dmmモバイルはどんな格安スマホ?メリット・デメリットを詳しく紹介

格安スマホを利用している人が増えている昨今、dmmモバイルへの乗り換えを検討しているという人もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、dmmモバイルについて詳しく紹介します。メリットやデメリットをはじめ、便利なオプションについてまとめました。興味のある人は、ぜひご覧ください。

おすすめのsim・光回線サービス

dmmモバイルのメリット

まずは、dmmモバイルのメリットから紹介します。

基本料金が安い

最初に紹介するのは、基本料金が安いということです。dmmモバイルは、「常に業界最安値」を掲げており、dmmモバイルより1円でも安い格安スマホが現れた時には、最安値になるように価格を引き下げてきました。一番安いプランは、何と月額440円。この価格で提供している格安スマホは他にはありません。

プランの数が豊富

続いてのメリットは、プランの数が豊富であるということです。dmmモバイルには、データプランで10種類、通話プランで10種類のプランがあります。これだけプランが多いと迷ってしまいそうではありますが、基本的にそれぞれ利用できるギガ数によって設定されているため、自分が普段どのくらいのデータ量を利用するかによって選びやすくなっているのです。

プランの変更ができる

続いてのメリットは、プランの変更ができるということです。dmmモバイルでは、プランの変更をすぐに行うことができます。そのため、今月はデータ容量が足りないと感じた場合は、プランを上げ、逆に多すぎると感じた場合は下げることが可能。無駄がありません。

通信速度が安定している

続いてのメリットは、通信速度が安定しているということです。dmmモバイルは、ドコモの回線を使っています。また、低速時でも最初の数秒だけ高速通信を行う「バースト機能」を搭載しているため、Webサイトをスムーズに表示してくれるのです。

最大3枚までsimカードが使える

続いてのメリットは、最大3枚までsimカードが使えるということです。シンプルプランを選択すると利用できるsimカードは1枚のみですが、データシェアプランを選択するとsimカードを最大3枚まで利用することが可能。仕事用とプライベート用に分けて利用するのもおすすめです。

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

続いてのメリットは、余ったデータ量は翌月繰り越し可能であるということです。dmmモバイルでは、余ったデータ量は翌月に繰り越すことができます。データ量を無駄にせずに済みますので、節約にもつながります。

ポイントが貯まる

続いてのメリットは、ポイントが貯まるということです。dmmモバイルでは、毎月の利用料金の10%のdmmポイントが貯まります。貯まったdmmポイントはdmmが提供している動画サイトや電子書籍サイト、オンライン英会話といったサービスで使うことができます。

キャリアのスマホがそのまま利用できる

続いてのメリットは、キャリアのスマホをそのまま利用できるということです。キャリアで利用していたスマホは、dmmモバイルでもそのまま利用可能。ただし、この場合はsimに対応していることが条件です。simに対応している端末であれば、新しく端末を購入する必要もないため、お得に契約できます。

最低利用期間が短い

続いてのメリットは、最低利用期間が短いということです。dmmモバイルの最低利用期間は、1年です。この最低利用期間は、音声通話simだけでなくデータ通信simにも適用されます。

オプションが豊富

続いてのメリットは、オプションが豊富であるということです。dmmモバイルでは、実に様々なオプションを揃えています。オプションをうまく利用することで、スマホを快適に利用できるだけではなく、安心して利用できるのも大きなポイント。必要なオプションは付けておいた方が気持ち的にも満足できます。

dmmモバイルのデメリット

ではここで、dmmモバイルのデメリットについて紹介します。

実店舗がない

まずは、実店舗が存在しないというということです。実店舗が存在しないことにより契約に不安を感じる人は少なくありませんが、dmmモバイルは、実店舗が存在しなくてもWebできちんとサポートしてくれるため、その点は一安心です。また、実店舗を置かないことで経費を抑え、月額料金を安くしているのです。

支払いはクレジットカード

続いてのデメリットは、支払いがクレジットカードのみであるということです。dmmモバイルの支払いは、クレジットカード一択。そのため、クレジットカードを持っていない人は契約することができません。

