格安スマホの人気端末はコレ!キャリアから乗り換えで料金が安くなる

格安スマホと一言で言っても対応している端末は数多くあります。その数はキャリアとは引けをとらない数のため、初めて格安スマホを契約する人は、どんな端末を選んでいいのか分からないという疑問を抱いているはず。そこでこの記事では、格安スマホの人気端末について紹介。また、キャリアから格安スマホへ乗り換えるとどのようなメリットやデメリットが発生するのかについてもまとめました。興味にある人は、ぜひご覧ください。

おすすめのsim・光回線サービス

キャリアスマホ端末を格安スマホに乗り換えるメリット

ではここで、キャリアスマホ端末を格安スマホに乗り換えるメリットについて紹介します。

月額料金が安くなる

まずは、月額料金が安くなるということです。キャリアから格安スマホへ乗り換えると月々数千円も安くなります。そのため、契約期間が長ければ長いほどスマホ料金がお得となり、節約にもつながるのです。

料金プランが分かりやすい

続いては、料金プランがシンプルで分かりやすいということです。格安スマホでの料金は、データ通信量を基準に設定されています。選ぶプランは「通話専用」」または「データ専用」の2パターン。とてもシンプルで分かりやすいため、初めて格安スマホを契約する人であっても、簡単に選ぶことができます。

2年縛りがない

続いては、2年縛りがないということです。キャリアでは2年契約が当たり前となっています、格安スマホは0ヶ月~1年がほとんど。そのため、解約もしやすく、違約金の発生もありません。

電話番号が引き継げる

続いては、電話番号が引き継げるということです。キャリアで利用していた電話番号は、格安スマホへ乗り換えてもそのまま利用することができます。もちろん電話番号を変えたいという人であっても、変更することは可能です。

キャリアの端末をそのまま利用できる

続いては、キャリアの端末をそのまま利用できるということです。格安スマホでは、sim対応の端末であればキャリアの端末が利用可能。そのため、端末を購入する必要もありません。

キャリアスマホ端末を格安スマホに乗り換えるデメリット

ではここで、キャリアスマホ端末を格安スマホに乗り換えるデメリットについて紹介します。

通話料金が高い

まずは、通話料金が高いということです。格安スマホは、上記でも述べたように、データ通信量を基準に設定しています。通話料金に関するプランは少なく、中には、データ通信料プランの中に含まれていることもあります。そのため、通話料はキャリアと比べると高めの設定。格安スマホで通話を行うと30秒で20円かかります。

通信速度が遅い

続いては、通信速度が遅いということです。格安スマホはキャリアの回線を間借りして通信を行います。そのため、回線が混雑しだすと優先されるのはキャリアのスマホ。最近ではキャリアと変わらない速度を誇る通信事業者も多く登場しており改善傾向にありますが、キャリアと比べると遅いのは確かです。

キャリアメールが利用できない

続いては、キャリアメールが利用できないということです。キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」のようにキャリアから提供されているメールアドレス。このキャリアメールは格安スマホへの乗り換えと同時に利用できません。そのため、格安スマホで利用できるメールアドレスは、GmailやYahoo!メールといったフリーメールとなります。

LINEのID検索が利用できない

続いては、LINEのID検索が利用できないということです。LINEのID検索を行う場合は、年齢確認が必要となるわけですが、キャリアではこのシステムが導入されています。ですが、格安スマホにはこのシステムは導入されていません。そのため、LINEのID検索を行うことができないのです。

テザリングが利用できない場合がある

続いては、テザリングが利用できない場合があるということです。テザリングとは、自分のスマホをwifiスポットの様に使い、様々な機器を接続する機能のこと。キャリアであればほとんどの端末にこの機能が搭載されているのですが、格安スマホでは、端末によってこの機能が搭載されていないものもあります。そのため、テザリングが利用できない場合があるのです。

初期設定は自分で行う

続いては、初期設定は自分で行うということです。キャリアで契約をすると必要な設定は店舗側が行ってくれますが、格安スマホは実店舗がほとんど存在しないため、必要な設定は自分で行う必要があります。

