auひかりのプロバイダ8社を比較!選ぶポイントは「サービス」内容 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

auひかりのプロバイダ8社を比較!選ぶポイントは「サービス」内容

インターネットを使う場合、回線とプロバイダとの契約が必要とななります。人気のあるauひかりであっても、その条件は変わりません。では、auひかりにはどんなプロバイダあるのでしょうか。気になる人のために、この記事ではauひかりのプロバイダについて紹介します。また、auひかりそのものがどんな回線なのかを知りたいという人のために、auひかりのメリットやデメリットについてもまとめています。興味のある人は、ぜひご覧ください。

【プロバイダ比較】auひかりのメリット

まずは、auひかりのメリットについて紹介します。

フレッツ光よりも安い

一つ目のメリットは、フレッツ光よりも安いということです。フレッツ光・NTT東日本とauひかりの月額料黄インを比べてみると、フレッツ光・NTT東日本の戸建ては月額4,600円、マンションでは月額2,950円~3,950円です。一方のauひかりは、戸建てで1年目は5,100円、2年目は5,000円、3年目以降は4,900円、マンションでは月額3,800円となっています。一見、フレッツ光・NTT東日本の方がやすいように感じますが、フレッツ光は、この月額料金に加えてプロバイダ料金が500円~1200円上乗せされます。その合計した金額を考えると、auひかりのほうが安いのです。

auスマートバリューで携帯料金が下げられる

二つ目のメリットは、スマートバリューで携帯料金が下げられということです。auひかりとauのスマホを同時に利用すると、auスマートバリューが適用されるため、スマホの料金が月額500円~最大2,000円値引きされます。これはauユーザーにとっては嬉しいサービスです。

通信速度が速い

三つ目のメリットは、通信速度が速いということです。auひかりは独自回線を利用しているため、通信速度が速いです。また、フレッツ光よりも利用している人が少ないため、回線の混雑も起きにくく、いつでも安定しています。

【プロバイダ比較】auひかりのデメリット

ではここで、auひかりのデメリットについて紹介します。

エリアが狭い

一つ目のデメリットは、エリアが狭いということです。上記でも述べたように、auひかりは利用している人の数が少ないため通信速度も安定して速いのですが、それは、対象エリアが狭いという理由も含まれてのこと。そのため、乗り換えの際には、対象エリアであるかどうかの確認も必要です。

選べるプロバイダの数が少ない

二つ目のデメリットは、選べるプロバイダが少ないということです。この次に説明しますが、auひかりのプロバイダは、フレッツ光と比べると数は少ないです。数が少ないということは、選べる選択肢も狭まるということです。

ずっとギガ得プランの解約金が高い

三つ目のデメリットは、ずっとギガ得プランの解約金が高いということです。戸建て住宅でauひかりを利用する場合、3年契約のずっとギガ得プランがもっともお得な料金設定なのですが、契約期間中に解約をすると違約金として15,000円支払わなければなりません。

開通工事までの時間が長い

四つ目のデメリットは、開通工事までの時間が長いということです。auひかりの開通工事は、多くの場合KDDIが自ら設備を用意するため、開通に時間がかかるケースがあります。そのため、早く開通させたいのであれば早めに申し込むことをおすすめします。

ほぼ固定のIPアドレスとなる

五つ目のデメリットは、ほぼ固定IPアドレスとなるということです。IPアドレスが固定だと、ネット掲示板などに書き込んだ情報から個人を特定されやすいなど、セキュリティ面でのリスクを負います。あくまでも「ほぼ」固定で、IPアドレスが変わることもあるため、運用時は注意してください。

【比較】auひかりのプロバイダ

ではここで、auひかりのプロバイダについて紹介します。auひかりのプロバイダは全部で8社です。

GMOとくとくBB

まずは、GMOとくとくBBです。GMOとくとくBBは、プロバイダの中でも高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているのが一つの魅力でもあります。その額は最大で61,000円。このキャッシュバックを受け取るためには、インターネット回線と同時に「auひかり電話」の申し込みが必要になります。また、他社からの乗り換えであれば、乗り換え時の違約金を最大30,000円還元してくれるため、キャッシュバック総額が91,000円にもなります。

