simフリーはデメリットが多い?メリットを参考に選んでみよう | 格安sim・運転免許合宿比較なび

simフリーはデメリットが多い?メリットを参考に選んでみよう

simフリーを利用しようと考えているけど、どんなメリットやデメリットがあるのか。気になるという人も多いと思います。そんな人に向けてこの記事では、simフリーのメリット・デメリットを詳しく紹介。simフリーへの乗り換え方法やメリットの多いおすすめのsimフリー会社についてもまとめていますので、興味のある人は、ぜひご覧ください。

simフリーにはどんなデメリットがある?

simフリーは「格安」で利用できることが最大の特徴でもありますが、格安であるがゆえに、実はデメリットが多いのではないかと不安を抱いている人も少なくありません。確かにsimフリーは、料金が格安な分、利用できる機能にも限りがあります。ですが、自分が利用しない機能であれば問題はないはず。では一体、どのようなデメリットがあるのか、次で説明します。

simフリーのデメリット

ではここで、simフリーのデメリットについて紹介します。

通信速度が不安定

まずは、通信速度が不安定であるということです。simフリーでは、大手キャリアの回線を間借りして通信を行います。そのため、回線が混雑してしまうと優先されるのは、大手キャリアのスマホやタブレット。通信速度を気にしないという方には問題ありませんが、通信速度にこだわるという人であれば、少しイライラする場面もあるかもしれません。

通話料金が高め

続いては、通話料金が高めということです。simフリーは、大手キャリアと比べると通話料金は高めです。LINEなどの通話アプリを利用すれば、この通話料金に関しては問題ありませんが、基本的に通話料金は誰に電話をかけても30秒で20円かかります。

大手キャリアとはサポート方法が異なる

続いては、大手キャリアとはサポート方法が異なるということです。大手キャリアのスマホを利用している場合、困ったときは店舗を訪れ相談をすることはできますが、simフリーは実店舗がほとんど存在しないため、困ったときは、メールや電話での応対となります。また、スマホが壊れたからと言って代替品をレンタルすることさえできないのです。

購入端末が限られる

続いては、購入端末が限られるということです。simフリースマホは、simフリーに対応している端末でなければなりません。そのため、購入できる端末も限られてくるのです。

キャリアのサービスが利用できない

続いては、キャリアのサービスが利用できないということです。これは、上記の「大手キャリアとはサポート方法が異なる」から繋がりますが、大手キャリアからsimフリースマホへ乗り換える場合、大手キャリアとの契約を解除する必要があるため、解約と同時にキャリアのサービスを利用することができなくなります。

キャリアメールが利用できない

続いては、キャリアメールが利用できないということです。大手キャリアでは、それぞれキャリアメールと呼ばれるアドレスを利用してメールの送受信を行うわけですが、simフリーでは、解約と同時にサービスが受けられないことと同じように、キャリアメールの利用もできなくなります。そのため、simフリーで利用できるメールアドレスは、GmailやYahoo!メールといったフリーメールを利用することになります。

クレジット決算が多い

続いては、クレジット決算が多いということです。最近では、口座振替ができるsimフリーも増えてきましたが、まだまだクレジット決算を推奨しているsimフリー会社は多いです。そのため、クレジットカードを持っていない人は、口座振替が可能なsimフリー会社を選ぶしかありません。

LINEのID検索ができない

続いては、LINEのID検索ができないということです。LINEでID検索を行う場合「年齢確認システム」によって年齢確認を行うのですが、simフリーではこのシステムがありません。そのため、LINEのID検索ができないのです。

初期設定は自分で行う

続いては、初期設定は自分で行うということです。大手キャリアでは契約した際、店舗側で様々な設定を行ってくれますが、simフリーは、上記でも述べたように、実店舗がほとんどありません。そのため、自分で初期設定を行う必要があるのです。

テザリングが利用できないケースがある

続いては、テザリングが利用できないケースがあるということです。テザリングとは、自分の使っているスマホをwifiのルーターのようにして、他のパソコンやタブレットなどの機器をネットにつなぐ機能のことです。大手キャリアではほとんどの場合、この機能を使うことができるのですが、simフリーでは、回線と利用する端末によって利用できないケースがあります。

