データ通信不要なら格安simの音声通話のみを!選び方や注意点を詳しく紹介

格安simには、音声通話simとデータ通信simの2通りがあります。音声通話simは通話に重点を置いた格安sim。一方のデータ通信simはデータ通信に重点を置いたタイプです。この量補が一つになった格安simはたくさんありますが、中には音声通話のみでいいという人も少なくありません。そこで、この記事は、音声通話のみを格安simについて紹介します。選び方や注意点も載せていますので、ぜひ参考にして購入してみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

格安simは音声通話のみでの利用が可能

格安simは音声通話のみでも利用が可能なのか。そんな風に疑問を抱いている人も少なくありません。実際、格安simは音声通話のみでも利用は可能です。スマホと言えば、通話とデータ通信がセット、というイメージですが格安simはそうではありません。もちろんその両方が利用できるタイプのものも存在しますが、データ通信と音声通話を分けて考えるのが、格安simです。それを示すように格安sim会社には、音声通話のみのプランも多数用意されています。そのため、音声通話のみを利用したいという方でも安心して格安simを契約することができるのです。

音声通話のみの格安simの選び方

では、どのようにして音声通話のみの格安simを選べばよいのでしょうか。初めて格安simを利用する人はよく分からないと思います。そんな人に向けてここで、その選び方について紹介します。

価格

まず一つ目は、価格で選ぶという方法です。実は、格安simは基本的にデータ容量によって価格が変動します。データ容量が多ければ多いほど価格が高くなり、データ容量が低ければ低いほど価格が低くなるということです。そもそも格安simの音声通話のみを希望する人であれば、データ容量は低くても構わないという人が多いのではないでしょうか?データ容量が低ければ、その分月々の支払いも安くて済みます。そのため、まずはデータ容量を比較して選んでみましょう。そうすると設定価格が低くなっている事に気づくはずです。

データ通信

二つ目は、データ通信で選ぶという方法です。格安simは大手キャリアの回線を間借りして通信を行います。そのため、通信速度は大手比べると遅く感じるという人も少なくありません。ですが、格安simが当たり前となっている昨今、このデータ通信は改善傾向にあります。中には、大手キャリアとは変わらない速度を持つ格安sim会社も存在するため、例えデータ容量を利用しないと考えていても、もしもの時のために、データ通信の速度もチェックしておいた方が良いでしょう。

かけ放題

三つ目は、かけ放題のプランを比べて選ぶという方法です。格安sim会社には、長時間の通話が楽しめるよう、かけ放題のプランがいくつも存在します。3分・5分・10分・時間無制限など細かく設定が分かれており、これらは1回分の時間で回数は無制限が多いです。このようなかけ放題プランを利用することで、時間を気にすることなく通話を楽しむことができます。

格安simを音声通話のみで選ぶ際の注意点

音声通話のみの格安simの選び方を上記で紹介しましたが、選ぶ際には注意してほしいことがあります。その注意点についてここで紹介します。

家族間無料通話がない

格安simの音声通話のみプランには、大手キャリアにあるような家族間の無料通話がありません。そのため、家族間での通話にもお金がかかります。ですが、かけ放題プランに入っていればこの問題は解決できます。かけ放題プランは、誰と通話をしても国内であれば無料というプランが多いからです。それがたとえ家族であったとしても同じことが言えます。因みにデータ通信プランであれば、余ったデータ容量を家族で分け合うことができます。

かけ放題はほとんどスマホ向け専用アプリ必須

格安simのかけ放題プランはほとんどがスマホ向けの専用アプリです。元々格安simはスマホに重点を置いて作られています。そのため格安sim=スマホという形が出来上がってしまっているのです。因みに、格安simはガラケーでも利用は可能です。ですが、かけ放題アプリはスマホ対応のアプリであるため、ガラケーでは、このかけ放題プランは適用されません。

