格安simをデビットカード払いに!メリット・デメリットを詳しく紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

格安simをデビットカード払いに!メリット・デメリットを詳しく紹介

格安simは、登場以来クレジットカードでの支払いが当たり前でした。ですが最近では、利用するユーザーも増え、クレジットカードだけでなくデビットカード支払いを推奨している格安sim会社も増えつつあります。そこでこの記事では、格安simの支払いをデビットカードにするメリットやデメリット、選ぶ際の注意点について紹介します。クレジットカード払いをやめたいと思っている方は、ぜひ参考にして支払い方法を変えてみるのはいかがでしょう。

デビットカード決済の格安simはまだまだ少ない?

格安simを利用している多くの方が、現在でもクレジットカード払いを選択していると思います。ですがクレジットカード払いだと、請求日と支払日に1ヶ月ほど離れてしまっているため、どのくらい利用したのか分からなくなるという人も多いのではないでしょうか。そこで、おすすめしたいのがデビットカードというわけです。格安simの支払い方法としてまだまだ利用できるsim会社が少ないというのは現状ではありますが、これから先ユーザーを増やしていくために、デビットカード払いを推奨する格安sim会社も増えてくるかもしれません。

格安simをデビットカード払いにするメリット

では、格安simの支払いをデビットカードにすることでどのようなメリットを得ることができるか。そのメリットについてここで紹介します。

15歳以上であれば申し込める

一つ目のメリットは、15歳以上であれば申し込むことができるということです。格安simの支払いには、デビットカード払い以外にも、クレジットカードと口座振替がります。クレジットカードは18以上でないと申し込みができません。口座振替は格安sim会社によって異なりますが、申し込みをして書類が自宅に届き必要事項を記載してまた送り返すという手間と時間がかかります。また、未成年者であれば親と一緒に店舗を訪れ契約しなければならないという場合も。それに比べて、デビットカード支払いであれば、申し込めるのが15歳以上と年齢も比較的低く、携帯料金を利用者本人が支払うようにしておきたいという人にはおすすめなのです。

毎月の使用料がメールで届く

二つ目のメリットは、毎月の使用料がメールで届くということです。デビットカードを利用すると、口座から引き落とされたときに指定したメールアドレス宛てにメールが届きます。メールが届くことで、自分が毎月どのくらい使用しているかが把握できますし、使い過ぎも防ぐことができます。

格安simをデビットカード払いにするデメリット

格安simをデビットカード払いにするメリットを紹介しましたが、メリットがあるということは反対にデメリットも存在するということです。ということで、格安simをの支払いをデビットカード払いにするデメリットについて紹介します。

デビットカードのみ拒否している格安simがある

一つ目のデメリットは、デビットカードのみを拒否している格安sim会社があるということです。冒頭でも述べたように、格安simはデビットカードを推奨している会社はそれほどありません。ほとんどの会社がクレジットカードに限定している理由には、「毎月の料金を確実に回収するため」「身分や支払能力が証明されているため」といったことが考えられます。それを逆に考えると、デビットカードは口座引き落としのため、確実に回収できるか、支払い能力はあるのかの判断が付きにくいというわけです。そのような理由から、デビットカードの支払いを拒否している格安sim会社が多く存在するのです。

口座残高の範囲内でしか利用できない

二つ目のデメリットは、口座残高が範囲内でしか利用できないということです。銀行口座と紐付けされるデビットカードは、当然ながら残高より高い金額の支払いはできません。もし万が一、口座残高が足りなくなると料金未払い状態になります。また、数日間の間に口座残高へ入金しないとデビットカード自体が使用停止されてしまう恐れもあります。

デビットカード対応の格安simを選ぶ際の注意点

格安simの支払いにデビットカードを選択する際、どのような事に気を付ければよいのでしょう。疑問に思う方も多いと思いますので、ここでその注意点について紹介します。

審査が厳しい

デビットカード対応の格安simを選ぶ際の注意点一つ目は、審査が厳しいということです。デビットカードは15歳以上であれば誰でも申し込めると上記で述べました。それなら審査も楽なのではないかと一見思いがちではありますが、実はこれは「デビットカードを付く上での話」。実際に格安simへの支払いに利用しようかとすると、紐づけられている銀行口座の預金残高や名義人と申し込み者の名前が一致しているかなど、少々厳しめの審査が行われます。この審査に通らなければデビットカード支払いで格安simを契約することができないのです。