So-net

続いては、So-netです。So-netは、乗り換え時の違約金を30,000円還元してくれるうえ、最大で月2,950円値引きしてくれます。またセキュリティサービスは、Windows・macOS・Androidに対応した「カスペルスキーセキュリティ」を採用しており、最大5台までインストール可能。コースを同時に申し込むと、特典として月額利用料の500円が12ヶ月無料となります。

BIGLOBE

続いては、BIGLOBEです。BIGLOBEは、最大50,000円のキャッシュバックを受け取るか、または、2年間月額料金が2,050円値引きされるかを選ぶことができます。セキュリティは、オリジナルの「セキュリティセット・プレミアム」で、月額380円で利用が可能。このセキュリティセット・プレミアムは、最大3カ月無料となるキャンペーン対象でもあります。

@nifty

続いては、@niftyです。@niftyは、「お客様につながる喜び、つながる楽しさを感じてもらいたい」をキャッチフレーズに運営しているプロバイダです。最大キャッシュバック額は30,100円。各種割引として最大72,960円、乗り換え時の違約金負担として最大30,000円還元など、サービスが充実しているのが特徴です。

au one net

続いては、au one netです。au one netはauが提供するプロバイダサービスです。ネットと電話の申し込みで最大で10,000円のキャッシュバックと初期費用層と額が割引されます。

@TCOM

続いては、@TCOMです。@TCOMは、インターネット接続サービスだけでなく、多チャンネルテレビ放送やビデオオンデマンドなど多彩なコンテンツが満喫できるプロバイダです。セキュリティオプションでは、Windows用に「Nortonインターネットセキュリティオンライン」が月額490円、ウイルス対策からバックアップまで安心のセキュリティ機能満載の「Norton360オンライン」なら月額570円で利用が可能となるため、安心して契約できます。

DTI

続いては、DTIです。DTIで契約をすると、新規加入特典として最大38,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。さらに、開通月の基本料金が無料。セキュリティサービスは有料ではありますが、口座振替での支払いも可能なため、クレジットカードなしで契約できます。

Asahiネット

続いては、Asahiネットです。Asahiネットは、IPv6接続に対応した最大通信速度1Gbpsの接続サービスを提供しているプロバイダです。セキュリティはオプションで、Windows・macOS・Android・iOSの中から組み合わせ自由で3台まで使える「マカフィーマルチアクセス」が月額500円。最大12ヶ月は無料で利用できます。

auひかりのプロバイダの選び方

ではここで、auひかりのプロバイダの選び方について紹介します。

通信速度

一つ目は、通信速度です。インターネットを利用する上では、この通信速度は外せません。通信速度は、各プロバイダによって異なるため、できればIPv6に対応しているところを選んだ方が後悔することも少ないです。因みに、IPv6とは、回線の混雑を回避してくれる役割を持っているため、通信が安定します。

サービス

二つ目は、サービスです。このサービスは、上記のプロバイダでも紹介したように、困ったときにどれだけのサポートをしてくれるのか、契約する際にどのくらい丁寧に答えてくれるかなど、プロバイダ全体を通してのサービスのこと。サービス内容が良ければ、契約する側も安心して契約に踏み切ることができるでしょう。

キャンペーンやキャッシュバック

三つ目は、キャンペーンやキャッシュバックです。キャンペーンやキャッシュバックがあるのとないのとでは、契約期間によってお得度も異なります。できるだけ安くなるところを契約をした方が長く利用しやすくなるため、内容をきちんと確認して選ぶようにしましょう。

auひかりプロバイダの契約手順

では最後に、auひかりプロバイダの契約手順を簡単に紹介します。

①プロバイダを選ぶ

まずは、上記で紹介した8社の中からプロバイダを選びます。

➁プランを選ぶ

次に、プランを選びます。

③オプションを選ぶ

プランを選んだら、オプションを選びます。

④工事に立ち会う

工事の日程を決めて、実施日になったら工事に立ち会い開通工事をしてもらいます。

➄キャッシュバックをもらう

開通したら、必要な設定を行い、キャッシュバックをもらいましょう。

【まとめ】auひかりのプロバイダ選びは比較することが重要

auひかりのプロバイダについて紹介しました。選べるプロバイダの数は少ないですがあまり多くあると迷ってしまうため、そのような人かとからすると、逆に選びやすのではないでしょうか。プロバイダ選びは特徴を比較することが大切です。ぜひ自分にピッタリなプロバイダを選んで、auひかりに乗り換えてみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。