格安スマホを選ぶならどこがいい?おすすめはコレ

キャリアから格安スマホへ乗り換える際、あまりの数の多さにどこがいいか分からないという人もいます。そこでこの記事では、おすすめの格安スマホを紹介。厳選して人気の高い高い格安スマホを選んでみました。また、格安スマホを利用するメリットやデメリットなども載せています。興味のある人は、ぜひご覧ください。

おすすめのsim・光回線サービス

格安スマホを選ぶならどこがいい?

格安スマホの事業者は年々増加傾向にあります。その秘密はやはり料金の安さ。格安スマホに乗り換えることで、キャリアを利用していた時と比べ、料金が下がったと実感して人も多くいます。では、格安スマホに乗り換えることで他にどのようなメリット・デメリットが生まれるのか。次から詳しく紹介していきます。

【選ぶならどこがいい?】格安スマホのメリット

ではここで、格安スマホのメリットについて紹介します。

月額料金が安い

一つ目のメリットは、月額料金が安いということです。これは上記でも述べたように、キャリアから格安スマホに乗り換えることで、月額の料金は数千円も安くなります。ひと月に数千円も安くなるということは、契約期間が長ければ長いほどお得度も高まるというわけ。月額料金を抑えたいと考えている人には、まさに格安スマホはおすすめなのです。

料金プランがシンプル

二つ目のメリットは、料金プランがシンプルであるということです。キャリアの料金プランは複雑すぎてよく分からないという人もいるのではないでしょうか。そのため、安く使用としても、どのプランを外してどのプランを加えるか、また、どのプランであれば安くできるのかなど、悩みがつきません。ですが、格安スマホであれば、通話専用またはデータ専用の2つから選ぶだけ。料金プランも分かりやすく設定しているのです。

2年縛りがない

三つ目のメリットは、2年縛りがないということです。キャリアの契約は2年がほとんどですが、格安スマホは0ヶ月~1年がほとんど。そのため、契約もしやすいうえ、解約もしやすいのです。

電話番号が引き継げる

四つ目のメリットは、電話番号が引き継げるということです。キャリアで利用していた電話番号は格安スマホでも利用が可能。そのため、電話番号変える必要もありません。

【選ぶならどこがいい?】格安スマホのデメリット

格安スマホのメリットを紹介したところで、ここからはデメリットを紹介します。

通信速度が遅い

まずは、通信速度が遅いということです。格安スマホはキャリアの回線を間借りして通信を行います。そのため、通信速度はキャリアと比べると遅め。契約する事業者によって、通信速度は異なります。

通話料金が高い

続いては、通話料金です。格安スマホは、通話専用プランもありますが、どちらかというとデータ専用プランに力を入れています。そのため、通話料はキャリアと比べると若干高め。30秒の通話で20円かかります。

キャリアメールが利用できない

続いては、キャリアメールが利用できないということです。キャリアメールトは「@docomo.ne.jp」のようにキャリアから提供されているメールアドレス。このキャリアメールは格安スマホでは利用ができません。そのためGmailやYahoo!などのフリーメールを使うことになります。

LINEのID検索ができない

続いては、LINEのID検索ができないということです。LINEのID検索を使う場合、年齢確認が必要となります。この年齢確認のシステムはキャリアでは認証されているのですが、格安スマホでは認証されていません。そのためLINEのID検索ができないのです。

テザリングが利用できない場合がある

続いては、テザリングが利用できない場合があるということです。テザリングとは、自分のスマホをwifiスポットのように使い、様々な機器を接続する機能のこと。格安スマホの端末には、このテザリング機能が搭載されていないものも存在するため、テザリングが利用できない場合があるのです。

設定は自分で行う必要がある

続いては、設定は自分で行う必要があるということです。キャリアで契約を行う場合、店舗を訪れて必要な設定を行ってくれますが、格安スマホは、実店舗がほとんど存在しません。そのため、自分で設定を行う必要があるのです。

サポートが充実していない

続いては、サポートが充実していないということです。これも上記の設定と同じように、実店舗が存在しないことが理由。何か困ったことがある場合は、メールや電話で連絡をする必要があります。そのため、十分なサポート体制をとっている事業者が少なく、満足できるほどの対処を受けられないのです。

