格安simフリーカードはどこがおすすめ?人気のsim会社を徹底比較

格安simフリーカードスマホを利用しているという方も増えてきました。格安simフリーカードスマホの最大の魅力は、大手キャリアより格段にスマホ料金を抑えることができるということ。ですが、どの格安simフリーカード会社を選んでよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、人気のある格安simフリーカード会社について徹底比較します。ぜひ、格安simスマホを選ぶ際の参考にしてみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

【人気を比較】格安simフリーカードのおすすめはどれ?

格安simフリーカード会社は、年々増えてきています。格安simフリーカード会社は、大手キャリアの回線を間借りして利用するもののため、価格が安め。キャンペーンやセット購入などを利用すれば、さらに安く利用することも可能です。そんな格安simフリーカード会社は、あまりの数にどれを選べばよいか分からないという人も。そんな人に方に向けて、選び方を次で紹介します。

【人気を比較】格安simフリーカードのおすすめの選び方

格安simフリーカードのおすすめの選び方は、以下の2パターンがあります。自分が普段利用していることが多い方を選ぶことによって、格安simフリーカードを大満足で使うことができますので、ぜひ、参考にしてみてください。

通話SIMで選ぶ

格安simフリーカードの選び方一つ目は、通話simで選ぶという方法です。大手キャリアから格安simフリーカードへ乗り換える際、電話番号をそのまま引き継ぎたいと思う人も少なくありません。通話simでは、大手キャリアからの電話番号をそのまま引き継ぐことができます。また、通話simは、普段から通話をよくするという人に向けられた格安simフリーカード。1回3分・5分・10分・時間無制限と言ったように様々なプランが設けられており、回数無制限で利用することができます。また、各格安simフリーカード会社のアプリをダウンロードして利用することで、通話料金を半額にできるプランがあるなど、通話量が多い人には最適です。

通信SIMで選ぶ

格安simフリーカードの選び方二つ目は、通信simで選ぶという方法です。通信simは、データ通信を良く利用するという方に向けたおすすめの格安simフリーカード。普段からスマホで動画や音楽を楽しんでいるという方も多いでしょう。ですが、動画や音楽などを利用しているとあっという間に通信量を超えてしまっているといった経験はありませんか?通信simでは、毎月大量にデータ通信を行う方でも安心できるよう、大容量のデータ通信を誇るプランを用意しています。そのため、長時間動画を見たり、音楽を聴いたりすることができる上、余ったデータ通信量は翌月に持ち越せたり、家族や友達とシェアすることができたりと、無駄がありません。

【人気を比較】格安simフリーカードをおすすめするメリット

格安simフリーカードの選び方について上記で紹介しましたが、では、格安simフリーカードにするメリットにはどのようなものがあるのか。ここで、格安simフリーカードをおすすめするメリットについて紹介します。

月々の料金が安い

まず一つ目のメリットは、月々の料金が安いということです。格安simフリーカードは主にデータ通信量によって価格が設定されています。データ通信量が多ければ多いほど価格が上がり、データ通信量が少なければ少ないほど価格は下がるという仕組みです。大手キャリアでは通信サービスを運営するために維持費や設営費などがかかります。ですが、格安simフリーカードの場合は、上記でも説明したように大手キャリアの通信を間借りしている状態。そのため、通信料を格段に安く設定することができるのです。その他にも実店舗を持たない格安simフリーカード会社もあるため人件費の削減によって割安で提供してくれますし、格安simフリーカード会社が増えたことにより価格競争が起こり、これが料金にも反映しているというわけ。大手キャリアでは月々7,000円~8,000円ほどの料金がかかると言われていますが、格安simフリーカードであれば月々2,000~2,500円。乗り換える人が増えているのも納得できます。

料金プランがシンプル

二つ目のメリットは、料金プランがシンプルであるということです。大手キャリアで契約をした場合、店頭でプランの説明を受けますが複雑すぎてよく分からないという人も少なくありません。ですが、格安simフリーカードは、誰でも分かりやすいようシンプルな設定となっています。格安simフリーカードを契約した場合、選ぶプランは「音声通話simかデータ専用simがいいか」「れくらいのGB数が欲しいか」とたったこれだけ。格安simフリーカードはオンラインを通じて自分で契約をすることができるため、誰が見ても分かりやすいようになっているのです。

