フレッツ光プロバイダのおすすめは?比較すればピッタリなものが見えてくる | 格安sim・運転免許合宿比較なび

フレッツ光プロバイダのおすすめは?比較すればピッタリなものが見えてくる

光回線の中でも人気の高いフレッツ光。選んでいる人も多いのではないでしょうか。ですが、フレッツ光にはたくさんのプロバイダあるため、どれを選んでよいのかと悩んでいる人も多いよう。そこでこの記事では、フレッツ光のプロバイダについて紹介します。通信速度や料金、サービスや特典などあらゆる角度から比較できるようまとめました。フレッツ光への乗り換えを検討されている方は、ぜひ、参考にしてみてください。

【比較】フレッツ光を選ぶならどのプロバイダがおすすめ?

フレッツ光のプロバイダは数多くあります。プロバイダによって、料金や通信速度、特典など内容は実に様々。何を基準にして選ぶかは人それぞれではありますが、比較をすることで自分にぴったりなプロバイダを見つけ出すことができますので、ぜひ、チェックしてみてください。

【比較】フレッツ光おすすめプロバイダの選び方

ではここで、フレッツ光おすすめプロバイダの選び方について紹介します。

料金

まずは料金です。フレッツ光を利用する上で料金の安さは見逃すことができません。それを証明するために、フレッツ光のプロバイダは、安さを売りにしているものもたくさんあります。利用する側からしても月々の料金が安くなるのであれば、そちらを選んだ方が得策です。

特典

続いては、特典です。フレッツ光のプロバイダには、それぞれ独自の特典が展開されているものがあります。例えば、契約するだけで数万円のキャッシュバックを受けることができたり、開通月が無料になったり、工事費が無料になったりと使ってお得な特典が充実。特典をうまく利用することで、さらに料金を抑えることができます。

評判

続いては、評判です、フレッツ光のプロバイダ選びでこの評判は欠かせません。実際に利用したことのある人の評判を知るだけでも、フレッツ光プロバイダそれぞれの特徴を知ることができます。

通信速度

続いては、通信速度です。通信速度はネットを利用する上では、やはり速い方がいいに越したことはありません。戸建てであれば比較的通信速度も安定しているように思いますが、マンションとなると一つの場所で利用している人が多いため、回線が込み合う原因にも。そんな人は、回線が切断されない「IPv6接続サービス」に対応しているプロバイダを選びましょう。

サービス

続いてはサービスです。フレッツ光のプロバイダには「メールアドレスの付与」や「セキュリティーソフト」が無料で利用できるといったサービスが設けらています。が、すべてのプロバイダがそうではありません。中には有料となるものもあります。このサービスが無料で利用できるのか、それとも有料であるかによって料金にも大きな影響を及ぼしますので、出来るだけ無料のプロバイダを選んでください。

契約期間

続いては、契約期間です。契約期間もプロバイダによってそれぞれ異なります。もし短期で解約した場合には違約金が発生してしまうケースもありますので、契約内容はしっかりと確認しておきましょう。

【比較】フレッツ光おすすめプロバイダの変更方法

ここでは、フレッツ光おすすめプロバイダの変更方法について説明します。

乗り換え先のプロバイダに申し込む

まずは、自分が乗り換えたいと思うプロバイダを探します。乗り換えたいと思ったプロバイダを見つけたら、乗り換え先のプロバイダに申し込みましょう。

接続設定を変更する

プロバイダーに申し込んでから3日~1週間後、会員登録証や設定に関する書類が送られてきます。その後、NTTの担当者から電話連絡がありますので、指示に沿って接続設定を変更しましょう。

現在のプロバイダを解約する

接続設定が完了したら、現在のプロバイダーを解約します。解約手続きは、プロバイダーの公式サイトで確認できますので、そちらにしたがってください。尚、、プロバイダーによっては、2年契約期間中に解約すると違約金が発生することがありますので注意しましょう。

【比較】フレッツ光おすすめプロバイダに変更する前の注意点

フレッツ光おすすめプロバイダに変更する前に注意してほしいことがあります。その注意点についてここで紹介します。

更新月の確認する

一つ目の注意点は、更新月を確認するということです。プロバイダは、一般的に2~3年単位の契約期間を設けています。その内無料で更新できるのはたった1か月間。つまり更新月を知っていないと、無料で解約するチャンスを逃してしまうというわけ。更新月が過ぎてしまうと自動更新されますの解約をするのが難しくなります。

