格安SIMに乗り換えるほうがよい? ネットでは語られない乗り換えの真実!?

ここ数年で格安SIMが話題になっています。LINEモバイルやBIGLOBEモバイルといった会社が、芸能人を起用して盛んに乗り換えを進めてきます。もちろん格安SIMは名前に負けず月の料金がキャリアより安いです。その料金はキャリアの半分以下のこともあり、話題になることも分かります。しかし、同じようなサービスを提供する会社で半額以下になるといったオイシイ話は本当でしょうか?

そこで今回は格安SIMに乗り換えたほうが本当によいのか、様々な観点から徹底解説します。安いからお得といった考えには危険がつきものです。何も知らないまま乗り換えるということはとても危険です。正確な情報を知ってから乗り換えるかどうかをしっかり判断できるように、ぜひ最後まで読んでいってください。

おすすめのsim・光回線サービス

格安SIMとは、安さだけで乗り換えるのは危険!?

最初に格安SIMについて解説します。格安SIMとは大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクに比べ料金の安いキャリアの総称です。これらは格安スマホとも呼ばれ、料金が安いこと以外に特徴を持ちます。それはMVNOと呼ばれる自前で通信回線設備を持たず、回線の一部を借りることでサービスを提供することです。このMVNOに格安SIMと呼ばれる会社も含まれています。

この格安SIMは通信量が安いことが最大の魅力です。具体的な数字で表すと月の支払いが大手の半分以下になることもあります。これはとてもお得です。さらに特徴として多くのキャンペーンを開催し、乗り換えるときに特典があります。これは格安SIMの狙いがスマホを安く使いたい人であるからです。このように格安SIMは料金の安さ、乗り換えのしやすさといったよい特徴があります。

反面、格安SIMが苦手としていることもあります。それは通信速度と大容量のプランです。これは格安SIMの通信方法が理由です。格安SIMは先ほど説明した通り、大手のキャリアから通信回線を借りています。しかし、格安SIMが回線を借りるとき、すべての回線を借りることはできません。それは貸す側であるキャリアも、通信サービスを提供しているので仕方ありません。

イメージとしては10本回線があるとき、格安SIMに貸す回線は2~3本であると言われています。そのため時間帯によってはその2~3本に、多くの通信が集中してしまいます。その結果、通信速度が遅いということになります。また格安SIMは大手キャリアに回線を借りるとき、レンタル料を払います。一説には1GB450円とも言われているレンタル料は、通信量が大きければ大きいほど格安SIMの負担になります。

そのため大容量のプランの場合、大手キャリアと格安SIMの間に料金の差ができないということもあります。このように格安SIMには得意なこと、苦手なことがそれぞれあります。今は格安SIMの安さが注目されているため、一時的ブームとなっていますが本当に乗り換えたほうがお得なのでしょうか?次はなぜ格安SIMへの乗り換えがおすすめされているか解説します。

なぜ格安SIMへの乗り換えがおすすめされるのか、ブームの理由ともう1つの注意点

次はなぜ今格安SIMへの乗り換えがおすすめされてるのかについて、その理由を解説します。格安SIMブームは定期的に起きていて、ウィルコムを始めとした格安携帯電話のころからブームが起きています。しかし、そのどれもが大手キャリアを超えるようなことはありません。それはなぜでしょうか。それには格安SIMの技術力の低さが関係しています。今のスマホは4Gと呼ばれています。これは通信の規格であり、世代を表すものです。

簡単にすると3Gから4Gに変わったとき、技術的には大きな進化があったというわけです。そして次世代の5Gがもうすぐそこまで迫っています。そしてこの最新技術は大手キャリアと呼ばれるスマホ会社が開発しています。そのため、格安SIMを運営している会社は大手キャリアに比べると技術力がかなり低いです。その技術力の低さが大手キャリアに料金的に有利でも勝てない一番の理由です。

いつも最新技術を持つことが大きな影響を与えるというわけです。このようなスマホ業界ですが、最新技術がでる直前にはそれまでの技術を使った格安SIMがブームになります。今の格安SIMへの乗り換えブームは5G直前のブームというわけです。今乗り換えがおすすめされるのも4Gの契約を大手キャリアがやめ、5Gの契約に力をいれるため格安SIMが目立ってきているということです。

