イオンモバイルのメリット・デメリットを徹底解説!

「これからイオンモバイルに契約しようと考えているけれど、本当に自分にオススメなのか不安。イオンモバイルのメリットとデメリットを知りたい」このように考えている人もいるかと思います。
イオンモバイルは名前の通りイオングループが提供しているデータ通信サービス、いわゆる格安SIMです。全国各地の実店舗で取り扱っているだけでなく、大手キャリアよりも圧倒的に安い料金プランが魅力的です。
しかしそんなイオンモバイルにもデメリットはあります。本日ではイオンモバイルについて詳しく紹介します。その上でイオンモバイルを契約すべきかどうか、改めて考え直してみませんか。

おすすめのsim・光回線サービス

イオンモバイルとは?概要を紹介

まずはイオンモバイルの特徴について紹介します。
イオンモバイルは家族全員で利用するとお得な格安SIMです。料金プランも幅広く、全国各地の実店舗で契約できる手軽さが魅力的です。

全国200店舗以上のイオンで契約できる

イオンモバイルは全国各地の200店舗以上のイオンで店頭販売されています。
一般的に格安SIMは実店舗を持っていないケースが多く、申し込みから解約まで全てインターネット等での手続きで完結する流れが一般的です。イオンモバイルは大手キャリアショップほどではありませんが、全国各地に取り扱い店舗があるため、インターネットでの契約が不安な人でも安心して利用できます。
また店頭でイオンモバイルを契約すると、その場ですぐにイオンモバイルの通信回線を利用できたり、新規購入したスマートフォンをその場で利用できたりします。郵送だと商品が届くまで数日かかるので、すぐに利用したい人は店頭でイオンモバイルを契約したいですね。

音声シェアプランがある

イオンモバイルの大きな特徴は、音声シェアプランに対応していることです。
音声シェアプランは、複数のSIMで1つのデータ通信容量を共有できるプランです。例えば家族3人でイオンモバイルを契約する場合、音声シェアプランを利用すれば月額データ通信容量を家族全員で共有できます。
個別に通信回線を契約するよりもお得にデータ通信できるので、家族でイオンモバイルを契約したい人や、複数デバイスでイオンモバイルの通信回線を利用したい人にオススメのプランです。

イオンモバイルのメリット

イオンモバイルの特徴について理解できたでしょうか。
次はイオンモバイルを利用するメリットについて紹介させていただきます。

イオンモバイルのメリット1:家族利用だと他社よりお得

イオンモバイルの音声シェアプランはかなりお得な通信プランです。
他社では家族割などで料金割引キャンペーンが実施されていますが、音声シェアプランほどのお得感はありません。家族全員で格安SIMを利用したいなら、イオンモバイルをお勧めします。

イオンモバイルのメリット2:高速通信をオフにできる

利用するデータ通信容量できるだけ節約したい人は、イオンモバイル公式アプリから高速通信をオフにすることをお勧めします。高速通信オフの状態であれば、月間データ通信容量を消費することなくインターネットを楽しめます。
ただしデータ通信速度が遅くなるので、メールのチェックやSNSの確認程度の場合のみ低速通信に切り替えることをお勧めします。また低速通信モードでも三日間で366MB以上データ通信すると、速度制限がかかる恐れがあるので気をつけましょう。

イオンモバイルのメリット3:大容量通信プランが欲しい人

イオンモバイルは最大月50GBまで高速データ通信できるプランを用意しています。
月50GBまで高速データ通信プランがある格安SIMは多くないので、たくさんデータ通信したい人にオススメです。特にシェア音声プランを利用する人は、家族の誰か1人がたくさんデータ通信をしただけですぐに速度制限が発生してしまいます。音声シェアプランを利用している人ほど、できるだけ大容量通信プランを契約した方がお得かと思われます。

イオンモバイルのデメリット

残念ながらイオンモバイルにもデメリットはあります。以下では、特徴的なイオンモバイルのデメリットについて紹介します。

イオンモバイルのデメリット1:短期解約するとMNP転出手数料が高い

契約から90日以内にイオンモバイルからMNP転出する場合、15,000円のMNP転出料が発生してしまいます。91日目以降にMNP転出する場合は3000円の転出手数料となります。
イオンモバイルと契約したけど思っていたものと違ったと悩んでいる人も多いでしょう。しかしできれば、90日以内に再びMNP転出は利用しない方が良いでしょう。

