イオンモバイルでMNPはお得?違約金は?徹底解説します

イオンモバイルにMNP転入を考えている人や、逆にイオンモバイルからMNP転出を考えている人もいるかと思います。本記事ではイオンモバイルでMNPを利用するメリットデメリット及び医薬品について解説します。
現在利用している電話番号を引き継げるMNPは非常に便利な制度です。ただしMNP転入及び転出時には手数料が発生するなどデメリットもあります。
本日ではイオンモバイルでMNPを利用する手順について紹介し、またイオンモバイルを利用するメリットデメリットについても紹介したいと思います。

おすすめのsim・光回線サービス

イオンモバイルのMNPとは?

以下ではMNPについて紹介します。
簡単に説明すると、MNPを利用すれば今までの電話番号を引き続き利用することができます。一方でMNP転出には手数料が必要になるので、注意が必要です。

MNP転入・転出とは?どんなメリット・デメリットがある?

MNP転入及び転出のメリットデメリットは下記の通りです。

MNPのメリット:電話番号を引き継げる

MNPを利用する最大のメリットは、現在利用している電話番号を、乗り換え先の通信キャリアでも引き続き利用できることです。
MNPを利用せずに新規契約する場合、音声通話SIMを英訳した場合は新しい電話番号が割り振られます。通信キャリアを変更するたびに電話番号が変わっていると不便ですよね。スマートフォンの電話はあまり使わないと言う人もいるかもしれませんが、様々なウェブサービスで自分の携帯番号を登録している人は多いかと思います。電話番号が頻繁に変わってしまうと、そのたびに契約情報を更新しなければならないので手間ですよね。
音声通話SIMを契約するなら、MNP転入・転出制度は利用必須といえます。

MNPのデメリット:手数料が発生する

一方でMNPを利用する場合は手続きに手数料が発生します。特にイオンモバイルの場合、90日以内にMNP転出を利用すると10,000ご声援も転出手数料が発生してしまいます。一般的に通信キャリアのMNP転出手数料が3000円程度のところが多いので、約5倍も手数料がかかってしまいます。
MNPを利用せずに解約する場合は手数料も発生しませんが、電話番号も引き継ぐことができません。手数料を少しでも抑えたい人や、電話番号が変わっても構わないと言う人は、MNPを利用せずに解約しても良いかもしれません。

イオンモバイルでMNPを利用する方法

MNPについて詳しく理解できたかと思います。以下ではイオンモバイルでMNPを利用する手順について紹介したいと思います。

イオンモバイルにMNP転入する手順

イオンモバイルにMNP転出する方法は「店頭お渡し(契約即日)」「店頭お渡し(契約後日)」「インターネット契約」の3種類があります。
店頭でMNP転入する場合は、お近くの店舗に来店して申込書を必要事項を記入し、契約手続きを行いましょう。契約手続きには本人確認書類とクレジットカード、MNP予約番号が必要になります。商品が店舗にある場合はその場で契約が完了し、ない場合は後日の配送となります。商品は発送されるまで5日から10日ほどのお時間がかかりますので注意しましょう。
インターネットでイオンモバイルを契約する場合は、公式ホームページから商品を選択後、本人確認と料金プランの選択を行い、後日商品が発送されてから契約が完了します。契約手続きには本人確認書類とクレジットカード、MNP予約番号が必要になります。また商品の発送から到着まで、契約完了後約3日から7日ほどかかります。

イオンモバイルにMNP転出する手順

イオンモバイルから他の通信キャリアMNP転出する場合は、イオンモバイルのマイページからMNP転出の項目をタップして、MNP予約番号を申し込む必要があります。MNP予約番号は申請から約4~5日程度で予約番号がマイページに届きます。
乗り換え先の通信キャリアでMNP予約番号を入力してSIMカードを発送してもらい、届いたSIMカードをスマートフォン端に挿入して起動させればMNP転出は完了します。

