simフリーはポケットwifi併用でもっと格安に!失敗しない使い方とは | 格安sim・運転免許合宿比較なび

simフリーはポケットwifi併用でもっと格安に!失敗しない使い方とは

simフリーのスマホで毎月の料金削減に成功しているという人も少なくありません。ですが、simフリーをさらにお得に利用する方法を皆さんはご存知でしょうか。それは、ポケットwifiを併用して利用すること。このポケットwifi利用でさらに料金を下げることも可能です。とは言っても、どのようにして選べばよいのか分からないという人も中に入るはず。そこでこの記事では、ポケットwifiを選ぶメリットやデメリット、選び方について紹介します。興味ある方は、ぜひご覧ください。

simフリーを使うならポケットwifiが便利

simフリーをそのまま利用していても、大手キャリアと比べると格段に安いことは、口コミを見ても証明されています。ですが、今よりもさらに安くできないかと感じている人も少なく無いはず。そんな人には、ポケットwifiを併用することがおすすめ。ではなぜポケットwifiがいいのか。そのメリットについて、次で紹介します。

simフリーでポケットwifiを使うメリット

ではここで、simフリーでポケットwifiを使うメリットについて紹介します。

月額料金が安くなる

一つ目のメリットは、月額料金が安くなるということです。simフリーは元々「格安」をモットーにしており、大手キャリアと比べると月々数千も安くなるのですが、ポケットwifiと併用することで、スマホの通信量を消費せずに済みます。通信量を消費せずに済むということは、安いプランへの変更が可能。そのため、月額料金が安くなるのです。

違約金や解約金が発生しない

二つ目のメリットは、違約金や解約金が発生しないということです。大手キャリアを更新月以外に解約をすると違約金が発生します。ですが、simフリーはいつ解約しても違約金の発生がありません。

契約の縛りがない

三つ目のメリットは、契約の縛りがないということです。大手キャリアでは最低利用期間が2年と決まっていますが、simフリーの最低利用期間は、0ヶ月~1年ほどがほとんど。そのため、解約も期間を気にすることなく自由に行えます。

プランが豊富

四つ目のメリットは、プランが豊富であるということです。simフリーの場合、契約できるプロバイダの数が非常に多いため、その分プランの数も豊富にあります。また、シンプルで分かりやすい設定となっているため、プランで悩むことも少なくて済みます。

海外でも利用できる

五つ目のメリットは、海外でも利用できるということです。日本で利用しているsimフリーに、海外で販売されているsimカードを挿入することで海外での利用も可能です。

工事不要

六つ目のメリとは、工事不要であるということです。ポケットwifiの場合、工事は必要ありません。申し込みをして自宅に届いたら、設定を行うだけですぐに利用できます。

複数の端末で利用できる

七つ目は、複数の端末で利用できるということです。ポケットwifiで接続可能となる機器の台数はそれぞれ異なりますが、大体がポケットwifi一つで10台ほどは接続できるようになっています。

simフリーでポケットwifiを使うデメリット

ではここで、simフリーでポケットwifiを使うデメリットについて紹介します。

無制限では利用できない

一つ目のデメリットは、無制限で利用できるないということです。ポケットwifiには「無制限」のプランもあるのですが、simフリーのポケットwifiは多くのプランで、速度が200Mbps超えです。しかし、無制限プランでは0,5Mbpsに制限されることがほとんどのため、速度も遅くなってしますのです。

キャッシュバックなどの特典がない

二つ目のでリットは、キャッシュバックなどの特典がないということです。simフリーの契約では、高額なキャッシュバックや月々のスマホ料金が安くなるキャンペーンを行っているのですが、ポケットwifiでは、特典はありません。

自分で機種を調べて選ぶ必要がある

三つ目のデメリットは、自分で機種を調べて選ぶ必要とがあるということです。simフリー用のポケットwifiは、種類も多いのですが、特徴やプランなどは自分で調べて選ぶ必要があります。

simフリーでポケットwifiを使う際の注意点

それではここで、simフリーでポケットwifiを使う際の注意点について紹介します。

端末とsimフリーカードを自分で購入する必要がある

一つ目の注意点は、端末とsimフリーカードを自分で購入する必要があるということです。wimaxのようなポケットwifiであれば、wifi端末を購入すると専用のsimカードがセットされています。しかし、simフリーのポケットwifiの場合は、端末もsimカードもそれぞれ自分で探して購入しなければなりません。

