simフリーにモバイルルーターは必要?あると便利なメリットとは | 格安sim・運転免許合宿比較なび

simフリーにモバイルルーターは必要?あると便利なメリットとは

simフリースマホを使う人が増えている昨今。月額料金で得をしているという人も大勢います。そんなsimフリースマホを利用する場合、モバイルルーターがあればさらに、月額料金を抑えることができるということを、皆さんはご存知でしょうか。そこでこの記事では、simフリースマホでモバイルルーターを使うメリットやデメリットについて紹介します。京のある人は、ぜひご覧ください。

simフリーにおすすめのモバイルルーターはどれ?

simフリースマホとモバイルルーターを併用して利用することで、月額料金を抑えることができます。ですが、モバイルルーターには様々な種類があり、どれを選べばよいのか分からないという人も中に入るのではないでしょうか。そんな人のために、モバイルルーターの選び方ポイントをまとめています。ぜひチェックしてみましょう。

simフリー用モバイルルーターの種類

まずは、simフリー用モバイルルーターの種類について紹介します。

USBスティックタイプ

一つ目は、USBスティックタイプです。USBスティックタイプは、パソコンのUSB端子に挿して使用するタイプのものです。USB端子から給電するため、ルーターのバッテリー切れの心配をする必要もなく、コンパクトなサイズで、持ち運びも楽です。また、無線タイプに比べ通信速度も速いです。

無線タイプ

二つ目は、無線タイプです。無線タイプは、パソコンだけでなくスマホやタブレット、ゲーム機といった機器にも接続可能。基本的に、バッテリーを用いて動かすもののため、バッテリー切れには注意が必要となります。

simフリーでモバイルルーターを使うメリット

それではここで、simフリーでモバイルルーターを使うメリットについて紹介します。

通信費用を抑えることができる

一つ目のメリットは、通信費用を抑えることができるということです。モバイルルーターを利用することで、simフリースマホの通信量を減らさずに済みます。simフリースマホの通信量を減らすことができるということは、プランも安いものに変更が可能。結果、通信費用を抑えることができるのです。

好きなタイミングで乗り換えできる

二つ目のメリットは、好きなタイミングで乗り換えることができるということです。大手携帯会社で契約を行い、更新月以外で解約を行うと解約金が発生します。解約金を発生させないためには、解約するタイミングが重要となり、中々乗り換えることができません。一方のsimフリーは、そのような違約金を支払わずに乗り換えが可能。そのため、好きなタイミングでいつでも乗り換えを行うことができます。

自分にピッタリなプランが選べる

三つ目のメリットは、自分にピッタリなプランを選ぶことができるということです。simフリーの事業者は和も多く、プランもそれぞれ異なります。そのため、自分にピッタリなプランを見つけることも可能なのです。

simフリーでモバイルルーターを使うデメリット

ここで、simフリーでモバイルルーターを使うデメリットを紹介します。

自分で設定する

一つ目のデメリットは、自分で設定を行う必要があるということです。simフリーの事業者は和は多いですが、実店舗は少ないです。そのため、設定は自分で行う必要があるのです。

充電がなくなると利用できない

二つ目のデメリットは、充電がなくなると利用できないということです。simフリーモバイルルーターは、スマホやタブレットと同じ電子機器です。そのため、充電が切れると利用はできません。外出先で利用したい場合、充電を忘れないようにしておきましょう。

simフリー用モバイルルーターの選びポイント

それではここで、simフリー用モバイルルーターの選びポイントについて紹介します。

バッテリーの持ちの良さ

まずは、バッテリーの持ちの良さで選ぶという方法です。これは上記でも述べたように、充電がなくなってしまうと利用ができなくなるから。バッテリー持ちが良ければ、充電する時間や回数を減らすこともできますし、長時間利用することも可能です。

通信速度の速さ

続いては、通信速度の速さです。快適にインターネットを利用する上で、この通信速度は外すことはできません。できるだけ通信速度の速いものを選ぶようにしましょう。

対応LTEバンドの豊富さ

続いては、対応バンドの豊富さで選ぶという方法です。TEバンドとは、LTEで利用できる周波数帯のことを指します。このLTEバンドは、全部で44個に分けられ、各キャリアに割り当てられています。対応しているLTEバンドの数が多いほど、選べるsimフリーが増えますので、LTEバンドも忘れずにチェックしましょう。