電話ができない期間がある

続いては、電話ができない期間があるということです。大手キャリアからsimフリーへは、電話番号を引き継ぐため、MNP予約番号を取得して新規で申し込みを行うわけですが、simフリーはsimカードが必要となるため、simカードが手元に届くまでの間、電話の利用ができない期間が発生してしまうのです。

simフリーはデメリットばかりじゃない

simフリーのデメリットをここまで紹介しましたが、ここまで読んでみて不安を抱いている人もいるかもしれません。ですが、ご安心を。simフリーはデメリットだけでなく、きちんとメリットも存在しますので、次をご覧ください。

simフリーデメリット以外のメリット

ではここで、simフリーのメリットを紹介します。

月額料金が安くなる

一つ目のメリットは、月額料金が安いということです。simフリーは大手キャリアと比べると格段に料金が安いです。乗り換えた人の中には、月々数千円の節約に成功している人も少なくありません。これこそが、simフリーの魅力でもあります。

回線を選ぶことができる

二つ目のメリットは、回線を選ぶことができるということです。simフリーでは、好きな事業者のsimを入れて使うことができます。そのため、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアのsimを利用することもできれば、MVNOのsimフリーを利用することもできるため、選択肢が広がります。

海外でも利用できる

三つ目のメリットは、海外でも利用できるということです。simフリーであれば、海外旅行などの際も、端末を借りる必要がなく海外滞在時も現地のsimフリーカードを使って利用することができます。

デメリットの少ないsimフリーへの乗り換え方法

それではここで、simフリーへの乗り換え方法について紹介します。

キャリアスマホのsimロックを解除する

まずは、現在利用しているキャリアスマホのsimロックを解除します。simロックは各キャリアに手続きをして行います。

MNP予約番号を取得する

simロックを解除したら、大手キャリアでMNP予約番号を取得します。このMNP予約番号は、現在の電話番号を引き継ぐために利用する番号です。そのため、忘れないようにしましょう。また、このMNP予約番号は発行から15日間の期限があります。期限が過ぎると再発行が必要となりますので、注意してください。

simフリーに申し込む

MNP予約番号を取得したら、乗り換え先のsimフリーへ申し込みを行います。後は、届いたsimカードを挿入して必要な設定を行えば、乗り換え完了となります。

デメリットよりメリットが多いおすすめsimフリー

それでは最後に、おすすめのsimフリーを紹介します。

Y!mobile

Y!mobileは、ソフトバンクの回線を利用するsimフリーです。大手キャリア並みの通信速度を誇り、ソフトバンクのスマホをそのまま利用することも可能。2回線目以降は毎月500円の割引を受けられたり、同月内に家族が申し込みをすれば、5000円の還元を受けられます。家族皆で利用することでさらに安くなりますので、家族の多い家庭におすすめです。

U-mobile

U-mobileは、ドコモの回線とソフトバンクの回線から選ぶことができるsimフリーです。ドコモの回線を使っているタイプのsimフリーの中では、通信速度も最速で、コスパも抜群。ドコモ回線をそのまま利用した人におすすめです。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、ドコモの回線を利用するsimフリーです。ドコモのスマホをそのまま使うことができるのはもちろん、他のsimフリーと同じように、毎月の上限をあらかじめ決める「定額プラン」の他に、使った分だけ支払う「最適料金プラン」など料金プランも柔軟に対応。そのため、無駄がありません。

楽天モバイル

楽天モバイルは、「かけ放題」「使い放題」プランが充実しているsimフリーです。ドコモ回線のため、ドコモのスマホをそのまま利用できます。

【まとめ】デメリットの少ないsimフリーでインターネットを楽しもう

simフリーのデメリットについて紹介しました。simフリーは、メリットよりデメリットの方が多いと言われていますが、デメリットとなっている機能を普段から利用していない人であれば、大手キャリアと同じように問題なく利用することができます。simフリーにすることで毎月の料金削減にもつながりますので、ぜひ、simフリーへ乗り換えて、インターネットを思う存分楽しんで下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。