ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるときに注意すべき3つのこと

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えようと検討している方へ、本記事ではMNP転出するときにするべき手順や、転出前に知っておきたい格安SIMのメリット・デメリットについて解説します。

おすすめのsim・光回線サービス

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるには?手順を解説

まずはソフトバンクから格安SIMに乗り換える手順を解説します。
MNP転出する際は事前の手続きが必要なので注意しましょう。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換え手順1:MNP予約番号を発行してもらう

まずはMNP転出するため、ソフトバンクへMNP転出の申込みおよび予約番号の発行をしましょう。予約番号の発行はソフトバンクショップ、電話もしくはオンライン上で可能です。
ただしMNP転出手続きは9時から20時までとなっていますので注意しましょう。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換え手順2:格安SIMを申し込む

次は乗り換え先の格安SIM会社を選びましょう。
MNP転入手続きにはMNP予約番号の提示が必須なので、まだソフトバンクからMNP予約番号が届いていない人は待ちましょう。
また新規契約にはMNP予約番号の他に、本人確認書類なども必要になります。詳しくは転入先となるMVNOのホームページをチェックしましょう。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換え手順3:SIMカードとAPNを設定する

無事に格安SIMを申し込めた場合、数日後にMVNOからSIMカードが郵送されます。
データ通信サービスを利用するにはSIMカードをスマホに挿入する必要がありますが、初回に限り、SIMカード挿入に加えて「APN設定」が必要となります。
APN設定とは、簡単に説明すると「お手持ちのスマートフォンでMVNOのデータを受信できるように設定する」ことです。APN設定が済んでいない端末ではデータ通信できないので注意しましょう。
APN設定の方法はMVNOによって各社異なります。「(自分の申し込んだ格安SIM会社名) APN設定」とGoogle検索すれば、公式ホームページに掲載されているAPN設定方法ページにたどり着けます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるとき注意すべき3つのこと

以下では格安SIMに乗り換える前に注意したい3つのポイントを解説します。

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え1:SIMロックを解除する

格安SIMに乗り換える前に、端末のSIMロックを解除することをお勧めします。
SIMロック解除はキャリアショップに持ち込めば解除できますし、SIMロック解除するための条件も以前より緩和されています。
スマートフォンのSIMロックを解除しておけば、いずれソフトバンク回線の格安SIMから他の回線の格安SIMに乗り換えたい場合、スマートフォンをそのまま利用できます。
ソフトバンク回線を提供していなくてもお得な格安SIMはあるので、余裕があればスマートフォンのSIMロックを解除しておきましょう。

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え2:新規契約よりMNP

格安SIMを契約するときはMNP転入がおすすめです。間違って新規契約してしまうとスマホの電話番号を引き継げないので注意しましょう。
ただしMNP転入するときは手数料が発生するため、もし電話番号が変わっても問題ないという人は、手数料を節約するため、あえてMNPせず新規契約するという方法もありです。

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え3:速度制限がかかっても問題ないか

格安SIMではアクセスが集中する時間帯に速度制限が発生します。
通勤通学時間帯やお昼時など、みんながスマートフォンを利用する時間帯は通信回線が混雑するため、インターネットの通信速度がかなり低下します。
一方で大手キャリアならアクセスが集中する時間帯でも快適に通信できるため、ストレスなくスマホを利用できます。
混雑時間帯になると、インターネット検索するだけでも時間がかかることがあります。こうした通信速度遅延のストレスが問題でないか、確認しておきましょう。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるメリット・デメリット

以下では格安SIMに乗り換えるメリット・デメリットについて解説します。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるメリット1:月額料金が安い

格安SIMの最大の魅力は、月額料金が大手キャリアと比べて圧倒的に安いことです。
大手キャリアであれば月額通信費が1万円を超えることも珍しくはありませんが、格安 SIM であれば1000円から2000円程度に抑えることも余裕です。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるメリット2:オプションが豊富

格安 SIM によってはデータの使い放題プランや通話し放題オプションなど、様々なオプションを用意しています。
どこでも同じだと思われがちな格安SIMですが、会社によって特徴が異なるのも面白いポイントです。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるメリット3:安いスマホが多い

