カウントフリーって本当なの?カウントフリーで知っておきたい正しい情報を解説

あなたはカウントフリーって知っていますか?カウントフリーは最近話題のオプションの1つで、サービスや対象によって名前が変わります。しかし、このカウントフリーは何も知らずに契約してしまうと結構危険であると知っていましたか。実際契約のときに詳しく話を聞かなかったことにより、トラブルが起きたという話も多数あります。そこで今回はカウントフリーについて解説します。

今記事を読めばカウントフリーの仕組み、正しい情報を知ることができます。今後トラブルを起こさないためにも、カウントフリーについて詳しく理解していきましょう。

おすすめのsim・光回線サービス

カウントフリーとは、最近話題のサービス

最初にカウントフリーについて解説します。カウントフリーとはオプションの1つで、特定のアプリやサービスに対して通信量を使わず、利用ができるようになるサービスのことです。このカウントフリーですが、そもそもどのような目的のオプションでしょうか。そこでカウントフリーの目的と狙いを解説していきます。一般的にスマホの契約をするとき、キャリアのプランを選びます。

そこでプランを決めるものとして2つの要素があります。それが電話機能と通信量です。その中の通信量は、正式には高速通信の通信量を指します。この高速通信は動画の再生やアプリのダウンロードといった、リアルタイム性の高い大容量の通信に使われます。スマホの契約をするときは、この高速通信の通信量を決めて契約するということです。そしてこの高速通信の通信量を使い切ったとき、通信制限と呼ばれる状況になります。

この通信制限は低速でしか通信ができず、動画やアプリのダウンロードといったサービスにストレスを感じてしまいます。そこでプランを選ぶとき、ある程度通信量が大きなものを選ぶことになります。しかし、通信量が多いプランはどうしても料金が高くなります。どうにかして通信量を確保しつつ、料金を安くする方法はないのでしょうか。そういった意見から出来上がったのがこのカウントフリーです。

カウントフリーの特徴は特定のアプリについて通信量を使わず利用ができることです。例えば月にYouTubeを20GB分見ても通信量は消費されません。もし通信量20GB分のプランを契約をしたとき、7,000円ぐらいかかってしまいます。しかし、カウントフリーの場合は1,000円以下の料金で見ることができます。このように特定のアプリに通信量がかかっている人に、カウントフリーはおすすめします。

このカウントフリーですが、大手から格安スマホまで多くの会社にプランが存在します。いくつか例を見ていきましょう。もっとも有名なカウントフリーはLINEモバイルにあるSNS音楽データフリーです。これは月額480円(税抜)でLINE、Twitter、Facebook、Instagram
、LINE MUSICの5つのアプリが通信量を使わず利用できます。このオプションは月額500円以下で利用できるため、LINEモバイルの契約者のほとんどがつけるぐらい人気です。

また同じぐらい有名なカウントフリーとして、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーがあります。これはYouTubeやU-NEXTを始めとした動画配信、SpotifyやAWA、radikoといった音楽やラジオ配信含む21種類のサービスが通信量を使わずに利用できます。月額480円(税抜)という安さもあり、人気の高いオプションになっています。このように人気のオプションであるカウントフリーですが、近年トラブルも増えています。

それはなぜでしょうか。次はその理由について解説していきます。

カウントフリーは本当なの? トラブルには理由がある

カウントフリーで起きるトラブルは大きくわけて2つあります。今回はトラブルの理由と対策について解説していきます。1つ目はカウントフリーなのに通信量を使ってしまい、通信制限になったといったトラブルです。このトラブルに関してはユーザー側のミスがほとんどです。ではなぜそのようなトラブルが起きるのか、その理由について解説します。カウントフリーなのに通信量を使ってしまう理由はカウントフリーの条件にあります。

例えば先ほど紹介したBIGLOBEモバイルのエンタメフリーの条件を見ていきましょう。エンタメフリーの条件は指定されたアプリ、サービスを指定された方法で使用することです。具体的に書くとYouTubeの場合、YouTubeのアプリを使っての視聴が対象になります。よってYouTubeのアプリを使わずの視聴では、通信量が使われてしまいます。またアプリを使っていても動画視聴以外の使い方では通信量が使われます。

