auひかりのキャッシュバックが高額なのはどこ?おすすめの代理店を紹介 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

auひかりのキャッシュバックが高額なのはどこ?おすすめの代理店を紹介

インターネット回線として人気の高いauひかり。他社からauひかりへの乗り換えを検討しているという人も多いのではないでしょうか。auひかりと言えば高額なキャッシュバックが受け取れると知られていますが、契約先によっては、このキャッシュバック額も異なるようです。ということで、この記事では、auひかりのキャッシュバックについて紹介。高額なキャッシュバックを受けられるプロバイダはどこなのか。興味のある人は、ぜひご覧ください。

【auひかり】キャッシュバック申し込み窓口は3つ

auひかりのキャッシュバック申し込みができるのは、au公式サイト・代理店・家電量販店の4つです。この3つの中からauひかりの申し込みを行うと、キャッシュバックを受け取ることができます。が、キャッシュバックの額は全ての窓口が同じではありません。それぞれ金額が異なるため、注意が必要です。また、あまりに高額な金額を提示している代理店も怪しすぎるため、避けた方が無難です。

【auひかり】公式サイトのキャッシュバック

au公式サイトでauひかりを申し込むと、受け取ることができキャッシュバック額は、37,500円です。このキャッシュバックを受け取るためには、オプションに加入する必要がありますが、キャッシュバック以外にも、auユーザーにとってはお得となる割引サービスがたくさんあります。また、公式サイトということもあり信頼度が高いです。

【auひかり】キャッシュバック申し込みは代理店窓口で

高額なキャッシュバックを受け取りたいのであれば、代理店経由での申し込みがおすすめです。基本公式ホームページのようにオプションに加入する必要はありますが、公式ホームページから申し込むより、キャッシュバック額は大きいのは確か。また、代理店独自のキャンペーンも行っているため、お得度も満載です。

【auひかり】キャッシュバックが受け取れる代理店

ではここで、キャッシュバックが受け取れる代理店について紹介します。

フルコミット

フルコミットの最大キャッシュバック額は、60,000円です。これは、auひかりと光電話の申し込みでの金額ではありますが、auひかりの申込みだけでも50,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。フルコミットは、申込み時にオペレーターへ口座番号を伝えるだけでキャッシュバック申請が完了し、振り込み時期も最短でauひかり開通の翌月には受け取ることができます。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの最大キャッシュバック額は、61,000円です。auひかり以外からの乗り換えであれば、最大30,000円プラスされます。申請手続きは、開通月を含む11ヶ月目・23カ月目の2回必要となるうえ、半分ずつキャッシュバックされる仕組みです。そのため、一度に受け取りたい人には向いていません。

NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズの最大キャッシュバック額は、52,000です。WEBからの申し込み後、代理店から電話がかかってきて、キャッシュバック手続きは完了します。KDDIからも優良代理店として表彰されていますので、安心して利用できます。

NEXT

NEXTの最大キャッシュバック額は、52,000円です。特徴的なのは、キャシュバック+無線LANルーターがもらえるコースがあること。キャッシュバックも受け取れるうえ、無線LANルーターもおまけで付いてくる形です。また、NEXTはKDDIの正規代理店でもあるため、信頼度も高いです。

アウンカンパニー

アウンカンパニーの最大キャッシュバック額は、52,000円です。キャッシュバックを受け取る条件として有料オプションへの加入も必要もなく、ネットのみの契約で受け取ることが可能。最短翌日末には受け取れます。

JTA

JTAでは、指定プロバイダ、auひかり電話加入、12か月間継続などの条件をクリアすれば、50,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。また、1人紹介するごとに10,000円のキャッシュバックを受け取ることができたり、キャッシュバック以外にも、初期費用が無料、他社の違約金負担、auスマートバリュー適用など特典も満載です。

【高額キャッシュバック!】auひかりに乗り換えるメリット

ではここで、auひかりに乗り換えるメリットについて紹介します。

インターネット料金が安くなる

一つ目のメリットは、インターネット料金が安くなるということです。フレッツ光とauひかりの料金を比べてみると、フレッツ光は何年契約していても一律6,100円であるのに対し、auひかりは、1年目は5,100円、2年目は5,000円、三年目は4,900円というように毎年100円ずつ値下がります。1年目を比較してもauひかりの方が安いことは分かりませすが、年々両機が下がるシステムは、利用者側からしても嬉しいポイントです。

