ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ3社を紹介

「ソフトバンク回線で利用できるおすすめの格安SIMを知りたい」と思っている方へ、本記事ではソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを3社ほど紹介します。
ソフトバンク回線を提供している格安SIMは多くありませんが、おすすめできるMVNOはあります。ソフトバンクのサブブランドである”Y!モバイル”では格安SIMクラスの低価格で大手キャリアと変わらない通信サービスを受けられますし、LINEモバイルはSNS利用に適しています。
いまソフトバンクから購入したスマートフォンを利用している人は、ソフトバンク回線を提供しているMVNOと契約してみませんか?

おすすめのsim・光回線サービス

格安SIMとは?ソフトバンク回線以外にもあるの?

まずは格安SIMについて簡単に説明します。
格安SIMとは日本の大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から通信回線帯域の一部を借りてモバイル通信サービスを提供している業者(MVNO)のことです。
MVNOはドコモ、au、ソフトバンクのいずれか(もしくは2つ以上)から通信回線を借りているため、ソフトバンク回線以外でも利用できる格安SIM業者はあります。

格安SIMのメリット

格安SIMを利用するメリットは「大手キャリアと契約するよりも圧倒的に月額通信料が安い」ことです。
大手キャリアと通信契約すると、最安プランでも7,000円前後は月額料金がかかります。1万円以上の通信費を払っている人も少なくないでしょう。一方で格安SIMは、データ通信プランのみなら1,000円を切るプランもありますし、音声通話プランでも1,000円ちょっとで利用開始できる格安SIMが多いです。
圧倒的な低価格こそ、格安SIMを利用するメリットといえます。

格安SIMのデメリット

一方で格安SIMのデメリットは「時間帯によって通信速度が大幅に低下する」ことです。
大手キャリアの通信回線の一部しか借りていないので、少ない回線に多くのアクセスが集中すると回線が混雑し、通信速度が著しく低下します。
通信速度制限が発生しやすいのは通勤通学時間帯(7~9時、17~19時)およびお昼時間帯(12~13時)です。とくに平日のお昼時間帯の速度制限はキツく、インターネット検索するのにも苦労します。

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ3社

以下ではソフトバンク回線を利用している、おすすめの格安SIMを3社ほど紹介します。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM1:Y!モバイル

Y!モバイルは”ソフトバンクのサブブランド”といった位置づけで、格安SIMのお手軽料金と大手キャリアの通信速度の速さを兼ね備えたMVNOです。
格安SIMのデメリットであげた「時間帯による通信速度制限」がY!モバイルでは発生しにくく、ソフトバンクとおなじインターネットの使い心地といえます。インターネット通信が快適にも関わらず、料金プランは格安SIMと同じ価格帯なので、大手キャリアと格安SIMの良いとこ取りが可能です。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM2:LINEモバイル

LINEモバイルはチャットアプリ「LINE」が運営する格安SIMです。
LINEモバイルの特徴は、特定のアプリで発生した通信費をカウントしない「カウントフリー・オプション」を提供しているところ。LINEの通信量はカウント対象外になりますし、追加オプションをつければTwitterやFacebook、InstagramといったSNSアプリの通信量もカウント対象外となります。
またLINEモバイルでは、格安SIMの中で唯一「LINEの年齢認証」に対応しています。実はLINEの年齢認証は大手キャリアもしくはLINEモバイルでないと認証できません。年齢認証できないとLINEの「ID検索」が利用できません。
とはいえID検索ができなくても友だちを追加する方法はあるので、まずLINEの利用で困ることはないかと思われます。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM3:mineo

mineoは格安SIM初心者向けのMVNOです。
mineoが運営する「マイネ王」というコミュニティにて、mineo利用中に発生した不明点を気軽に質問できます。また運営に対する意見も同コミュニティ上で可能です。
家族とパケットをシェアするプランが用意されていたり、実店舗も全国に200箇所以上あるのも安心感があります。
格安SIMの利用に不安を感じている人におすすめの、初心者向けMVNOといえます。

ソフトバンク回線の格安SIMを利用するメリットとは?