電話が利用できない期間がある

続いては、電話が利用できない期間があるということです。格安スマホは申し込みの際に、simカードの手続きも行います。このsimカードは格安スマホとして利用する場合に必要となるわけですが、手元に届くまでに時間がかかります。そのため、電話が利用できない期間が発生してしまうのです。

購入可能端末が限られる

続いては、購入可能端末が限られるということです。格安スマホはsimに対応している端末でなければなりません。発売されている端末全てがsimに対応しているわけではないため、購入可能となる端末が限られてくるのです。

支払いはクレジットカードが多い

続いては、支払いはクレジットカードが多いということです。格安スマホのほとんどは、クレジットカード払いです。中には、口座振替もありますが数はそれほど多くありません。そのため、格安スマホを契約する際は、クレジットカードを作っておいた方がいいです。

【選ぶならどこがいい?】おすすめの格安スマホ

それでは最後に、おすすめの格安スマホを紹介します。

UQ mobile

UQ mobileは、auの回線を使っている格安スマホです。安定した通信速度を誇り、いつ解約しても解約金の発生はありません。データ容量によってそれぞれ1,000円ずつ
料金が変わるプランS・M・Lの3種類を用意しています。また、UQ家族割を適用すると月額料金が500割引になるので、最安で1,480円~の利用が可能。余ったデータ量は翌月に繰り越すことができるため、無駄がありません。

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天会員であれば利用してほしい格安スマホです。毎月の支払いで楽天ポイントが貯まったり、楽天会員割があったりとお得度が満載。楽天市場でのポイントが最大5.5倍になるなど、かなりおすすめです。ネット系契約数もNo.1。初めての方も安心して利用できます。

Y!mobile

Y!mobileは、他社とは異なり自社の回線を使っている格安スマホです。そのため通信速度は安定。ソフトバンクユーザーであれば、サクサクと動画視聴も可能です。込み合う時間帯であっても快適です。

LINEモバイル

LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線から選ぶことができる格安スマホです。LINEのIDが検索ができるのもLINEモバイルだけ。また、LINE、LINE MUSIC、SNSのデータ通信量を気にせず使えるサービスがあったり、家族や友人たちとデータ通信量のシェアも可能です。普段からSNSを良く利用するという人におすすめです。

mineo

mineoも、ドコモ・au・ソフトバンクの回線から選ぶことができる格安スマホです。最大の特徴は、mineoユーザー同士でパケットを貯めて使える「フリータンク」という仕組みを導入しているということ。このシステムにより、パケットを無駄にしません。また、友達や家族などと分け合える「パケットギフト」というサービスも人気があります。顧客満足度も高いため、キャリアから乗り換える人が増加中。オプションも充実しているため、自分の好きなように契約できます。

イオンモバイル

イオンモバイルは、月480円~9,280円までの全29種類ものプランがある格安スマホです。全国200店舗以上の窓口で契約が可能。家族で分け合える大容量プランも用意していますので、たっぷりと動画を視聴することができます。

IIJmio

IIJmioは、多数のiphoneを取り揃えている格安スマホです。端末と通話とネット、すべて込みの「コミコミセット」で月1,880円~というプランがあり大変好評。新機種の発売にも素早く対応し、キャンペーンを利用すれば、お得に契約できますし、ファミリー向けの通話割引などもあります。因みに、回線はドコモとauから選べます。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、「エンタメフリーオプション」が人気を集めている格安スマホ。通信速度も速く、大容量で動画も見放題です。キャンペーンをうまく利用すれば、格安で動画を視聴することができます。

DTI SIM

DTI SIMは、半年間のお試しプランがある格安スマホです。また、業界最安クラスの料金設定になっており、無制限プランやYouTube、Twitterなどをカウントフリーで利用できるプランなども用意。格安スマホへの乗り換えを迷っている人におすすめです。

【まとめ】格安スマホの「どこがいい?」かは使いやすさが基本

格安スマホはどこがいい?について紹介しました。今回紹介した格安スマホはごく一部です。まだまだたくさんありますし、特徴もそれぞれ異なりますので、色々と比較をして自分が使いやすい格安スマホを選んでみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。