イオンモバイルにMNP転入するメリット・デメリットを紹介

イオンモバイルのMNPについて詳しく理解できたと思います。そこで下記では、イオンモバイルのメリットやデメリットについて紹介したいと思います。
簡単に特徴を説明すると、イオンモバイルは全国200店舗以上のイオンで契約できる点が強みです。一方で通信サービスの内容を他の格安SIMと比較すると、必ずしも1番お得の格安SIMとは言えません。

イオンモバイルにMNP転入メリット:実店舗で格安SIMを契約できる

一般的に格安SIMではインターネットから新規契約し、インターネット経由で解約手続きを行うのが普通です。ウェブからの手続きは便利である反面、慣れていない人にとっては手続きがうまく完了しているか心配になりますよね。
イオンモバイルは全国200店舗以上のイオンで、対面でのイオンモバイル販売を実施しています。新規契約から機種変更、解約手続きまで実店舗で、店員さんからの対面でのサービスを得られるので、安心感がありますよね。
また実店舗で契約すれば、即日でスマートフォンを購入できたり、イオンモバイルで通信開始できたりします。安心感とサポートの手厚さはイオンモバイルの大きなメリットです。

イオンモバイルにMNP転入デメリット:サービス内容が悪くなる

一方でイオンモバイルの通信サービスは際立った特徴がありません。強いて読書を挙げるなら、家族全員で月額データ通信容量を共有できる、シェア音声プランをサポートしている点が嬉しいところです。
しかし他の格安SIMではカウントフリーに対応していたり、国内通話し放題オプションに対応していたりと、通信サービスに優れた格安SIMもあります。
また格安SIMなので当然ですが、お昼時間帯などの混雑するときには、データ通信速度が低下します。混雑時間内の速度制限をしたいのであれば、大手キャリアと契約した方がお勧めです。
イオンモバイルは安くて入手しやすいお得な格安SIMですが、サービス内容を他の通信キャリアと比較すると、必ずしも優れているとは言い切れないようです。

イオンモバイルからMNP転出するメリット・デメリットを紹介

「実際にイオンモバイルを利用してみたけど、思っていたサービスと異なった」といった理由で、イオンモバイルからMNP転出を考えている人もいるでしょう。もしすぐに用モバイルから解約する前に、イオンモバイルからMNP転出するメリットとデメリットについても考えてみませんか。

イオンモバイルからMNP転出メリット:他の格安SIMを利用できる

イオンモバイルからMNP転出するメリットは、なんといっても他の格安SIMのサービスを利用できることです。イオンモバイルの他にも優れた格安SIMは多くあります。
イオンモバイルもお勧めの格安SIMですが、人によってはもっと適したサービスがあるでしょう。例えば他の新、特定のアプリで利用したデータ通信量をカウントしない「カウントフリーオプション」に対応したサービスもあります。また音声通話し放題オプションを用意している格安SIMもあります。
自分の重視したいポイントが明確であれば、目的に合った他の格安SIMに乗り換えすることをお勧めします。

イオンモバイルからMNP転出デメリット:短期解約は手数料が高い

イオンモバイルからすぐにMNP転出する場合、高額な転出手数料を取られます。2018年7月以降に契約して90日以内に再びMNP転出する場合、税抜き15,000円の転出手数料が発生します。一方で91日以降にMNP転出する場合は税抜き3000円の手数料がかかります。
どれだけ下調べしても、こんなはずじゃなかったと思うこともあるでしょう。しかしすぐにイオンモバイルからMNP転出しようと思っている人でも、91日以降にMNP転出手続きをしたほうがお得にMNP転出できます。

まとめ:MNPを利用したイオンモバイル契約はおすすめです

いかがでしたか。
イオンモバイルは月店舗数が多く、大手キャリアショップのように手厚いサポートを受けられやすいです。対面サービスも充実しており、インターネット経由での契約が不安な人にオススメの格安SIMです。
本記事を参考に、イオンモバイルMNP転入を考えてみませんか。またイオンモバイルからMNP転出を考えている人も、少し考え直してみませんか。イオンモバイルは通信プランが豊富で、家族で利用しやすいといったメリットがあります。
MNPをうまく活用し、お得にイオンモバイルを利用しましょう。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。