例えば動画のアップロード、生放送の配信(生放送の視聴は対象)といったサービスには通信量が消費されます。このような条件を見落とすと、思わぬトラブルに繋がるため注意が必要です。またエンタメフリーの場合、スマホの設定でエンタメフリーを起動していないと通信量が使われてしまうので、そのことにも注意が必要です。必ずサービスの利用前に確認するようにしましょう。

2つ目はカウントフリーでサービスを使っているのに、通信速度が遅いまたは繋がらないというトラブルです。このトラブルに関しては契約している回線に、問題があることが多いです。このカウントフリーのオプションはお得なものですが、通常の高速通信に比べると速度が遅いことが多いです。理由は使い放題であるため意図的に速度を下げているのか、人気のため回線が混雑しているのか、どちらか分かりません。

もちろんサービスが使えないような速度がずっと続いているなら、連絡して対応してもらう必要があります。しかし、連絡して解決しないこともあるので柔軟に対応する必要があります。このトラブルはほとんど起きませんが、実際に受ける被害が大きいので理解しておきたいです。このようにカウントフリーは便利ですが、多少のトラブルもあるので注意が必要なオプションです。

最後はカウントフリーなのに、通信制限になったケースを解説します。一体なぜでしょうか?

カウントフリーで注意したい、月の通信量と日の通信量

最後はカウントフリーなのに通信制限になったケースを解説します。このケースは動画視聴について通信量を使わない、カウントフリーで起きたことです。当然、カウントフリーなので通信量を使わず毎日動画を見ていました。そして月の半ばのある日、いつものように動画を見ようとアプリを開いたのに動画が読み込めません。気になっていろいろ調べると現在通信制限状態であることが分かりました。
もちろん、カウントフリーの条件を満たした使い方をしていて、カウントフリーの設定忘れもありません。月の使用量に上限のないカウントフリーで、通信制限になることはないはずです。しかし通信制限になっています、これはなぜでしょうか。実はこの理由はカウントフリーの使い方に理由があったのです。

カウントフリーなのにどうして通信制限、その理由はこれだ

先ほどのケースで通信制限になった理由は、サービスの使い方に問題があったからです。実はこのカウントフリーというオプションは、月の通信量については上限はありません。しかし、日の通信量については上限があるケースがあります。具体的には1日7GB、3日で15GBを超えるときに通信制限になるというケースです。これは契約する会社ごとに違いますが、日の上限があるケースは珍しくありません。

今回のケースの場合、3日で指定された上限を超えて使ってしまったため、通信制限になってしまったというわけです。このケースについては説明がないこともあり、ごくまれにですが発生します。なぜ説明がないのかというと、一般的に想定していないケースであることがほとんどだからです。例えば72時間ずっと動画を見続ける人はほとんどいませんよね。そういったイレギュラーなことをおこなうと発生するケースです。

そのため、基本的に説明がないので戸惑ってしまいます。しかし、普通に使っていればほぼ起きないことなので心配はしなくても大丈夫です。あくまで契約時に想定していないイレギュラーなことをおこなうと、カウントフリーなのに通信制限がかかるというだけです。カウントフリーはとてもお得なサービスですが、その性質上使い放題と同じような印象を受けます。

しかし、あくまで通信量を使わないだけであり、通信し放題というわけではありません。しっかりと条件やサービス内容を確認して、不意なトラブルが発生しないように注意しましょう。特にサービスの切り替え忘れといったケースは対応してもらえないので、必ず使う前にカウントフリーが使われているか確認するようにしましょう。

まとめ、カウントフリーで後悔しないために気を付けること

まとめとして今記事ではカウントフリーを使うときに気を付けたいことを解説しました。カウントフリーの仕組みや代表的なサービスを解説し、実際の代表的なトラブルについて注意することを解説しました。カウントフリーはとてもお得なオプションであり、うまく使えば月額の料金を大きく下げることも可能です。しかし、カウントフリーが使える条件は必ず確認するようにしましょう。

特に条件を確認せずに使い放題と同じように使うと、思わぬトラブルにつながります。カウントフリーで後悔をしないためにも、必ず条件を確認するようにしましょう。今記事を読んでカウントフリーに興味を持った人は、とてもお得なサービスなのでぜひ検討してみてください。とてもお得なものが多いのでおすすめです。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。