格安スマホ10選をランキング形式で紹介!一番人気はコレ | 格安sim・運転免許合宿比較なび

格安スマホ10選をランキング形式で紹介!一番人気はコレ

格安スマホに乗り換えたいけど、どこを選んでいいか分からない。という人はいませんか?そんな人に向けてこの記事では、人気の格安スマホをランキング形式で紹介します。それぞれ特徴も異なりますので、ぜひ参考にして選んでみてはいかがでしょう。

【ランキング】格安スマホの主な特長

まずは、格安スマホの主な特徴について紹介します。

月々の料金が安い

一つ目は、月々の料金が安いということです。格安スマホはキャリアと比べると月々数千円も安くすることができます。契約期間が長ければ、その分安くなる金額も高くなるため、節約にもなります。

通信速度は遅い

二つ目は、通信速度が遅いということです。格安スマホはキャリアの回線を間借りして通信を行います。そのためどうしても速度が落ちがち。ですが、最近ではキャリアと同じくらいの通信速度を誇る事業者も登場してきているため、速度にこだわる人はチェックしてみましょう。

料金プランがシンプル

三つ目は、料金プランがシンプルであるということです。格安スマホの料金プランは「通話専用」「データ専用」の2つ。とてもシンプルで分かりやすため、迷うことも少ないです。

キャリアのスマホがそのまま利用可能

四つ目は、キャリアのスマホをそのまま利用できるということです。格安スマホは、sim対応のキャリアスマホであれば、そのまま利用できます。そのためわざわざ購入する必要もありません。

キャリアメールは利用できない

五つ目は、キャリアメールが利用できないということです。格安スマホでは、キャリアで提供されている「@docomo.ne.jp」のようなメールアドレスを使うことはできません。格安スマホで利用できるのは、GmailやYahoo!メールといったフリーメールとなります。

LINEのID検索ができない

六つ目は、LINEのID検索ができないということです。LINEのIDでは年齢確認システムが必要です。キャリアではこのシステムがありますが、格安スマホではありません。そのため、LINEのID検索ができないのです。

初期設定は自分で行う

七つ目は、初期設定は自分で行うということです。キャリアであれば店舗を訪れて契約し、必要な設定を行ってくれます。ですが、格安スマホは実店舗がほとんど存在しません。そのため自分で初期設定を行う必要があるのです。

2年縛りがない

七つ目は、2年縛りがないということです。キャリアであれば2年の契約が求められます。ですが、格安スマホは0ヶ月~1年が契約期間に指定されることが多いため、いつでも解約が可能。違約金の発生もありません。

通話料金が高い

八つ目は、通話料金が高いということです。格安スマホはデータ容量に応じて月額料金を決めています。そのため、通話に関してはそれほど細かい設定がされていないのがほとんど。そのため、通話料金はキャリアよりも高くなっているのです。因みに格安スマホで通話を利用すると、30秒で20円かかります。

【ランキング】格安スマホの選び方

ではここで、格安スマホの選び方を紹介します。

月額料金で選ぶ

一つ目は、月額料金で選ぶという方法です。月額料金は、各事業者によって異なります。料金の幅があるため、自分が普段使っているデータ容量に合わせて選んでみましょう。

通信速度で選ぶ

二つ目は、通信速度で選ぶという方法です。通信速度も各事業者で異なります。動画や音楽を楽しむことが多いという人は、キャリア並みに優れているところを選んだ方が、ストレスも溜まりません。

キャッシュバックなどの特典で選ぶ

三つ目は、キャッシュバックなどの特典で選ぶという方法です。各事業者には独自のキャンペーンやキャッシュバックが展開されています。うまく利用することで月々の料金を減らすことができるため色々と比較をして選んでみてください。

使いやすさで選ぶ

四つ目は、使いやすさで選ぶという方法です。これはスマホを利用する上で大切なこと。自分が普段使っている機能を重視したり、持ちやすさを重視するなど、ピッタリなものを見つけてみてください。