契約の2年縛りがない

三つ目のメリットは、契約の2年縛りがないことです。大手キャリアでは必ずと言っていいほどどのキャリアも2年縛りが当然です。ですが2年って意外と長く感じる人も多いのではないでしょうか。逆に格安simフリーカードであれば、2年縛りではなく、0ヶ月~1年で設定るところがほとんどです。そのため、基本的にいつ解約しても問題なしなのです。このような仕組みをとっているため、契約も解約も気軽に行える。これも格安simフリーカードならではと言えます。

【人気を比較】おすすめの格安simフリーカード会社

それでは最後に、おすすめの格安simフリーカード会社を紹介します。数ある中から厳選して紹介しますので、ぜひそれぞれの特徴を参考に選んでみましょう。

UQ mobile

最初に紹介するのは、UQ mobileです。UQ mobileは、au系の格安simで最も速度スコアが高い格安simフリーカード会社です。1回5分以内の通話がかけ放題の「おしゃべりプラン」や無料通話が付く「ぴったりプラン」などプランの数も豊富。音質も通常の電話と変わりありません。また、「UQ家族割」を付ければ、家族で2人目以降の月額料金が永年割引。家族みんなで利用すれば、月々の料金も格安になります。

Y!mobile

続いては、Y!mobileです。Y!mobileの最大の特徴は通信速度。上記のUQ mobileももちろん速い通信速度を誇りますが、Y!mobileは格安simフリーカード会社すべてに比べて、一番速度が速いです。この速度は大手キャリアと何ら変わりはありません。そのため、データ通信で動画を観ていても画像が止まることなくストレスを感じずに鑑賞できます。また、通信が込み合う、通勤時間や昼休み、22時以降であってもY!mobileであれば大丈夫。価格は他の格安simフリーカード会社よりは高めではありますが、通信速度は大事、と考えている人にはおすすめです。

BIGLOBEモバイル

続いては、BIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルは、他の格安simフリーカード会社では見ることがない、若者に人気のオプションが揃っているのが特徴です。中でも「エンタメフリーオプション」は大人気。通信量を気にすることなく動画や音楽を楽しめます。また、通信量を分け合うことができる「シェアsim」もあり、家族みんなでネットを楽しむことができます。さらにBIGLOBEモバイルは、月額料金割引や端末割引などキャンペーンが多いことでも知られており、格安simフリーカード初心者にとってもサポートが万全です。

mineo

続いては、mineoです。mineoは、docomo・au・ソフトバンクのどの回線でも利用できる格安simフリーカード会社です。2020年3月3日~月額料金+350円で、すべてのコンテンツをデータ容量の消費を気にせず使える「パケット放題」を開始します。このパケット放題に加入すると、データ容量を消費することなくすべてのコンテンツを利用できる「mineoスイッチ」ONの通信速度が通常最大200kbpsのところ最大500kbpsに増速。動画やWebページの閲覧などもサクサク見れるようになります。また、mineoスイッチをOFFに切り替えれば通常の速度に戻すこともできます。

LINEモバイル

続いては、LINEモバイルです。LINEモバイルは、LINE・LINE MUSIC・Twitter・Instagram・Facebookなどカウントフリーで使えるサービスが豊富な格安simフリーカード会社です。SNSに特化しているため、普段からSNSをよく利用するという方にはおすすめ。また、LINEのID検索が可能なのもLINEモバイルだけです。

IIJmio

続いては、IIJmioです。IIJmioは、家電量販店や大型スーパー、コンビニや郵便局と言った身近な場所で購入もできる格安simカードフリー会社です。格安simフリーカードを契約する場合、初期費用として2,000~3,000円ほどかかるのですが、IIJmioはこの初期費用が何と1円。その他にもサポートが充実していたり、キャンペーンを実施するなどして確実にユーザーを増やしていっています。

楽天モバイル


続いては、楽天モバイルです。楽天モバイルは、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つのプランしかありません。特に人気が高いのは、スーパーホーダイ。5分までの電話がし放題、かつ、1Mbpsの通信速度で使い放題です。また、月額料金を楽天カードでクレカ払いにすれば、楽天ポイントも貯まり一石二鳥です。

【まとめ】人気の格安simフリーカード会社を比較して格安simを手に入れよう

人気の格安simフリーカード会社について紹介しました。格安simフリーカード会社は数多く存在します。今回紹介した格安simフリーカード会社を参考に自分なりに比較して、ぜひ格安simを手に入れてみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。