【遅いものはどれ?おすすめ】最安値で安定した通信速度(スピード)を持つ格安sim比較ランキング | 格安sim・運転免許合宿比較なび

【遅いものはどれ?おすすめ】最安値で安定した通信速度(スピード)を持つ格安sim比較ランキング

格安simに乗り換えたら通信速度(スピード)が遅くなった。と、感じている人も多いのではないでしょうか。ですが、中には大手キャリアと変わらない安定した通信速度(スピード)を持つ格安sim会社も増えてきました。ではどこの格安simが最安値でおすすめなのか。比較ランキングとして遅い格安sim以外を紹介します。興味のある方は、ぜひご覧ください。

【比較ランキング】遅い格安sim以外の最安値で安定した通信速度(スピード)を持つおすすめのsimとは?

遅い格安sim以外の最安値で安定した通信速度(スピード)を持つおすすめのsimにはどのようなものがあるのか。そもそも、格安simが登場した当時は、通信速度(スピード)に問題を抱えていました。ですが、昨今ではこの通信速度(スピード)もかなり改善され、大手キャリアと比べてもそれほど大差はありません。そうなるには何か理由が存在するからです。その理由を含め、格安simの通信速度についてここから詳しく紹介していきます。

【比較ランキング】遅い格安sim以外の最安値で安定した通信速度(スピード)を持つsimのおすすめメリット

ではまずは、遅い格安sim以外の最安値で安定した通信速度(スピード)を持つsimのおすすめメリットについて紹介します。

料金が安い

一つ目のメリットは、料金が安いということです。格安simは、大手キャリアよりも料金を安く提供するということが最大のメリット。このメリットを外すと格安simである意味がありません。格安simの料金は、基本データ通信量によって決められています。データ通信量が多ければ多いほど価格が上がり、データ通信量が低ければ低いほど価格が低いというわけ。中には、データ通信量を気にせずに利用できるプランや、使った分だけを支払うといった形のプランも存在します。

料金プランがシンプル

二つ目のメリットは、料金プランがシンプルに作られているということです。格安simのプランは、様々な種類がありますが、大手キャリアのように複雑ではありません。何故なら、格安simは店頭ではなく、ネットでも契約することができるため、誰が見ても分かりやすいようにしているのです。また、複雑なプランがないということは利用者側にとっても分かりやすくて契約しやすいといったメリットにも繋がります。

契約最低年数が決まっていない


大手キャリアでは最低でも2年の契約を求められます。もしこの期間に解約を行うと高い解約金を支払わなければなりません。ですが格安simの場合、最低利用期間は、一部の場合を除いては0ヶ月~1年と設定されている場合がほとんどです。しかも格安simはいつ解約しても解約金が発生しません。そのため、契約もしやすく解約もしやすいため、選ぶユーザーが増え続けているのです。

【比較ランキング】最安値で安定したおすすめであっても通信速度(スピード)が遅い格安simには理由がある

冒頭でも述べたように、格安simに変えたら通信速度(スピード)が落ちた感じる人もいます。ですが、なぜ格安simにすると通信速度(スピード)が落ちてしまうのか。ここで、その理由について説明します。

大手キャリアの回線を借りている

通信速度(スピード)が落ちてしまう一つ目の理由は、大手キャリアの回線を借りているからです。実は、格安simは、docomo・au・ソフトバンクの回線を間借りして通信を行います。間借りすることで通信の維持費や管理費を抑えることができ、格安でスマホを提供してくれているのですが、逆に間借りをすることで通信速度(スピード)を落としてしまっているというわけです。間借りをした場合、優先されるのは大手キャリアの通信。ですが、この通信速度もどんどん改善されており、通信が込み合う時間帯でなければストレスなく利用することも可能です。

定期的な回線メンテナンスが行われている

通信速度(スピード)が落ちてしまう二つ目の理由は、定期的に回線のメンテナンスが行われているからです。利用者が増えれば増えるほど、メンテナンスはとても大切になってきます。最近ではスマホ料金を安くするために格安simへ乗り換える人が増えてきていることから、大手キャリアよりも多くのメンテナンスを行っている可能性があります。メンテナンスを行っている場合、一部の回線が利用できなくなってしまうため、混雑して通信速度(スピード)が落ちてしまうのです。

