キャリアから提供されているデータ通信のプランは、使える量が多ければ多い程基本使用料が高額になっています。毎月の使用可能量を少ないものにすれば、基本使用料の面で携帯代を安くすることが可能です。
データ通信のプランは、月々に使えるデータ容量でプランが区切られています。自分の使い方にぴったり合ったものを選び、毎月無駄なデータ容量を余らせたり買い増したりしないようにすることで、月々1,000円以上の節約ができることもあります。
月々のデータ使用量は、各キャリアのデータ使用量確認アプリや、端末に標準装備されている使用データ量確認の項目から見ることができます。多めのデータ量のプランを契約していたけど実際はかなり余らせていたという人や、月末近くなると毎月データ量を買い増しているという人は、プランを見直してみましょう。

携帯料金を安くするために固定インターネットとの併用割引を使う

固定インターネットとキャリア携帯は併用割引があります。家のインターネット回線を新規契約したり乗り換えたりする必要があり、場合によっては工事を伴うこともあります。難易度としては高めですが、効果の高いこの方法をご説明します。

家のインターネット契約を伴うため難易度は高め

大手キャリアは、固定インターネットとの併用割引サービスを提供しています。通常1,000円程度から、プランによっては2,000円近くの割引があります。
家のインターネット契約を伴う割引なので、新規契約や乗り換え、場合によっては工事などが発生する場合もあるので、節約の方法としては手軽とは言えず難易度は高めですが、その代わり割引率は高い方法です。
携帯ショップから申し込むよりも、インターネットの代理店から申込をした場合の方が、現金でのキャッシュバックなど更にお得な還元がある場合があります。自分が使っているキャリアに合った代理店をチェックしてみてください。

大手キャリアを家族全員で使っているならおすすめ

インターネットの併用割引は、それぞれの回線に適用されます。つまり、家族4人でインターネットの併用割引が受けられる大手キャリアを使っている場合、1回線当たりの割引が1,000円なら、合計で4,000円の割引を受けることができます。
家族全員で該当するキャリアを使っていれば、割引額が大きいのでかなりの額の節約になることが考えられます。インターネット回線を新規に契約したり、乗り換えを検討している場合は、ぜひ携帯キャリアと合わせて考えることをおすすめします。

携帯料金を安くするなら格安SIMへの乗り換えは効果大

一人でもできるのでインターネット乗り換えよりは難易度は低いですが、契約を伴うためプラン変更よりも難易度が上がる方法として、格安SIMへの乗り換えがあります。ネット申し込みで1時間もかからずに簡単に契約できるので、手軽さで言えばかなり取り掛かりやすい手段です。
大手キャリアを使っているなら、格安SIMに乗り換えることで、携帯料金は確実に安くなります。

長期的にスマホ代を安くできる

キャリアの携帯を使っていると「格安SIMって耳にした事があっても、実態がよくわからない」という人も多いのではないでしょうか。一言で言うと、大手キャリアの回線を一部間借りしてサービスを提供しているために、大手キャリアの半額ほどの料金でサービスを提供している携帯会社のことです。
格安SIMは実店舗を構えていないキャリアも多く、主にインターネット上だけで契約が完結します。そのため人件費などの経費を削減することができるので、サービスを安く提供しているというからくりがあります。
サービスが安いということは、月額の基本使用料が安いということです。つまり、長期的に見てスマホ代がかなり安くなります。月に10,000円払っていたものを、回線などに関しては同等のサービス環境で2,000円で使えたら、月に8,000円の節約になります。年間100,000円近くの節約になると考えると、乗り換えを検討するのも良いと思いませんか。
また、格安SIMはデータ料や音声通話料も安く設定されていることが多いです。データ使い放題のプランや、オプション料金を払うと1回5分以内の通話をかけ放題になるサービス、月に決まった回数なら10分以内の通話が無料になるサービスなど、自分に合ったプランを見つけて契約しましょう。自分の使い方にぴったりのプランを組み立てることで、結果的に節約にもつながります。
通信プラン、通話プラン共に格安SIMが合っているなと感じた場合には、乗り換えをおすすめします。

安かろう悪かろうのイメージを捨てて検討を

格安という言葉の響きから、大手よりも格安SIMはサービスが悪かったり回線環境が悪かったりと、安いから良くないのではないかという先入観を抱きがちです。しかし、きちんとサービスとして成り立っている以上、そこまで粗悪なサービスを提供しているということはありません。
格安SIMも日々進化を続けています。有名どころだけでも10社を超える格安SIMを全て比較するのは大変ですが、LINEや楽天など、普段使っているサービスを提供している会社が運営している格安SIMも存在します。身近な存在の格安SIMから調べてみるのも手かもしれません。
安かろう悪かろうというイメージを格安SIMに対して持つのは、正直もったいないです。フラットな視点から格安SIMとキャリアを比較して、自分に合って携帯料金が安くなる方を選ぶのが、節約への近道です。

携帯料金を安くするには少しの工夫で大きく節約できるものもある

携帯料金を安くしようと思った時、どこから工夫できるのかまずは考えてみましょう。実際に携帯料金を見直してみると、少しの工夫で大きく節約できる部分もたくさんあるのではないでしょうか。今回ご紹介したものの中には難易度が高いものもありますが、自分の環境や携帯の利用状況に応じて、取り入れやすいものからぜひ試してみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。