HUAWEI nova lite2 のスペックは? HUAWEIの超高スペックスマホは本当なのか!?

あなたはnova lite2を知っていますか? HUAWEI nova lite2はHUAWEIが製造しているスマホであり、その価格に見合わないスペックの高さが話題のスマホです。しかし、HUAWEIと言えば中華スマホでありどうしても国産スマホに比べると不安が残ります。本当にスペック通りに動くのか、そういった疑問もお持ちの方もいると思います。そこで今回はこのHUAWEI nova lite2について徹底考察していきたいと思います。

あわせてHUAWEIの特徴やカメラ機能についても詳しく考察していきます。国産スマホとの違いといったことも考察していきますので、興味がある人はぜひ最後まで読んでいってください。

おすすめのsim・光回線サービス

HUAWEI nova lite2のスペックは? 価格以上の高スペックが魅力

最初にHUAWEI nova lite2のスペックを確認していきます。今回は発売当時の価格や今の価格、機種の特徴といったものも同時に併記していきます。では実際にHUAWEI nova lite2のスペックを確認していきましょう。

HUAWEI nova lite2 スペック一覧
発売日 2018年2月9日
発売時価格 24,624円(税抜)
現在価格 18,800円~(税抜)
寸法 150mm×72mm×7.45mm
ディスプレイ 5.65インチ
液晶 FHD+
重さ 143g
解像度 1080×2160
電池容量 3000mAh
プロセッサ HUAWEI Kirin 659(オクタコア)
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ (ROM)32GB
外部メモリ 256GB
生体認証 指紋認証
カメラスペック メインカメラ1,300万画素、200万画素 インカメラ800万画素

HUAWEI nova lite2のスペックを見た第一印象ですが、価格に見合わないプロセッサを使っているということです。一般的にエントリーモデルと呼ばれる2~3万円台のスマホに使われるプロセッサは400番台が主流です。これはAndroidのプロセッサは大きくわけて3種類にわけられており、一般的に400、600、800の3つにわけられています。この数字が低いほど処理能力が低く、安いプロセッサという認識です。

そのためHUAWEI nova lite2には本来400番台のプロセッサが使われるはずですが、このHUAWEI nova lite2は600番台のプロセッサを使っています。これだけでコストパフォーマンスのよさが目立ちます。しかし、それ以外にも高スペックであるポイントがありますのであわせて解説します。それはカメラのスペックです。本来エントリーモデルのカメラはメインカメラ1つ、インカメラ1つの合計2つが基本です。

しかし、HUAWEI nova lite2はメインカメラを2つ採用しています。被写体撮影用のメインカメラと背景をぼかすためのサブカメラです。これにより被写体をより際立てることが可能になり、画素数以上の写真を撮ることが可能です。この複数のメインカメラはハイエンドモデルで多く採用されているものであり、エントリーモデルではあまり見かけません。このことからカメラ機能もスペックが高いことが分かります。

他の要素のスペックについてですが、画面や液晶はエントリーモデルとして充分なスペックであり美しい映像が楽しめます。また画面のサイズ比が16:9の比率でありフルHDの映像を楽しめる比率になっています。電池持ちも3,000mAhと多く、1日中使っていても電池切れになる心配はなさそうです。RAM、ROMも充分な容量であり、自慢のプロセッサとあわせてスペックの高さが強調されます。

このようにHUAWEI nova lite2はそのスペックの高さをいかんなく発揮できているスマホです。では他の国産スマホと比べるとスペックはどうでしょうか。次は実際に国内のエントリーモデルとスペックを比較していきます。

HUAWEI nova lite2をスペックで比較してみた

次にHUAWEI nova lite2をスペックで比較していきます。今回は国産スマホの中でも人気があるaquos sense2、韓国産スマホであるGalaxy A30、この2機種で比較していきます。比較するポイントはプロセッサ、電池持ち、カメラ機能、その他の項目です。それでは実際に比べていきましょう。

