ipadタブレットは格安simフリーでもおすすめ!利用前にチェックするポイントも紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

ipadタブレットは格安simフリーでもおすすめ!利用前にチェックするポイントも紹介

ipadタブレット利用しているという人も多いと思います。ですが、ipadタブレットは大手キャリアでしか利用できないと思っていませんか?実は、ipadタブレットは、格安simフリーでも利用が可能。そこでこの記事では、ipadの格安simフリーについて紹介します。利用前にチェックするべきポイントも載せてますので、ぜひご覧ください。

ipadタブレットで格安simフリーを使うおすすめのメリット

ipadタブレットで格安simフリーを使うメリットにはどのようなものがあるのか。疑問に思う人も少なくないと思いますので、まずは、ipadタブレットで格安simフリーを利用するおすすめのメリットを紹介します。

外出先でも利用可能

一つ目のメリットは、外出先でも利用することができるということです。ipadタブレットで格安simフリーを利用して、ipadタブレットとしての機能はほとんど失われません。また、ipadタブレットは通話ができない分、一般的なスマホと比べるとバッテリー量も無駄にすることがないのです。そのため外出先に持ち込んでもバーてリーは十分。お仕事用として利用するのもおすすめです。

大手キャリアに比べて安い

二つ目のメリットは、大手キャリアに比べると安いということです。これはipadタブレットに限らず、格安simフリーであれば、スマホも安くなります。そもそも格安simフリーは、「格安」がモットー。格安simフリーの料金設定は、単純にデータ通信量を基本にしています。データ通信量が多ければ多いほど料金が高くなり、データ通信量が低ければ低いほど料金が安くなる。その他にも、キャンペーン割引やキャッシュバック、オプションなどにより、さらに安くできます。

Wi-Fiルーターから切り替えれば節約になる

三つ目のメリットは、Wi-Fiルーターから切り替えれば節約になるということです。ipadタブレットのためにWi-Fiルーターを契約している人も多いでしょう。そんな人は、格安simフリーに切り替えると月々の料金を大幅に節約できます。また、simカードをipadタブレットに挿してしまえば、Wi-Fiルーターを持ち運ぶ必要さえなくなります。

格安simフリーのipadタブレット利用前に知っておくべきおすすめ事項

格安simフリーのipadタブレットを利用する前には知っておくべき事項があります。その事項についてここで紹介します。

自分のipadはどのタイプか

まずは、自分のipadタブレットはどのタイプのものであるかということです。iPadタブレットには、Wi-FiモデルとWi-Fi + セルラーモデルの2種類があります。Wi-Fiモデルですと、simカードを差し込むところがないため格安simの利用はできません。そのため、ipadタブレットで格安simを利用する場合は、Wi-Fi + セルラーモデルを使うことになります。格安simフリーによって、どれに対応しているかが異なりますので、契約前にきちんと確認しましょう。

ipadで利用するのはデータ専用SIM

ipadタブレットで利用することができるのは、データ専用simのみです。そのため通話を目的として使い方はできません。ですが、LINEやスカイプなどの通話は可能です。また、通話したい相手がiPhoneやipadタブレットなどiOSを使ったデバイスの場合であれば、FaceTimeを使って通話することもできます。

ipadタブレットを格安simフリーに変更する際のおすすめの選び方

ipadタブレットを格安simフリーに変更する際には、どのようにして選べばよいのでしょう。ここで、そんな疑問を抱いている人のために、ipadタブレットを格安simフリーに変更する際のおすすめの選び方を紹介します。

利用回線を確認する

まずは、利用回線を確認するということです。ipadタブレットを格安simフリーで利用する場合、使うことができる回線は、docomo・au・ソフトバンクの3つです。キャリアから乗り換えの場合は、キャリアと同じ系列の回線を選ばなければなりません。もし、他の回線の格安simを使いたい場合は、simロック解除をする必要があります。尚、このsimロック解除は手数料がかかったり、古い端末では解除できないこともあるため、基本的には同じ回線を選ぶ方がよいでしょう。

