ドコモ光ならgmoとくとくbbが一押し!2つを組み合わせるべき理由とは

インターネットを利用する場合、重要となるのが回線とプロバイダ。この2つの組み合わせによって、月額料金と通信速度に大きな差が生まれます。では、どの回線とプロバイダを組み合わせれば、快適なインターネット通信を行うことができるのか。そんな疑問を抱いている人のために、この記事では、最高の組み合わせと評判の「ドコモ光」×「gmoとくとくbb」を紹介します。この組み合わせは相性抜群。組み合わせることでどのような魅力となるのか。たっぷりと紹介しますので興味のある人は、ぜひご覧ください。

gmoとくとくbb×ドコモ光の料金プラン

まずは、gmoとくとくbb×ドコモ光の料金プランについて紹介します。

戸建てタイプ

まずは、戸建てタイプです。戸建てタイプのgmoとくとくbb×ドコモ光月額料金は、5,200円となっています。

マンションタイプ

続いて、マンションタイプです。マンションタイプのgmoとくとくbb×ドコモ光月額料金は、4,000円となっています。

gmoとくとくbb×ドコモ光のメリット

ではここで、gmoとくとくbb×ドコモ光のメリットについて紹介します。

月額料金が安い

一つ目のメリットは、月額料金が安いということです。gmoとくとくbb×ドコモ光の月額料金は上記で述べた通りです。この料金だけを見ても格安なのですが、特典やキャンペーンなどを利用するとさらに安くなります。

キャッシュバックが高額

二つ目のメリットは、キャッシュバックが高額であるということです。gmoとくとくbb×ドコモ光をgmoとくとくbb特設サイトで契約すると最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。また、「gmoとくとくbb×ひかりTV for docomo」で最大18,000円、「gmoとくとくbb×DAZN for docomoまたはスカパー」で最大15,000円、「gmoとくとくbb×DTVまたはdアニメストア」で最大10,000円、何もつけなくても最大5,000のキャッシュバックを受け取れます。

無線LANルーターが無料でレンタルできる

三つ目のメリットは、無線LANルーターが無料でレンタルできるということです。gmoとくとくbb×ドコモ光では、無線LANルーターを無料でレンタルできます。ただしこのレンタルサービスは、ドコモ光タイプA接続サービスを利用されている人が対象となっていますので、注意してください。

通信速度が速い

四つ目のメリットは、通信速度が速いということです。gmoとくとくbb×ドコモ光は、v6プラスに対応しています。そのため、下り速度は最大319.33Mbps、上がり速度は最大で281.75Mbps。インターネット回線は時間帯によって回線が混雑し速度が落ちることも多々ありますが、v6プラスに対応しているgmoとくとくbb×ドコモ光であれば、回線が混雑してもそれを回避してくれるため、通信もスムーズに行うことができるのです。

顧客満足度が高い

五つ目のメリットは、顧客満足度が高いということです。gmoとくとくbbは2019年オリコン顧客満足度ランキングで「プロバイダ広域企業」No.1に選ばれたプロバイダです。これは顧客満足度を表したランキングでもあり、利用している人の96%が満足しています。

スマホとのセット割がある

六つ目のメリットは、スマホとのセット割があるということです。gmoとくとくbb×ドコモ光では、ドコモユーザーに対し「ファミリー割引」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」の3つの割引を行っています。ファミリー割引は、ファミリー割引グループの代表回線から三親等以内なら離れて暮らす家族・親族でも、20回線までグループが組めるもの。みんなドコモ割は、「ギガホ」「ギガライト」をご契約なら、ファミリー割引グループの回線数に応じて、月額料金を各回線ごとに最大月額1,000円割引してくれる内容です。そして、ドコモ光セット割は、スマホ1回線ごとに、スマホの月額料金が永年最大月額1,000円割引となります。

ポイントが貯まる

七つ目のメリットは、ポイントが貯まるということです。gmoとくとくbb×ドコモ光を契約し、「dカード GOLD」で支払いを行うと、1,000円につき100ポイントものdポイントを貰うことができます。さらに、gmoとくとくbb会員になれば、Amazonギフト券2,000円を貰うこともできます。

