simフリーでタブレット料金をもっとお得に!利用できる条件は3つ | 格安sim・運転免許合宿比較なび

simフリーでタブレット料金をもっとお得に!利用できる条件は3つ

外出先でもタブレットを持ち歩き、動画を楽しんでいるという人も多くいると思います。ですが、たくさん使うと月々の料金が気になり満足できるほど利用できていないという人も中に入るのではないでしょうか。そんな人にこの記事では、simフリー版のタブレットをご紹介。simフリーとしてタブレットを利用すれば毎月の利用料を安くすることができます。が、これには条件があるということが分かりました。その条件やタブレットの選び方などをまとめましたので、ぜひ、ご覧ください。

simフリーはタブレットでも利用できる

simフリーは、スマホで利用するもの。というイメージを持たれている人も少なくありません。ですが、実はタブレットもsimフリーとして利用でいるものです。simフリーの最大の特徴は「料金の安さ」。主に、データ容量が多ければ多いほど料金が上がる仕組みとなっています。ですが、無制限プランを利用すれば、毎月決まった料金で利用することができるため、動画を毎日視聴する人や、オンラインゲームをよくやるなど、普段からネットをよく使うという方にはおすすめ。ですが、simフリーとしてタブレットを使うためには、いくつかの条件があります。その条件について次で説明します。

simフリーでもタブレットが利用できる条件

ではここで、simフリーでもタブレットが利用できる条件について詳しく紹介します。

持っているタブレットが「LTEモデル」

一つ目の条件は、持っているタブレットがLTEモデルであるということです。大手キャリアでタブレットモデルには、LTEモデルとwifiモデルが存在するのですが、simフリーでタブレットを利用する場合は、LTEモデルでなければsimカードを挿入することができません。また、LTEモデル以外にも3GモデルやCellularモデルといったものも利用可能です。もし現在利用しているモデルがwifiモデルであるのならば、再度端末を購入する必要があります。

simフリーの回線が今と同じまたはタブレットがsimフリー対応化

二つ目の条件は、simフリーの回線が今と同じまたはタブレットがsimフリー対応化であるということです。これは大手キャリアでタブレットを契約した人に注意していただきたいのですが、大手キャリアで購入したタブレットには基本的にsimロックと呼ばれる鍵がかけられています。このsimロックは、特定のキャリアの回線しか使えなくするもの。そのため、ドコモで購入したタブレットはドコモの回線でしか利用することができません。また、購入したタブレットがsimフリーに対応していることも忘れてはいけない条件です。

動作確認のされているタブレット

三つ目の条件は、動作確認のとれているタブレットであるかどうかということです。動作確認とは、タブレット自体がsimフリーとして機能するかしないかを確認したもののこと。各sim会社ごとにこの動作が行われているのですが、確認動作が行われていないタブレットのであっても、上記の2つを満たしていれば利用できる可能性もあります。

simフリータブレットのOSの種類

ではここで、simフリータブレットのOSの種類について紹介します。

Windows

WindowsはMicrosoftが提供しているOSです。Windowsは、機能性を重視している人やビジネスでタブレットをよく利用するという方にはおすすめ。ただし、Windowsのタブレットはsimフリーの機種が少ないです。

Android

AndroidはGoogleが提供しているOSです。様々な機種があり、アプリも充実しているため、用途によって選択することができます。また、低価格のものが多いので、とりあえず使ってみたい人におすすめ。simフリーのタブレットも多く販売されています。

iOS

iOSはAppleが提供しているOSです。現在Macを使用している人や、クリエイターとしてお仕事をしている人におすすめ。Androidのタブレットと比べると機種がiPadのみとなり、価格も高めというデメリットはありますが、ウィルス感染が無いと言ってもいいくらいの対策が施されているため安心して利用できます。また、simフリータイプはApple Store以外での扱いが無いため、新品で購入する場合はApple Storeまたは中古であれば各中古端末取扱店での購入となります。

simフリータブレットの選び方

ではここで、simフリータブレットの選び方について紹介します。

simフリーに対応しているか

一つ目は、simフリーに対応しているかどうかを確認するという方法です。これは、タブレットをsimフリーとして使う上では、とても大切なこと。上記で述べたように、LTEモデル・3Gモデル・Cellularモデルといったものを選びましょう。