解約金や違約金が発生する

二つ目の注意点は、解約金や違約金が発生するということです。これは、上記で説明した更新月を過ぎてしまったり、または、短期で解約をした場合に発生してしまう手数料です。解約金や違約金は各プロバイダによって金額が異なりますので、契約する際に確認しておくことをおすすめします。

メールアドレスが変わる

三つ目の注意点は、メールアドレスが変わるということです。プロバイダを乗り換えると、現在使っているプロバイダのメールアドレスが使えなくなります。が、プロバイダがメールサービスを個別で提供している場合は、メールサービスのみの契約も可能となります。もし、現在使っているプロバイダが提供しているメールアドレスをこのまま使いたいと考えている場合は、解約前にメールサービスのみ契約しておきましょう。

使えなくなるサービスがある

四つ目の注意点は、使えなくなるサービスがあるということです。これには、上記で述べたメールサービスやサポートサービス、セキュリティサービスなどといったものです。オプションでサービスを付けていた方は解約前に確認しておきましょう。

【比較】速度通信重視のフレッツ光おすすめのプロバイダ

それではここから、フレッツ光おすすめのプロバイダを紹介します。まずは、速度つしう心を重視している方におすすめのプロバイダです。

nuro光

一つ目は、nuro光です。nuro光は、ソフトバンクが運営するインターネット回線ではありませんが、nuro光の「ひかり電話」がソフトバンクのIP電話サービスを利用しているため、ソフトバンクとの相性が良いプロバイダです。ソフトバンクのスマホと一緒に契約を行うと毎月のスマホ料金が割引されるサービスを受けることができます。nuro光と言えば世界最速の速度を誇る光回線です。まさに速度通信を重視している人にはおすすめのプロバイダなのです。

OCN

二つ目は、OCNです。OCNは、国内最大級のプロバイダ。IPv6インターネット接続機能を提供してくれる「OCN 光 with フレッツ」は、混雑もなく快適にインターネットを楽しむことができます。ただし、OCNは決して料金が安いというわけではありません。通信速度にと特化したプロバイダであれば良いという人には向いています。

【比較】料金重視のフレッツ光おすすめのプロバイダ

ここからは、料金重視のフレッツ光おすすめのプロバイダを紹介します。

DTI

一つ目は、DTIです。DTIは、安定したサービスを提供してくれるプロバイダです。「DTI 光 with フレッツ」の「NTT東日本 ファミリープラン」は、月5,000円~6,000円ほどで利用が可能。プロバイダ料金はマンションプランで680円~、ファミリープランで951円~と業界の中でも安めの価格に設定されています。

AsahiNet

二つ目は、AsahiNetです。AsahiNetは、フレッツ光のプロバイダとしても老舗と呼ばれるほどの大手です。「ASAHIネット 光 with フレッツ東日本・ホームコース(戸建て)」は、1年目のプロバイダ月額料金が無料。フレッツ光回線料金は1年毎に安くなる金額設定となってます。そのため利用期間が長ければ長いほどお得になるというわけです。

@nifty

三つ目は、@niftです。@niftyは、サービスが充実しているプロバイダ。「@nifty光ライフ with フレッツ」の「ホームタイプ(NTT東日本)」であれば割引が適用され、プロバイダ料金を3カ月0円にすることが可能です。また、月3,800円~を基本とし、マンションタイプならば月2,950円~利用ができます。IPv6サービスや@niftyメールと言った無料サービスも多いため、サービス重視で選ぶなら@niftおすすめです。

BBエキサイト

四つ目は、BBエキサイトです。BBエキサイトの「エキサイト光」は、ファミリータイプで月4,360円、マンションタイプで月3,360円という料金が設定されています。これは業界最安値。違約金などもかからないため、解約も安心して行うことができ、サポートセンターへの電話もつながりやすいため、困ったときは非常に助かります。

【まとめ】フレッツ光プロバイダを選ぶなら比較することがおすすめ

フレッツ光のおすすめプロバイダについて紹介しました。フレッツ光のプロバイダは、料金も通信速度もそれぞれ特徴が異なります。色々なプロバイダのサイトを見ても決められないときは、評判や口コミを参考にして選んでみるのも一つの手です。ぜひ、色々なプロバイダを比較して自分に合ったプロバイダを見つけてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。