huawei p30 liteのレビューを大公開!購入すべき人はこんな人

話題を集めている「huawei p30 lite」。すでに利用しているという人もいるのではないでしょうか。そんなhuawei p30 liteにはどんな魅力があるのか。気になる人のために、この記事では、レビューを基にhuawei p30 liteの魅力に迫りたいと思います。これから新しい端末を購入しようと検討中の人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのsim・光回線サービス

huawei p30 liteのレビュー

まずは、huawei p30 liteのレビューから紹介します。

スタイリッシュなデザイン

最初に紹介するのは、スタイリッシュなデザインであるということです。huawei p30 liteはスリムな3D湾曲デザイン。無駄がなくスタイリッシュな作りとなっているため、快適に掌にフィットするのが特徴です。

バッテリーが気にならない

続いては、バッテリーが気にならないということです。huawei p30 liteは、同梱品の急速充電対応のACアダプタを使用すれば、スピーディーに充電することが可能です。パワフルな3340mAhバッテリーでバッテリーの持続時間が長いため、一日中ビデオを見たり、ゲームをしたり、WEBを閲覧しても、気なりません。

カスタムしたビデオが着信音として利用できる

続いては、カスタムしたビデオが着信音として利用できるということです。huawei p30 liteでは、カスタムしたビデオ着信音をそれぞれの連絡先の着信音として利用することができます。着信が「音楽」ではなく「ビデオ」として表示される独自技術で、これまでとは違った気持ちで通話を始められます。

指紋認証・顔認証が利用できる

続いては、指紋認証・顔認証が利用できるということです。huawei p30 liteでは、指紋認証・顔認証の2つの認証方法を搭載しています。どちらを使っても、大切なデータを守れる万能セキュリティであることは間違いありません。

美しく撮影できる

続いては、、美しく撮影できるということです。huawei p30 liteでは、AIを活用したセルフィー技術を搭載しています。この技術を使うことで、顔の形やタイプに合わせて撮影対象を調整し、輪郭の特徴をマッピングして、美しい表情を撮影することができます。

カメラアシスタントで自動調整

続いては、カメラアシスタントで自動調整できるということです。AIを活用させたhuawei p30 liteでなら、アウトカメラは22種類、インカメラは8種類のシーンをリアルタイムで認識してくれます。色・明るさ・コントラストなどの設定が自動で調整されるため、魅力的な写真を撮ることはもちろん、撮影に人のない人でも納得のいく撮影できます。

ブルーライト軽減

続いては、ブルーライト軽減です。huawei p30 liteは、ブルーライトカットモードを搭載しています。このブルーライトカットモードにより、通常モードよりブルーライトを低減し、より快適に利用できるようになっているのです。

魅力的なレビュー満載のhuawei p30 liteスペック

ここで、魅力的なレビュー満載のhuawei p30 liteスペックについて紹介します。

サイズ

まずは、サイズです。huawei p30 liteのサイズは、幅約72.7mm × 縦約152.9 mm × 厚さ約7.4 mmです。

重さ

続いては、重さです。huawei p30 liteの重さは約159gです。

ディスプレイ

続いては、ディスプレイです。huawei p30 liteのディスプレイは、約6.15インチ。2,312 x 1,080ピクセルのフルHD+です。

CPU

続いては、CPUです。huawei p30 liteのCPUは、HUAWEI Kirin 710/オクタコア(2.2 GHz×4 + 1.7 GHz×4)です。

メモリ

続いては、メモリです。huawei p30 liteのメモリは、4 GB RAM/64 GB ROMです。

OS

続いては、OSです。huawei p30 liteのOSは、Android 9.0です。

バッテリー

続いては、バッテリーです。huawei p30 liteのバッテリーは、約3,340mAhです。

カメラ

続いては、カメラです。huawei p30 liteのカメラは、アウトカメラ(トリプルカメラ)で約2,400万画素+約800+約200万画素、インカメラで約2,400万画素です。