【ランキング】キャリアから格安スマホへの乗り換え手順

ではここで、キャリアから格安スマホへの乗り換え手順について簡単に紹介します。

①MNP予約番号を取得する

まずは、キャリアでMNP予約番号を取得します。このMNP予約番号は電話番号を引き継ぐために必要となる番号ですので、忘れないようにしましょう。

➁乗り換え先の格安スマホへ申し込む

MNP予約番号を取得したら、乗り換え先の格安スマホへ申し込みを行います。この時一緒にsimカードの手続きも行っておきましょう。

③初期設定を行う

simカードが手元に届いたら、スマホに挿入します。後は初期設定を行って乗り換え完了となります。

人気の格安スマホ事業者ランキング

それではここで、人気の格安スマホ事業者ランキングを紹介します。

第1位 Y!mobile

まずは、Y!mobileです。Y!mobileは、キャリアの回線ではなく独自の回線を使っている格安スマホ事業者。そのため回線が込み合う時間帯であっても、サクサクと動画を観ることができたり、通信も安定しています。基本料金は他社と比べて少々高く設定されてはいますが、キャンペーンなどをうまく利用することでカバーできます。また、国内通話が無料になるオプションも組み込まれているため、通話をよくするという人にもおすすめです。

第2位 楽天モバイル

続いては、楽天モバイルです。楽天モバイルは、ネット契約数No.1を誇る格安スマホ事業者。毎月の支払いでポイントが貯まったり、楽天市場での買い物で貯まったポイントを月額料金の支払いとして利用することも可能。実店舗も拡大中のため、サポートも万全です。

第3位 UQ mobile

UQ mobileは、auの回線を使っている格安スマホ事業者です。通信速度も速く安定しているため、速度にこだわる人には打ってつけ。また、auユーザーであれば月々のスマホ料金が割引されるセット割が適用されます。その他にも、豊富なキャンペーンでユーザーを獲得中。契約期間も設定されていないため、いつ解約しても違約金が発生しません。

第4位 BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、「エンタメフリーオプション」が人気の格安スマホ事業者です。大容量で、You TubeやApple Music、Spotifyなどが使い放題。また、BIGLOBE光とセットで利用すれば、さらにお得になります。普段から動画をたっぷり観たい、音楽をたっぷり聞きたいという人におすすめです。

第5位 LINEモバイル

LINEモバイルは、格安スマホの中で唯一LINEのID検索が行える格安スマホ事業者です。新料金の「ベーシックプラン+データフリーオプション」を契約すると、最大で2ヶ月間無料で利用できます。また、LINE、LINE MUSIC、SNSのデータ通信量を気にせず使えるサービスや、家族や友人たちとデータ通信量のシェアを行うことも可能。普段からSNSをよくやっているという人におすすめです。

第6位 b-mobile

b-mobileは、ソフトバンクのスマホがそのまま利用できる格安スマホ事業者です。通信速度も速く、データ専用は190円~始めるため、お試しとして利用してみるのもあり。誕生してから、まだそれほど経っていないため、快適に利用できます。

第7位 IIJmio

IIJmioは、多くのiphone端末を揃えている格安スマホ事業者です。端末と通話とネット、すべて込みの「コミコミセット」で月1,880円~というプランが人気。新機種の発売にも素早く対応しており、キャンペーンを利用すればお得に契約できます。また、ファミリー向けの通話割引などもあるため、家族皆で利用するのもおすすめです。

第8位 OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、信頼度抜群の格安スマホ事業者です。毎月キャンペーンを実施て折り、ユーザーを飽きさせません。また、月単位以外にも、日単位の通信容量プランがあり、10分かけ放題やトップ3かけ放題といった電話かけ放題オプションも豊富。信頼度で選ぶなら、OCNモバイルONEおすすめです。

第9位 mineo

mineoは、mineoユーザー同士でパケットを貯めて使える「フリータンク」という仕組みがあることが最大の特徴。また、家族や友達などと分け合える「パケットギフト」というサービスも人気があります。mineoはドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線から選ぶことができるため、選択肢も広がります。

第10位 イオンモバイル

イオンモバイルは、月480円~9,280円までの幅い広いプランを29種類も用意している格安スマホ事業者です。全国200店舗以上の窓口で契約することができるため、気軽に立ち寄れます。余ったデータ容量は繰り越したり、家族で分けたりすることもできるため、大容量で利用したい人にピッタリです。

【まとめ】格安スマホを選ぶならランキングを参考に

人気の格安スマホをランキング形式で紹介しました。気になる格安スマホ事業者を見つけることができたでしょうか。まだ決まっていないという人は、ぜひ今回紹介した格安スマホ事業者を参考に選んでみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。