設定やトラブル対処は自分で行う

二つ目の注意点は、設定やトラブル対処は自分で行う必要があるということです。simフリーのポケットwifiの場合、端末もsimカードも別会社で契約を行うため、何か不具合が起きてしまったとしても、気軽にサポートを受けることはできません。

通信速度が遅い

三つ目の注意点は、通信速度が遅いということです。これは、上記のデメリットでも述べたように、ポケットwifiの通信速度は200Mbps超え。しかし、無制限プランを選択すると、通信速度が0,5Mbpsに制限されてしまうため、遅くなってしまうのです。

simフリーのポケットwifiの選び方

ではここで、simフリーのポケットwifiの選び方について紹介します。

利用可能なエリア

まずは、利用可能なエリアです。自分が住んでいる場所や良く利用するする場所が対象のエリアでない限り、ポケットwifiを持っていても意味がありません。そのため、ポケットwifiについて調べる時は、この利用可能なエリアについても調べておきましょう。

通信速度の確認

続いては、通信速度の確認です。通信速度については上記でも述べましたが、利用するのであれば速いに越したことはありません。インターネットは通信速度が非常に重要ですから、忘れずにチェックしておきましょう。

月額料金

続いては、月額料金です。せっかくsimフリーと併用して月額料金を安くしようと考えていても、ポケットwifiの利用料が高くては、ポケットwifi併用の意味がなくなります。色々と比較をして選ぶようにしてください。

最新のwifi機種を選ぶ

続いては、最新のwifi機種を選ぶということです。電子機器は最新のものであればあるほど、性能も高品質です。長く利用できることを考えると最新のものが最適。そのため、最新のwifi機種を選んだ方が得策と言えます。

支払い方法

続いては、支払い方法です。クレジットカードを持っていない人であれば、クレジットカード以外の支払い方法があるポケットwifiを見つけなくてはいけません。また、定められた期間内に解約をすると違約金が発生してしまう場合もありますので、それらの条件も一緒に確認しておきましょう。

simフリーのポケットwifiが向いている人

それではここで、simフリーのポケットwifiが向いている人について紹介します。

ガジェットに詳しい

まずは、ガジェットに詳しい人です。simフリーでポケットwifiを利用す際、設定は自分で行う必要があります。そのため、ガジェットに詳しくない人にとっては少々面倒な作業に。また、トラブルが起きた際も自分で原因を見つけなくてはいけないため、ある程度は、ガジェットに詳しい人の方が向いています。

通信速度が遅くても気にならない

続いては、通信速度が遅くても気にならないという人です。ポケットwifiの通信速度はこれまで述べたように、制限がかかるものです。制限がかかると通信速度は遅め。アップロードの時間もかなりかかります。そのため、通信速度が遅くてもイライラしない人に向いているのです。

月々のデータ使用量が少ない

続ては、月々のデータ利用料が少ない人です。通信速度は決まった容量を超えてしまうと制限がかかります。普段から動画やオンラインゲームをよくやるという人にとっては、容量を少なすぎると感じてしまうことも。そのため、どちらかというと月々のデータ使用料が少ない人に向いているのです。

海外によく行く

続いては、海外に良くいくという人です。simフリーとポケットwifiは海外でも利用できます。ポケットwifi自体軽くてコンパクトなため持ち運びも便利。通信の良い場所であれば、比較的海外でも日本でも同じように利用することができます。

【まとめ】simフリーとポケットwifiで月々の料金を抑えようi

simフリーとの併用で便利なポケットwifiについて紹介しました。simフリーとwifiポケットを併用することで、月々の通信量を抑えることができ、また、月々の料金を抑えることもできます。ポケットwifiは非常に軽くコンパクトなため、持ち歩きもとても便利。ポケットサイズのものも多く出ていますので、荷物が少なくて済みます。ぜひ、自分が利用しやすいポケットwifiでsimフリーをもっと便利に利用してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。