libmoの評判は格安スマホの中でよいのか、評判を大公開

格安スマホの評判はそのキャリアによって全然違います。同じような料金でも通信面に大きな違いがあるからです。そこで今回はlibmoについて評判を解説します。libmoは最近話題になっている格安スマホ会社です。格安スマホは繋がりにくい、使いにくいといったイメージを持っている人も多いです。しかし、実際に使ってみると評判以上の使いやすさをしていることも多いです。

どうしても格安スマホは通信が遅いイメージを持たれてしまいますが、その理由も含めて詳しく解説します。興味がある人は最後まで読んでいってください。

おすすめのsim・光回線サービス

libmoとは 東海地方でもっとも評判のよい格安スマホ

最初はlibmoについて解説します。libmoは株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営する格安スマホです。このTOKAIコミュニケーションズは静岡を中心とした東海地方で、インターネット関連のサービスを提供している会社です。そのインターネットサービスの1つに、格安スマホlibmoがあります。そのlibmoの特徴として料金の安さ、また格安スマホの中でもiPhoneシリーズの取り扱いの豊富さがあります。

libmoの料金の安さの理由として回線の借りる数を調整していることがあげられます。後述しますが格安スマホは大手キャリアから、回線を借りることで月額のサービス料を安くできています。その回線のを借りる料金とサービスの料金が、私たちの月額の支払いとなるわけです。libmoはその回線を借りる数を、ユーザーの人数から計算し調整しています。そのため他の格安スマホ会社より安くサービスを提供できます。

またもう1つ特徴としてiPhoneシリーズの取り扱いの豊富があげられます。格安スマホは月額料金が安いことが大きな魅力なため、機種本体についても安いものが主流になります。そのため高性能である端末、特にiPhoneシリーズは取り扱いがない少ないです。どうしてもiPhoneシリーズを使いたい人は、simフリーでiPhoneを購入しsimカードのみ契約するという方法が主流です。

しかし、この方法は手間がかかることや端末を一括で購入する必要があります。そのため「格安スマホ会社が取り扱ってくれたら楽なのに・・・」と思ってしまいます。このような格安スマホを使うときにある不満ですが、libmoの場合は違います。libmoは他の格安スマホ会社と違い、iPhoneシリーズの取り扱いが豊富です。最新のiPhone11こそ取り扱っていませんが、iPhoneXR、iPhone8などの主力商品の取り扱いがあります。

また国産スマホで有名なAQUOSシリーズ、海外ではもっとも有名なスマホの1つであるZenFoneシリーズなど豊富な品ぞろえがあります。格安スマホでありがちな機種を選べないといった悩みは、libmoではあまり無さそうです。このようにlibmoには多くの魅力的なポイントがあります。しかし、libmoは格安スマホ会社なので不安という人も多くいるのではないでしょうか。そこで次は格安スマホの特徴について解説します。

格安スマホとは、料金の安さが評判のスマホ

格安スマホとは月の料金が安いスマホ会社のことではありません。正式にはMVNOと呼ばれる通信事業者の中でスマホを扱っている会社のことを言います。このMVNOですが、自前で通信回線設備を持たずに回線の一部を借りることで、サービスを提供する会社のことをまとめて呼びます。スマホでは回線を自社で持っているのはドコモ、au、ソフトバンク、楽天の4社です。

この4社から回線を借りてサービスをおこなう会社が格安スマホとなります。libmoの場合、ドコモ、auの2社から回線を借りています。そして格安スマホは回線を借りることで通信料金を安くしています。これは回線の管理や維持にお金がかからないため、安い料金でサービスを提供できるからです。しかし、その反面通信速度が遅いという弱点もできてしまいます。

格安スマホが回線を借りるとき、すべての回線を借りることはできません。それは貸す側であるキャリアも、通信サービスを提供しているので仕方ありません。イメージとしては10本回線があるとき、格安スマホに貸す回線は2~3本であると言われています。そのため時間帯によってはその2~3本に、多くの通信が集中してしまいます。その結果、通信速度が遅いということになります。

