キャッシュバックを目当てに格安SIMを選ぶべきか

通信費を節約できることで有名な格安SIM、実は時期によってお得なキャンペーンやキャッシュバックを実施していることが頻繁にあります。

一昔前は大手通信キャリアを移動しまくると利益が出るほどキャッシュバックの加熱した時期もありましたが、最近は規制も入り、キャッシュバック競争も落ち着いた印象があります。

とはいえ時期や条件によってはかなりお得なキャンペーンを発表しているのも事実です。

そこで本記事では、キャッシュバックを目当てに格安SIMを選ぶべきかどうかについて解説したいと思います。

結論から述べると、よほど細かい節約が得意な人でない限りあまりお勧めできません。

おすすめのsim・光回線サービス

格安SIMのキャッシュバックとは?

キャッシュバックとは、簡単に説明すると「購入すれば一定金額が戻ってくるサービス」のことです。

新規契約するとお金が戻ってくる

お金が戻ってくると言っても、それで利益が出たりする事は基本的にありません。

ただし時期や条件によっては、格安SIMと格安SIMを乗り換えて利益を得ることも不可能では無いようです。

利用には条件がつきます

正しいキャッシュバックを受け取るためにはいくつかの条件を満たす必要があります。

キャッシュバックを受け取る条件は会社によって様々ですが、一般的には「一定期間以上は格安SIMを利用し続ける」「指定されたサービスやオプションを利用する」ことが条件になっているケースが多いです。

キャッシュバックを目当てに格安SIMを選ぶべきか?

キャッシュバックはキャンペーン中であれば、非常にお得に格安SIMに乗り換えることができます。

キャッシュバックのキャンペーンが開催される時期は、進学進級の時期や大型連休に行われることが多いです。

タイミングが合うのならば、キャッシュバックを目当てに乗り換えてみるのも悪くは無いかと思います。

キャッシュバック目当てで格安SIMを移動する人は存在します

一昔前に通信キャリアを頻繁に乗り換えで利益を得る人たちが話題になりましたよね。

今では政府が規制に乗り出して、非常に高還元なキャッシュバックは少なくなりました。

ただし上述したように、大型連休前や進学進級前などではかなり高還元なキャッシュバックキャンペーンが実施されることが多いです。

キャンペーン時は高額キャッシュバックもあり

高額キャッシュバックキャンペーン中は、実質的に1〜2万円くらいキャッシュバックされることが珍しくありません。

キャッシュバックが普段でも適用される格安SIMは多いです。しかし高額キャッシュバックキャンペーン中は、普段のキャッシュバックよりもはるかに還元率が高くなります。

タイミングさえ合うなら、ぜひ高額キャッシュバックキャンペーンを狙いたいですよね。ただしキャッシュバックキャンペーンの多くは、キャンペーンの適用にスマホとセット購入が求められるなど、高いハードルが設けられているケースが多いです。キャッシュバックを受け取る条件は事前にしっかり確認しておきましょう。

キャッシュバック目当てで格安SIMを選ぶメリット・デメリット

パリではキャッシュバック目当てで格安SIMを選ぶメリットデメリットについて解説します。

キャッシュバック目的で格安SIMを選ぶメリット1:うまく利用すれば非常にお得

上述の通り、高額キャッシュバックキャンペーンの時期を狙って格安SIMを契約すると、非常にお得に利用できます。

通常であれば数千円程度のキャッシュバックのものが、高額キャッシュバックキャンペーン中は1〜2万円のキャッシュバックを狙うことも難しくはありません。

ただしこうした高額キャッシュバックキャンペーンは、格安SIMとスマートフォン端末のセット購入が条件になるケースが多いです。他にも当選者の数が限られていたり、先着順であったりと、このキャッシュバックを受けるには倍率が高いケースもあります。

キャッシュバック目的で格安SIMを選ぶメリット2:様々な格安SIMに詳しくなる

キャッシュバックキャンペーン目当てで格安SIMを移動する隠れたメリットですが、様々な格安SIMに詳しくなれます。

格安SIMといっても会社によって様々な特徴があります。例えば楽天モバイルであれば、格安SIMを利用することによって楽天ポイントが非常にお得に溜まりやすくなります。またLINEモバイルであればLINEを利用した通信はカウントの対象外になる「カウントフリー」サービスに対応しています。