対応OS

二つ目は、対応OSを確認するという方法です。OSは上記で述べた3つの物ものが存在します。PCのように使用したいのであればできるWindowsを、種類豊富で安いタブレットが欲しい人はAndroidを、高品質で使いやすさを求めるのであればiOSを選ぶなど、自分好みで選んでみましょう。

価格

三つ目は、価格で選ぶという方法です。タブレットは種類も多いため、価格にも差があります。パソコン代わりに使いたい人は価格の高いハイスペックモデルを、インターネットや映画など使う機能が限られている人は価格の安いモデルなど、使用用途によって選ぶことをおすすめします。

画面サイズ

四つ目は、画面のサイズで選ぶという方法です。あまり大きなものを持ち歩きたくないという人は7インチを、電子書籍や動画を楽しみたい人は8インチを、パソコンの代わりとして利用したい人は10インチを選ぶなど、こちらも自分の利用しやすいものを選ぶようにしましょう。

防水規格

五つ目は、防水規格で選ぶという方法です。防水規格は、通常IPX0〜8で示されています。IPX4あたりであれば生活防水レベルのため、雨や手洗いの際の水滴などを防ぐことができます。また、IPX5以上であれば完全防水レベルとなり、IPX8ともなるとお風呂での利用も可能となります。

性能

六つ目は、性能で選ぶという方法です。タブレットの性能でもっとも重要と言われているのが、「CPU」と「メモリ容量」。CPUは処理を行う装置のことで、「ヘルツ」という単位で表示されます。このヘルツが高ければ処理速度が早いです。また、メモリ容量はCPUが処理する際の一時的な保存場所。メモリ容量が大きければ大きいほどCPUでの処理場所が広がるため、処理速度が高くなります。

キャリア購入のタブレットをsimフリーで利用する方法

ではここで、キャリア購入のタブレットをsimフリーで利用する方法について紹介します。

端末購入より101日目以降

まずは、端末購入より101日目以降であるということです。これは、タブレットをキャリアからsimフリーへ乗り換えるタイミングが、端末購入より101日以降ということ。端末購入代金の支払いが分割払いの場合に限った話ではありますが、分割払いで端末を購入した場合、simロック解除が購入から101日以降でないとできない仕組となっているからです。

解約から100日以内にsimロックを解除

続いては、解約から100日以内にsimロックを解除ということです。simフリーへの契約のし直しに関してですが、キャリア解約から100日以内にsimロックを解除する必要があります。これは、キャリアとの契約を解除してから100日以上経過してしまうと、simロックの解除ができなくなってしまうため。そうならないように、キャリアとの契約解除から100日以内にはsimロックを解除し、simフリーとの新規契約を進めましょう。

タブレットで使うおすすめのsimフリー

それでは最後に、タブレットで使うおすすめのsimフリーを紹介します。

U-mobile

U-mobileは、U-NEXTの会社が提供するsimフリーで、ドコモとソフトバンクの回線を選ぶことができます。ドコモの回線を使っているタイプのsimフリーでは速度も最速。コスパも良く、ドコモのタブレットをそのまま利用することもできます。

UQ mobile

UQ mobileは、au系のsimフリーで最も速度スコアも高く、3GBか無制限の2プランながらも人気があります。auユーザーであれば今の端末をそのまま使うことができますし、月額料金も無制限で1,980円~利用可能となっています。

b-mobile

b-mobileは、数少ないソフトバンク回線のsimフリーです。ソフトバンク回線の中では一番の最速を誇り、10GBまで1GB当たり+350円で利用できます。

【まとめ】simフリー対応のタブレットで月々の料金を格安に

タブレットをsimフリーとして使う方法について紹介しました。タブレットをsimフリーとして利用するためには様々な条件が必要とはなりますが、月々の料金が抑えられることは間違いありません。ぜひ、現在タブレットを使っていて月々の料金を減らしたいと考えている方は、simフリーへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。