利用目的に合わせてプランを選ぶ

次は、利用目的に合わせてプランを選ぶということです。各格安simフリー会社には様々なプランが用意されています。ipadタブレットの場合利用できるのがデータ通信のみのため選ぶプランもデータ通信専用プランとなりますが、このデータ通信専用プランでさえも、各格安sim会社によって特徴も異なるのです。動画やゲームを思う存分楽しみたいという人であれば大容量プランがおすすめですし、データ通信を使い過ぎてしまった時にだけデータ容量を追加購入できるプランなど、自分に合ったプランを選ぶようにしましょう。

通信速度を確認する

次は、速度制限を確認することです。格安simの場合、大手キャリアの回線を間借りして利用するため、どうしても速度制限が起こりがちです。昨今ではこの速度制限が改善傾向にあり、大手キャリアと全く変わらない速度で利用できる格安simフリー会社も増えてきていますが、快適に動画を見たり、ゲームを行いたいのであれば、やはりこの速度制限は無視できません。そのため速度制限に優れている格安sim会社を選ぶ方が得策と言えます。

持っているipadの動作確認

次は、自分が持っているipadタブレットの動作確認を行うことです。公式に動作確認がとれていない端末でも実際に利用するときちんと利用できる場合もあります。ですが、やはり動作確認が取れている格安simフリーの方が気持ちとしては安心。特に、iPadタブレットの場合は、格安simフリーによって動作確認が取れている機種の数が異なるため、しっかりと確認する必要があります。

ipadタブレットを格安simフリーで契約する際のおすすめチェックポイント

ではここで、ipadタブレットを格安simフリーで契約する際のおすすめチェックポイントを紹介します。

最低利用期間

チェックポイント一つ目は、最低利用期間です。格安simフリーでは、最低利用期間が格安simフリー会社により異なります。格安simフリーの場合、ほとんどが0ヶ月~1年で設定されていますが、中にはキャンペーンなどで2年や3年に設定されているものも存在。基本格安simはいつでも解約できるようにはなっていますが、中には途中解約で違約金を求められる場合もありますので、契約の際に確認しましょう。

開通までの時間

格安simを契約すると、格安simフリーが手元までに届くまで待たなければなりません。その間、ipadタブレットを格安simフリーとして利用することができないため、その分開通する時間もんがくなってしまいます。そんなに長く待てないという方は、店頭で契約することをおすすめします。

複数端末でシェアできるか

格安simフリーには、複数の端末でシェアできるプランがあります。これは、家族みんなが同じ格安simフリー会社で契約をし、余ったデータ通信量を分け合うことができるサービス。このようにシェアすることで、無駄なデータ通信量を失くし、節約しようというわけです。そのため、この複数端末がシェアできるかできないかは、月々の料金にも反映されるため、できればシェアできるプランを選んだ方が良いということになります。

サポート体制

格安simフリーは、実店舗が少ないためサポートが充実しているところが大手キャリアに比べると少ない傾向にあります。もし困ったときは、電話やメールで連絡する方法しかないというところも多いため、不安であればサポート体制の整った実店舗で契約する方が良いでしょう。

ipadタブレットにおすすめの格安simフリー会社

それでは最後に、ipadタブレットにおすすめの格安simフリー会社を紹介します。

UQ mobile

UQ mobileは、iPadの動作確認がきっちりされており、速度も速く、コスパも抜群の格安simフリー会社です。対応しているipadタブレット端末は、Proシリーズ、初代~第4世代、miniシリーズ、Airシリーズのセルラーモデルなど多数。初めてipadタブレットを格安simフリーで利用したい方におすすめです。

LinksMate

LinksMateは、カントリーオプションで通信量を気にせずに利用したい方におすすめの格安sim会社です。特にゲームをよくするという方には向いていて、対象アプリも続々追加中。まさに、ゲーム好きにはたまらない格安simフリー会社と言えるでしょう。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、Wi-Fiでipadタブレットが利用できる格安simフリー会社です。Wi-Fiが利用できることで、外出中でも動画やゲームなどがサクサク起動。6GB以上のプランでは無料で使えるサービスもあります。

【まとめ】おすすめの格安simフリーでipadタブレットの機能をより快適に

ipadタブレットの格安simフリーについて紹介しました。格安simフリーではipadタブレットも問題なく利用できます。ipadタブレットを利用するのであれば、ぜひ格安simフリーに乗り換えて月々の料金を安くし、快適に利用してみてはいかがでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。