他にも例を挙げ出すとキリはありませんが、それぞれの格安SIMをよくチェックしてみると、意外と様々なサービスを提供している会社が多いです。

格安SIMに詳しくなることによってお得なキャンペーンも狙いやすくなりますし、家族や友人にもオススメの格安SIMを紹介できたりと、良いことずくめですね。

キャッシュバック目的で格安SIMを選ぶデメリット1:常にキャッシュバックをチェックする必要がある

一方で、キャッシュバック目的で格安SIMを選ぶデメリットについても解説します。

デメリットはなんといっても、キャッシュバックキャンペーンを常にチェックするのは非常に手間のかかる作業ということです。

有名な格安SIMの会社だけでも10社以上ありますし、小さな格安SIMの会社も含めるとかなりの数になります。

それらの会社一つ一つ、通信プランやサービスの特徴などを抑えつつ、常にキャンペーン情報に目を光らせる必要があります。

そういったことを常に調べるのに抵抗がなければ良いですが、あまり格安SIM自体に興味のない人は苦痛な作業かもしれません。

キャッシュバック目的で格安SIMを選ぶデメリット2:乗り換え手続きがめんどくさい

格安SIMから格安SIMに乗り換えるには、MNP予約番号をとって乗り換え先の格安SIMを申し込み、SIMカードが届いたらAPN設定をする。

ざっくりした説明ですが、格安SIMを乗り換えるには上記の手順を踏む必要があります。実際にやってみると特に難しい作業ではありませんが、頻繁にやる作業でもないので、乗り換え手続きを調べながらやるのは非常にめんどくさいですよね。

キャッシュバックでお得になる金額より、アルバイトや残業代で稼いだほうがお得かもしれません。

キャッシュバック目的で格安SIMを選ぶべき人、そうでない人

最後に「格安SIMをキャッシュバック目的で選ぶのをお勧めする人とそうでない人の特徴」を紹介したいと思います。

お得な情報が好きな人はキャッシュバック目的で格安SIMを選ぶのがおすすめ

格安SIMをキャッシュバック目的で選ぶのをお勧めする人は、普段からお得な節約情報を集めるのが好きな人です。

キャッシュバックの情報を集めるのは、思っているよりも非常に大変な作業です。最後は「お得な情報が好き」「格安SIMが好き」といった人でなければ、継続的にキャッシュバック情報を集めるのはなかなか難しいと思います。

スマートフォンをあまり使わない人も、キャッシュバック目的で格安SIMを選ぶのはアリ

蛇足ですが、スマートフォンをあまり使わなかったり、スマートフォンのスペックにあまりこだわりがない人はキャッシュバック目的で格安SIMを移動しても良いかもしれません。

というのも、高額キャッシュバックの対象になっているのは端末とSIMカードのセット購入というケースが多いです。そして残念ながら、キャッシュバック対象となる端末はそれほどスペックが高くないケースが多いです。

よってスマートフォンにあまり詳しくない、またはスマホをあまり使わない人の方が、キャッシュバックキャンペーンをうまく利用できるかと思います。

快適にスマホを使いたいなら格安SIM選択時にキャッシュバックを気にするな

キャッシュバックキャンペーンを目当てに選ぶべきでない人は「利用したい格安SIMのサービスがはっきりしている」人です。

楽天ポイントを貯めたい、LINEをデータ通信料を気にせずに使い倒したい、外出先でもYouTubeをたくさん見たい。

このように「具体的な目的がはっきり決まっている人」は、キャッシュバックの内容ではなく、格安SIMのサービス内容を重視すべきです。

快適にスマホを使いたい人は、格安SIMのキャッシュバックキャンペーンに申し込むべきではない

スマートフォンのスペックにこだわったり、通信速度が気になったりする人は、格安SIMのキャッシュバックキャンペーンを意識すべきではありません。

またそういったこだわりを持っている人は、そもそも格安SIMではなく大手キャリアと契約した方が良いかと思います。

大手キャリアは月額料金こそ高いものの、時間帯による速度遅延もありませんし、時間無制限の通話し放題サービスも提供されています。最新のハイスペック端末もすぐに取り扱い開始するため、乗り換えも非常に便利です。

スマートフォンのヘビーユーザーであればあるほど、格安SIMより大手キャリアの方が、最終的にはお得であるといったケースもあります。

格安SIMのキャッシュバックキャンペーンは、セカンドスマホ向けのデータ通信用SIMとして利用してはいかがでしょうか?

まとめ:格安SIMのキャッシュバックは参考程度がおすすめ

いかがでしたか。

格安SIMのキャッシュバックは非常に魅力的なキャンペーンは多いです。しかし魅力的なキャンペーンであればあるほど適用条件は厳しくなりますし、応募者も増えるので倍率は高くなります。

格安SIMのキャッシュバックを狙うのであれば、格安SIMと端末のセット購入がオススメ。スマートフォンを乗り換える手間が発生しますが、キャッシュバック率は非常に高くなります。

キャッシュバック対象になるスマートフォンは比較的ロースペックのものが多いですが、SNSやメールといった基本的な用途は十分こなせます。特にスマートフォンのスペックや通信回線にこだわりのない方は、キャッシュバック狙いで格安SIMを乗り換えてみませんか?

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。