simフリーを選ぶならおサイフケータイ機能に注目!使う際の注意点とは | 格安sim・運転免許合宿比較なび

simフリーを選ぶならおサイフケータイ機能に注目!使う際の注意点とは

スマホの便利機能と言えばおサイフケータイ。キャッシュレスのこの時代、活用させているという人も少なく無いはず。そこでこの記事では、スマホのおサイフケータイ機能について注目しました。ただし紹介するのは、大手キャリアのスマホではなく、simフリーとしてのスマホです。simフリーのスマホでおサイフケータイを使うメリットやデメリット、使う際の注意点などについてまとめました。興味のある方は、ぜひご覧ください。

simフリーでもおサイフケータイが利用できる

simフリーに乗り換えると、これまでスマホで利用していたおサイフケータイ機能も失われてしまうのではないか、と心配している人もいると思います。ですが、simフリーのスマホであっても、おサイフケータイ機能を備えている端末は存在しますのでご安心を。どの端末におサイフケータイ機能が備わっているのか、最後の方で紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

【simフリー】おサイフケータイは「Apple Pay」とは異なる

スマホ決済には、「おサイフケータイ」と「Apple Pay」がありますが、おサイフケータイは、Apple Payとは異なります。簡単に言うと、iPhoneなどに対応しているのがApple Pay、Androidで利用できるものがおサイフケータイです。それぞれが対応しているサービスや電子マネーをここで紹介します。

おサイフケータイのサービス

まずは、おサイフケータイのサービスです。おサイフケータイで利用できるサービスには、電子マネー・航空券・乗車券・クーポン・ポイント・チケットといったものがあります。

Apple Pay対応の電子マネー

続いて、Apple Pay対応の電子マネーです。Apple Pay対応の電子マネーには、モバイルSuica・iD・QUICPayといったものがあります。

simフリーでおサイフケータイを使うなら「FeliCa」機能に注目

simフリーのスマホをおサイフケータイとして利用するのであれば「FeliCa」機能が搭載がされているものでなければいけません。このFeliCa機能が搭載されているスマホであれば、simフリーに乗り換えても、おサイフケータイとして利用することができます。

【simフリー】おサイフケータイを使うメリット

ではここで、simフリーでおサイフケータイを使うメリットについて紹介します。

会計の手間が省ける

一つ目のメリットは、会計の手間が省けるということです。現金を出して会計を行う場合、硬貨を出すのが面倒だと感じている人も少なくないはず。また会計が混み合っている時になるとお札だけ出して会計をできるだけ素早くしているという人も中に入るのではないでしょうか。そうなると硬貨ばかりが貯まり財布が重くなるといった事態に。ですが、おサイフケータイであれば、サッと機械に通すだけで会計が完了。財布の中から札や硬貨を取り出す必要がないため、スムーズに会計を終えることができます。

荷物が減らせる

二つ目のメリットは、荷物が減らせるということです。上記でも述べたように、おサイフケータイがあれば、硬貨やお札の出し入れが必要なくなります。ということは、現金を持ち歩かなくても済むということとなり、財布すら必要なくなります。そのため、スマホ一つで出かけることができ、荷物を減らすことができるのです。

クレジットカードでチャージできる

三つ目のメリットは、クレジットカードでチャージできるということです。おサイフケータイでは、残高のチャージにクレジットカードを使うことができます。クレジットカードでチャージすることで、クレジットカードを利用したことになりポイントも貯めることが可能。まさに一石二鳥です。

電子マネーや会員証を一括管理できる

四つ目のメリットは、電子マネーや会員証を一括管理できるということです。おサイフケータイでは、登録しておくだけでアプリから残高を簡単に確認できたり、使いたい電子マネーを伝えるだけで決済などができます。そのため管理も簡単に行うことができるのです。

【simフリー】おサイフケータイを使うデメリット

ではここで、simフリーでおサイフケータイを使うデメリットについて紹介します。

バッテリーを気にしないといけない

一つ目のデメリットは、バッテリーを気にしないといけないということです。スマホのバッテリーが消えると、当然おサイフケータイ機能も利用できなくなります。そのため、おサイフケータイを使う際は、バッテリー切れにならないよう注意しましょう。

