光コラボの解約はどうすればいい?手順や方法を分かりやすく解説 | 格安sim・運転免許合宿比較なび

光コラボの解約はどうすればいい?手順や方法を分かりやすく解説

光コラボで快適なネット生活を送っているという人も多いと思います。ですが、料金が高かったり、通信速度が遅いなど、他の光コラボの解約を検討している人も少なくありません。そこでこの記事では、光コラボの解約方法についてご紹介。解約手順を分かりやすくまとめました。また、解約する際の注意点も載せていますので、ぜひ、参考にしてみてください。

光コラボはどうすれば解約できる?

光コラボはどうすれば解約をすることができるのでしょうか。光コラボの解約は、契約しているプロバイダによって異なります。そのため、自分が現在どのプロバイダと契約をしているのかを知っている必要があります。また、他にも解約に関する注意事項もプロバイダそれぞれで異なります。まずは、各ホームページで確認してみるのも、失敗しない解約のやり方なのです。

光コラボの一般的な解約手順

ではこここら、光コラボの解約手順について紹介していきます。まずは、一般的な解約手順からです。

①乗り換え先の光回線に新規申し込みを行う

まず最初は、乗り換え先の光回線に新規申し込みを行います。乗り換え先の光回線に新規申し込みを行う際は、新たな回線の開通工事日なども聞いておきましょう。

➁光コラボに解約を申し込む

乗り換え先の光回線に新規申し込みを行ったら、次に、利用していた光コラボの解約を申し込みます。この申し込みは、電話・ネット・店頭で行うことができますが、光コラボ事業者によっては、申し込みできる方法が異なりますので、ホームページなどで確認しましょう。

③契約中のプロバイダに解約を申し込む

光コラボ事業者への解約が済んだら、次にプロバイダの解約を申し込みます。プロバイダは申し込みをしなければ解約となりません。解約を忘れると、解約するまで支払いを続けることになります。もし、乗り換え先でも同じプロバイダを利用するのであれば、プロバイダの解約は不要です。

④解約に必要な費用を精算する

光コラボを解約する前に、日割りなのか1か月分全額支払うのかなど、解約月の月額料金がどのように請求されるかを確認しておきましょう。また、初期工事費の残債や解約金、違約金などが発生するのかについても併せて確認しておくことをおすすめします。もし生産に必要な費用があれば、それをすべて支払って解約手続きは全て終了となります。

光コラボ解約後は

光コラボを解約した後は、やらなければならないことがあります。そのやらなければいけないことをここで紹介します。

レンタル機器の返却

一つ目は、レンタル機器の返却です。光コラボは解約申請後、数日から2週間ほどでレンタル機器を返却するためのキットが送付されてきます。このレンタル機器の返却期間は、光コラボ事業者によってそれぞれ決められているため、必ず期間内に返却を行いましょう。

必要なら回線撤去工事

光コラボを契約していた事業者とは異なる事業者へ乗り換えたのであれば、回線も異なってしまうため、回線撤去工事が必要となります。戸建てタイプやマンションタイプ、初期工事の際の設置状況などによって工事が必要であるか、立ち会いもしなくてはいけないのかなどパターンも様々ですので、解約を申し込んだ際にはよく確認しておきましょう。

光コラボを解約する際の注意点

それではここから、光コラボを解約する際の注意点について紹介します。

解約金

まずは解約金です。解約金は、毎月の利用料金の割引を受ける代わりに設けられた制約のようなもの。例えば24ヶ月が最低利用期間となっている場合、25か月後が更新月となるわけですが、この25ヶ月目に解約をしないと解約金が発生してしまいます。そのため、解約する際は、解約金のかからない、更新月に行うようにしましょう。

工事費の残高

続いては、工事の残高です。フレッツ光から「転用」で光コラボにしていた場合は問題ないのですが、新規で光コラボを申し込んだ場合で工事費の分割払いを組んでいる人は、残りの工事費が一括で請求されます。残りの工事費残高が高いと負担にもなってしまいますので、注意しましょう。

ひかり電話の電話番号

続いては、ひかり番号の電話番号です。基本的に一度光コラボのひかり電話にしてしまった場合、光コラボ自体を解約してしまうと電話番号は無くなってしまいます。ただし、もともとNTTのアナログ電話で取った電話番号の場合は、切り戻しや番号ポータビリティの費用として5,000円ほどかかってしまいますが、またアナログ電話に戻すことができます。