工事費無料

八つ目のメリットは、工事費が無料であるということです。ドコモ光回線を利用する場合は、工事が必要となります。が、gmoとくとくbb×ドコモ光では、新規工事費は無料。高額な工事費を支払わずに済むため、かなり節約できます。

gmoとくとくbb×ドコモ光のデメリット

ではここで、gmoとくとくbb×ドコモ光のデメリットを紹介します。

PPPoEに戻すには電話で手続き

一つ目のデメリットは、PPPoEに戻すには電話で手続きする必要があるということです。上記のメリットで紹介したように、gmoとくとくbb×ドコモ光はv6プラス対応しているため基本v6プラスを使うことになるのですが、万が一PPPoEに戻したい場合は、電話でのみ手続きを行うことができます。WEBでは手続きを行うことができないため注意しました。

キャッシュバックは一部有料オプション加入が必要

二つ目のデメリットは、キャッシュバックは一部有料オプション加入が必要であるということです。これも上記のメリットで紹介したように、高額なキャッシュバックをもらうためには、有料オプションへの加入が必要です。有料オプションをつけたくないのであれば、最大5,500円のキャッシュバックしか受け取ることができません。

キャッシュバック受け取り期間は最低でも5カ月かかる

三つ目のデメリットは、キャッシュバック受け取り期間は最低でも5カ月かかるということです。プロバイダによって最短翌月にキャッシュバクを受け取ることができるところが多いのですが、gmoとくとくbb×ドコモ光では最短でも5ヶ月後の受け取りとなります。また受け取る際には、gmoとくとくbbで発行されたメールアドレスに口座登録のメールが届き、その口座登録を行わなければ受け取ることができませんのメールの見落としには十分注意してください。

gmoとくとくbb×ドコモ光のオプション

ではここで、gmoとくとくbb×ドコモ光のオプションについて紹介します。

ドコモ光電話

まずは、ドコモ光電話です。ドコモ光電話は、ドコモ光回線を使った固定電話サービス。一般加入電話やひかり電話から切り替えの場合であっても、今使っている電話番号や電話機をそのまま使うことができます。月額料金は500円です。

ドコモ光テレビオプション

続いては、ドコモ光テレビオプションです。ドコモ光テレビオプションは、地デジ・無料のBSをアンテナ要らずで楽しむことができる内容。別途オプションを追加すれば、有料のBSやスカパーも観ることができます。因みに、ドコモ光テレビオプションの月額料金は750円となっています。

【gmoとくとくbb×ドコモ光】光電話付加サービス

ここで、gmoとくとくbb×ドコモ光の光電話に関する付加サービスを詳しく紹介します。

通話中着信

まずは、通話中着信です。これは、通話中に第三者から着信があった場合、通話を保留したまま第三者と通話ができるサービス。月額300円で利用できます。

転送でんわ

続いては、転送でんわです。転送でんわは、かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に転送するサービス。月額500円で利用できます。

発信者番号表示

続いては、発信者番号表示です。発信者番号表示は、かけてきた相手の電話番号が、電話に出る前に電話機などのディスプレイに表示されるサービス。月額400円で利用できます。

ナンバーリクエスト

続いては、ナンバーリクエストです。ナンバーリクエストは、電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に、「電話番号を通知してかけ直すよう」伝えるサービス。これには、発信者番号表示の契約が必要となり、月額200円で利用できます。

迷惑電話ストップサービス

続いては、迷惑電話ストップサービスです。迷惑電話ストップサービスは、迷惑電話を受けた直後に電話機で登録操作を行うことで、以降同じ電話番号からの着信時に、「電話を受けられない」旨を伝えるサービス。月額200円で利用できます。

着信お知らせメール

続いては、着信お知らせメールです。着信押お知らせメールは、着信があったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールで確認できるサービス。月額100円で利用できます。

ダブルチャンネル

続いては、ダブルチャンネルです。ダブルチャンネルは、ドコモ光電話1契約で、同時に2回線分の通話ができるサービス。月額200円で利用できます。

追加番号

続いては、追加番号です。追加番号は、「ドコモ光電話の契約番号+4電話番号」で最大5つの電話番号をご利用できるサービス。月額100円で利用できます。

【まとめ】gmoとくとくbb×ドコモ光でインターネットを安く使おう

gmoとくとくbb×ドコモ光について紹介しました。gmoとくとくbb×ドコモ光は、特典が満載とあって人気を集めているの組み合わせです。また、月額料金も安く通信速度も速いため、快適なネット環境を整えてくれること間違いなし。ぜひ、gmoとくとくbb×ドコモ光の組み合わせで契約をしてみてください。

光回線の最新記事8件

  • 今話題のdocomo with!おすすめの機種は?