留守番電話が有料

続いてのデメリットは、留守番電話が有料であるということです。キャリアのスマホでは、留守番電話は無料で使うことができますが、dmmモバイルの場合は月額290円のオプションをつけなければ利用することはできません。

端末の価格が高い

続いてのデメリットは、端末の価格が高いということです。dmmモバイルは他社と比較すると、端末の価格割引を積極的に行っている格安スマホ事業者ではありません。例えば、家電量販店やAmazonではすでに安くなっている少し前に発売された格安スマホであっても、dmモバイルでは、それほど安くなっていないのです。

キャンペーンが少ない

続いては、キャンペーンが少ないということです。dmmモバイルは、オプションの数は多いのですが、キャンペーンの数はそれほど展開していません。もちろん、全くないというわけではなく、不定期でいくつかのキャンペーンは開催されています。他社と比較すると特にスマホの割引施策では割引金額が少ないことも。キャンペーンをできるだけ当てにせずに契約を行いましょう。

即日開通できない

続いてのデメリットは、即日開通できないということです。dmmモバイルは上記でも述べたように実店舗が存在しません。そのため、契約する場合はWebからとなるのですが、Webからの契約となると、simカードが手元に届くまで利用する事が不可能。そのため、開通までに時間がかかります。

dmmモバイルのオプション

ではここで、dmmモバイルのオプションについて紹介します。

SNSフリー

SNSフリーは、LINE・Twitter・Facebook・Facebook Messenger・Instagramでの高速データ通信量の消費をなくすというオプションです。このSNSフリーを使うためには、3GBプラン以上を申し込んだ人が対象。月額270円、初月無料で利用できます。

端末交換オプション

端末交換オプションは、自然故障・破損・水濡れによる故障をしたときに購入端末の同等レベルのリフレッシュ品と交換してくれるオプションです。この端末交換オプションは、契約途中での追加申し込みはできない注意してください。因みに月額は378円です。

セキュリティオプション

セキュリティオプションは、ウェブルート社のセキュリティソフト「SecureAnywhereモバイル プレミア」が利用できるオプションです。このセキュリティオプションはAndroidの端末のみに適用され、月額270円、最大2ヶ月間無料で使うことができます。

安心パック

安心パックは、端末交換オプションとセキュリティオプションがセットになったお得なオプションです。月額料金540円、最大2カ月は324円で利用できます。また、この安心パックに関しても契約途中での追加はできませんので、気を付けてください。

10分かけ放題

10分かけ放題は、dmmトークアプリから通話をすることで10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題になるオプションです。10分を超えた分の通話料は通常30秒で21.6円かかりますが、10分かけ放題に加入していると30秒で半額の10.8円となります。

dmmモバイルが向いている人

では最後に、dmmモバイルが向いている人について紹介します。

月額料金を抑えたい

まずは、月額料金を抑えたい人です。dmmモバイルの月額料金は、ここまでも述べてきたように他社と比較するとかなり安いです。そのため、月額料金を抑えてスマホを使いたいという人にもピッタリ。ぜひ、検討してみましょう。

ある程度格安スマホの知識がある

続いては、ある程度格安スマホの知識があるという人です。格安スマホはキャリアのように、十店舗が存在しない分、トラブルが起きた場合は自分で問い合わせ先に連絡をする必要があります。また、初期設定も自分行う必要があるため、機械に弱い人には不向きな部分も。そのため、格安スマホについて知識のある人であれば利用はしやすいです。

自分のスマホ状況を把握できる

続いては、自分のスマホ状況を把握できるという人です。これは、自分が普段利用している通話料やデータ量をあらかじめ把握して置くことで、dmmモバイルを有意義に利用することができるか人であるかどうかということです。自分のスマホ状況を把握していれば、dmmを上手く使いこなすことができます。

【まとめ】dmmモバイルで快適なスマホライフを

dmmモバイルについて紹介しました。dmmモバイルは月額料金が安く、プランの変更も自由に行うことができます。また、契約期間も短いため試しに使ってみるのもおすすめ。ぜひ、dmmモバイルで快適なスマホライフを送ってください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。