カラー

続いては、カラーです。huawei p30 liteのカラーは、ブルー、ホワイト、ブラックの3色です。

価格

続いては、価格です。huawei p30 liteの価格は、30,000円ほどとかなり安いです。

レビューから分かるhuawei p30 liteをもっと快適に使う方法

ここで、レビューから分かるhuawei p30 liteをもっと快適に使う方法について紹介します。

APNを設定する

まずは、APNを設定するということです。APNとは初期設定のことです。設定手順は、設定画面を開き「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順で進み、アクセスポイントを選択したら完了です。

指紋認証・顔認証を設定する

続いては、指紋認証・顔認証を設定するということです。指紋認証・顔認証を設定することで、セキュリティ力が一気にアップします。指紋認証の設定方法は、「設定」→「セキュリティとプライバシー」→「指紋ID」→「指紋管理」→「新しい指紋」へと進み、後は指を画面にかざして指紋を登録するだけです。顔認証の設定方法は、「設定」→「セキュリティとプライバシー」→「顔認証」へと進み、「顔を登録」をタップして免責事項に同意します。そして最後に、顔を登録すれば完了です。

端末がスリープになるまでの時間を変更する

続いては、端末がスリープになるまでの時間を変更するということです。購入時はスリープまでの時間が短く設定されていますので、変更しましょう。設定方法は、「設定」→「画面」→「スリープ」の順で進み、後は、端末がスリープになるまでの時間を選んで変更します。

ブルーライトカットモードを使う

続いては、ブルーライトカットモードを使うということです。ブルーライトカットモードを使うことで、長時間画面を見ていても目が疲れにくくなります。設定方法は、「設定」→「画面」→「ブルーライトカット」の順で進み、最後に、ブルーライトカットモードを有効にする時間を設定します。

【レビュー】huawei p30 liteを購入する時の注意点

ここで、huawei p30 liteを購入する時の注意点について紹介します。

2枚目のsimカードはSDカードと併用になる

一つ目の注意点は、2枚目のsimカードはSDカードと併用になるということです。huawei p30 liteは、トリプルスロットに非対応のため、2枚目のsimカードのスロットはSDカードと併用で利用する必要があります。そのためストレージ容量が64GBで足りない人はSDカードを、電話番号を2つ持ちたい人はDSDVを使うことをおすすめします。

防水・防塵、おサイフケータイには非対応

二つ目の注意点は、防水・防塵、おサイフケータイには非対応であるということです。huawei p30 liteは、防水・防塵機能に対応していません。そのため、水に濡れてしまうと故障するリスクがあります。また、おサイフケータイにも非対応なため、普段からおサイフケータイを使っている人にとっては少し不便に感じます。

【レビュー】huawei p30 liteがおすすめ人

それでは最後に、huawei p30 liteがおすすめ人について紹介します。

3万円代の安いsimフリースマホが欲しい人

まずは、3万円代の安いsimフリースマホが欲しい人です。huawei p30 liteの価格は30,000円ほどと非常に安い価格で購入することができます。キャリアの端末であればこんなに安く購入はできません。また、huawei p30 liteはこんなに安い価格であるにもかかわらず性能は優秀。まさにお買い得です。

カメラ性能の高いsimフリースマホが欲しい人

続いては、カメラ性能の高いsimフリースマホが欲しい人です。huawei p30 liteのカメラ機能について上記でも紹介した通り。美しく撮影できる性能をはじめ、アシスタント機能で、写真を撮るのが楽しくなります。

DSDVを使いたい人

続いては、DSDVを使いたい人です。DSDVを使うことで2枚のsimカードを使うことができます。simカードを2枚利用できれば、電話番号をプライベート用と仕事に分けて使うことも可能に。ますますhuawei p30 liteの活用幅が広がります。

高性能でコスパの良いスマホを探している人

続いては、高性能でコスパの良いスマホを探している人です。まさにこの条件にピッタリなのが、huawei p30 lite。高性能・コスパともに叶います。

【まとめ】レビューを参考にhuawei p30 liteを選んでみよう

huawei p30 liteについてレビューを基に紹介しました。huawei p30 liteは、高性能でコスパもよく、とても使いやすい端末です。ぜひ、huawei p30 liteを選んで快適なスマホライフをお過ごしください。

格安simの最新記事8件

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがお得?おすすめスマホは?

