HUAWEI Mate 10 Proの評判は?レビューを分析!

この記事では高級スマホのモデルであるHUAWEI Mate 10 Proのレビューについて取り上げます。 HUAWEI Mate 10 Proは現在特に人気が沸騰しているスマホの1つと言えるでしょう。HUAWEI Mate 10 Proにはどのような特徴があるのか、これから見ていきましょう。

おすすめのsim・光回線サービス

【レビュー分析】HUAWEI Mate 10 Proとは?

HUAWEI Mate 10 Proは中国深圳市に本社を置くHUAWEI社(ファーウェイ・テクノロジーズ)が2017年12月に日本発売したスマートフォンです。HUAWEIの最高機種の一つとして発売されたMate 10 Proは当初は10万円近くする高価機種でした。
しかし最近は格安SIM会社のセールでは半額を切るケースも出てきて、入手しやすくなってきています。

【レビュー】HUAWEI Mate 10 Proは大手通信会社で使えるのか?

HUAWEI Mate 10 Proのレビューを取り上げるに当たって、この機種が大手通信会社3社のバンドに対応しているのかどうか気になる人もいるでしょう。最近は格安SIMを利用する人も増えてきましたが、大手通信会社も根強い人気があります。
HUAWEI Mate 10 Proは大手通信会社3社のバンドで、以下のような対応になっています。

HUAWEI Mate 10 Proが使える通信会社①ドコモ

HUAWEI Mate 10 Proの大手通信会社の対応について、まずはドコモです。ドコモが使用しているバンドの大半はHUAWEI Mate 10 Proに対応しています。特に通常の3G通話にて、Band 6とBand 19(FOMAプラスエリア)に対応している事は特筆に値するでしょう。
この2つのバンドは山間部も含む大半のエリアで利用可能であるからです。LTE通信についても、Band 19(FOMAプラスエリア)で使用可能となっています。HUAWEI Mate 10 ProをドコモのSIMカードで利用する場合、ドコモ社のスマホと大きく変わらない範囲での使用が可能になります。

HUAWEI Mate 10 Proが使える通信会社②ソフトバンク

ドコモの次はソフトバンクですが、HUAWEI Mate 10 Proはソフトバンクやワイモバイルのエリアでも使い勝手が良くなっています。3Gに関してはほぼ全てのバンドで使用可能。LTEに関しては、大半のエリアをカバーしているBand 8やBand 28で使用可能となっています。
結果、HUAWEI Mate 10 ProはソフトバンクやワイモバイルのSIMカードを使用した場合もほぼ問題なく使用できます。

HUAWEI Mate 10 Proはauでは基本は非対応

HUAWEI Mate 10 Proはドコモやソフトバンクには、ほぼ問題なく対応していました。その一方で残念なのはauです。auにおいては、VoLTE以外の通常通話ではCDMA2000と呼ばれる種類の通信が使われています。このCDMA2000はHUAWEI Mate 10 Proに対応していません。
つまりVoLTE以外のauの通常SIMカードを使用する場合、通常通話ができません。またこの場合でもLTE通信はCDMA2000ではなくBand 26というバンドを利用するので対応可。またVoLTEについても、HUAWEI Mate 10 Proについては発売当初の段階では非対応となっています。

HUAWEI Mate 10 Proのレビューを紹介【メリット】

HUAWEI Mate 10 Proについて、次はいよいよその機能についてのレビューを紹介します。まずはそのメリットについて見てみましょう。HUAWEI Mate 10 Proは男女や年齢層を問わず人気の機種となっています。その理由としてはこのような特徴がありました。

レビュー①流行りの型のディスプレイ

HUAWEI Mate 10 Proの特徴としてまず挙げられるのは、そのディスプレイの大きさではないでしょうか。HUAWEI Mate 10 Proのディスプレイは特に横幅が狭い縦長タイプなので、余計に大きく感じるかもしれません。この縦長タイプのディスプレイは近年のトレンドと言えるものです。
ただしHUAWEI Mate 10 Proはディスプレイと共に本体のサイズも若干大きくなっています。例えばHUAWEI Mate 10 ProとiPhone Xのサイズと重量を表で比較してみました。双方ともディスプレイのサイズはほぼ同じです。

HUAWEI Mate 10 Pro154.2×74.5×7.9mm178g
iPhone X143.6×70.9×7.7mm174g

HUAWEI Mate 10 Proは特にディスプレイの上下の枠がiPhone Xよりも広くなっています。手の小さな人であれば、このサイズは大きめに感じてしまうケースもあるかもしれません。

レビュー②美しいボディ

HUAWEI Mate 10 Proはそのスタイリッシュなフォルムのボディもその特徴の一つに挙げられるでしょう。裏面にガラスパネルを採用しているには、現在のトレンドを意識しているとレビューできます。現在のハイクラスのスマホの主流を意識したそのデザイン。
ミラー状の加工のため、周りの風景を映し出す様子も高級感を醸し出しています。ボディの縁が丸みを帯びているのも手に馴染みやすくて良いでしょう。HUAWEI Mate 10 Proのスペックの一つであるデュアルレンズは、デザインとしても良い味を出しています。
背面のデュアルレンズとその周辺に施されたストライプ状の加工。これもゴージャスな印象を与えます。難があるとすればボディが滑りやすい事。せっかくの高級ボディが傷つかないようにケース使用は検討するべきかもしれません。

レビュー③カメラの映りが最高!