この格安SIMの乗り換えですが、格安SIMの弱点以外にもう1つ注意するべきことがあります。それは格安SIMで契約できる4G回線は今後最新技術でなくなるということです。もしかしたら5Gが爆発的に普及し、時代遅れになる可能性があるということです。その場合は格安でもメリットが失くなってしまうので注意が必要です。しかし、一般的には5Gの普及はまだ先の話と言われています。

それならこのブームを使ってお得に格安SIMに乗り換えるのはおすすめです。そこで最後に格安SIMに乗り換えるときに知っておきたいことをまとめて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

格安SIMに乗り換えるなら知っておきたい、通信速度が速い格安SIMの特徴

最後に格安SIMに乗り換えるなら、知っておきたい知識について解説します。格安SIMは今や30社以上存在し、それぞれに特徴があります。その特徴も様々で特定の地方に強い格安SIM、とにかく安い格安SIM、通信速度が速い格安SIMと様々です。しかし、格安SIMと言ったら気になるのが通信速度です。どれだけお得でも通信速度が遅いとそれだけで使いたくなくなります。

そこで格安SIMを選ぶときに注目したい通信速度について、会社ごとの傾向、回線の種類ごとの傾向を解説していきます。これで繋がらない、通信速度が遅いといったトラブルを防ぎやすくなるので要チェックです。

インターネットのプロバイダ系は速い傾向

まずは会社ごとに格安SIMの通信速度について傾向をまとめていきます。格安SIMを販売している会社は通信事業者以外にも多く存在します。小売り大手のイオンが販売するイオンモバイル、関西電力のグループ会社であるmineoが有名です。このように他業種の運営する格安SIMも多いですが、果たして通信速度はどの会社が速いのでしょうか。今回はその傾向について解説します。

結果として、通信速度が速い格安SIMはインターネットのプロバイダを親会社にしている傾向があります。ocnモバイルoneやBIGLOBEモバイルといった格安SIMです。これは本業であるインターネットのプロバイダが、同じMVNOであることが大きいです。その技術を格安SIMでもそのまま使えるため、傾向として通信速度が速いです。またネットワークに関係した企業も比較的速い傾向があります。

CMで話題のLINEモバイル、キャリアに移行した楽天モバイルといった会社も通信速度が速めです。逆にそこまで関係のない業種が親会社の場合、通信速度が遅い傾向があります。格安SIMに乗り換えるときに、ぜひ参考にしてみてください。

格安SIMでも速い会社はソフトバンクが多い? その理由とは

次は回線ごとの格安SIMの通信速度について傾向をまとめていきます。まず格安SIMの回線でもっとも多いのはドコモ回線です。格安SIMのうち7割近くがドコモの回線を使っています。これはドコモがもっとも通信回線を多く持っているためです。そのため自然とドコモの回線の格安SIMが増える傾向があります。その格安SIMですが通信速度がもっとも速いのはドコモ回線ではありません。

実は回線ごとに速度を比較したとき、もっとも通信速度が速いのはソフトバンクの回線です。その理由はソフトバンクが格安SIMに技術提供を積極的におこなうからです。例えばY!mobileの場合、格安SIMとして技術提供をするだけでなく最終的に子会社にしてしまいました。他にもLINEモバイルはグループ会社にするなど、ソフトバンクは格安SIMに積極的に技術提供をおこないます。

その結果回線ごとに見たとき、ソフトバンクの回線は圧倒的に通信速度が速いです。特にY!mobileは格安SIMとは思えない通信速度の速さをしており、その回線の速さは格安SIMでTOPと言われています。このように回線ごとに通信速度をみるなら、ソフトバンクの回線がもっともおすすです。格安SIMに乗り換えるときはぜひ参考にしてみてください。

まとめ、格安SIMに乗り換えるのはしっかりと理解することが大事

まとめとして今記事では格安SIMに乗り換えるべきかどうかについて解説しました。格安SIMの仕組み、なぜ今格安SIMへの乗り換えがブームなのかを解説し、格安SIMに乗り換えるときに知っておきたいことについて解説しました。今後5Gが普及し、日本でも5Gが普通になる時代が近づいてきています。しかし、それはすぐにではなくまだしばらく時間がかかるものだと思います。

そのためしばらくは4Gが続きますが、大手キャリアはだんだんと4Gの取り扱いを減らしていきます。そのときに注目したいのが格安SIMです。格安SIMは今後もっと増えることが予想され、当たり前になる日が来るかもしれません。そのときに格安SIMを知っていると知らないでは大きな差がついてしまいます。この記事を読んで格安SIMの特徴、通信速度の傾向を理解し、ぜひスマホ選びに役立ててください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。