サポートがキャリアと異なる

続いては、サポートがキャリアと異なるということです。乗り換えによってキャリアとの契約は終了してしまうため、格安スマホではキャリアのサポートを受けることはできません。格安スマホで受けることができるサポートは通信事業者のものになります。大手通信事業者であれば、それなりにサポート体制を整えてはいますが、それ以外の通信事業者と契約を行うと、満足できるほどのサポートは受けられません。因みに、通信事業者のサポートを受けたい場合は、実店舗がほとんど存在しないため電話やメールでの連絡となります。

クレジットカード決済が多い

続ては、クレジットカード決済が多いということです。キャリアでは支払い方法の選択肢が多いですが、格安スマホの場合、ほとんどがクレジットカード払いです。中には、口座振替やデビットカード払いもありますが、数は少ないです。そのため、格安スマホを契約する前に、クレジットカードを作っておくことをおすすめします。

電話が利用できない期間がある

続いては、電話が利用できない期間があるということです。格安スマホを申し込んだ際、simカードの申し込み手続きも一緒に行います。このsimカードは格安スマホとして利用するために必要となるもの。simカードが自宅に届いて端末に挿入すれば格安スマホとして利用できるのですが、このsimカードが届くまでには数日かかります。そのため、電話ができない期間が発生してしまうのです。

格安スマホ端末の選び方

ではここで、格安スマホ端末の選び方について紹介します。

機能性

一つ目は、機能性で選ぶということです。格安スマホはキャリアの端末と比べて利用できる機能が少ないです。が、おサイフケータイ機能や、防水・防塵機能など便利な機能が付いている端末も中にはあります。自分が普段利用している機能が付いているものを選ぶことで、格安スマホに乗り換えても使いやすいです。

価格

二つ目は、価格で選ぶという方法です。もし、sim対応でないキャリアスマホであれば、新しく端末を購入する必要があります。格安スマホの価格は幅が広いですが、キャンペーンなどを利用することで下げることができますので、そのようなキャンペーンが利用できるところを選ぶと、端末代金も安く済みます。

回線

三つ目は、回線です。格安スマホは、ドコモ・au・ソフトバンクの回線が使えます。この回線は契約する通信事業者によって異なりますが、キャリアで利用していた回線を使った方が、乗り換えも楽です。

格安スマホのおすすめ端末

それでは最後に、格安スマホのおすすめ端末を紹介します。

ASUS ZenFone Max M2

ASUS ZenFone Max M2は、約3.5時間の充電で連続待受最長約35日間も利用することができる端末です。ポイントは、内蔵バッテリーをモバイルバッテリーとして使用できる「リバースチャージ機能」。ケーブルによる接続で、充電切れのガジェットを充電できます。

Motorola Moto G7 Plus

Motorola Moto G7 Plusは、本体背面に3Dガラスを採用したスタイリッシュな端末。デュアル仕様のカメラで、背面カメラ画素数は1600万画素+500万画素、前面カメラ画素数は1200万画素です。背景をボカせる「ポートレートモード」が用意されているなど、多彩な機能を備えているため、写真を撮ることが好きな人におすすめです。

OPPO AX7 CPH1903

OPPO AX7 CPH1903は、バッテリー消費を抑えるために使っていないアプリを自動停止させる機能があり、省エネを意識できるのが魅力の一つ。6.2インチのディスプレイには反射を防ぐコーティングが施されているため、明るさを向上させて鮮明な映像を映すことができます。

SHARP AQUOS sense2 SH-M08

SHARP AQUOS sense2 SH-M08は、水濡れに強いタッチパネルと「IGZOディスプレイ」を搭載した5.5インチが特徴の端末。2700mAhのバッテリーは、負担を減らしながら充電することで劣化を防いでくれるため、長く利用できます。

Onkyo ハイレゾ オーディオスマートフォン GRANBEAT DP-CMX1

Onkyo ハイレゾ オーディオスマートフォン GRANBEAT DP-CMX1は、高音質な音楽が聴けるハイレゾ対応の端末。デジタルオーディオプレーヤーと同レベルのオーディオ専用基板を搭載しているため、スマホの枠を超えたサウンドを楽しむことができます。

【まとめ】人気の端末で格安スマホをもっと快適に使おう

格安スマホの人気端末について紹介しました。格安スマホの端末は種類が豊富で選ぶのに迷ってしまいますが、機能性や使いたい回線などを参考にすると、選択肢も狭まり選びやすくなります。ぜひ、格安スマホに乗り換えてスマホを快適に使ってみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。