格安simはどうすれば機種変更できる?その方法と手順を分かりやすく紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

格安simはどうすれば機種変更できる?その方法と手順を分かりやすく紹介

大手キャリアのように格安simでも機種変更をすること出来るのでしょうか?もし可能なのであれば、どのようにして行えばよいのか。疑問を抱いているという人も少なくありません。そこでこの記事では、格安simの機種変更方法、そしてその手順について紹介します。分かりやすくまとめていますので、現在格安simを利用し、機種変更を考えている方はぜひ、ご覧ください。

格安simは機種変更できる?

格安simであっても大手キャリアのように機種変更を行うことは可能です。一切に格安sim会社は年々増えてきており、端末も豊富にあります。そのため、大手キャリアのように自分の好きな端末を選ぶことができたり、自分にピッタリなプランを選ぶことも可能となりました。そして何より、格安。選んで損はありません。

格安simを機種変更する方法は3つ

ではここで、格安simの機種変更方法について紹介します。格安simの機種変更方法には3つあります。

機種変更サービスを利用する

一つ目の機種変更方法は、機種変更サービスを利用するということです。この機種変更サービスというのは、格安sim会社の実店舗を訪れて「機種変更をしたい」ことを伝え、その場で機種変更をし貰うサービスです。ただし、この機種変更サービスを行っている格安sim会社と行っていない格安sim会社が存在するため、機種変更する前に公式ホームページなどで確認をしておきましょう。

他社の格安simに乗り換える

二つ目の機種変更方法は、他社の格安simに乗り換えるという方法です。これは、現在利用している格安sim会社ではなく、他社で提供している端末と格安simのセットで契約をするということ。結果的に機種変更というより乗り換えになってしまいますが、新規申し込みでのキャンペーンが適用されたり、色々と特典も受けることができるためお得になるのは間違いないです。

自分で端末を用意する

三つ目の機種変更方法は、自分で端末を用意するという方法です。これは、家電量販店やオンラインショップなどを利用してsim対応の端末を自分で準備し、simカードを挿入して初期設定を行う方法です。この方法で注意してほしいのは、購入した端末とsimカードが合っているか、契約している格安sim会社で利用できるかどうかです。この方法は、事前に自分が購入した端末に挿入できるsimカードのサイズや、回線を確認しておく必要があったり、初期設定を自分で行う必要があります。

格安simを機種変更する際の注意点

ではここで、格安simを機種変更する際の注意点について紹介します。

購入する機種は契約中の回線プランに合わせて選ぶ

まずは、購入する機種は契約中の回線プランに合わせて選ぶということです。格安simは、大手キャリアであるdocomo・au・ソフトバンクの回線を間借りして利用します。格安sim会社によっては、3つ全ての回線が利用できたり、1つしか利用できないなど、使える回線も様々。そのため、機種変更をする場合は自分が使用している回線で利用できる端末を選ばなければなりません。もし、端末が対応していないのであれば回線の変更も必要となってしまいます。

SIMカードのサイズ変更が必要になる

二つ目の注意点は、simカードのサイズ変更が必要になる事です。機種変更をする場合、もちろん端末が変わります。格安simは上記でも述べたように、simカードを挿入して利用するもの。そのため、新しく購入した端末に合ったサイズのsimカードでなければなりません。simカードには、標準SIM・microSIM・nanoSIMの3種類があります。どのsimカードであれば新しい端末に合うのか。事前に確認しておきましょう。

格安simを機種変更すると

格安simを機種変更すると、変更する前の端末データはどうなってしまうのか。ここで、格安simを機種変更した際のデータ移行方法について紹介します。

写真や音楽のデータなどは自分でファイル移動

スマホ内に保存してある写真や音楽のデータなどは、自分でファイルに移動させる必要があります。やり方はとても簡単。ファイルをコピーして移すだけ。たったこれだけの手順で写真や音楽データを新しい端末に移動させることができます。この他にもiCloudやGoogleフォトといったクラウドストレージサービスを利用する方法も。因みに動画も同じように行います。

アプリのデータはアプリの説明に従う

前格安simでたくさんのアプリを利用していたという方も多いでしょう。アプリのデータももちろん新しい端末に移動できます。アプリを移動させる場合は、アプリそれぞれによって移動方法が異なるため、説明に従って行うことをおすすめします。