以下ではソフトバンク回線の格安SIMを利用するメリットについて解説します。

ソフトバンクが販売したスマホを再利用できる

ソフトバンク回線の格安SIMを利用する一番のメリットは、ソフトバンクから購入したスマートフォンをそのまま利用できることです。
キャリアから購入したスマートフォンには「SIMロック」という制限がかかっており、たとえばソフトバンクから購入したスマホをドコモSIMで利用することはできません。
最近では「SIMロック解除」も以前より簡単にできるようになりましたが、解除手続きをするのもめんどくさいですよね。
しかしSIMロックされたスマホは、同じキャリアの回線であれば利用できます。たとえばソフトバンクで購入したスマートフォンは、ソフトバンク回線の格安SIMであれば、SIMロックを解除せずとも利用できます。

Y!モバイルは通信速度が速い

これはY!モバイル限定のメリットですが、他のMVNOと比較しても通信速度が早く、かつ安定しているのが大きなメリットです。
格安SIMを利用していて感じる大きなデメリットが「お昼時間帯にスマホでデータ通信できない」こと。これが不満で、大手キャリアに戻るユーザーも少なくありません。
Y!モバイルはソフトバンク回線をそのまま利用しているので、お昼時間帯にアクセスが集中しても、通信速度が遅くなることはまずありません。それでいて通信料金も格安SIMと同じくらいなので、非常にお得です。

【結論】格安SIMはソフトバンク回線にこだわる必要なし

結論ですが、ソフトバンクから購入したスマホをそのまま利用したいといった人でない限り、ソフトバンク回線にこだわる必要はありません。
ソフトバンク回線を提供していなくてもおすすめできるMVNOはありますし、SIMロック解除もショップに持ち込めば簡単にできるので、わざわざソフトバンク回線にこだわるメリットは正直ありません。

ソフトバンク回線の格安SIMと大手キャリアの違い

最後に、ソフトバンク回線を提供している格安SIMと大手キャリア(ソフトバンク本体)の違いについて解説します。なおY!モバイルは料金プラン的に格安SIMの位置づけとなっていますが、提供されるサービス内容はソフトバンク本体と遜色ありません。

通信速度

格安SIMと大手キャリアの違いは、通信速度の安定性です。格安SIMでも高速データ通信は可能ですが、アクセスが集中する時間帯では通信速度がガクッと下がってしまいます。
大手キャリアであればアクセスの集中による通信速度低下は滅多に発生しません。使いたいときに快適にデータ通信できるのが、大手キャリアと契約するメリットといえます。
なお上述の通り、Y!モバイルはソフトバンク回線をそのまま利用しているので、アクセス集中による通信速度の低下はめったに発生しません。

通話し放題プラン

大手キャリアでは「国内通話であればいつでも、何度でも、何分でも利用し放題」プランが用意されています。
一方で格安SIMでは「1回10分以内の通話であれば、何度でも通話し放題」といった制限がついています。あまり通話をしない人であれば気になりませんが、仕事で通話をたくさんする人にとっては大きなデメリットといえます。
なおY!モバイルでは格安SIMクラスの低価格で唯一「国内通話であればいつでも、何度でも、何分でも利用し放題」プランが用意されています。たくさん通話を利用する人は、大手キャリアもしくはY!モバイルとの契約締結をおすすめします。

サポートの手厚さ

格安SIMでは通信料金を抑えるため、徹底してコストの削減を行っています。よって格安SIMが運営する直営店や販売店舗など、実在の店舗がない(もしくは少ない)ことが大きなデメリットです。
インターネット経由で手軽に契約できるのが魅力の格安SIMですが、店員さんから直接サービスの説明を受けられないのを不安に思う人もいるかとおもいます。
大手キャリアであればキャリアショップが全国各地にありますし、不具合や故障が発生したときはキャリアショップに持ち込めば良いという安心感がありますよね。
各種サポートの手厚さは、大手キャリアの圧勝です。

まとめ:ソフトバンク回線の格安SIMならY!モバイルがおすすめ

いかがでしたか。
格安SIMではさまざまなキャリアの回線を提供しているんので、わざわざソフトバンク回線にこだわる理由は正直あまりありません。ソフトバンクから購入したスマホを利用中で、SIMロック解除がめんどくさいといった人であれば、ソフトバンク回線の格安SIM利用がおすすめといえます。
ソフトバンク回線でとくにおすすめなのが、本記事で何度も紹介している”Y!モバイル”です。
ソフトバンク回線をそのまま利用しているので時間帯による通信速度制限が発生しにくく、ソフトバンクと同じくらい快適に利用できます。また格安SIMの中で唯一「いつでも、どこでも、何度でも通話し放題」プランを提供しているのも多いなメリットです。仕事で通話を頻繁にする人はY!モバイルと契約するメリットが大きいといえます。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。