MVNOが取り扱っているスマートフォンはいわゆる「格安スマホ」が多く、お手頃価格帯のスマートフォンを手軽に入手できます。
大手キャリアで取り扱っているスマートフォンは性能が高いモデルが多く、それに比例して価格も高いです。10万円を超すスマートフォンも珍しくありません。一方で格安SIMとセット販売されているスマートフォンは3万円前後で入手できるモデルも多く、気軽に入手できます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるデメリット1:時間帯によっては通信速度が遅い

通勤通学時間帯やお昼時など、時間帯によって通信速度が低下するのが格安SIMのデメリットです。ソフトバンクなどの大手キャリアであれば回線混雑による速度制限はめったに発生しませんが、格安SIMは平日ならほぼ毎日のように混雑時間帯による速度制限が発生します。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるデメリット2:サポートが手薄

格安SIMはコストを徹底的に削減しているので、あまり実店舗をもっているMVNOは多くないです。チャットサポートなどを設けているものの、やはり実店舗で店員さんからサービスの説明や端末の不具合を相談できないのは不安ですよね。
大手キャリアのように、全国各地にショップがないのが格安SIMのデメリットと言えます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるデメリット3:完全な通話し放題プランがない

格安SIMでは「10分間なら何度でも通話し放題プラン」などありますが、「時間無制限で何度も使い放題プラン」がありません。一方で大手キャリアであれば、国内通話なら何度でも何分でも通話し放題プランがあります。
仕事で通話をたくさんする人は、格安SIMに乗り換えるとかえって高くつく可能性もあります。
ただし唯一「Y!モバイル」では大手キャリアと同じく「国内通話なら何度でも通話し放題プラン」が用意されています。

ソフトバンクがおすすめな人、格安SIMに乗り換えがおすすめな人の特徴

以下ではソフトバンクから格安SIMへの乗り換えをおすすめしない人の特徴について解説します。

ソフトバンクがおすすめな人1:通話が多い

上述の通り、格安SIMには「何度でも何分でも通話し放題プラン」がありません。10分以上の通話を頻繁にする人であれば、大手キャリアの通話し放題プランのほうがお得なケースもあります。通話の多い人は、格安SIMへの乗り換えはあまりおすすめできません。
ただしY!モバイルでは格安SIMで唯一「国内通話なら何度でも通話し放題プラン」を提供しています。

ソフトバンクがおすすめな人2:外出先でスマホを頻繁に利用する

外出先でスマートフォンをたくさん利用する人は、格安SIMよりも大手キャリアとの契約がお得です。格安SIMでも高速データ通信できるものの、やはり大手キャリアと比較したときに速度遅延が気になります。
外出先で頻繁にスマホを利用する人は、通信料金が高くなるものの、大手キャリアとの契約を継続したほうがストレスなくスマホを利用できるでしょう。

格安SIMがおすすめする人1:速度規制が気にならない

時間帯による速度制限が気にならない人であれば、格安SIMはあなたの月額通信費を大幅に削減してくれるでしょう。
またはWiMAXと併用したり、自宅の固定データ通信回線をうまく利用したりと、格安SIMの通信に頼り切りにならない工夫も大切です。

格安SIMがおすすめする人2:とにかく安くスマホを利用したい

使い心地を気にせず、とにかく安くスマホを利用したい人にも格安SIMはおすすめです。
データ通信SIMであれば、1,000円以下の通信プランもあります。また音声通話SIMでも1,000~2,000円程度で契約可能です。
格安スマホと格安SIMを組み合わせれば、大手キャリアと契約するよりも格段に通信費を削減することができます。

まとめ:ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えはおすすめ!

いかがでしたか。
格安SIMにはデメリットもあるものの、削減できる月額通信料金が非常に大きいです。固定回線やモバイルルーターと併用するなど、うまく通信サービスを組み合わせていけば、これまで以上に快適にデータ通信できるでしょう。
通信速度にこだわる、長時間電話をするといった人はソフトバンクのままでも恩恵はありますが、そうでない人はこれを機に、格安SIMへの乗り換えを検討してみませんか。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。