    ドコモ社が、おすすめプランであるdocomo withをスタートさせてから1年が経過しました。すでに契約済みの人や、docomo withに乗り換えようかと検討中の人もいるでしょう。この記事では、注目のプランdocomo withについて、その内容を詳しく説明します。 目次 1 おすすめプラン!docomo withって何? 2 docomo with対応のおすすめ機種5選 3 docomo wi…

  • BIGLOBE光の速度は遅くなりがち?改善させる方法を伝授します

    BIGLOBE光の速度は遅くなりがちだと言われていますが、その原因とは一体何なのでしょうか?原因を知ることができれば、おのずと解決策も見つかるはず。ということでこの記事では、BIGLOBE光の速度が遅くなる原因と改善方法について紹介についてします。BIGLOBE光を使っていて遅いと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。 目次 1 BIGLOBE光の通信速度 2 BIGLOBE光の通信速度に関…

  • BIGLOBE光は速度が遅い?改善するためにBIGLOBE光がやっていることとは

    BIGLOBE光を利用している人の中で、通信速度が遅いと感じている人も少なくないようです。では一体なぜ、BIGLOBE光の通信速度は遅くなってしまうのか。そんな疑問を抱いている人のために、この記事ではBIGLOBE光の通信速度が遅くなってしまう原因とその対処法について紹介します。また通信速度を上げるためにBIGLOBE光が行っていることについてもまとめていますので、興味のある人は、ぜひご覧ください…

  • BIGLOBE光はどんな光回線?評判から分かる特徴とは

    BIGLOBE光とは一体どんな光回線なのか。気になっているという人も多いのではないでしょうか。そんな人に向けてこの記事では、BIGLOBE光の評判を含めた様々な特徴について紹介します。これから、BIGLOBE光を契約しようと検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。 目次 1 BIGLOBE光の良い評判 2 BIGLOBE光の悪い評判 3 【評判】BIGLOBE光の速度が遅くなる原因 4 【評判】…

  • eo光は1ギガで速度が速い!遅い時にチェックすべきポイントとは

    eo光という光回線をご存知でしょうか。eo光は関西で人気を集めている光回線なのですが、1ギガで速度が速いと言われています。そんなeo光の速度についてこの記事では紹介。速度が遅くなった場合のチェックポイントについてもまとめましたので、eo光の契約を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。 目次 1 最大速度1ギガのeo光の速度が遅くなる原因 2 【最大速度1ギガ】eo光の速度が遅い場合のチェック項…

  • eo光のプロバイダはどこ?気になる月額料金を詳しく紹介

    eo光は、光回線の一つなのですが、光回線を契約する際は、プロバイダを選ぶ必要があります。では、eo光のプロバイダ一体どこなのか。気になる人のために、この記事ではeo光のプロバイダについて紹介します。また、月額料金についてもまとめていますので、興味のある人は、ぜひご覧ください。 目次 1 eo光のプロバイダは「eo光」 2 eo光でプロバイダを一本化することのメリット 3 eo光プロバイダの料金プラ…

  • nuro光テレビにはどんな特徴がある?料金プランや契約方法など詳しく紹介

    nuro光と言えば、世界最速の速度を誇る光回線として知られていますが、では、nuro光テレビにはどのような特徴があるのでしょうか?そんな疑問を抱いている人のために、この記事では、nuro光テレビの特徴について紹介します。興味のある人は、ぜひご覧ください。 目次 1 nuro光テレビの特徴 2 nuro光テレビのおすすめポイント 3 nuro光テレビの料金プラン 4 nuro光テレビはこんな人におす…

  • IPv4の速度をスピードテストで検証!おすすめの測定サイトも併せて紹介

    インターネットの通信方式として知られているIPv4。IPv4はどのくらいの速度を誇るのか気になるという人はいませんか?そんな人にこの記事では、IPv4の速度について紹介します。また、速度を測るのに便利となるスピードテストのサイトについてもまとめています。興味のある人は、ぜひご覧ください。 目次 1 【スピードテスト】IPv4とは? 2 【IPv4】スピードテストでの速さ 3 IPv4のスピードテス…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。