音声通話のみ希望で利用できるおすすめの格安sim

音声通話のみの格安simの選び方についてここまで紹介してきましたが、ここからは、音声通話のみが利用できるおすすめの格安sim会社を紹介します。

楽天モバイル

最初に紹介するのは、楽天モバイルです。楽天モバイルの特徴は、お手頃なオプションを揃えていること。中でも一押しは、「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」。月額918円で10分以内の通話ならかけ放題で利用できます。そのため、1回の通話時間が少ない人にはピッタリ。例えオプションを付けていなくても、「楽天でんわ」アプリを利用すると30秒ごとに10.8円と通常料金の半額で利用することも可能。この楽天でんわは月額無料のため付けておいて損はありません。

mineo

続いて紹介するのは、mineoです。mineoにも楽天モバイルと同じように、10分以内の通話であればかけ放題というプランが存在します。こちらも月額918円。データ通信の容量500MBも付いてくるため、ほとんどネットに接続しない人であれば十分に感じるはずです。他社との違いを挙げるとすれば、お得なキャンペーンを豊富に行っているところでしょうか。音声通話のみに対応したキャンペーンも多く実施しているため、お得に利用することができます。

ロケットモバイル

続いてはロケットモバイルです。ロケットモバイルの大きな特徴は基本の安さ。通話対応simプランの最安値は、「神プラン」と呼ばれている月額料金1,024円のプランです。この価格は、他社と比べると圧倒的な安さを誇ります。そのため、通話のみ利用を考えている人で、「あまり通話も使わない」という人には最適。利用した分だけ支払うという分かりやすさも人気のポイントです。通話する時間も少なく、とにかく安く格安simを持ちたいと考えている人におすすめです。

DMM mobile

続いては、DMM mobiです。DMM mobileは、格安simの中でも基本料金が最安値クラス。バースト機能とIIJの支援で安定した通信速度を実現させたり、利用料金の11%のDMMポイントが貯まるといったサービス満点の格安sim会社です。設定しているプランは、simカードを1枚だけ契約する「シングルプラン」と、最大3枚のsimカードを契約できる「データシェアプラン」のみ。どちらのプランを選んでも余った高速通信のデータ量は翌月に繰越すことができるため、無駄もありません。

Y!mobile

続いては、Y!mobileです。Y!mobileは、数ある格安sim会社の中でも一番の人気を誇る格安sim会社です。2019年10月1日から料金設定が変更し、契約期限の縛りがない「スマホベーシックプラン」をメインにしています。通話対応simプランの最安値は「ケータイプランSS」で1,009円。この価格は、業界でもトップクラスの安さです。そしてY!mobile最大の特徴は「無制限のかけ放題プラン」。このオプションを付けると、国内で誰とでも、どの携帯とも、電話がかけ放題となります。そのため、月に電話をする回数や通話時間が長い人にとってはおすすめ。まさに大手ならではの実力です。

b-mobile

続いては、b-mobileです。b-mobileは、ソフトバンクのスマホをそのまま使うことができる格安simです。「b-mobile 電話」アプリを使うと、+500円で5分まで何度でもプレフィックスの電話がかけ放題に。さらに、専用の通話アプリ「b-mobile アプリ」を使えば、通話料を半額にすることも可能です。もちろん、ソフトバンクのiPhoneもそのまま使うことができます。既存の端末を利用できるということは、新しい端末代も必要ないため割安で格安simを手に入れることができ、節約にもなります。

AEON mobile

AEON mobileは、docomoとauの回線が利用できる格安sim会社です。1GBの価格が1,130円と非常に安く、特にauユーザーであれば本家と変わらない速度でデータ通信を楽します。また、専用の通話アプリ「イオンでんわ」を使えば、通話料を半額にすることも可能です。さらに、AEON mobileは、simフリーの端末30種類以上も用意。セット購入もでき、自分の好きな端末を見つけることもできます。

QT mobile

続いては、QT mobileです。QT mobileでは、1GBの最安プランを1,450円で設定します。他社と比べると少々高く感じますが、キャンペーンを利用すれば最初の9ヶ月は890円で使うことができます。また、専用の通話アプリ「QTモバイル電話」を使えば、通話料を25%オフにすることも可能です。国内通話であれば10分以内で何回かけても無料となるプランも用意しています。

【まとめ】格安simの音声通話にのみプランでたくさん話そう

格安simの音声通話のみプランについて紹介しました。格安simは元々安く設定されているスマホですが、オプションやキャンペーンを上手に利用することでさらにお得に利用することができます。音声通話のみを利用したいと考えている方は、色々な格安sim会社の料金を比較して選ぶこともおすすめです。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。