持ち運びやすさ

続いては、持ち運びやすさで選ぶという方法です。外出先で利用する場合は、この持ち運びやすさも重視したいポイントです。重量のあるものは持ち運びにくく、体への負担も大きいため、できるだけコンパクトなサイズで軽いものを選ぶようにしましょう。

simカードの利用枚数

続いては、simカードの利用枚数です。複数のsimカードを利用したい場合、1枚しかsimカードを入れておけないモバイルルーターだと、抜き差し作業が面倒です。また、複数のsimカードを挿入できるのであれば、1つのsimカードが使用できなくなってしまっても、それ以外のsimカードを使用することができますし、ビジネスとプライベートで分けて使用することも可能となります。

海外でも利用できるか

続いては、海外でも利用できるということです。海外でも利用したい場合は、海外のsimに対応している必要があります。もし行き先の国が決まっているのであれば、その国のsimに対応しているかを事前に確認しておきましょう。

simフリーでモバイルルーターを使う際の注意点

ではここで、simフリーでモバイルルーターを使う際の注意点について紹介します。

通信速度に気を付ける

一つ目の注意点は、通信速度の速さに気を付けるということです。simフリーの場合、契約しているプランで決められた容量を越えてしまうと速度制限がかかり、通信速度が遅くなります。モバイルルーターの場合、速度制限のルールはそれぞれ異なりますが、大きく分けると、「月間で定められたプランの容量を超えた場合に制限がかかる月間制限」と「3日間で大量のデータ通信があった場合に制限がかかる3日間制限」の2パターンがあります。

充電不足に気を付ける

二つ目の注意点は、充電不足に気を付けるということです。モバイルルーターは、充電が切れてしまうと利用することはできません。そのため、ルーター本体のバッテリーは、出来るだけ長いものを選ぶようにしましょう。

simフリーにおすすめのモバイルルーター

それでは最後に、simフリーにおすすめのモバイルルーターを紹介します。

GlocalMe G3

GlocalMe G3は、simカードを用意しなくてもアプリで設定するだけで世界中で通信を行うことができます。このGlocalMe G3を用いたsimなしでの通信に対応している国は、100カ国以上。モバイルルーターとしては厚みがあり、重みも若干ありますが、国内問わず世界各地で通信を行ってくれるのであれば、あまりデメリットして感じない部分でもあります。

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1は、最大で20時間も動かすことができるモバイルルーターです。スリープ状態であれば、2〜3日程度の充電は必要ありません。また、電池パックを抜いて、USB電源に接続した場合でも利用ができます。この機能により、車内など、電源が近くにある場合には、USBスティックタイプのようにバッテリーを気にせず通信を行うことができます。

Huawei WiFiルーター E5383s-327

Huawei WiFiルーター E5383s-327は、LTE Cat6に対応しているモバイルルーターです。他のモバイルルーターよりも、より高速で快適な通信が可能、山間部であっても繋がりやすくいため、場所を選びません。高品質を通信ができるHuawei WiFiルーター E5383s-327おすすめです。

NEC Aterm MP01LN

NEC Aterm MP01LNは、軽量でコンパクトなサイズが特徴のモバイルルーターです。ポケットに入る大きさですので、荷物を減らせるのも大きな魅力。国内のsimフリーを利用するのであれば、APN設定無しですぐに使うことができます。バッテリー容量は少なめながらも、半日ほどであるなら十分に使い続けることができます。

ピクセラ LTE対応USBドングルPIX-MT100

ピクセラ LTE対応USBドングルPIX-MT100は、USBスティックタイプと無線タイプの良さを兼ね揃えているモバイルルーターです。外出先だけでなく、自宅用の据え置きルーターとしても利用できます。

【まとめ】モバイルルーターでsimフリーをもっと快適に

simフリー用のモバイルルーターについて紹介しました。モバイルルーターとsimフリーを併用することにより、月々の通信料を減らすことができます。また、通信も安定し、快適なインターネットを楽しむこともできます。ぜひ、モバイルルーターを使って、今よりももっとお得にインターネットライフをお過ごしください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。