HUAWEI Mate 10 Pro最大のセールスポイントと言えるかもしれないカメラについてレビューをしましょう。HUAWEI Mate 10 Proのカメラはデュアルカメラ、つまりレンズを2つ搭載しています。カメラは世界的に有名なブランドであるライカ製。
レンズはモノクロセンサーとカラーセンサー搭載のものに分かれ、解像度はそれぞれ約2,000万画素と約1,200万画素。明るさは双方ともF1.6となっています。表面にあるセルフィーレンズは約800万画素で、明るさはF2.0です。またMate 10 ProのカメラはAIを活用する事で被写体を判別。
最適なコントラストや色を自動で調整します。このため、人気のiPhone Xのカメラと比べてもそれほど遜色がないくっきりした写真が撮影できます。

レビュー④ぼかした写真が撮れる

HUAWEI Mate 10 Proはデュアルカメラの性能により、くっきりとした写真を撮影する事ができます。またデュアルカメラではその反対に、故意にぼかした写真を撮影する事も可能。例えば被写体をくっきりさせて背景をぼかした写真を撮るためにはHUAWEI Mate 10 Proは持ってこいと言えるでしょう。


背景を故意にぼかした写真は被写体にスポットが当たる事によって特殊な効果を持たせる事ができます。この機能に関しては、iPhone XよりもHUAWEI Mate 10 Proの方が優れているかもしれません。双方で背景をぼかした写真を撮影した結果、iPhoneで撮影したものは、被写体の一部がぼけてしまいました。


その反面、HUAWEI Mate 10 Proで撮影した写真はそのようなトラブルもなし。カメラはスマホのモデルによって特性が違いましすが、このようなポイントもスマホ選びの決め手になるかもしれません。

レビュー⑤性能がハイスペック

このようにHUAWEI Mate 10 Proの最大のメリットはカメラとレビューできそうですが、Mate 10 Proには他にもハイスペックなポイントがあります。例えばバッテリー。バッテリーは4000mAhという大容量で、大抵のヘビー・ユーザーでも満足がいくレベルだと言えるでしょう。
別売りのACアダプターとケーブルを購入すれば、『HUAWEIスーパーチャージ』による高速充電も利用可能。CPUはHUAWEIオリジナルのKirin970というユニットで、こちらも良いレビューを獲得しています。

レビュー⑥DSDS対応可能

HUAWEI Mate 10 Proの特徴として、DSDSにも対応可能である事もレビューしましょう。DSDSとは、SIMカードを2枚使用する事により電話回線を同じスマホで2回線利用する方式です。仕事とプライベートで電話番号を区別したい人など、需要がある電話回線の使用スタイルです。
DSDSを利用するには、SIMカードスロットがデュアルスロット(2枚装着可)となっているモデルでなければなりません。HUAWEI Mate 10 ProはデュアルスロットによりDSDSにも対応しています。

HUAWEI Mate 10 Proのレビューを紹介【デメリット】

Samsung社のHUAWEI Mate 10 Proを選ぶメリットについてレビューしました。このようにHUAWEI Mate 10 Proはハイスペックなスマホですが、デメリットも幾つか存在します。HUAWEI Mate 10 Proの購入を検討している人のために、そのデメリットも隠さずにレビューしましょう。

レビュー①ディスプレイはiPhone Xの方が良い

HUAWEI Mate 10 Proは最高クラスのスマホですが、例えば同じ最高クラスのモデルiPhone Xと比較した場合、ディスプレイのクオリティは落ちます。例えば発色の具合を示すコントラスト比を比べると、以下のようになります。

HUAWEI Mate 10 Pro70000対1
iPhone X100万対1

このように、例えばディスプレイの発色の良さではiPhone Xに軍配が挙がります。

レビュー②micro SDカード非対応

HUAWEI Mate 10 ProはSDカードが利用できません。内臓ストレージが128GBの大容量になっていますが、今までSDカード派だった人は留意する必要があります。

レビュー③指紋認証センサーが裏面にある

HUAWEI Mate 10 Proは指紋認証が裏面にあります。しかも前述の通り、HUAWEI Mate 10 Proのボディは滑りやすいので、破損防止としてケースを使用する場合もあるでしょう。その場合、指紋認証は使えなくなってしまうかもしれません。

レビュー④価格が高すぎる

HUAWEI Mate 10 Proは最高クラスのスマホ。そのため、価格の高さは当然ネックになります。しかし最近は格安SIM会社にて半額以下で購入できる場合など、価格もお手頃になってきました。

レビュー⑤3.5mmのイヤホンジャックがない

HUAWEI Mate 10 Proには従来の3.5mmのイヤホンジャックがありません。最近イヤホンはもうワイヤレスの時代。そちらに慣れてしまえば良いのですが、今までイヤホンジャックを使っていた人には最初は違和感があるかもしれません。

レビュー⑥おサイフケータイ及びワンセグ非対応

HUAWEI Mate 10 Proにはワンセグやおサイフケータイの機能はありませんので、これらの機能がどうしても欲しい場合は、HUAWEI Mate 10 Proは不向きとなってしまうでしょう。

【総合レビュー】HUAWEI Mate 10 Proは少々高価だがハイスペック!


この記事では、人気のHUAWEI Mate 10 Proのレビューを紹介してきました。HUAWEI Mate 10 Proは幾つかのデメリットはありますが、総評ではハイスペックなおすすめスマホだとレビューできるでしょう。また最近は次第に価格もお手頃になってきています。


この機会に思い切って高級スマホであるHUAWEI Mate 10 Proの購入を考えてみても良いかもしれません。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。