通信速度が速い

二つ目のメリットは、通信速度が速いということです。auひかりは、数ある光回線の中でも圧倒的に通信速度は速いです。また通信エリアを限定していることで、ユーザーの数も少なく、混雑しやすい時間帯であってもスムーズな通信ができ、動画もサクサクと視聴できます。

auスマートバリュー適用

三つ目のメリットは、auスマートバリューの適用があるということです。このauスマートバリューの適用により、携帯料金が最大2,000円毎月安くなるため、節約になります。

他社の違約金負担

四つ目のメリットは、他社の違約金負担です。auひかりへ乗り換えをすると、目に使っていたサービスのいやくきんを負担してもらえます。そのため、例え前の契約が2年であったにもかかわらず、早く解約したいという時でさえ、違約金を支払わずに済むのです。

工事費実質無料

五つ目のメリットは、工事費実質無料であるということです。auひかりの工事費は通常、戸建てで37,500円、マンションで30,000円かかります。ですが、auひかりでは工事費実質無料キャンペーンが行われているため、自分で負担する必要はありません。

【高額キャッシュバック!】auひかりに乗り換えるデメリット

それでは最後に、auひかりに乗り換えるデメリットについて紹介します。

IPアドレスが固定

一つ目のデメリットは、IPアドレスが固定されるということです。IPアドレスとは、インターネット上で使われている住所のようなもの。インターネットの場合、固定されていることで個人が特定されてしまったり、犯罪に狙われやすくなってしまったりというリスクがあります。しかしながら、IPアドレスが固定されていないと使えないサービスもあるため、これは致し方ないことなのかもしれません。

ひかり電話は2台まで

二つ目のデメリットは、ひかり電話は2台までしか利用することができないということです。フレッツ光であれば、電話機をいくつも使用できるため、事務所や個人商店などには便利なのですが、ひかり電話の場合は、2台までしか使用することができません。

対応プロバイダが少ない

三つ目のデメリットは、対応しているプロバイダの数が少ないということです。プロバイダとは、光回線を繋ぐ事業者のこと。auひかりに対応しているプロバイダは、現在確認されているだけで8社ほどです。この8社には「@nifty・@TCOM・Asahinet・au one net・BIGLOBE・DTI・So-net・GMOとくとくBB」といったものがあります。フレッツ光であれば選べるプロバイダの数は多いのですが、auひかりを契約する場合は、この8社の中から選ぶしかありません。

工事が必要

四つ目のデメリットは、工事が必要であるということです。工事費に関しては上記でも述べたように、費用はキャンペーンによって実質無料となる事でしたが、費用が無駄になっても工事は必要です。申し込みを行ってから工事が実際に行われるまでの期間は、時期によって異なりますが、最短で2週間、最長で2ヶ月待たされる場合もあります。また工事には立ち合いが必要となるため、工事実施日には。自宅で待機しておかなければなりません。

エリアが限られている

五つ目のデメリットは、エリアが限られているということです。これも上記で述べましたが、エリアが限られているということは、利用するユーザーの数も限られてくるため、通信を行う上ではメリットです。ですが、逆にエリアが限られていると、契約することができるユーザーにも限りがあるということです。例え携帯料金が安くなるauユーザーであっても、エリア外に住んでいるとなれば契約することはできません。また、マンションでの場合はauひかりに対応している建物が少なく、自動的にフレッツ光となってしまうこともあります。

【まとめ】キャッシュバックを申し込んでauひかりをもっとお得に

auひかりのキャッシュバックについて紹介しました。auひかりの契約を行うのであれば、代理店経由を選択した方が高額なキャッシュバックを受け取ることができます。また、申請方法もとても簡単で、受け取り期間も短いのがauひかりの特徴でもあります。ぜひ、キャッシュバックが受け取れる代理店から申し込みを行って、auひかりをお得に利用してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。