楽天モバイルがついにキャリア参戦!!現在の評判、注目ポイントを徹底解説

今後の楽天モバイルの評判が決まるかもしれない、重大発表が3月3日にありました。なんと楽天モバイルがMVNOからキャリアへの完全移行をするとのことです。これは楽天モバイルの今後が気になります。さらに、話題になったキャリアとしての実力が気になります。

そこで今回は新しくキャリアとなる楽天モバイルの評判と、今までのMVNOとしての楽天モバイルの評判をまとめてみます。スマホの新時代を切り開いていく、楽天モバイルの評判を確認してみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

楽天モバイルとは

そもそも楽天モバイルは一体どのような会社でしょうか。楽天モバイルは2014年にNTTドコモの通信網を利用した、格安携帯電話会社として始まりました。2017年に格安スマホ会社FREETELを買収し、MVNOになりました。これが今の楽天モバイルになります。その後2019年3月14日にキャリアとして、スマホ業界に参入すると発表し、話題になりました。そして2020年4月をもってMVNOからキャリアに完全移行するとのことです。

楽天モバイルの特徴として、キャリアとMVNOのメリットを受けられることがあります。楽天モバイルは3大キャリアのスマホと比較すると料金が安いです。しかし楽天モバイルはキャリアとして回線を持ちます。そのため他のMVNOに比べて通信品質が高く、安くて高品質なサービスを提供できます。まさにキャリアとMVNOのメリットを受けられるとお得な会社です。

さらに業界で初めて2年縛りと呼ばれる、スマホ契約のルールを廃止しました。そのため楽天モバイルのスマホはいつ契約をやめてもよく、違約金も発生しません。また独自のサービスとして、楽天市場を使うときにポイント還元を受けられます。最大5.5%もポイント還元を受けられるので楽天市場をよく使う人にはうれしいです。そんな楽天モバイルですが評判はどのようになっているでしょうか。

MVNOとしての楽天モバイルの評判

楽天モバイルの評判はMVNOの中でも非常によいです。楽天モバイルの評判がよい理由として次のことがあげられます。

1つ目は、楽天モバイルがMVNOの中で契約率がNo.1ということです。契約率がNo.1ということは支持されているということであり、それだけでも評判がよいということです。また契約率No.1というだけあって、他のMVNOにくらべて多くの店舗をが存在します。そのためトラブルが起きたときに気軽に来店しやすく、ユーザーの満足度が高くなります。

2つ目は、端末の種類が豊富であることです。MVNOの弱点として端末の種類が少なく、最新機種が使えないというものがあります。理由としてMVNOは3大キャリアに比べると会社が小さいため、最新機種をたくさん用意することが難しいからです。しかし楽天モバイルは楽天が運営しているということもあり、最新機種の取り扱いが豊富です。そのため好きな端末を選べます。

3つ目は、料金とプランのバランスがよいことです。楽天モバイルは他のMVNOに比べると特別安いというわけではありません。しかし多くのユーザーが選んでいるという実績があります。その理由は料金とプランのバランスがよいからです。通信量は2・6・14・24GBの4種類があり、料金も1,480円(税抜)からと手軽です。そのためスマホ初心者から上級者まで選びやすく、バランスがよいといえます。

このように楽天モバイルは業界でも評判がよく、多くのユーザーの支持を集めています。しかしこの評判はMVNOとしての楽天モバイルの評判であり、キャリアとしての楽天モバイルの評価はまた別となります。そこで次はキャリアとしての楽天モバイルについて評判を見ていきましょう。

楽天モバイル評判の要、注目ポイント

楽天モバイルがキャリアに参入するにあたって、注目しておきたいポイントが3つあります。ここでは3つについて確認していきます。

注目ポイント1 楽天モバイルがMVNOからキャリアへと変更

最初はMVNOからキャリアに変更することです。MVNOからキャリアに変更することにより、通信回線が自前になります。そのため今後は回線の管理を楽天モバイルが自社で行う形になります。楽天モバイルは通信事業を専用におこなっている会社ではないので、少しだけ不安に思ってしまいます。今後の管理によって楽天モバイルの評判が決まるので、これからも目が離せないです。

注目ポイント2 楽天モバイルの気になる新プラン、その評判とは

次は現在発表されている新プランについてです。プラン名は「Rakuten UN-LIMIT」と呼ばれており、次のような特徴があります。
・楽天モバイルの回線エリアにおいてデータを使いたい放題
・国内通話かけ放題
・グローバル無料(データ容量2GB、SMS含む)