HUAWEI nova lite2とaquos sense2、優れているのはどっちだ

まずはお互いのスペックを比べてみましょう。

HUAWEI nova lite2 スペック
現在価格 18,800円~(税抜)
プロセッサ HUAWEI Kirin 659(オクタコア)
電池容量 3000mAh
カメラスペック メインカメラ1,300万画素、200万画素 インカメラ800万画素

aquos sense2 スペック
現在価格 23,980円~(税抜)
プロセッサ Snapdragon450(オクタコア)
電池容量 2700mAh
カメラスペック メインカメラ1,200万画素 インカメラ800万画素
おサイフケータイ、防水防塵機能付き

スペックを比較してみると現在の販売価格、プロセッサ、電池容量、カメラスペックのすべての項目でHUAWEI nova lite2が優れています。これは圧巻であり、高スペックであることがますます伝わります。特に価格ではこちらのほうが低いのに、プロセッサが1世代新しいということは普通のスマホではあり得ません。これが世界で活躍しているHUAWEIの実力の高さです。

しかし、スペックではHUAWEI nova lite2の圧勝ですが、aquos sense2にも優れていることがあります。それはおサイフケータイ、防水防塵機能があることです。エントリーモデルでこれら3つの機能が付いているスマホは珍しいです。そのため多少スペックが低くてもaquos sense2を選ぶ価値はあると思います。スペックではHUAWEI nova lite2、機能性ではaquos sense2がよさそうですね。

HUAWEI nova lite2と、Galaxy A30優れているのはどっちだ

先ほどと同様にスペックを比較していきます。

HUAWEI nova lite2 スペック
現在価格 18,800円~(税抜)
プロセッサ HUAWEI Kirin 659(オクタコア)
電池容量 3000mAh
カメラスペック メインカメラ1,300万画素、200万画素 インカメラ800万画素

Galaxy A30 スペック
現在価格 28,100円~(税抜)
プロセッサ Samsung Exynos 7904(オクタコア)
電池容量 4000mAh
カメラスペック メインカメラ1,600万画素、500万画素 インカメラ1,600万画素

スペックを比較してみると現在の価格、プロセッサ以外はGalaxy A30のほうが優れています。価格が約1万円違うことからも、Galaxy A30のほうが少しだけ上位モデルと判断できます。しかし、プロセッサについてはほぼ差はないと言えます。理由としてはプロセッサの性能を調べるベンチマークの結果では、プロセッサの差はわずか4%程度という結果です。この結果ならほとんど誤差と言っていいでしょう。

そう考えると電池容量とカメラの画質が少し上がるだけで1万円高くなることになり、HUAWEI nova lite2のコスパがよいことが分かります。コスパではHUAWEI nova lite2、カメラ性能ではGalaxy A30と言えるでしょう。

HUAWEI nova lite2はどんな人におすすめ? スペックの高さから上級者に人気

最後にHUAWEI nova lite2はどのような人におすすめかについて解説します。HUAWEI nova lite2はスペックが高くコスパのよいスマホですが、中国で製造されているスマホです。日本でも格安スマホ会社を通信に取り扱いがありますが、国産スマホと違ってサポートが充実していません。そのため、スマホ初心者というよりかはある程度詳しくなった中級者~上級者におすすめします。

具体的にはあまり金銭的に余裕がない若い世代で、格安スマホ会社のキャンペーンであわせて購入できる人がおすすめです。この方法で購入すれば月額5,000円以下で契約することも可能であり、HUAWEI nova lite2の特徴であるコスパのよさを最大限活かすことができます。しかし、そのとき注意したいことが1つだけあります。それはHUAWEI nova lite2がおサイフケータイに対応していないことです。

若い世代ほどキャッシュレスが進み、電子マネーやクレジットカードの利用が盛んです。しかし、このHUAWEI nova liteではID、Edyといった電子マネーは使うことができません。幸いにもPayシリーズやSuicaは使うことができるので、それらで対応していきたいですね。また防水防塵機能もないため、あまりレジャーにも向いていないので注意が必要です。

まとめ、HUAWEI nova lite2はスペックとコスパに優れている

まとめとして今記事ではHUAWEI nova lite2のスペックについて解説しました。HUAWEI nova lite2のスペックを確認し、国産スマホや韓国産スマホと比較をおこない、最終的にHUAWEI nova lite2をおすすめする人を解説しました。国産スマホに比べてサポートは充実していませんが、そのコスパとスペックの高さはおすすめできます。今記事を読んだあなた、ぜひHUAWEI nova lite2を検討してみてください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。