イオンモバイルのデメリット2:全てのイオン店舗にイオンモバイルがあるわけではない

選択肢のイオン店舗で契約できることが強みのイオンモバイルですが、残念ながらすべてのイオン店舗で格安SIMの契約ができるわけではありません。
2020年現在、イオンモバイルは全国200以上のイオン店舗で営業をしています。自分の住んでいる地域の近くにイオンモバイルがあるかは公式ホームページから確認できるので、ぜひチェックしてみましょう。

イオンモバイルのデメリット3:サービス内容が決め手に欠ける

多様な通信プラン8日店舗数の多さが魅力のイオンモバイルですが、通信サービスを他社格安SIMと比較すると、決め手に欠けるのも事実です。
例えばことも格安SIMでは、特定のアプリの通信量をカウントしない「カウントフリーオプション」に対応している会社もあります。また国内通話かけ放題オプションに対応している格安SIMもあり、通信サービスのレベルの高さが伺えます。
大下他社格安SIMと比較すると、イオンモバイルは契約の決め手になるような特徴的なサービスとなりのも事実です。

イオンモバイルのデメリット4:音声通話かけ放題オプションがない

イオンモバイルには音声通話かけ放題オプションがありません。
多くの格安SIMでは「10分以内なら何度でもかけ放題」や「3分以内なら何度でもかけ放題」といったオプションに対応しています。また極一部の格安SIMでは、国内通話なら完全にかけ放題オプションにも対応しています。
イオンモバイルはそういった音声通話オプションがなく、音声通話すると30秒で20円もとられてしまいます。すまほで電話をたくさん利用する人は、音声通話オプションの充実している格安SIMを選ぶか、IP電話を活用するなど対策しましょう。

イオンモバイルのメリットを活かせるのはこんな人!

ここまでイオンモバイルの特徴やメリット及びデメリットについて紹介してきました。自分がイオンモバイルを契約すべきかどうか、判断できましたでしょうか。
もしまだイオンモバイルを契約しようかどうか迷っている人は、下記の特徴に当てはまるかチェックしてみましょう。もし当てはまっているのであれば、イオンモバイルの契約を前向きに考えても良いと思います。

家族全員でイオンモバイルを利用する人

イオンモバイルは音声シェアプランに対応しているので、たくさんのSIMカードを利用する人ほどお得に利用できます。つまり、家族でイオンモバイルを利用する人や、複数のデバイスでデータ通信を楽しみたい人にオススメです。
音声シェアプランに対応している格安SIMは、意外と多くはありません。家族全員で格安SIMを利用しようと考えている人は、イオンモバイルとの契約を前向きに検討してよいでしょう。

格安SIMで大容量通信プランを契約したい人

イオンモバイルでは最大50GBまでの高速データ通信容量プランを契約することができます。月50GBまでの高速データ通信プランに対応している格安SIMはかなり少なく、イオンモバイルはスマホのヘビーユーザーにとって貴重な会社と言えるでしょう。
月50GBも高速データ通信容量を利用できれば、外出先で動画を見たりアプリをダウンロードしても、まず問題ないでしょう。

まとめ:イオンモバイルはメリットも多いおすすめ格安SIMです

いかがでしたか。
イオンモバイルはメリットとデメリットがはっきりしており、お勧めできるユーザ像も明確にイメージできますね。
家族全員で格安SIMを利用したり、別店舗で格安SIMを契約した人はイオンモバイルをお勧めします。音声シェアプランを活用すれば通信費を大幅に削減することもできますし、全国のイオン200店舗以上でイオンモバイルの契約ができます。
一方で音声通話かけ放題オプションに対応していなかったり、他の格安SIMと比べると決定的な魅力に欠けているのも事実です。一人暮らしの人や、様々なオプションやサービスを利用したい人は、他の格安SIMを検討しても良いでしょう。
イオンモバイルは家族全員で格安SIMを利用したい人や、インターネットでのサービス申し込みに不安を抱えている人の味方です。イオンモバイルを契約すれば通信費は削減され、節約につながるでしょう。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。