ソフトウェアアップデート中は利用できない

二つ目のデメリットは、ソフトウェアアップデート中は利用できないということです。これもバッテリー切れ同様、ソフトウェアアップデート中は利用できません。

機種変更時のデータ移行が面倒

三つ目のデメリットは機種変更時のデータ移行が面倒だということです。これはおサイフケータイに限られたことがありませんが、おサイフケータイの場合、アプリや電話帳を移行するより手間がかかります。

simフリーでおサイフケータイを使う際の注意点

ここで、simフリーでおサイフケータイを使う際の注意点について紹介します。

「iD」が利用できない端末がある

一つ目の注意点は、iDが利用できない端末があるということです。iDは、クレジットカードと紐づけることで端末上の決済を可能にする「ポストペイ方式」のアプリケーションです。他の電子マネーと仕組みが異なるため、simフリー端末の一部にはiD非対応のケースがあるのです。

使える電子マネーが異なる

二つ目の注意点は、使える電子マネーが異なるということです。おサイフケータイを利用する場合、上記でも述べた様にiPhoneとAndroid端末では使える電子マネーが異なります。

おサイフケータイ機能を持つsimフリー

それではここで、おサイフケータイ機能を持つsimフリー端末を紹介します。

Galaxy A30

Galaxy A30は、約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載している端末です。高画質のデュアルカメラで、目で見た景色そのままを写真として撮ることができます。また、バッテリーの持ちも良く、急速充電のため短い時間で充電が完了します。

Pixel 3a

Pixel 3aでは、AIカメラを搭載し、今までのスマホではできなかったような写真撮影が可能に。撮った写真はGoogleフォトの無料ストレージに保存することができるため、無限に写真を撮ることができます。

AQUOS R2 compact SH-M09

AQUOS R2 compact SH-M09のディスプレイは、ダブルタッチデザイン。性能も高く、コンパクトなサイズのため、女性でも持ちやすいです。

HTC U12+

HTC U12+は、片手での操作が非常に楽に行える端末です。端末の側面をダブルタップすることでウィンドウサイズを調整可能。さらに、端末を握るだけでお気に入りの機能を起動させることもできるなど、これまでにない画期的な操作が可能となっています。

【おサイフケータイ】キャリアからsimフリー乗り換え時の疑問

では最後に、キャリアからsimフリー乗り換え時の疑問について紹介します。

どこのsimフリーでも利用できるのか?

まずは、どこのsimフリーでも利用が可能かということです。おサイフケータイはこれまで述べてきたようにsimフリーでも利用はできますが、全ての端末が可能というわけでありません。注目すべきは「FeliCa」機能搭載のもの、ということは覚えておきましょう。

iPhoneも条件は同じ?

続いては、iPhoneも条件は同じかということです。iPhoneの場合は、Apple Payを使える機種であれば、simフリーへの乗り換え後もApple Payを利用できます。ただし、iPhone6s、iPhone6s Plus以前のバージョンでは、読み取り・通信を行うための「FeliCa」を搭載していないため、利用することはできません。

simロックの解除は必要?

続いては、simロック解除は必要であるかということです。simロックを解除するしないにかかわらず、使用するスマホが対応していれば、おサイフケータイは利用は可能です。

中古の白ロム、キャリアスマホで違いはある?

続いては、中古の白ロム、キャリアスマホで違いはあるのかということです。白ロムとは、simカードが入っていない端末のことです。simロックを解除すればsimフリーでも利用可能となるケースもありますので、中古の白ロムを購入してsimフリーで利用することもおすすめ。尚その場合は、「FeliCa」搭載かどうかをきちんと確かめましょう。

【まとめ】simフリーはおサイフケータイ機能付きがおすすめ

simフリーで利用できるおサイフケータイについて紹介しました。simフリーでは「FeliCa」機能搭載の端末であれば、おサイフケータイとして利用が可能です。キャッシュレス化が進む現在、おサイフケータイは手放せない機能となりました。おサイフケータイであれば、会計もスムーズに行うことができますし、クレジットカードのポイントも貯められて良いこと尽くし。ぜひ、simフリー端末を選ぶ際は、おサイフケータイ機能に注目してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。