    「ワイモバイルで機種変更を考えている。お得に機種変更する方法を知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで機種変更する方法やお得な情報について紹介します。ワイモバイルは実店舗も全国各地にあり、手軽に機種変更できます。しかし実はオンラインストアで機種変更したほうがお得なケースもあることをご存知でしょうか。本記事ではMNP転出の具体的な手順やワイモバイルのおすすめスマホなどについても紹介…

  • ワイモバイルで解約金は発生する?無料にする方法は?徹底解説します

    「ワイモバイルを解約したいけど違約金が発生するのか知りたい」という人もいるでしょう。本記事ではワイモバイルで解約金は発生するのか、解約金を払わずに解約するにはどうするべきか紹介したいと思います。ケータイキャリアの通信プランは「2年縛り」という契約内容が主流でした。2年に1度の契約更新月を逃すと解約違約金が発生しました。しかし最近では解約金が発生しない料金プランも登場し、手軽に乗り換えることができる…

  • ドコモからワイモバイルへの乗り換えはおすすめか?徹底解説します

    「ドコモからワイモバイルへ乗り換えようか考えている」という人もいるでしょう。そこで本記事では、ドコモからワイモバイルへ乗り換えるとどのような違いがあるのか、両社の比較をしたいと思います。ドコモは大手キャリアの1つで、安定した通信回線と高品質なサービスが売りです。一方のワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、安い通信料金と比較的安定した通信サービスが売りです。両社にどのような違いがあるのか、本記…

  • ワイモバイルとソフトバンクの違いを徹底解説!

    ワイモバイルとソフトバンクの違いを知りたいという人もいるでしょう。本記事ではソフトバンクとワイモバイルの違いについて紹介します。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけで、ソフトバンクよりも低価格な月額料金と格安スマホを中心に取り扱っているという違いがあります。一方でソフトバンクはハイエンドスマホや魅力的な通信プランが提供されています。ワイモバイルとソフトバンクには他にも細かい違いが…

  • ワイモバイルでもガラケーは利用できる!料金プランを徹底解説

    「ワイモバイルでガラケーを利用できるのか知りたい」という人もいるでしょう。実はワイモバイルではガラケーを利用できます。本記事では、ワイモバイルでガラケーを利用する方法について紹介します。ワイモバイルは格安SIMの1つで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。格安SIMと聞くと格安スマホのイメージがありますが、実はガラケーを購入することもできます。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイ…

  • ワイモバイルとUQモバイルの違いとは?徹底解説

    「UQモバイルとワイモバイルの違いを知りたい」と考えている人もいるでしょう。UQモバイルとワイモバイルはどちらも格安SIMですが、大手キャリアのサブブランドで音声通話オプションや通信品質が安定しているというメリットが共通しています。本記事ではUQモバイルとワイモバイルの特徴などについて紹介しつつ、両者の違いについて明らかにしていきたいと思います。 おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見て…

  • ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用できるのか?徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルなら持ち込みiPhoneも利用可能です 2 ワイモバイルならiPhoneを持ち込んで利用できます 3 持ち込まなくても大丈夫?ワイモバイルで購入できるiPhone 4 ワイモバイルにiPhoneを持ち込み利用するメリット・デメリット 5 ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する手順 6…

  • ワイモバイルでiPhoneは利用できる?購入可能か徹底解説

    おすすめのsim・光回線サービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用できます 2 ワイモバイルでiPhoneは購入可能 3 ワイモバイルでiPhoneを持ち込むために必要な知識 4 ワイモバイルでiPhoneを利用するメリット 5 ワイモバイルでiPhoneを利用するデメリット 6 まとめ:ワイモバイルでもiPhoneは十分利用でき…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。