フレッツ光への転用はできない

続いては、フレッツ光への転用ができないということです。フレッツ光からであれば「転用」を使って、無料で光コラボへ乗り換える事ができるのですが、逆に、光コラボからフレッツ光への転用はできません。もし光コラボからフレッツ光へ戻したいのであれば、一度解約して新規で申し込む必要があります。

光コラボ同士の転用はできない

続いては、光コラボ同士の転用はできないということです。これも上記の光コラボからフレッツ光への乗り換えと同じで「転用」ができないことが理由です。もし、光コラボ同士で乗り換えを望むのであれば、一度解約して新規で申し込む必要があります。

<2>光コラボ回線別解約ついての詳細
光コラボを解約する際の注意点について説明したところで、ここからは、光コラボの解約方法を回線別に紹介します。自分が現在契約している回線を解約すると考えてチェックしてみてください。

ソフトバンク光

まずは、ソフトバンク光です。ソフトバンク光を更新月以外で解約すると、24ヶ月契約の場合、戸建てタイプ・マンションタイプそれぞれ9,500円の解約金を支払わなければなりません。また、120ヶ月契約の場合は、戸建てタイプ・マンションタイプそれぞれ15,000円の解約金が発生します。尚、ソフトバンク光の解約は電話のみ受付となっています。ソフトバンク光の解約方法は以下の通りです。
①解約金の確認・解約月の確認など行う
➁電話で解約の手続きを行う
③光回線撤去工事をしてもらう
④レンタル機器を返却する
解約手続きは解約希望日の6営業日前までに連絡する必要がありますので、忘れないようにしましょう。

ドコモ光

続いて、ドコモ光です。ドコモ光を更新月以外で解約すると、24ヶ月契約の場合、戸建てタイプで13,000円、マンションタイプで8,000円の解約金が発生します。解約のタイミングは、翌月と翌々月。解約手続きは、電話またはショップで行うことができます。また、単独プランでプロバイダを別途契約している場合は、プロバイダの解約金が掛かる可能性があるため注意が必要です。ドコモ光の解約手順は以下の通りです。
①電話またはショップで解約の申し込みを行う
➁プロバイダを解約する
③機器を返却する
④光回線撤去工事をしてもらう

So-net光

続いて、So-net光です。So-net光を更新月以外で解約すると、戸建てタイプ・マンションタイプそれぞれ7,500円の解約金が発生します。

OCN光

続いて、OCN光です。OCN光を更新月以外で解約すると、戸建てタイプ・マンションタイプそれぞれ11,000円の解約金が発生します。解約のタイミングは、翌月と翌々月。インターネットからの解約が可能です。OCN光の解約手順は以下の通りです。
①OCNカスタマーズフロントへ電話をするか、インターネットで解約を申し込む
➁必要であれば回線撤去工事をしてもらう
③レンタル機器を返却する

U-NEXT光

続いて、U-NEXT光です。U-NEXT光を更新月以外で解約すると、戸建タイプ・マンションタイプそれぞれ10,000円の解約金が発生します。U-NEXTの解約は電話のみの受付です。U-NEXTの解約方法は以下の通りです。
①U-NEXT光カスタマーセンターへ電話をし、解約申し込みを行う
➁必要であれば回線撤去工事をしてもらう
③レンタル機器を返却する

光コラボの解約金を抑える方法

光コラボの解約金を少しでも抑えたいと思っている人も少なくありません。そんな人のために、ここで光コラボの解約金を少しでも抑える方法を紹介します。

契約更新月に解約する

一つ目は、契約更新月に解約するということです。これは上記でも述べたように、更新月以外で解約をしてしまうと解約金が発生してしまうから。解約金は光コラボにとって無駄な出費の一つです。出来れば無駄に支払いたくないというのが本音ではないでしょうか。そんな無駄を省くためにも、「更新月に解約」ということだけでも覚えておきましょう。

解約金を負担してくれる回線に乗り換える

二つ目は、解約金を負担してくれる回線に乗り換えるという方法です。光コラボ事業者の中には、乗り換える前に利用していた光コラボの解約金を負担してくれる事業者がいくつもおあります。それらの光コラボに乗り換えることで、解約金を支払わずに済むため無駄がありません。

【まとめ】光コラボの解約は後悔しないよう注意点を参考に

光コラボの解約方法について紹介しました。光コラボの解約は、契約している光コラボ事業者によって、解約方法も解約するタイミングも、解約金もそれぞれ異なります。損をしないためにも解約は更新日に。また、更新日を過ぎたら解約金負担してくれる光コラボ事業者へ乗り換えるのも一つの手です。解約した後の機器返却も忘れずに行いましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。