スマホとの相性が悪い

通信速度(スピード)が落ちてしまう理由三つ目は、スマホとの相性が悪いということが考えられます。これは、古いスマホやスマホ自体に問題があり、通信速度(スピード)に影響を及ぼしていると考えられます。また、通信速度が落ちる以外にも、通信自体ができなくなる恐れもありますので、スマホとの相性が良いかどうかの確認も必要となります。

【比較ランキング】最安値で安定した通信速度(スピード)が遅い格安simのおすすめ対処法

通信速度(スピード)が遅い場合は、どのように対処すれば良いのか。参考までにここで紹介します。

利用する場所を変えてみる

通信速度(スピード)が遅い場合は、利用する場所を変えてみましょう。利用場所を変えてみると意外と通信速度(スピード)が戻ることがあります。その場で通信速度(スピード)が遅いということは、電波が届きにくかったり、通信自体ができない場所だったりします。利用する場所を変えてみても改善されない場合は、少し時間を置いてみましょう。もしかすると回線が込み合う時間帯なのかもしれません。

電源を一度切ってみる

通信速度(スピード)が遅い場合は、電源を一度切ってみるというのも一つの手です。再起動すれば、内部の各プログラムを適切な位置に戻すことができるため、通信速度(スピード)が改善する可能性があります。また、機内モードのオン・オフでも問題を解決できる可能性があります。

キャッシュデータを削除する

キャッシュデータを溜め込ンダママにしておくと、スマホ内での情報処理能力が低下するケースがあります。これは回線に問題があるのではなく、スマホ側の問題で通信速度(スピード)が落ちてしまう可能性があります。ですので、定期的にキャッシュデータを削除することをおすすめします。

契約を見直す

そもそも契約したプランの容量を超えて利用している場合は、通信速度(スピード)が落ちます。改善するためにはプランの変更を行うしかありません。また、より速い通信速度(スピード)を持つ格安sim会社と契約をすることで、通信速度(スピード)を改善することもできます。

【遅い格安simは必要ない!】最安値で安定した通信速度(スピード)を持つおすすめの sim比較ランキング

それでは最後に、最安値で安定した通信速度(スピード)を持つおすすめの格安sim会社を紹介します。

UQ mobile

UQ mobileは、業界トップクラスの安定した通信速度と使いやすい機能などによって人気を得ている格安sim会社です。最低利用期間がないため解約手数料もかからず、気軽に契約できるとあって着実にユーザーを集めています。余ったデータ容量を1カ月繰り越せたり、節約モードの通信方法でデータ容量の消費を最小限に抑えられたりするなど、サービスも抜群となっています。

Y!mobile

Y!mobileは、数ある格安sim会社の中でも大手と言われているほど人気の高い格安sim会社です。大手キャリア並みの通信速度(スピード)を誇り、10分以内であれば何度でも電話かけ放題のサービスも人気。親も子も家族みんなで利用してほしい格安sim会社です。

b-mobile

b-mobileは、業界最安の990円で音声通話simが利用できる格安sim会社です。タブレットやサブスマホに合ったプランもあり、プリペイドsimが購入できることも大きな特長。選択肢が多くあることで人気を集めています。

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天会員だと月額料金が割安になるサービスを実施している格安sim会社です。データ容量を使い切った後でも制限速度(スピード)が他の格安sim会社よりも速く、データ繰り越しも可能。専用アプリの「楽天でんわ」を利用すれば10分以内で何度でもかけ放題だったり、メールアドレスも無料で利用できたりと、大手キャリアとは変わらない機能性です。

LINEモバイル

LINEモバイルは、主要SNSのデータ通信量がカウントされることなく、データ通信量を人とシェアできるなど、SNSを普段から利用することが多い人におすすめの格安sim会社です。docomo・au・ソフトバンクの3回線が利用できるため好きな回線を選ぶこともできます。また、通話アプリ「いつでも電話」を利用すれば通話料が半額になるサービスも。至れり尽くせりの格安sim会社と言えます。

【まとめ】【おすすめランキング】遅い格安simよりも最安値で安定した通信速度(スピード)で比較して購入しよう

格安simの通信速度(スピード)について紹介しました。通信速度(スピード)は、遅い格安simより速い格安simの方が圧倒的におすすめです。格安simは最安値で購入でき安定した通信速度(スピード)を誇るものも多くあります。ランキングで紹介したように色々と比較をしながら、格安simを購入してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。