格安スマホはその混雑の影響を受けやすいため、通信速度が遅いと言われるわけです。しかし。その反面通信料金は格安になっています。格安スマホはその仕組みを理解すれば怖いものではありません。この料金の安さと通信速度のうち、どちらのメリットがよいかによって決まることなのです。ではその中でも格安スマホlibmoの評判はどうでしょうか?次はlibmoの評判について解説します。

libmoの評判とは、他社格安スマホと比べると・・・

libmoの評判を解説する前に、libmoの評判を決めるポイントについて解説します。格安スマホの評判はネット上に多くありますが、そのほとんどが使いにくいや繋がらないといったマイナスの評判です。その理由として人はマイナスのことがあったときはマイナスを伝えますが、プラスのときはプラスを伝えるとは限らないからです。嫌いな友人の悪口は盛り上がりますが、好きな友人のよいところはあまり話さないですよね。

ネット上の評判も同様によいことについて、わざわざ書いてあることは少ないです。そのため評判を解説するために今回は料金面、通信面について比較をおこないます。キャリアと呼ばれる3つの大手や他の格安スマホ会社と比較をおこない、その結果をもとに評判を決めます。実際のlibmoの評判はどうなのか、詳しく見てみましょう。

料金面、格安スマホの中では安い部類

ではlibmoの料金面から見ていきます。libmoのプランは1種類しかなく、通信量によって月額の支払いが違います。また2020年4月現在では、音声付きのsimを契約したとき、最大6ヶ月間600円料金が値引きされる特典が存在します。今回はそちらの特典を適用したときの料金を見ていきましょう。

libmoの月額料金まとめ
・通信量3GBのとき 最初6ヶ月は月額980円(税抜)、以降は月額1,580円(税抜)
・通信量6GBのとき 最初6ヶ月は月額1,580円(税抜)、以降は月額2,180円(税抜)
・通信量10GBのとき 最初6ヶ月は月額2,380円(税抜)、以降は月額2,980円(税抜)
・通信量20GBのとき 最初6ヶ月は月額4,080円(税抜)、以降は月額4,680円(税抜)
・通信量30GBのとき 最初6ヶ月は月額5,980円(税抜)、以降は月額5,980円(税抜)
libmoの場合、月額980円(税抜)から契約できるのはお得だと思います。一般的にキャリアと呼ばれるドコモ、au、ソフトバンクの月額が通信量1GBのとき1,980円(税抜)です。それと比較すると通信量が3倍になり、月額料金は半額以下です。また他の格安スマホ会社と比較したとき、3GBのとき月額1,480円(税抜)のプランが多いです。最初の6ヶ月はlibmoのほうがお得、それ以降もそこまで変わらないです。

さらに他の格安スマホ会社に比較したとき、通信量が大容量のプランが充実していることも特徴です。多くの場合、格安スマホの通信量の最大は20GBが多いですが、libmoについては30GBのプランも存在します。これは選択肢が多いという意味でよいことです。このようにlibmoは料金について他のスマホ会社より優れています。これは料金面でlibmoの評判はよいと言えるのではないでしょうか。

通信面、オプション面は・・・

次は通信面についてです。通信面については実際に通信速度や通信強度、セキュリティなど多くのポイントがあるため比較はできません。そこでlibmoの特徴をもとに解説していきます。まず、通信速度についてですが、libmoは東海地方を中心にサービスを提供している会社です。そのため東海地方では通信速度が高めです。また関東や関西でもそこまで遅いほうではありません。

これは通信回線をドコモだけに限定しており、その分ドコモの回線と相性の良い通信方式のみに力を使えるからです。またlibmo自体もインターネットを中心とした事業をおこなっており、通信についての評判はよい会社です。このようなことからも通信面については東海地方を中心とした地域、関西関東でも一定以上の評価ができます。Y!mobileやBIGLOBEモバイルといった、格安スマホの中でTOPの通信品質の会社には劣ります。

しかし、それ以外の会社については同程度の評価であり、決して評判は悪くはないです。通信面については、そこそこの評判と言えるのではないでしょうか。

おまけとしてオプションについても見ていきます。これについては独自性のあるオプションはセキュリティのみであり、格安スマホ自体がセキュリティを重視する人が選ばないのであまり評価できません。その分料金が安くなっているといったメリットもありますが、オプションについては評判がよいとは言えないです。

まとめ libmoの評判をそこそこ、今後は首都圏でも人気がでるかも

まとめとして今記事では格安スマホlibmoについて評判を解説しました。libmoの特徴や格安スマホの特徴を解説し、それをもとに比較をおこないlibmoの評判を解説しました。libmoの評判としては料金の安さが強みであり、通信面の評価も悪くはありません。その特徴を理解すれば格安スマホはお得なものです。あなたもぜひlibmoへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。