このような特徴を持ちながら、月額2,980円(税抜)とお得なプランです。しかし気になっている点もあります。それは楽天モバイルの回線エリアです。現状楽天モバイルは首都圏を中心に日本全国に回線を準備しているが、まだ工事は完了していない。公式によると2020年4月8日から順次切り替える予定とのことだが、今後の工事がいつ終わるかなどは不明です。そのため契約したけど回線が間に合わず、自宅まで電波が届かない可能性もあります。

さらに楽天モバイルの回線エリアが使えないときは、KDDI(現在のau)の回線を使って通信をおこなうがこれにも問題があります。KDDIの回線を使って通信をおこなうときは、データ使い放題ではなく2GBまでと制約を受けることです。仮に楽天モバイルに乗り換えたが回線が使えないエリアであった場合、2GBまでしか使えないMVNOに月額2,980円(税抜)を払うことになってしまいます。

そのため楽天モバイルが回線エリアの工事をいつ終わらせることができるのか、その時期によっては評判に大きな影響を与えることが予想できます。魅力的な新プランではあるが、回線の問題があることを忘れないように今後のも注目していきたいです。

注目ポイント3 新規受付終了間近、MVNOとしての楽天モバイル

最後はMVNOとしての楽天モバイルが今後どのようになっていくかです。公式からの発表によると、MVNOの新規受付を2020年4月7日に終了するとのことです。そのため楽天モバイルのMVNOは今後契約できなくなります。MVNOの楽天モバイルは評判がよいということもあり、多くのユーザーが契約しています。そのユーザーが今後契約する際は新プランでの契約に切り替わり、料金も上がってしまいます。

実際に一部ユーザーからは今回の新プランへの切り替えを嫌がる声が出ているようであり、評判は必ずしもよいとは限りません。さらに新プランは2,980円(税抜)と確かにお得ではあるのですが、MVNOとしての楽天モバイルの最安プランは1,480円(税抜)です。そのためユーザーによっては月額の料金が2倍になってしまう人もいます。今回の楽天モバイルのキャリア参入は確かに3大キャリア以外の選択肢としてよいものだと思います。

しかしMVNOとしての楽天モバイルという視点で見た場合、よいとは言い切れないのが現状です。今後MVNOとしての楽天モバイルはなくなり、キャリアとしての楽天モバイルに移行するときによい評判を維持できるかは少し疑問が残ります。

キャリアとしての楽天モバイルの評判

ここまでMVNOとしての楽天モバイルの評判、キャリアとしての楽天モバイルの評判に注目したいポイントをまとめました。最後に2020年3月現在分かっているキャリアとしての楽天モバイルの評判をまとめてみます。

まずはキャリアとしての評判です。これに関してはいまだ切り替えが終わっていないためはっきりとしたことは言えません。しかし発表によると都市部・山間部問わず基地局を建築しているとのことです。そのため都市部が優先して回線接続できる、といったことにはならないと予想できます。そのため山間部だから楽天モバイルが契約できない、といったことにはならなさそうなのです。回線の工事が早期に終わることが重要です。

次に料金面の評判です。新プラン「Rakuten UN-LIMIT」はデータ通信使いたい放題のプランとしては破格の安さです。3大キャリアと比較しても半額以下であり、評判は非常によいといえます。しかしその評判はあくまでキャリアとしてみた場合であり、MVNOとして見た場合は少し疑問に残ります。MVNOからキャリアに移行するという前例がないため仕方ないですが、MVNOとして評判がよかったためどう影響するかに注目です。

最後にMVNOとしての楽天モバイルですが、今後新規契約はできず契約変更をするときも今までのスマートプランは選べなくなります’。そのため今後はMVNOというよりかはキャリアとしての楽天モバイルの側面が強くなります。よって今までのMVNOとしての楽天モバイルの評判は今後変わっていくと思われます。その評判がどのように変わっていくかも注目できたらと思っています。

まとめ

まとめとして本記事ではキャリアとしての楽天モバイル、MVNOとしての楽天モバイルの2つについて評判を解説していきました。まずMVNOとしての楽天モバイルは評判もよく、ユーザーから多くの支持を集めていたことが分かります。そのためキャリアに移行するときにMVNOとしての評判が影響する可能性があります。

しかしキャリアとしての楽天モバイルの評判も決して悪いわけではなく、むしろ料金面では期待されています。回線の工事が終わっていないなど不安要素もありますが、評判も上々であり期待できます。携帯電話が普及してから十数年間変化がなかったキャリアに、新しい風として参入してきた楽天モバイルは今後も注目されていきます。その活躍に期待しながら見守っていけたらと考えています。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。