端末代金の分割が可能かどうか

デビットカード対応の格安simを選ぶ際の注意点二つ目は、端末代金の分割が可能かどうかです。例えば、格安simを口座振替にした場合、端末の支払いは分割ではなく一括払いになる格安sim会社があります。もしこれがデビットカード支払いに当てはまると分割払いはできません。分割払いが可能かどうかは、各格安sim会社次第。事前に分割できるかどうか確かめておく必要があります。

デビットカード払いができる格安sim

それでは最後に、デビットカード払いができるおすすめの格安sim会社を紹介します。

Y!mobile

まず一つ目は、Y!mobileです。Y!mobileは、数ある格安sim会社の中でも大手に該当する格安sim会社です。格安simの通信速度調査では常にトップの記録を誇る安定さが売りで、全国各地に店舗を構えているためサポートも万全。プランに関しても、10分間の通話かけ放題が含まれているので、通話もたっぷりしたい人にもおすすめです。対応可能なデビットカードには「SURUGA VISAデビットカード」「イオン銀行JCBデビットカード」「イオン銀行VISAデビットカード」といったものがあります。

mineo

二つ目に紹介するのは、mineoです。mineoは、docomo・au・ソフトバンクと大手3大キャリアの回線が利用できる格安sim会社です。今まで使っていたキャリアで、使っていた端末がそのまま使えるため乗り換えも楽。データ通信量の翌月の繰越ができたり、余ったパケットを家族や友達と分け合える「パケットシェア」や「パケットギフト」を用意。mineoで対応可能となっているデビットカードは、「ジャパンネット銀行VISAデビットカード」「SURUGA VISAデビットカード」「楽天VISAデビットカード」「楽天JCBデビットカード」といったもの。月額料金を少しでも抑えたい方におすすめの格安sim会社です。

OCNモバイルONE

三つ目に紹介するのは、でOCNモバイルONEです。OCNモバイルONEの最大の特徴は、通話料金が安くなる「050 plus」や「容量追加オプション」、「5分かけ放題」などオプションサービスが充実している点にあります。また、Wi-Fiスポットが追加料金不要で利用できたり、通信開始時の速度を向上するバースト転送機能が使えるなどサービスも充実。OCNモバイルONE対応のデビットカードには「SURUGA VISAデビットカード」「三菱UFJ銀行デビットカード」「楽天デビットカード」「りそなデビットカード」「ジャパンネット銀行VISAデビットカード」といったものがあり、その種類は、他の格安sim会社と比べると多いです。

楽天モバイル


次に紹介するのは、楽天モバイルです。楽天モバイルには、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つのプランしかありません。プラン内容はシンプルで分かりやすく、初めて格安simを利用するという方にも安心。他の格安sim会社よりも少しだけ多くデータ容量がついていたり、毎月の支払いに楽天スーパーポイントが貯められるといったように差別化を図っています。楽天モバイル対応のデビットカードには「SURUGA VISAデビットカード」「楽天デビットカード」といったものがあります。

LINEモバイル

LINEモバイルは、他の格安simでは利用できない、LINEのID検索を可能としている格安sim会社です。もちろん、デビットカードは利用できますが、LINEモバイル独自の「LINE Pay」を利用すれば、クレジットカードやデビットカードがなくても契約が可能です。このLINE Payカードは無料で発行できるプリペイド形式カード。LINE Payカードに金額をチャージすることで支払いが可能になり、銀行口座を設定しておけば自動的にチャージすることもできます。

ロケットモバイル

ロケットモバイルは、「神プラン」と呼ばれる激安プランを用意している格安sim会社です。データ専用simは、月額298円。月の利用状況によりデータ通信量がカバーできる「いますぐプラン変更」や余ったデータ容量を翌月に繰越ができるなどサービス面においても無駄なく利用できます。ロケットモバイルは基本的にデビットカード対応ですが、一部の出日とカードは利用できないと明記されています、ホームページの方で自分のデビットカードが利用できるのかを確認する必要があります。

DTI SIM

DTI SIMは、「でんわかけ放題・ネット使い放題」のダブル定額プランを設置しているのが最大の特徴です。お得に始めたい人は「半年お試しプラン」があるなど格安sim初心者にとってのも心遣いも。DTI SIM対応のデビットカードには「ジャパンネット銀行VISAデビットカード」「SURUGA VISAデビットカード」「りそなVISAデビットカード」「三菱UFJデビットカード」といったものがあります。

【まとめ】格安simの支払いをデビットカードに変更しよう

格安simのデビットカード支払いについて紹介しました。デビットカードが利用できる格安sim会社はまだそれほど多くはありませんが、大手の格安simであればほとんどがデビットカードを利用できるように設定しています。格安simをデビットカードで払いたいと考えている方は、まずは大手の格安sim会社から選んでみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。