GmailやiCloudメールのデータは新しい機種にアカウント登録するだけ

格安simではキャリアメールが利用できないため、GmailやiCloudメールを利用しますが、このGmailやiCloudメールのデータも新しい端末に移動が可能です。やり方は、新しい端末にアカウントを登録するだけ。GmailやiCloudメールで送受信したメールは、端末本体内ではなくインターネット上に保存されています。そのため登録したアカウントにログインすれば前格安simのメールを全て移動させることができるのです。

格安sim機種変更の流れ

格安sim機種変更の流れはどのようになっているのか。気になる方のためにここで紹介します。

機種を選ぶ

まずは、自分が機種変更をしたい端末を選びましょう。格安sim会社によっては、セット購入やキャンペーンを実施しているところもあります。機種変更のタイミングが良ければさらにお得に購入できる場合も。色々な格安sim会社を比較することで、自分が気になる機種を見つけ出すこともできます。

機種が届く

機種を選んだら申し込みを行います。申し込みを行うと自分が選んだ機種が手元に届くまで待ちます。

古い機種のデータをバックアップ

新しい機種が届いたら、古い機種のデータをバックアップしておきましょう。simカードを外してしまうとバックアップできないデータもあるため、バックアップはsimカードを差し替える前に行ってください。新しい機種が届く前でもバックアップして構わないのでは?と思いがちですが、このバックアップは新機種が届いてから行うことが鉄則。その理由は、バックアップ後すぐに新しいスマホにデータを移動させて使い始めるためです。そうしないと、バックアップ後に撮影した写真などが移動されなくなってしまうからです。

新機種にsimカードを挿入

バックアップが完成したら、古い機種の電源を切ってsimカードを取り出し、取り出したsimカードを新機種に挿入します。simカードのサイズが変わったり新しく購入した場合は、古い機種のsimカードは抜いてMVNOに返却して下さい。

新機種にデータを移行

simカードを挿入したら、バックアップしたデータを新機種に移動させます。古い機種で使っていたアプリやウィジェットをインストールし、アプリ内の機能で「データの引き継ぎ」作業を行います。

APNを行う

最後に、APNを行います。新しい機種はsimカードを挿入しただけでは利用できません。挿入したsimカードでデータ通信をするための初期設定つまり「APN」を行う必要があります。APN設定方法は契約している格安sim会社のホームページで公開されているため、そちらを参考に行いましょう。APN設定まで終われば完了となり、新しい機種を利用することができます。

機種変更できるおすすめの格安sim

では最後に、機種変更できるおすすめの格安sim会社を紹介します。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、大容量のデータ量を誇る格安sim会社です。中でも一番人気は「エンタメフリーオプション」。このオプションを付けると通信量を気にせず動画や音楽サービスを使うことができます。また、格安sim初心者に嬉しいサポート面も充実しているため、着実にユーザーを増やしています。

UQモバイル

UQモバイルは、auの子会社であるため、格安sim会社の中でも群を抜いて通信速度が抜群。端末をセットで購入すると安くなったり、毎月60分・120分・180分と言った無料も付いてきます。UQモバイルであれば、たった一台で通話と快適なデータ通信を手に入れることができます。

IIJmio

IIJmioは、家電量販店や大型スーパー、コンビニや郵便局でも販売されている店舗があります。身近な場所で購入することができるため、ユーザーも増えつつあります。また、サポートも充実しており、電話やチャット、ツイッターやメールでの対応も可能。すぐに購入できる点においては、他の格安simより優れています。

LINEモバイル

LINEモバイルは、LINE・LINE MUSIC・Twitter・Instagram・FacebookなどSNSに特化したサービスが豊富に取り揃えられているのが最大の特徴です。LINE等のSNSはデータ消費ゼロ。通信速度もとてもクリアです。

【まとめ】機種変更で格安simを長く愛用しよう

格安simの機種変更について紹介しました。格安simでも大手キャリアのように機種変更をすることは可能です。現在使用している機種に飽きた際は、ぜひ機種変更をして格安simを長く愛用しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。